銀製のボタン 靴職人からの依頼

129_20140520192703e9e.jpg
大分市の靴職人のお店”山村製靴店(やまむらせいかてん)”様よりオーダー頂きました。
製作する靴に片側3ヶ所ずつ、取り付ける予定のボタンとバックルを、銀で作って欲しい
というオーダーでした。

131_2014052019270359e.jpg
凹凸をつけて、銀の軟らかい光り具合のボタンに

133_20140520192702564.jpg
サイズが約10mmφくらい

132_2014052019270213a.jpg
実用性の製品だけど、アクセサリーにしても可愛いし、
財布にコンチョの代わりにボタンにしたり、
そんなオーダーも可能です。

031_20140717123622508.jpg
こちらは別の靴に着ける銀製のバックル
市販品のサイズを、銀で少し改良してのご依頼でした。
左が銀製

033_20140717123622b12.jpg
銀は、滑らかな曲線の光沢が活きる金属
これも、左が銀

034_201407171236226e4.jpg
これは裏側で、左はメッキされたもの
右が銀。銀は、使っていくと、いぶしが入って影ができて
立体的な奥行きが他の金属にない渋さだと思う。


252_20140717124920fb9.jpg
こちらは、また別
線が太めのバックルのご依頼

253_2014071712491915b.jpg
『製作している靴に、どんな曲線があれば活きるのか。』 そんな打ち合わせをしていて、
銀を使うからアクセサリーのような自己主張より
本当の脇役の、なのに靴を引き立たせる存在感ってバランスに、
日頃考えるよりもう少し深い、「製作すること」の、楽しさを感じたオーダーでした。

254.jpg
誇らしく胸を張りがちのブランド物と感覚の違う、おしとやかな個性みたいな
言葉が出てこない言語のキャパの無さにもどかしく思うけど・・・

255_201407171249195c1.jpg
単純に、いい靴に合うバックルに、市販品でも事足りるけど、
こだわるのも面白いし、かっこいいのでは?って部分の遊び

ゴールとか個人の満足とか、永遠に無いんだろうけど、今の欲求に応えれたらいいなぁ


ご依頼いただいた靴職人のサイトへのリンク
山村製靴店
URL : http://www.yamamuraseikaten.com/

自分の足に合う靴を、靴職人に、あつらえてもらう
なんとも贅沢なステータス
身の丈が、そこに見合う大人の遊び
職人も、オーダーするお客さんも、全てがかっこよく映るお店です。

山村さん オーダーありがとうございました
またのご依頼も、お待ちしております。
スポンサーサイト
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:
 097-538-8313
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -