04
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2018-04

パスケース × 真鍮 × ムーンストーン

IMG_9518.jpg
EDYかーどや、IDパスなどの、収納に、領収書と、その他の合わせて常に携帯しておきたいカードを入れておくシンプルなケースが欲しいというメールオーダーでした。
 
IMG_9519.jpg
ボタンの部分の表面にはムーンストーンで飾りを
その他の金具とあわせたいので、枠は真鍮製で
というご要望でした。
 
IMG_9520.jpg
ムーンストーンの背面は、ボタンになっています。
消耗品のボタンは、先に壊れ易いメスを、取り替え易い側に持ってきての取り付け。

IMG_9521.jpg
開くと、左右にカード収納。
やや幅に余裕のあるサイズにして、ひとつのポケットに複数枚のカードを重ねて収納も可能に。
 
収納スペースのサイズ感は、約106mmほど。
狭すぎると取り出しもしにくく、大きすぎてもコンパクトさにかけて、程よいサイズ感に。
 
IMG_9522.jpg
左側には、ちょっとしたレシートなどを挟める簡易スペース
L字型に縫っているだけなので、パタパタなる感じの収納になっています。
 
IMG_9523.jpg
飴色に変化した雰囲気を妄想しながら、シンプルな外見。
 
IMG_9525.jpg
ストラップは、バッグの手紐などに掛けやすい感じに取り付け
 
IMG_9524.jpg
ボタンでの着脱式。
 
IMG_9526.jpg
でも、可動域考えると便利そうなのに不便だなぁと感じていたら、このストラップ自体も着脱可能にしたいというご要望も。
 
IMG_9517.jpg
連結の金具を四角カンからDカンに作り替えて、ストラップも少し細めにして、少し長くして、連結には小さめのナスカンを取り付けました。
これなら、360度回るし、使い勝手も良さそう。
 
IMG_9515.jpg
財布を持っていなくても、これさえあればって時代に代わって行っているよなぁと感じながらの製作でした。
 
鳥取県の山下さん オーダーありがとうございました

太陽と唐草の逆甲丸デザインの指輪

IMG_0591.jpg
少し幅のあるデザインの結婚指輪のオーダーでした。
細い方が約6mm幅
太い方は約8mm幅
板の厚みは約1.5mm
太陽と少しだけ唐草模様
太陽の粒はK18で
研磨仕上げでのご要望でした。
 
IMG_0599.jpg
いぶしをかけず、研磨したしあがりなので、くすんでくるのも楽しんでもらえる仕上がりに。
後々、銀らしい風格が出てきたときに、金の粒が利いてくる雰囲気に。
  
IMG_0595.jpg
逆甲丸は、若干外側にラッパの先のように広がる形状で、指馴染みが気持ちの良い着け心地で、幅のわりに着け易い指輪です。
 
幅の中央寄せで唐草模様を小さめに両サイドに。
絡み合って伸びていく唐草は良い意味がいっぱいあるので、柄が入ってて欲しい方にはおすすめです。
 
IMG_0601.jpg
内側に記念日を小さめに打刻
 

シート裏にスタッズ カスタムハーレーに 

IMG_7614.jpg
サティスファクションさんより、製作中のハーレーのシートを、加工した鉄板持ち込みでのオーダーでした。
「こげ茶色メインで、切り返しで黄色を、シート裏にスタッズを。」
というご要望でした。
 
IMG_7481.jpg
持込の鉄板になんとなく油性ペンで書かれた線と、言葉で、なんとなくイメージを拾いつつ。
 
IMG_7587.jpg
シートの裏側に入るスタッズの配置決めと加工の工程から。
 
IMG_7613.jpg
シートの跳ね上げ部分に入るスタッズって、あんまり見無いし、目立ちそうで目立たないし、なんとなく主張しすぎず邪魔じゃないと考えながらのデザイン。
背面は、全て革で贅沢に包み込み。 
 
IMG_7612.jpg
装着の向きで見えるイメージ。
こげ茶の革に、真鍮スタッズと、赤のハイドーム。
”フクロウの目”みたいなイメージで作ってみました。
 
IMG_7610.jpg
こげ茶と黄色の組み合わせが好きで、シートだとどうかなと思ったけど、こればっかりは、「車両全体で見たときにどうか。」なので、
車両が仕上がって乗ってる人込みで良い雰囲気に似合えば良いなと妄想。
 
IMG_7611.jpg
サティスファクションさん オーダーありがとうございました

URL : http://www.satisfaction.jp/
シート掲載記事 : http://www.satisfaction.jp/blog/index.php?UID=1516535197
 
 
 

ベルトループフックのアレンジ

IMG_0199.jpg
・ポケットの鍵のかさばりに対しての不満足感
・キーホルダーの機能としての意味
使う際の便利さ、収納の際の簡単さ、そういった視点でおすすめのベルトループフックのアレンジオーダーでした。
 
IMG_0201.jpg
真鍮製のフックとキーリングを、銀製のひし形のパーツで連結しています
 
銀製のフックも、ひし形のパーツも製作可能です。
 
IMG_0202.jpg
真鍮製のフックには、槌目模様を打ち込んであって、使うほどにいい雰囲気に変化します。
使ったらわかる楽しめる部分です。
 
IMG_0200.jpg
ベルトループに、ただ引っ掛けるだけの使い勝手で、ジーンリングほど考えなくて使い始められますし、説明の要らないプレゼントにも向いてます。
 
IMG_0203.jpg
使う向きにご要望で打刻を入れましたが、背面のよく布で擦れる側は槌目模様だけです。
  
IMG_0204.jpg
サイズ感のイメージはこちらを参考にご検討下さい。
 
オーダーありがとうございました

唐草とスカルの長めなキーフック

銀製で、長めで大き目のベルトループに掛けやすいキーフック
旦那様への奥様からのバースデープレゼントのオーダーでした。
IMG_0522.jpg
 
断面は四角◇の状態で、その四面に唐草模様が入り、研磨した光沢な仕上がりでのご要望でした。
IMG_0523.jpg
 
フック自体の縦幅が約80mmで、直接キーリングを通さず、可動性と鍵の向きを考慮して、ワンクッションパーツを入れてキーリングを取り付けています。
IMG_0526.jpg
 
横向きにする理由として、こういったタイプの鍵は、重なると更にかさばるので、それを予防するためといった感じの配置です。
左に映る真鍮製のキーフックが縦幅約50mmなので、それに比べれば、縦幅が約30mmほど縦長なイメージのオーダーです。
鍵も大きめですから、その方がバランスも良いかもです。
IMG_9462.jpg
 
そんなイメージで製作したフックは、折れがちな部分以外の箇所で唐草を打ち込んで、ひし形のパーツでキーリングを連結。
IMG_0525.jpg
 
IMG_0527.jpg
 
IMG_0528.jpg
 
フックの先端部分には、小さめのスカルを取り付けて、その片目にガーネットを埋め込んでいます。
お守りって意味も込めて、1月の誕生石のガーネットを。
IMG_0529.jpg
 
フックにスカルの取り付けは、使用の際に邪魔になりにくく、少し存在感や面白さが加わるアレンジです。
IMG_0531.jpg
 
その背面部分にも唐草は良い存在感で入れてあります。
IMG_0532.jpg
 
そんなフックのオーダーの際に、とても嬉しい出来事。
リアガラスあたりのスカルデザインのステッカー
IMG_9467.jpg
 
以前、>>http://dssl.blog18.fc2.com/blog-entry-1970.html
愛車のシフトノブを銀でカスタム
で、製作したデザインで、ステーッカーを製作していただけて、愛着もっていただけてて嬉しかったです。
IMG_7495_2018011910523463e.jpg
 
IMG_9466.jpg
 
IMG_9464.jpg
佐賀県の松枝さん オーダーありがとうございました
ご来店ありがとうございました
 
 

スターリング製ジッポに銀の文字乗せ

ご友人へのプレゼントに。
スターリングシルバー(銀)製のジッポの上に、同じ素材の銀の板から切り出した文字を乗せるカスタムのオーダーでした。
IMG_0044.jpg
 
土台となっている部分は、スターリングシルバー製のラウンドトップ#15
「ジッポ本体も、持込ではなく、お店で用意して欲しい。」
というご要望でした。
 
急ぎの場合、入荷して製作するため最低10日ほどはかかります。
お急ぎの場合は対応が難しい場合もあります。 
(一応、店頭にも在庫を用意してあるタイミングもあったりします。)
IMG_0020.jpg
 
そんなジッポに乗せる文字の切り出し
ジッポのコーナーの曲線にかぶらない程度の幅感で程よく製作。
文字のカタチは、PCで出せるフォントを少しだけアレンジしています。
IMG_0018.jpg
 
切り出した文字を、ジッポ本体へロウ付け
#15はアーマーと違いロウ付けの際の熱でヒヅミが起きやすいのでコーナー寄せに付けました。
IMG_0021.jpg
 
銀製のアーマーは、真鍮と違い開閉音が濁るので、でも銀製が良い場合は、ロウ付けするカスタムには不向きですが、少しでも音の良い#15などのアーマーではない方がおすすめです。
音にこだわる場合は、真鍮製のジッポの方が高めの音が出せます。  
IMG_0036.jpg
 
文字の輪郭を際立たせるために、影をつけます。
銀製なので全体を一度いぶして黒くします。
IMG_0038.jpg
 
カスタムなので、新品同様の輝きにはなりませんが、程よく研磨して、光と影で重厚感を出して仕上げへ。
IMG_0040.jpg

文字の厚みは約1mmほどで、切り出した際の角部分は、エッジが立ちつつ指馴染みがある程度よくなるようにやわらかく仕上げています。 
IMG_0043.jpg
 
今回のカスタムは、銀製の上に銀製でのカスタムでしたが、真鍮製に銀を乗せたり、真鍮製に真鍮を乗せたりも可能です。
IMG_0046.jpg

スターリング製のジッポは、ケースがベロア生地で高級感あっていいですね。 
IMG_0047.jpg
 
永野さん オーダーありがとうございました
 

真鍮製キーホルダーのアレンジ

IMG_9970.jpg
槌目模様でアレンジした真鍮製のジーンリングキーホルダーに、
同じ素材真鍮製で、同じ槌目模様を入れたハートのプレートを重ねる感じに。
奥様へのプレゼントというオーダーでした。
 
IMG_9949.jpg
ハートのカタチをけがいて、切り出しまして
 
IMG_9950.jpg
槌目模様をつけて、ご希望の文字を打ち込む配置の記し付け
 
IMG_9977.jpg
記念日や名前を打刻
 
IMG_9974.jpg
板の厚みは1mmなので、重さは重過ぎない仕上がりでできました。
 
IMG_9971.jpg
ジーンリングの模様付けは、、両面と外側の三面に槌目を入れたし仕上がり。
 
IMG_9972.jpg
槌目模様で金属が鍛われて、丈夫になっています。
 
IMG_9978.jpg
ハートのサイズは、ジーンリングからはみ出しすぎない程よい持ち心地のサイズ感。
縦幅が約60mm弱くらいの仕上がりで、手のひらにしっくり、一般的な鍵の大きさくらいの存在感です。
 
Wさん オーダーありがとうございました

母の形見(K18)をバングルにリメイク

「母の遺品(k18のネックレス)と若い時に買ったk18のブレスレットなどを
リメイクしてバングルを作って頂きたいでのですがそちらもお受け願えるでしょうか」
 
「理想としては着けっぱなしでいたいので、出っ張りが少なく引っかかりがないのが理想です。」
 
「母の遺品の中で一番好きだった指輪を着けたり外したりしていて
失くしてしまった苦い思い出があるので肌身離さず着けていられればと思っています。
形は石を入れられるようであればこだわりません。
着けっぱなしでいたいのでキズが目立たないようツヤはないのが希望です。」

 
と、頂いたメールと、届いた想い入れのあるアクセサリー。
IMG_9866.jpg
画像の右上の指輪のみ金メッキで、でもそのジルコニアを埋めたいとのご要望でした。
 
IMG_9877.jpg
バネなどの別の金属を外し、金属を分けて、金のみを熔解
 
IMG_9878.jpg
徐々に熔けて
 
IMG_9880.jpg
高温の液体状に。 だいたいこのときの温度で900度くらい
 
IMG_9881.jpg
あけ型に流し込み円柱状の延べ棒に。
この後延ばしていく工程へ。
 
IMG_9911.jpg
指輪以外はベースとなるバングルの角棒に、伸び率を計算して手首にあわせた長さに成形
 
IMG_9912.jpg
表面に槌目模様を打ち込み
石のサイズに合わせて、ご要望の 「引っかからないように」 に合わせて、石留め用のフクリンを、製作取り付け。
 
IMG_9956.jpg
「着けっぱなしでいたいので」 に合わせて、サイズ感と着け心地を考慮してバングル状に成形
 
IMG_9957.jpg
「キズが目立たないようツヤはないのが希望です」 に合わせて、光沢を出しすぎずの槌目仕上げ
 
IMG_9958.jpg
「個人的にとても思い入れもあり気に入っていた」と打ち合わせで伺った石を、取れないよう、ひっかかり外れないよう、フクリンで包んで固定。
石自体の高さの兼ね合いで、限界まで高さを押さえて包み込んでみました。
 
IMG_9962.jpg
石の裏側に、光の取り入れで穴は小さめに貫通。
光沢の無い、製作過程でついた傷や巣もあえて残した風合いの仕上げ。
 
IMG_9960.jpg
大切な母との想いに寄り添って、肌身離さず旅をして下さいね。
 
長野県の滝沢さん オーダーありがとうございました
お役に立ててよかったです^^
 
 

KRシート スカート 丘染め FLH

座面のフィット感を上げるために、シートを作り替えたいとご相談頂いたシート製作。
お聞きしたイメージ + お任せ 
ということで、スタッズを打ったスカートを取り付けて製作しました。
 
ハンドルやシートって、自分にとっての最良のポジションを探す永遠の課題。
わかりますその気持ち。
IMG_0427.jpg
仕上がった後の取り付け画像。
丘染めの黒なので、コバの茶芯が全体のシルエットに、渋い存在感を加えてくれているので、シンプル過ぎず、やり過ぎずな感じに仕上がりました。
 
IMG_3181.jpg
以前のシートはシンプルで、同じKRシートの板ベースで薄めなあんこを敷いて、スッキリ、シンプルにブライドルレザーでの製作でした。
 
IMG_0066.jpg
シートベースは、この現状まで仕上げてのお持込でした。
 
IMG_0065.jpg
今回の製作にあたり、シートベースの鉄板を腰部分にかけて、やや跳ね上げ気味に曲げて、座り心地も考えて、あんこもやや厚めに改良されたようです。
 
純正シート用の、シートを据え付けるTバーの存在感を隠す目的で、輪郭にスカートを付ける構想に。
横から見える座面の裏の金具が見栄えが悪いですからね。
 
IMG_0270.jpg
丘染め・・・
成形時に表面のラッカー塗装がひび割れてしまいました・・・
「これもアジがあっていいじゃん。」ってご了承を頂き、製作を続行。
 
IMG_0361.jpg
スカートで、Tバーの隠れる高さを取るのに、そのシルエットがどんな感じがありきたりじゃないか、車両に似合うか、妄想の中で打ち合わせ中の画。
 
IMG_0373.jpg
シルエットが決まり、スカートの形状とスタッズの配置決め。
 
IMG_0376.jpg
スタッズを固定した後の取り付け前の貴重な画。
メキシコっぽいクロスと太陽ってイメージで配置してみました。
 
IMG_0381.jpg
スカートの縫い留め。
縫いの線が綺麗な絵になるように慎重に。
丘染めのシルエットが活きる様に黒色のシニューで縫い上げました。
 
IMG_0384.jpg
スカートの継ぎは、中央に持ってきて2パーツで製作。
ニッケルメッキと真鍮製のスタッズの色味が、徐々に腐っていく風合いも楽しみ。
 
IMG_0385.jpg
曲線や直線を考慮してシルエットも美しくなるように、やれることはやってみました。
 
IMG_0395.jpg
見えない部分でどーでもいい部分ですが、裏も革貼りです。
 
IMG_0426.jpg
中央のアーチも、純正フェンダーのアーチと合って、自然と馴染んでいる見た目。
悩みだったTバーも自然な感じで綺麗に隠せました。
 
IMG_0430.jpg
縫いを黒のシニューでおとなしく仕上げたので、コバの茶芯部分が引き立てられました。
 
IMG_0429.jpg
く~、ここだけが悔やまれます・・・
仕方ないのかなぁ、この革の特性なのかな・・・
 
IMG_0422.jpg
革も、厚めに入れたあんこも、やわらかく、「座り心地もポジションも最高。」
という嬉しい感想も頂きホッとした納品。
 
IMG_0501.jpg
ガレージ。
程よい主張がかっこいい!
 
IMG_0499.jpg
自分のショベルも何かやりたくなってきて、蝶番から落としているリアフェンダーに、スタッズを打ち込んだマッドガードを、構想中。
どんなのつくろーかな
 
小手川さん オーダーありがとうございました

大分 アメカジ アンカーズ

休み明け、ギアが入らないスローなスタートな火曜日。
昨日は、正月明けでさらに3連休の最終日、新年のご挨拶にと、ANCHORS(アンカーズ)に行って来ました。

IMG_0505.jpg
大分のアメカジショップで、お互いのお店を行き来するお客さんも多くて、
「色んな繋がりがありがたいね。」って、
「何か面白いことしたいね。」ってワクワクな会話が面白い時間でした。
 
IMG_0506.jpg
そんな大分のアメカジショップANCHORS(アンカーズ)も、
本日1月9日で一周年
おめでとうございます!
 
IMG_0504-0.jpg
店内は、とても心地よく好きな空間です。
DearStockとANCHORSを、行き来色んな方と、これからも面白くつながれればいいな
 
IMG_0503.jpg
前々から欲しかったシルエットのフェローズのLot:421も入手して参りました。
おとこのこのあこがれ です。
作り手のこだわりを、色んな方が語り、伝わっていくってやっぱりいいですね。
自分も作るということに、楽しみながら奢らず、ちゃんと喜ばせられるよう頑張りたくなる時間でした。
 
ANCHORS アンカーズ
そんな、アンカーズとディアストックで、こだわりを詰め込んで、
なのに複製ではなくて、それぞれに想いや祈りを乗せて、
一点モノの付加価値のある商品をコラボします。
 
アンカーズでオーダー受け付けて頂いてます。
ぜひアンカーズを宜しくお願い致します。
>> ANCHORS(アンカーズ) BLOG
 
もちろん、製作はディアストックでハンドメイド致します。
 
今週もご来店をお待ちしております。
 
 
 

仕事始めです。

1月6日 本日から通常営業です。
 
昨年の夏祭りから、近くの神社の総代のお仕事を任されることになって、
大晦日には、火を焚く管理のお手伝いもしました。
極寒でしたが、真上には綺麗な月も出ていて、平穏な年越しでした。
IMG_0445.jpg
 
厄年は、役年ともいわれ、「何かしらの役に立つ何かのお仕事を頂く。」とか、
そんな言葉の意味もあるとかで、
でもまぁぜんぜん厄年でもないんですが、地域貢献とかのお役もいただいたりして、いい徳を積めればなんて感じるこの頃です。
 
 
そんな年末、
ご来店された方に頂いた土付きのお野菜を、
お隣のおばあちゃんにお裾分けしましたら、
年明けに、オロナミンCと笑顔になって帰ってきました。
IMG_0479.jpg
2018年の年明けは、温かい気持ちの行ったり来たりで心地よい始まりです。
 
 
IMG_0460.jpg
あと、年明けの1月1日がスーパームーンと聞いて、
そんな月を撮ろうと、近くの海岸で絵面を探して撮影した数枚の画像。
雲が、獲物を捕らえるイーグルみたいに見えたのでお裾分け。
 
肝心な昇りかけの月は、海賊船の左上(小さい・・・笑)
今年も、誰かの些細な幸せに好いカタチで関われますように。
 
 
あけまして おめでとうございます
今年もディアストックを宜しくお願い致します。
 
 
 

本日が仕事納めです。

いつもご閲覧、ご訪問ありがとうございます。
ディアストックの営業は年内、本日が最終日となりました。
今年も、慌しい1年を過ごさせて頂き心から感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。
 
今年、2017年、「お店が15年目、節目として何かしたい。」
そんな心の中の企画に、相変わらずの見切り発車で、年明けから改装をはじめ
「1階の、もともとのディアストックの店舗に、そのまま違うお店が入る。」
「2階の倉庫だった空間を、自分のアトリエに。」
という、ご来店の皆さんの困惑間違い無しの構想を実行してみました。
 
自分のアトリエを、改装した2階に移動したら、
久々に何も知らず来店された方が、「とうとうディアストックも潰れたか。」
と、思われるかな なんか面白そうだな とか想像しながら。
 
新しいことをすると壁ばかりですが、妙なスリルとか緊張感とかあって、
それでも、なんとか無事に年を越せそうな本日を迎えられ、
コーヒーを飲み一息つきながらブログを書いています。
 
「ディアストックを面白く育てられたらいいな。」
新しく迎える2018年も、そんな気持ちで、楽しんでもらえるお店作りを構想しています。
 
2階に引っ込んで製作に没頭している自分と、
出会えた方との縁を、大切に、
喜びとか、喜ばせたいとかの気持ちに貢献できて、
これまでやってきた技術とか想いとかで還元出来ればいいなと
模索しています。
 
 
あと、 このブログを、
7月から1階に入ったマリーヤンと、一緒に更新してきましたが、
はじめて閲覧する方にも、ちゃんとわかりやすく分けて、
1階のマリーヤンのブログも独立して作ったので、お引越し。
2階に移ったディアストックのブログは、もともとの更新形態に戻しました。
 
DearStockという空間にある
1階のマリーヤンで、できること
2階のディアストックで、できること
まだわかりにくい空間になっていますが、
それぞれの空間で、それぞれの持つ技術や人柄で、
もっと多くのワクワクに貢献できればと思っています。
 
 
ありがとうございました
2018年も宜しくお願い致します
 
 
追記
1階を改装中。
IMG_0478.jpg
新しくなった雰囲気も楽しんでもらえれば嬉しいです。

太陽神と槌目を入れたK18の結婚指輪

オーダーの際に、K18での製作をご相談いただく事が増えてきました。
 
形見や、切れてしまったネックレスなどの不要な金などの持ち込みでの
リメイクで予算を抑えめにしたり、
そんな金が無い場合でも、こちらでご用意も可能です。
 
納期に余裕があれば対応可能ですので、一応オーダーの際にご相談下さい。
 
IMG_9945.jpg
「サプライズで、K18の結婚指輪を、旅行先で渡したい。」
「作るならディアストックで。って考えていました。」
と、とっても嬉しいオーダーでした。
 
オーダーする方の、サプライズの構想を語る言葉、
想像する思考や、いきすぎる妄想に触れて、
誰かを喜ばそうとする感情っていいなといつも思います。
 
IMG_9939.jpg
太陽の粒もロウ付けも、全てK18で、地金からの製作でした。
太陽のモチーフと、全体的に槌目模様が入った研磨仕上げでのオーダーでした。
 
IMG_9942.jpg
内側に暗号的な文字列と星を打刻しました。
太目 : 約6mm幅で板の厚みが約2mm
細目 : 約4mm幅で板の厚みが約1.5mm
ほどのサイズ感でのご要望でした。
 
IMG_9947.jpg
ダーク系の茶色のリングケースも仕入れて欲しいというご要望もありました。
一応在庫もありますが、ご要望があり在庫が無い場合は、納期があればご用意いたします。
 
Ryoくん Umiちゃん ご結婚おめでとうございます
オーダーありがとうございました
 

ひし形と唐草とターコイズのペンダント

IMG_0052.jpg
一度溶かした銀で製作する、無骨な質感のペンダントのオーダーでした。
 
彼女から彼への誕生日プレゼント、サプライズではなくて、彼自身を一緒にお店に連れてきて、彼が好きなように要望を伝える感じでのオーダーでした。
 
IMG_0006.jpg
ターコイズ基準でイメージを膨らませて、そこで目に留まったショーケースに置いてあったペンダントの、このターコイズ。
「雰囲気とサイズが凄く気に入りました。」
ということで、このターコイズを外して向きを上下逆の表情ではめ込むご要望。
 
IMG_0023.jpg
はずしたターコイズに合わせた枠を作り替えて、全体の配置と唐草の模様など打ち込んでベースとなる部分を製作。
 
シルエットや全体のイメージは、
>> オニキスとアラベスクのペンダント
こちらで以前製作した記事を参考にアレンジを加えて打ち合わせし製作しました。
 
IMG_0027.jpg
ターコイズの明るい青が上に来るご要望に合わせて、はめ込んでフクリンを倒して固定。
 
IMG_0028.jpg
無骨さが残る程度に磨き上げて、いぶしの前の白仕上げの雰囲気。
 
IMG_0025.jpg
同時進行で背面には、ベアパウの太陽神とイーグルと文字の打刻を入れ、見えない背面にもこだわりを入れました。
太陽神の中央のベアパウは、真鍮製で色を変えています。
 
IMG_0031.jpg
背面の白仕上げ後の雰囲気。
無骨に溶かして延ばした、歪なシルエットが雲間からのぞく空って感じで良い感じな雰囲気に仕上がりました。
 
この後、いぶしたけど画像を撮り忘れ・・・
 
IMG_0024.jpg
チェーンのエンド部分は、着脱になれない通常の留め具(クラスプ)を手作りのフックに取替えのカスタム。
既製品のチェーンでも、ちょっとしたことで、全体的にこだわった感じに仕上がります。
着脱も、しやすくなります。
 
IMG_0030.jpg
白仕上げ
若干ですが、製作したリングの表面には槌目模様を。
その側面と、フックの側面に金床の上で打ち延ばす際に付いた小傷を残してペンダントヘッドの質感に寄せて仕上げてみました。
 
IMG_0050.jpg
いぶし後
ペンダントの質感に寄せて、統一感のある銀の表情に研磨の質感を合わせています。
 
IMG_0048.jpg
今山さん オーダーありがとうございました
 
 

真鍮製の金具と二重巻きの革のブレスレット

IMG_0116.jpg
真鍮で、製作したバックルとサルカンを用意して、それを合わせた約10mm幅の革のブレスレットをお2人でペアでオーダーしにご来店いただきました。
革の部分は、財布などのアイテム以上に、手で触れる機会の多さで、凄く早目な経年変化が見込める小物です。
 
IMG_0118.jpg
使用しているとくすんだり、触れる部分は反対に輝いて見えてくる真鍮製の金具には、折角なのでと、バックルの側面にお互いの名前を打刻していたり。
 
IMG_0119.jpg
バックルに通した後の戻した革の押さえで利用するサルカン部分には、記念日とか、誕生日など数字を打刻したりしています。
 
IMG_0120.jpg
ベルトの穴と穴の間には数字を打刻して欲しいという可愛いご要望もありました。
革のベルトも、真鍮製の金具も変化が楽しめるんじゃないかと思うオーダーでした。
 
IMG_0121.jpg
製作した真鍮製の金具は、研磨をほぼしていない古臭い質感の仕上げにして合わせています。
板井さん オーダーありがとうございました。
 
 


IMG_9930.jpg
こちらも同じ雰囲気で、自分用とプレゼント用のペアでのオーダーでした。
 
IMG_9926.jpg
バックルとサルカンを同じように真鍮で製作して、ナチュラル色の革に取り付けた、二重巻きのブレスレット。
革が先に傷むので、そのときは、新しい革に取り替えて金具だけ移植してみたり、今度は違う革の色を試してみようかとか、そんなニーズにも後々対応もできたりします。
 
IMG_9928.jpg
こちらのサルカンにはイニシャルを打刻。
 
IMG_9927.jpg
バックルの側面には記念日を打刻しました。
 
こちらのペアも、製作した真鍮製の金具は、研磨をほぼしていない古臭い質感の仕上げにして合わせています。
見た目がやわらかい古い小物みたいな、アンティーク風な感じで、この仕上げの方が革との相性もよくご要望が多いです。
研磨の仕上げも可能です。
改めて、革を取り替えるなんてときにでも、金具の質感を変えて、楽しむこともできたりします。
 
IMG_9931.jpg
三浦さん オーダーありがとうございました。
 
 

真鍮製のカエルと革のキーホルダー

クリスマス時期もめのまえということもあり、最近は忙しい日々でございます。
いつもありがとうございます。
 
IMG_9990.jpg
今回は、久しぶりにカエルのキ-ホルダーの記事を見てのお問い合わせで、お揃いのキーホルダーを色違いでオーダーいただきました。
 
>>引き続き、カエルな感じです。 
>>その他カエル関連記事
 
IMG_9991.jpg
革の色をそれぞれ青色と赤色の両面貼り合せで、
カエルの右下に日付
背面に名前
文字は輪郭に沿って
お店のロゴは無し
カエルは真鍮製で研磨仕上げ
キーリングとハトメの金具も真鍮であわせて
そんな感じのご要望でした。
 
IMG_9988.jpg
やや斜めに、葉っぱにしがみついている感じで、上向きに取り付けました。
 
IMG_9989.jpg
カエルのモチーフは、「無事に帰る」とかって意味で、プレゼントされるニーズも多いので、そういった想いなどを込めた場面で、ご要望がありましたら、是非ご相談下さい。
 
IMG_9992.jpg
背面には、それぞれのお名前を輪郭に沿って打刻しました。
 
東京都のKさん オーダーありがとうございました

真鍮製のキーホルダー ジーンリング 

IMG_0168.jpg
ジーンズなどのベルトループに引っ掛けて使用するキーホルダーでお馴染みのジーンリング。
槌目模様をつけて丸みのある形状にしてオリジナルに追加いたしました。
 
IMG_0151.jpg
もともとのデザインがオリジナルのハートの指輪のデザインに近いことから、寄り添うハートっぽいデザインになりそうで作ってみました。
 
ジーンリング キーホルダー ペア
表面(表と裏)に、金属のバネ性を上げるため、槌目模様を打ち入れてあります。
キラキラしていて、持っていて程よい存在感です。
使っていってくすんでも、布にや指でこすれる部分だけ光って、アンティークっぽい風合いの経年変化も楽しめそうです。
 
こう合わせて、ぽってり丸いハートがよりそっている感じにもなる感じで、
 
ジーンリング キーホルダー ペア
重ねても少しシャープになったハートがくっついた感じで可愛いかなと、ペアのニーズにご提案です。
お揃いでいかがでしょうか
 
表面に文字を入れたり、さりげない小さ目の打刻になりますが、対応可能です。
ご要望があれば、アルファベットの大文字、数字、星、ハート、ドットなど、組み合わせてお入れします。
 
IMG_0165.jpg
使い方は簡単で、
 
IMG_0164.jpg
中央のくるんと巻いた部分を、ベルトループにスライドさせて押し込むだけ。
取り外しはその反対の動きにして使うキーホルダーです。
 
IMG_0161.jpg
押し込んだ後は、こうして下がる印象です。
ちょっと外した指輪とか、通しても良いかもしれません。
失くさないように注意も必要ですが・・・
 
IMG_0167.jpg
内径25mmほどのキーリングを合わせると使い勝手が良い感じです。
ご要望があれば、真鍮製のキーリングもお付けできます。
 
IMG_9736_20171209105329061.jpg
サイズ感は、縦幅約60mm、横幅約50mm です。
手のひらに握り易いサイズ感となっています。
ハンドメイドのため、多少の違いも生じますが、そういった部分も、唯一無二のものとして手にしてもらえたら嬉しいです。
 
 
 

トラッカーウォレット ヌメ色を新しく追加しました

IMG_0126.jpg
以前掲載したトラッカーウォレットにヌメ色(ナチュラル)を追加しました。
 
掲載参考記事
>> トラッカーウォレット
こちらの参考の中の URL : http://dssl.blog18.fc2.com/blog-entry-1954.html
就労支援施設に発注をかけて製作している製品になります。
 
施設に通う皆さんも頑張って作っていますので、プレゼントニーズや、個人的に自分でも使いたいとか、お求め頂けると凄く嬉しい商品です。
 
上の画像の黒のパターンのみでしたので、今回の追加分から経年の色の育ち具合も楽しんでいただけるモデルになります。
 
IMG_8838.jpg
紙幣の取り出し部分も、サイドにスリットを入れてあり、支払の場面でも使いやすいようになっています。
 
トラッカーウォレット
その他のサイズ感などは、前回同様になっています。
 
~ サイズ感 ~
縦幅 約180mm
横幅 約94mm
厚さ 約10mm
となっています。
 
トラッカーウォレット
コバは、ペーパーのみで整えただけの、あえて古くさい質感な仕上げにしてあります。
ステッチは4mmで、シニュー糸で手縫いしてあります。
 
トラッカーウォレット
ホックの色は銀色と、真鍮色で、好みでお取り付けいたします。 
ウォレットチェーンなどの付属品や、持ち物の色味などに合わせてご要望に合わせて取り付けます。
 
トラッカーウォレット
仕上げに、内ふたび、ロゴのスタンプを押して仕上げています。
 
>> トラッカーウォレットのシルバーコンチョカスタム
こちらの記事の様な、個性をくわえたさりげないカスタムなどもお待ちしております。
 
徐々にですが、就労支援施設へ依頼してつくる革製品も追加して行ってます。
施設に製作工程や仕上がりまでの流れを教えたりしていますが、仕上がりにもまだまだむらがあるとは思いますが、そんな商品をよろしくお願いします。
 
受注生産ではなく、店頭で手にとって購入できるよう、在庫を用意していきますので、心に引っかかるニーズがあればお待ちしております。 
 
IMG_9623.jpg
上の革の色が徐々に変化してこういった赤みのかかった飴色っぽい茶色に育っていきます。
製品は違いますが、経年変化の育て甲斐も、妄想してワクワクしていただけたら嬉しいです。
 
 
 
 

ウォレットのカスタム 真鍮製のコンチョ取り付け

IMG_9628.jpg
板を丸く切り出して、配置の印をけがいて、タガネを打ち込んでスタンプを入れて作るコンチョ。
 
真鍮を土台に、銀製のモチーフでアレンジするユニークなデザインで、使っている財布に取り付けるオーダーでした。
 
IMG_9647.jpg
背面は、回転しないような取り付け用に、爪を4ケ所取り付けてあります。
 
IMG_9644.jpg
銀製で、アリゾナ産のキングマンターコイズをワイヤーワークで、ツバサ、星、月の4つのモチーフを乗せたデザインのご要望でした。
 
真鍮製の土台はテクスチャーを入れて、次第にくすんで、上に乗せた磨いた銀製のモチーフが映える様な、経年変化を想像した仕上がりにしました。
 
IMG_9882.jpg
3年くらいだったか使って頂いている長財布ですが、そろそろアレンジしようかなぁと、この中央に付けて欲しいというご要望でした。
 
IMG_9883.jpg
ホックの付いた位置の上にかぶる感じで向きなどを予め想像していた配置に取り付け。
 
IMG_9886.jpg
見えないコンチョの背面は4本の爪を倒して抱き付かせた固定。
モチーフの配置も回転しないようになっています。
 
IMG_9885.jpg
革ももっと赤茶けて色濃くなって、真鍮もくすんで、そんな経年変化が楽しみな仕上がりでした。
 
外川さん オーダーありがとうございました。
 
 

側面に槌目模様などでアレンジ

IMG_9816.jpg
かれこれ10年以上、「シンプルに着けていたバングルを、思い立って少しカスタムしたくなった。」と、アレンジのご相談でした。
  
IMG_9811.jpg
もともとが約12mm幅のシンプルなバングルに、片隅に打刻を入れただけのバングルでした。
 
IMG_9810.jpg
アレンジに、まず一ヶ所目に、文字の入っていない側に、ツバメのモチーフをシルバーでエンボスで製作してロウ付け。
 
IMG_9812.jpg
次のアレンジで、シンプルなバングルの側面部分に、
 
IMG_9814.jpg
槌目を打ち込んで、存在感を変えてみました。
画像に映らない反対側にも槌目模様を入れています。
 
IMG_9813.jpg
このバングルは幅が12mmほどですが、細目のバングルでも、側面だけの槌目模様を入れた製作も可能です。
 
IMG_9817.jpg
小手川さん オーダーありがとうございました

真鍮と銀の組み合わせスリーバレル

IMG_9578.jpg
通常はお受けしない、他店でカスタムされているジッポの修理。
蝶番修理カスタムを、知人からのご依頼だったので、こちらの条件を承知の上で、しぶしぶお受けしました。
 
修理時の事故や修理不能などのリスクがあるため、こういったパターンのご依頼は(持ち込みの修理加工全般ですが)、基本的にお受けできないこともあり、この記事を掲載していてなんですが、申し訳ありませんが、大半はお断りする感じになります・・・。
 
記事を参考に、できるお店にご依頼してみて下さい。
 
IMG_9538.jpg
「5年くらい使用していて、愛着が凄くあって、自分なりに修理しながら、どうにか使っていたけど、もういつ取れちゃうかわからない状態なので、どうにかなると嬉しいけど、最悪どうしようもない状態になったら諦めます・・・。」
という、この品への愛着の気持ちに、知人だし、何とかできればと思い引き受けてみました。
 
IMG_9539.jpg
 
IMG_9537.jpg
 
IMG_9551.jpg
千切れかけた純正の蝶番を取り払って、3.0mmφ軸の銀製のスリーバレルを製作して加工して取り付け。
 
IMG_9554.jpg
「全体的に、もっと古臭くなった仕上がりで構わないし、むしろ古い質感になったら嬉しい。」
というご要望で、ロウ付け時の銅のにじみ、加工時の傷、色味など、考慮しつつ加工してみました。
 
