子供の成長と共に 2004~2012 バックル

009_20120909075344.jpg
古びた銀の光は、経年変化で入った小さな傷やくすみで味わえる楽しみ。
磨いて仕上がる感覚もいいけど、こう言う感じもかっこいい。
で、このバックルは、実は懐かしい再会。

005_20120909075344.jpg
ディアストックが、まだ始まったばかりの2004年、
「子供の誕生の記念と、その喜びと、そういう感覚を込めたバックルを。」
そんなHataさんからのオーダーだった。
店のロゴもまだ不安定で、一度消している跡とか残っていて、
懐かしいし、恥ずかしい。笑


043.jpg
子供の名前を太陽の裏に、生まれた子供の生まれ年を。
それは、今バックルの製作年と同じ。

040_20120909075344.jpg
今回は、このベルトに合わせ、ベルトの製作をご依頼いただきました。
改めて輝きを出しました。

039_20120909075344.jpg
来店の際、
「だいぶ前に、このバックルを街中にあるフォーラスに居た職人さんに作ってもらって。
革のベルトを作ってくれるお店を探してたら、こちらのお店を見付けて。」

俺も、
『そんな人が俺以外に居たんですね。笑』とか言ってたら、裏に自分の書いた文字。
2004年だと、まだ革細工はしてなかったから、
この出会いには、すごく縁を感じました。

そして納品。
「あの時の子どもです。」
と、成長した子どもさんと来店してくれまして、それだけの月日が経ったんだなと、
なんだか染み染みしました。

過去が今をつないでる。
当然だけど、やっててよかった。続けられているのも、多くの方に支えられているおかげ。
未来の自分が、過去を恥じない仕事を続けなければと、当然のことながら改めて感じた、
そんな再会でした。

Hataさん、ありがとうございました。

いずれ、子供に受け継がれるといいな


追記
076_20120916153026.jpg
そういえば、さらにアレンジで、ロゴの革をこんな感じに乗せて
打ち込んでかしめてみたり、

077_20120916153025.jpg
バックルのイメージの溶かした銀の板に同じ太陽のモチーフと
子どもの名前とバースデーを刻印して、乗せてみたりもアレンジしました。

075_20120916153026.jpg
数年後、輪郭から濃く飴色になる雰囲気を想像しながら、
面白いアレンジのご依頼もあり、カスタムしてみました。
スポンサーサイト
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:
 097-538-8313
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -