FC2ブログ
02
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2019-02

パーティーウォレットのアレンジ サプライズプレゼント

IMG_5926.jpg
 
職場の仲間に、仲間内からのサプライズプレゼントのオーダーメイド。
「名刺も少し入る小さめの財布。」
という打ち合わせ。
 
IMG_5937.jpg
 
名刺の数枚程度収まる収納に、小銭、紙幣の納まる三つ折タイプのコンパクトなパーティーウォレット二代目の型で製作。
 
IMG_5928.jpg
 
カード収納
名刺サイズなので、6枚ほどは普通に収納能力がある感じ。
 
IMG_5927.jpg
 
小銭収納
コンパクトな分、浅めのつくりで、マチがないので大量の収納には向いていないけど、手荷物が大げさにしたくない方の日常使いならおすすめ。
 
IMG_5924.jpg
 
左手で持ち、右手で取り出すとい縦使いな使い勝手イメージのデザインになっています。
小銭のフタも自然と倒れて馴染んでいきます。
 
IMG_5929.jpg
 
使い込むほどペッタリと馴染んで、さらにコンパクトに育つ財布です。
 
IMG_5932.jpg
 
こげ茶と黄色の組合せが可愛い仕上がり。
コバ処理は、スエードっぽく艶を出さない質感に仕上げ。 
 
赤野さん オーダーありがとうございました。
 
 
スポンサーサイト



真鍮製パーツの製作 (フェザー メディスンホイール スクエアフック)

IMG_5646.jpg
 
現在使用しているペンダントに重ねるフェザーや、チェーンエンドのパーツなどのオーダーでした。
 
真鍮製のフェザー(35mm)の製作途中。
切り出した板に毛並の彫り込み中。
 
IMG_5648.jpg
 
背面より膨らませて、切れ目を作りロウ付け。
 
IMG_5649.jpg
 
軸を畳んで、縄で絞め固定。
縄は、銀のワイヤーで巻いた仕様に加工。
 
IMG_5654.jpg
 
ある程度の磨きすぎない質感で仕上げ。
メディスンホイール、スクエアスワンフックも真鍮で製作。
 
IMG_5652.jpg
 
オリジナルパーツのメディスンホイールは、イーグルや太陽のモチーフのデザイン。
 
IMG_5651.jpg
 
スクエアスワンフックは、柔らかい曲線でシンプルに仕上げたオリジナルパーツ。
引っ掛ける相手が丸カンでも相性がいいデザインです。
今回はメディスンホイールに合わせ、真鍮で製作していますが、銀でも製作可能です。
 
IMG_5655.jpg
 
堀切さん オーダーありがとうございました。
 
 

真鍮製ジッポ アーマーケースを加工 

IMG_6124.jpg
 
「誕生日プレゼント何がいい?」
彼女に質問された彼が、「ディアストックのカスタムジッポがいい。」と熱望。
大まかな部分はお任せで。 と、要望を伝えられた彼女のご来店。
 
彼の好みや、伝えられたイメージで、汲み取りながらの打ち合わせ。
所有する喜びを探りながら、構図の打ち合わせ。
 
IMG_6122.jpg
 
オリジナルのツバメモチーフに、葉っぱをくわえさせているイメージ
 
IMG_6121.jpg
 
開閉の親指の引っかかり部分に太陽モチーフ
 
IMG_6126.jpg
 
それぞれを、ジッポと同じ素材の真鍮で、板から切り出し。
 
IMG_6127.jpg
 
太陽モチーフは、アーチ状なので、少し曲げて、角を落として下処理。
 
IMG_6125.jpg
 
彼の生業である ”BARBAR” を、上フタに削りいれるご要望で、文字の雰囲気を考え中。
 
IMG_6130.jpg
 
切り出したパーツのロウ付けが終わり、文字などの配置決め。
なんとなく、こんな構図が良いかなとか考え中。
 
IMG_6131.jpg
 
背面がアーチ状の太陽も付きました。
 
IMG_6139.jpg
 
「彼は、綺麗なものより、古臭さの似合うものが好き。」
打ち合わせの際に、彼女が言われていた彼の好みを、使い古した際の質感で考慮して、わざと銀ロウでにじみをつくり、質感の経年変化で雲のような雰囲気に加工してみました。
 
IMG_6140.jpg
 
BARBAR 生業のバーバーの文字を削り入れ。
深めに大きめに、アーチ状に入れてみました。
 
IMG_6141.jpg
 
開閉の際の指の引っかかり部分。
太陽のデザインで、放射状の輪郭を刺さらない程度に角を落とした仕上がり。
 
IMG_6143.jpg
 
よく触れる部分が光る性質の真鍮の経年変化を想像して、太陽にだけ槌目模様を打ち入れてみました。
使うほど太陽は輝く質感に。
 
IMG_6144.jpg
 
上向きに羽ばたくツバメが可愛い感じに仕上がりました。
開閉部分の微調整。
 
IMG_6145.jpg
 
古い質感にするため、あえて、フラットトップっぽく、上部のフタのみ叩いて雑に凹ませてみました。
 
IMG_6147.jpg
 
今回の製作は、在庫の真鍮製アーマーで製作でした。
 
IMG_6149.jpg
 
スリーバレルのカスタムは、次回のカスタムの楽しみに取っておいて、また後々。
 
Yくん Iさん オーダーありがとうございました
 
 

 

リバティーコインのペンダント プレート重ね着け

IMG_6230_20190226111704d29.jpg
 
生まれ年のコインを持込で、ペンダント製作のオーダーでした。
 
IMG_6231_20190226111702db9.jpg
 
コインと同サイズのコインに、クロスを切り抜いて、
 
IMG_6245.jpg
 
重ね着けするコインには槌目模様を入れて製作。
それぞれにカンの通るリング部分ををロウ付け。
 
IMG_6249.jpg
 
それぞれの背面
 
IMG_6252.jpg
 
重ねると逆さだけど、たいまつが見える感じに。
 
IMG_6253.jpg
 
チェーンを通す丸カンを取り付けて仕上がり。
 
IMG_6257.jpg
 
リングを軸に、コインが揺れるペンダントに仕上がりました。
 
IMG_6258.jpg
 
製作したプレートにいぶしをいれて、文字と切り出したクロスの内壁に奥行きがでました。
 
IMG_6262.jpg
 
重なりはシンプルにこんな感じに。
 
酒井さん オーダーありがとうございました。
 
 

真鍮×銀 銀×真鍮 金属の組合せ 逆甲丸バングル

IMG_6174_20190226103917758.jpg
 
真鍮のバングルには銀を。
銀のバングルには真鍮を。
地金を互い違いに使ったペアのバングルのオーダーでした。
 
IMG_6151.jpg
 
バングルの幅より少し細く厚みのない板に太陽やイーグル槌目を入れた板を中央部分に。
 
IMG_6152_201902261039108cd.jpg
 
肌馴染みのいい着け心地になる内側の研磨と、文字の打刻。
 
IMG_6178_201902261039084ad.jpg
 
プレートの両サイドには唐草模様を。
唐草はペアになるように、模様の入りを向かい合わせで。
唐草模様の入った面も槌目模様。
 
IMG_6154_20190226103911ff8.jpg
 
いぶさずに、磨いただけの質感の仕上げ。
くすんできたら、銀は唐草が引き立ちそうで楽しみなデザイン。
 
IMG_6173.jpg
 
8mm幅なので、画像でわかりにくいけど、表面は逆甲丸の形状に。
柔らかい着け心地です。
 
IMG_6191.jpg
 
IMG_6195_20190226110102f0c.jpg
 
側面まで槌目をいれてある三面槌目模様で、キラキラ感がゴージャスな見た目。
 
IMG_6158.jpg
 
太陽の粒も互い違いで、銀の板には真鍮のショットを真鍮の板には銀のショットの組合せ。
 
IMG_6159.jpg
 
Hさんオーダーありがとうございました。
 

2nd と刻んだ指輪

IMG_6089_20190226092117aeb.jpg
 
幅が太目の指輪
光沢が鈍い、古臭い感じ
太陽と、そこに向かうイーグル
あとは任せるよ。
などなど、そんな感じで、オーダー頂いた指輪の製作でした。
 
IMG_6012.jpg
 
12mm程の幅の板にデザインを想像。
中央に太陽用のショットをロウ付け。
 
IMG_6015.jpg
 
号数による距離と、デザインの間隔を計算して、タガネで模様をつけた板。
 
IMG_6080.jpg
 
曲げたり叩いたり微調整したりでリングにして、いぶして指輪に。
 
IMG_6081.jpg
 
会社の事情で、二度目の人生みたいなものの始まり。
そんな本人しかわからない決意みたいなものを
” 2nd ”
と打刻。
 
IMG_6084.jpg
 
内側のロウ付け痕
残した無骨さが手作りの奥行きを感じる仕上がり。
 
IMG_6086_20190226092126fb1.jpg
 
スタンプを入れたいぶされたデザインを見るのと、無地の銀の肌を見る。
見方を変えると見え方も変わるデザイン。
新しい人生が好転していきますように。
 
IMG_6083_20190226092123745.jpg
 
外側のロウ付け痕
余白をつくり、多めに塗り広げられたような質感。
見えないところにも個性のある無骨さを残しての仕上がりに。
 
つちかった無骨な手のひらを眺めたとき、そんな無骨を握り締めるとき、自分にしかわからない決意もみなぎるのかな。
 
IMG_6082_20190226092122787.jpg
 
岡田さん オーダーありがとうございました。
新しい歩み 頑張って下さい
 
 