IMG_9574.jpg
「軸のピンを真鍮製で。」というご要望。
もともとのデザインに合うように、銀製のスリーバレルに真鍮製の軸をややはみ出す存在感に打ち込んでの仕上がりに。
 
IMG_9573.jpg
使い込んだある程度の歪みを微調整して、いぶして、銅のにじみも残して、古い質感、前から持っている風合いに仕上げました。
 
IMG_9572.jpg
 
IMG_9577.jpg
ハンマーのタイミングなど、ある程度のチューニングはしていますが、軸の可動のなじみ、金属の硬化などでも徐々に変化するので、バレルカスタムは、使いながら気になったらご自分で音の調整のできる方向きです。
 
IMG_9579.jpg
Thug Life YenTown (イエンタウン) の佐藤さん ご依頼ありがとうございました

『MALLIEYANマリーヤン』というお店について

ご来訪ありがとうございます。
 
簡単にMALLIEYANというお店のご紹介をしています。
 
ご一読いただけますと幸いです。
 
 
「マリーヤンの木本涼介です。」
 
セントポルタ中央町商店街での5年間のご愛顧から。この度6年目突入の節目に西大分DearStockの1Fにお引越ししてきました。
 
それを機に、ブログもDearStock鈴木さんと一緒にこのアカウント内で書かせていただいてます。
 
DearStockファンの皆様にはお騒がせしておりますが、どうぞ温かい目でご覧頂けますと幸いです。
 
以前のマリーヤンblogを見てくれていた方にはお手数ですが、こちらのブログにブックマークを変更してもらえたらと思います。
 
ちょっと営業形態がややこしい感じになってますので、お客さんに質問された内容を中心にわかりやすくブログにまとめてみました。
 
こちらもご一読頂けますと、よりわかりやすいかと。
 
『ディアストックについて』←クリック
 
 
「MALLIEYANというお店 ~経緯~ 」
 
2012年7月に大分市セントポルタ中央町商店街に、「天然石アクセサリーMALLIEYAN」としてOPENしました。
 

世界各国から輸入した天然石を、アクセサリー製作販売メインに営業。
 
修理やリメイク依頼の過程で、彫金を学ばねばならない場面も多く、以前より親交のあった鈴木さんに技術を教えていただきながら、丸5年営業してまいりました。
 
アクセサリーの製作、販売を生業とする中で、鈴木さんに頂いたものは技術だけではなく、お店作りや考え方なども。
 
2017年6月、諸事情で引っ越しを余儀なくされることに。
 
これからのことを鈴木さんに相談するなか、MALLIEYANというお店を残すことを大切にしてくれて
 
2F DearStock
 
1F MALLIEYAN
 
という、今の形で2017年7月より西大分Dear Stock1Fにて引き続き営業させてもらってます。
 
MALLIEYANとして積み上げてきたものを残し、これからも接客、製作、販売していける喜びに打ちひしがれ、本当に本当に感謝しております。
 
 
「MALLIEYANでできること」
 
 
▼海外で直接買い付けた天然石や材料を使用したオーダーメイドアクセサリーの製作

 
 
▼真鍮(brass)、SV925、K18等を使用したオーダーメイドアクセサリーの製作

 
 
▼店内に設置した「体験工房スペース」お客様ご自身によるアクセサリー製作体験や製作教室

 
自分のこれまで習得してきた技術、知識をここで存分に発揮させてもらえればと考えております。
 
 
「これからのMALLIEYAN」
 
ご愛顧いただいているお客さま、お世話になった皆さま、家族、そして銀細工職人鈴木秀一という方のおかげで、今の自分があると確信しています。
 
MALLIEYAN木本自身もDearStockから生まれるアクセサリーの大ファンですしね笑
 
そんな中にも自分(MALLIEYAN)のオリジナリティをしっかり確立して、自分に出来ることで喜んでいただけるアクセサリーを製作していきたいと思っています。
 
また、ディアストックとマリーヤンが一緒の場所にあることで、さらにワクワクしてもらえるようなご提案を日々模索しています。
 
店舗1Fには、MALLIEYANのアイテムと、DearStockのアイテム両方が展示しています。
 
MALLIEYAN木本が座っていますが、お気軽に「あっ!鈴木さん呼んで―!」ってお申し付け下さい。
 
オーダーや、お問い合わせの連絡先は↓
 
  2F▼
 mail:→ディアストック
 dearstock@oct-net.ne.jp

 1F▼ 
 mail:→マリーヤン
 mallieyan0714@gmail.com
 
電話番号は両方同じく097-538-8313です。
 
作業中や、接客のタイミングでどちらが出るかわかりませんので、電話口でどちらかの名前を言っていただけますとすぐにおつなぎします。
 

ご来店いただいた際は、お気軽に手に取って見ていただけるとこれまた幸いです。
 
沢山の方々に支えられて今があります。
 
技術の向上と「オーダーしてよかった!」という特別感をご提案するために
 
これらかも日々精進して行きます。
 
どうぞよろしくお願いいたします。          MALLIEYAN 木本涼介
 
 
追伸、この記事はお客さまの質問や、新しくリリースするサービスが始まることで、「追記」「編集」していきます。

ディアストックについて (2017年7月1日以降の運営について)

※ この記事は、少しずつ追記される記事です。
 現状の営業形態についてのご質問などにお答えできればと思っています。

 
ディアストック DearStock
長年ご愛顧ありがとうございます。
いつも閲覧して頂きありがとうございます。
ディアストックの鈴木です。
 
2003年のエイプリルフールより、この場所で運営しているディアストックですが、2017年7月1日より新しい体制で運営をしています。
 
「来店する方のニーズにもっと対応したい。」
「もっと新しい価値観にワクワクして楽しんでもらいたい。」
そんな感覚で、もともとあったディアストックの店内の雰囲気をそのままに、それを引き継いで、ニーズに応えられる状態に出来る方に任せて、任せた後のディアストックは店舗の二階を改装して工房を移動しました。
 
ディアストックでの、オーダーメイドの銀製品・真鍮製品・革製品など、運営内容はそのままです。
 
移動後の一階店舗は、そのままの雰囲気を残し、一時的に店舗をお貸しするカタチで、もともと大分駅前商店街の中で運営していたマリーヤンを迎えて、ニーズの多いアクセサリーの製作体験や、その他オーダーメイドでのアクセサリー製作など、同じような事業内容ですが、違う店舗運営として別々の経営をひとつの建物の中でお互いに営む、珍しい運営形態のお店として試しているところです。
 
入り口は同じですが、
DearStock という店舗の建物に、
2階に ディアストック
1階に マリーヤン
というお店が別々に営業している感じです。
”経営も受注も製作も全て別々に、それぞれのお店として運営しています。”
 
「ディアストックとして、求められるニーズに対して、ドアを開けて入ってきた方に、こうだったらもっと楽しんで貰えるんじゃないかな。」
そんな考えで、日々、何か面白いやり方がないのかなぁって模索しております。
 
現状では、初来店だと特に、ややこしい感じでご迷惑をお掛けしていますが、わかってもらえると、きっと面白いと妄想しながら考えて組み立てております。
 
ディアストック DearStock
2017年7月1日より、一階の運営を任せているマリーヤンについては、
■マリーヤン について
でも自己紹介を書いているので、こちらの記事と合わせて読んでみてください。
 
「いつか自分も作る人になりたい。職人というものになりたい。」
マリーヤンの木本くんから、そういった希望が数年前にあり、彫金技術をアドバイスしていて、それで今回のディアストックが使っていた工房の場所を使って、自分を試してみないかい?という感じで今の運営をスタートしました。
 
そんなマリーヤンを運営する木本くんの陽気なキャラクターもかってて、そんな彼の雰囲気も製作体験のブログの記事の通り、それに興味を持って予約して来店された方が、帰るときまでの時間を、「ワイワイ楽しかったね。」って喜びの体験としてとか、いい思い出作りができたり、また来たいねって感じてもらえたら嬉しいです。
 
製作体験は、基本的に1階のマリーヤンでの対応ですが、ご要望とタイミングが合えばディアストックでも対応しています。
 
ディアストック DearStock
2階はディアストックの製作スペースなので、ご自由にお入り下さいという感じではない空間にしています。
1階で、ディアストックを呼んで頂ければ、すぐ降りますので、お気軽にマリーヤンにお尋ねください。
(インターホンで呼ばれたら降ります。)
 
ディアストック DearStock
2017年7月1日以降のこちらのブログ記事は、
”この場所から発信する。”
という意味と、見る方が困惑しないように、DearStockという店舗で更新するブログにしています。
記事の更新は、ディアストックとマリーヤンで一緒にしています。
 
興味関心のある記事が見つかり、どちらが書いている記事かわからない場合は、記事の日付やタイトル、内容などメールでも、電話でもお伝えの上、お問い合わせ下さい。
 
メールでのお問い合わせ
■ディアストック 鈴木へのお問い合わせ先 : dearstock@oct-net.ne.jp
■マリーヤン 木本へのお問い合わせ先 : mallieyan0714@gmail.com 
 
電話でのお問い合わせ
■電話番号 : 097-538-8313
※電話番号も一緒にしていますので、
ディアストックでしたら鈴木を、
マリーヤンでしたら木本を、
ご指名ください。
 
ディアストック DearStock
2階も1階と同様に、のんびりとした居心地の良い空間作りを考えていて、製作の合間にのんびり色々と変えながら整えていってる感じです。
2階には、誰でも気軽に入れない空間にしているので、今のところ特別な場所にしてあります。
 
ディアストック DearStock
ディアストックでは、オリジナルのアクセサリーなど以外に、オーダーで製作するものも多く、どんなものが製作できるかの参考になるよう、履歴を記事にして残しています。
オーダーの製作時間の合間に、オリジナルの商品も、現品の在庫なども、徐々に整えています。
 
ディアストックでは、スタッフになって一緒に製作に携わるとか、作る人になりたいとか、何か気持ちが動くものがあれば、そんなお問い合わせもお待ちしております。
 
サマンの木 就労支援(B型)施設
~革細工~
ディアストックでは、事業の中に社会貢献をと、就労支援(B型)施設で、革細工のアドバイスなどに関わっています。
その施設の利用者さんたちの状態や感覚に合わせて、施設に通うとか、製作するとか、そんな日々の努力をしている方の役に立てればと、革の選定、型紙の製作、自分と同じ感覚での製作工程説明などを提供しています。
 
その製作後の製品の販売のお手伝いも、ディアストックで始めました。
施設の利用者さんも嬉しいと思うし、それを購入する方にも控えめな価格で提供できたり、使用する方にとっても、そんな社会貢献に間接的に関われる感じにできたら嬉しいです。
 
そしてその売上の一部をあしなが育英会へ。
良い循環に協力したいと考えています。
 
製作同様に、販売とか、施設などの講師とか、そんな方もいずれ育てられたらなと考えています。
 
社会貢献がどうとかってことではなくて、そういった部分に感情が面白いと感じる方とつながったりできれば、また面白いかなと考えているこの頃です。
 
 
 

15周年記念に仲間とお揃いで

おはようございます
ディアストックの鈴木です。
2017年7月1日より、お店の運営が独特で、ややこしい感じでやってますが
←左のカテゴリの
ディアストック について
マリーヤン について
で、あなたのニーズにあったご依頼もお受けしやすくなればいいなと思っています。
宜しくお願いします。
 
IMG_9760.jpg
ハーレー乗りの仲間たちと作ったモーターサイクルクラブの15周年の記念に、お揃いでペンダントを製作したいというオーダーでした。
 
「クラブ名が”昇龍会”なので、全体的には龍っぽさを取り入れる感覚で。」
とのご要望もありました。
 
ご要望の文字もイメージに合う漢字のフォントを見つけられなかったり、”会”の難しい字が無かったり、なので手書きでバランスに合わせて文字を書いて作ってみたり、そんな両面に細工のあるデザインでの製作のごオーダーでした。
 
IMG_9366.jpg
製作過程
ベースとなる板は、菱型で、一度溶かした銀を延ばして、輪郭のガタガタとか、表面の歪な巣など、岩肌の様な質感にして、研磨した際に、貼り合わせた文字を引き立たせる質感で土台作り。
 
IMG_9368.jpg
何度も書いて作ってみた文字を、丁寧に慎重に糸ノコで切り出し。
 
IMG_9371.jpg
土台に貼り合わせて配置
 
IMG_9417.jpg
背面のデザイン用
15周年の記念なので、15thを、
クラブの名前の龍に合わせて、龍が持っている玉のイメージで、それに文字を乗せたデザインで、その製作途中。
 
IMG_9441.jpg
合計6個製作するご依頼で、複製するための、これがその基となる母型に。
いぶして、雰囲気とかの仕上がりイメージを確認
輪郭も龍のシルエットっぽくて、直線的に規則正しいより良い感じ
 
IMG_9434.jpg
背面の15thは、爪を五本にして欲しいとのご要望でした。
龍っぽさを出すため、表よりシンプルな背面には、輪郭にエッジを入れてまた違った存在感にしてみました。
 
一応これで地金から作る母型(原型)の仕上がり。
この後、キャストで複製に。
 
IMG_9761.jpg
キャスト後、それぞれを整えて仕上がり。
 
IMG_9766.jpg
まとめて仲間と同じのを持ちたい、とか、作りたいとか、こういったもののオーダーも、ある程度ですが可能な限り対応しています。
 
IMG_9770.jpg
 
IMG_9772.jpg
熊本県の昇龍会の皆様 オーダーありがとうございました^^
 
 

お譲りします ワーゲン ビートル

IMG_9865.jpg
ワーゲンのビートル お譲りします情報。
掲載画像に興味がありましたら、お問い合わせ下さい。
 
内装 :綺麗な状態 張り替えているみたい
外観 :グリーンメタリック 全塗してあるので高年式のわりに綺麗
車検 :31年9月まで
その他詳細は、売りたい方と交渉お願い致します。 
 
取りあえずのお問い合わせ先↓
TEL : 097-538-8313
E-mail : dearstock@oct-net.ne.jp
担当 : 鈴木
 
IMG_9856.jpg

 
IMG_9857.jpg

 
IMG_9858.jpg

 
IMG_9860.jpg

 
IMG_9861.jpg

 
IMG_9862.jpg

 
IMG_9864.jpg

 
IMG_9863.jpg

真鍮製のキーリングを製作

IMG_9746.jpg
内径が50mm弱と、大き目のキーリングを真鍮で製作するオーダーでした。
 
IMG_9747.jpg
同じサイズで、同じ刻印イメージで、仕上がりを変えて、ひとつは綺麗に研磨して、もうひとつは古い感じで打ちっぱなしの感じが希望ということで製作しました。
 
IMG_9751.jpg
表面にはメッセージ的な刻印を、背面には、それぞれの名前や記念日などを打刻。
 
IMG_9752.jpg
キーリングに通す鍵の穴が3.5mmほどなら通るので、一般的な鍵なら余裕で通る幅や厚みのサイズ感です。
 
IMG_9748.jpg
重なり部分
 
IMG_9755.jpg 

 


IMG_9855.jpg
同じ打刻で、内径を約25mmで同じ感じでというご要望で、追加オーダーでした。
 
IMG_9849.jpg
仕上がりの質感も、大き目の方と合わせての仕上げ。
  
IMG_9850.jpg
内径が小さい分、打刻が同じ文字数でも、一周丁度良いサイズで入りました。
 
IMG_9852.jpg
 
IMG_9854.jpg
埼玉県のIさん オーダーありがとうございました。
 
革製のキーホルダーと合わせて、キーリングの部分もオーダーで合わせたり、面白いオーダーもお待ちしております。

キーケースやキーホルダー 革小物

IMG_9353.jpg
「アイスクリームが大好きな奥さんへ、アイスクリームな感じのキーケースをプレゼントしたら喜んでもらえるかも。」
そんな構想をご相談いただいて、組み合わせる色や、全体像を打ち合わせて製作した6連金具のキーケースです。
 
ナチュラル色の部分はアイスクリームのコーンをイメージした感じに。
 
IMG_9349.jpg
使用するときの外観は、赤色の平面に、二段に重ねたアイスのイメージで、畳んでると何かわからないような大きさで
 
IMG_9350.jpg
背面には、色が飴色になっていく様も面白そうなコーン的な感じに。
 
IMG_9351.jpg
開いた全体像はアイスなんだよ って、そんなアイスだけど温かいオーダーでした。
大塚さん 面白いオーダーありがとうございました
 
 


 
IMG_9336.jpg
鍵は収納したり出したりより、ベルトに通したり、鞄の手紐などに引っ掛けて使えるシンプルなボタン留めがいい というニーズ向きのキーホルダー。
 
手で握るにしても、鍵をあける際に選ぶ簡単さとか、キーリングだけだともの寂しいけど、これで事足りるかなってキーホルダーの、ケースではないこのタイプ。
 
IMG_9335.jpg
キーリングの内径は25mmほどあるので、ある程度の鍵は通せるし、革の部分を含めても、大きすぎない手のひらサイズです。
金具のカラーも、ニッケル(銀色)と、ブラス(真鍮色)で組み合わせも選べます。
 
さらに、ボタンにコンチョをオーダーメイドでカスタムしたりも興味や予算に合わせて対応可能です。
 
IMG_9339.jpg
一枚の革を折り返して、内側までが、両面革の表なので、色の経年変化も楽しめたり、丈夫でスッキリしたキーホルダーです。
 
IMG_9338.jpg
ご両親の結婚記念日にプレゼントしたいとのご要望でした。
記念日や名前を背面に打刻したり。
革に入れた文字は、使い方によっては初め程濃いまま残らないかもしれませんが、ご要望があれば対応しています。
和田さん オーダーありがとうございました
 


 
IMG_9528.jpg
ベルトにも通さないし、カバンやポケットに放り込む感じで使う方向きなのが、プレートタイプのさらにシンプルなキーホルダー。
こちらも両面に革を貼り合せる作りですので、使い馴染む変化も楽しめたり、両面違う色に組み合わせたり、ペアなら片面は共通の色で組み合わせて表はお互いの好みとか、らしさの表現出来そうな色でとか、ある程度ですが対応しています。
 
IMG_9527.jpg
ご要望に合わせて文字とか模様を入れたりも対応しています。
お世話になっている姉夫婦へ、名前の入ったちょっとしたプレゼントというニーズでした。
池永さん オーダーありがとうございました。
 
IMG_9428.jpg
オリジナルでご用意している形状のサンプルの一部。
ここにない形状でも型紙から作りますので、要望があればご相談下さい。
 
いつも閲覧ありがとうございます。

子どもの名前を刻んだお守り

IMG_9447.jpg
前から来てくれていたお客さんが、結婚して、子どもが生まれ、自分がその時間に少しながら作るという部分で関われる、そんな嬉しいオーダーでした。
「フェザーをお守りとして身に着けたい。」と、いうご要望で、毛並み部分が縦に約40mm程の、大き過ぎず小さ過ぎないサイズ感に、少しアレンジしたオーダーでした。
 
IMG_9454.jpg
ご要望があり、背面に輪郭には、沿わせて子どもの名前を削り入れました。
 
IMG_9446.jpg
上向きに羽ばたくイーグルの打刻を入れたアレンジ
 
IMG_9451.jpg
お子さんが7日生まれというのも偶然で、縄の巻き数を7周にして、そんな思い入れも良いかなとやってみました。
オリジナルの縄も、3~7周巻きなので、たまたまではありますが、そんな意味も乗せてみたりしました。
 
こちらの縄はSV925で、その他の素材と統一していますが、アレンジで、真鍮やK18にもアレンジ可能です。
 
IMG_9449.jpg
チェーンの先もご要望に合わせて、着脱し易いフックに製作して変更してあります。
着けっぱなしの場合も、見た目に既製品感が減るので、些細な部分ではありますが、ちょっとしたアレンジもおすすめしています。
 
阿部さんご夫妻 オーダーありがとうございました。

ペンダントをペットとお揃いに

IMG_9326.jpg
銀製のしずく型に、太陽や打刻を入れたプレートのオーダーでした。
香港より、飼っているペットと、飼い主さんのお揃いのペンダントの製作でした。
 
IMG_9329.jpg
10円玉よりやや大き目ほどの横幅サイズでしずく型に縦に延ばした感じで、
輪郭にはエッジを刻んで、
太陽モチーフの中央の粒は真鍮製で色みを変え、
その上の文字は手書きで削り入れて、
光沢のあるいぶしの無い研磨仕上げで。
表は、そんなご要望でした。
 
IMG_9327.jpg

 
IMG_9330.jpg
背面には、文字のサイズを変えてみたり、イーグルを片側に沿わせて入れたり、左右非対称な配置バランスで、ご要望の文字などを打刻で入れました。
モザイク部分は、迷子札として、携帯番号を打刻したりしました。
 
IMG_9331.jpg
重くならない方が良いということで、板の厚みは1mmで製作しました。
 
IMG_9333.jpg
香港のSさん オーダーありがとうございました。

アメカジショップ アンカーズよりご依頼で

IMG_9555.jpg
PCビューでこのブログを見ると、背景が黒くなって閲覧できるのですが、その画面の左下に掲載している知り合いのお店などのリンクがあって、その中に最近追加したリンク先”アンカーズ”さんからのご依頼でした。
 
お店のオリジナルで何か始めたいってことで、溶かした銀のペンダントに唐草や真鍮製のアンカーとか、文字の打刻などでサンプルの製作でした。
この実物は、店長さんが身に着けています。
 
IMG_9556.jpg
背面には、大分県を盛り上げたいってニュアンスの言葉とか打刻が入っています。
 
IMG_9557.jpg
磨きをそこそこに、あえて経年変化を楽しめる白仕上げでの納品でした。
白仕上げは、いぶさないままの仕上げの意味です。
 
興味がある方や、アンカーズの常連さんたちで、自分たちのオリジナルとか構想して増えていくと良いですね。
何かしら製作の面でお手伝いできればという感じです。
 
アンカーズへ、是非行かれてみてください。
Blog >> ANCHORS(アンカーズ)
アンカーズへ、是非行かれてみてください。
気さくな店長さんがアドバイスしてくれます。

あきら店長 オーダーありがとうございました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel: 097-538-8313
 (担当:鈴木) 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

・リング 指輪 (173)
・ペンダント (195)
・バングル ブレスレット (111)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (73)
・ウォレット 財布 (190)
・ウォレットチェーン (29)
・ベルト バックル (59)
・キーホルダー (118)
・名刺入れ ケース (92)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (86)
・その他 革製品 (130)
・その他 真鍮製品 (56)
・貸工房 製作体験 (8)
・仕事 (118)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (81)
■ ディアストック について (6)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

インスタグラム

Instagram

リンク