ジッポの修理 上のヒンジが折れた際の修理

IMG_6023.jpg
 
ジッポの蝶番(ちょうつがい)部分を強化するカスタムのスリーバレル加工ですが、微調整がほんとに微調整なので、シビアなぶん、大雑把にやっちゃうと、この部分がこうなってしまう。
 
やはり、金属なので、金属疲労ってやつで、折れてしまいます。
ほんとちょっとずつ調整をしてみて下さいね。
 
IMG_6029_201902260857315bd.jpg
 
ということで、この折れた金具部分をどうやって修正するかをご相談頂きました。
 
外はデザインが出来上がっているカスタムだったので、ハンマーを倒すタイミングと、閉まったときにフタを押える役割を担う部品を、製作してロウ付けするという修理の試み。
 
真鍮の板、納まりの良い幅に切り出して、片側はフタの曲線に沿わせるように曲げた形状で、奥行きを計算して、繊細なパーツの出来上がり。
 
IMG_6061_20190226085728ce8.jpg
 
製作したパーツをロウ付けして復活。
 
ジッポの開閉音は、自分で微調整が上手くいったときの満足感は、さらに愛着が湧きますね。
ご相談ありがとうございました。
 
 

キノコのキーホルダー ワークショップ

IMG_3439.jpg
 
オーダーに来られたお客さんからの縁で、障害のあるお子さんの通う児童発達支援施設へ出向いて、何かワークショップみたいなものを催してもらえないかとご相談を頂き、組合せで遊べる、キノコのキーホルダーを提案して、実施してきました。
 
まず、先生たちにも体験してもらい、工程や作業の流れや、児童の発達に合わせた流れを打ち合わせ。
 
画像は、まず先生も作ってみましょう。
からの出来たもの。
女性の先生は可愛い目に、男性の先生は毒々しい感じになり、楽しんでいただけました。
 
IMG_3437_2019021514310589a.jpg

組合せも無限に出来そう。
自分の好きな組合せの製作体験や、いい思い出になってくれてたらいいな。 
 
児童の画像は、プライバシーの兼ね合いでありませんが、楽しんでもらえました。
また、ご要望を頂いて、こういった機会が作れたら良いなって日になりました。
 
ご依頼ありがとうございました。
 
 

真鍮のプレート シンプルなキーホルダー

IMG_3389_201902151412050f8.jpg
 
仕事で使うカブが3台。
「乗るたびに、どの車両がどの鍵かがわからず、見分けが付かず困っている。」
というご相談で、鍵に付ける真鍮製のプレートを作るご要望でした。
サイズ感などの指定があり、価格も抑え目のご要望だったので、荒々しいけど、角のないシンプルなプレートに仕上がりました。
 
IMG_3390_2019021514120755a.jpg
 
こういった簡単そうだけど、どうせならこうしたいなぁ、などこだわりも込めて、価格も抑え目に
など、のご要望もありましたらご相談下さい。
 
オーダーありがとうございました。
 
 

赤と黄色のキーケース

IMG_3477_20190215132115756.jpg
 
よく熟れた果実のような、深い赤色と黄色の革の組合せで、キーケースのオーダーでした。
 
IMG_3479_20190215132116ab7.jpg
 
金具が背面に出ない金具を使ったので、背面もステッチだけで、シンプルにスッキリ仕上がっています。
 
IMG_3480_20190215132118480.jpg
 
ふたの内側だけ黄色を入れるご要望でした。
 
IMG_3481_201902151321194a4.jpg
 
その内フタにロゴを入れて、その下にご要望の文字を打刻しました。
 
IMG_3482.jpg
 
金具は真鍮製ホックと真鍮メッキのキーホルダー金具に合わせた組み合わせ。
 
IMG_3483_20190215132114ac8.jpg
 
ブッテーロの赤は深い色で美しいです。
エイジングでもっと深い光沢が今からワクワクな質感でした。
 
IMG_3478_20190215132202a18.jpg
 
オーダーありがとうございました。
 
 

幅の違うペアリング 甲丸と逆甲丸

IMG_3921_201902151245518f5.jpg
 
ペアリングのオーダーの際に、ご相談されることがある、お互いの理想の指輪の幅が大きく異なる場合。
彼女は細い指輪にしたい。
彼は太い指輪にしたい。
そんな場合におすすめしている、細い甲丸と、太目の逆甲丸の組合せ。
 
文字通りの凹凸(おうとつ ・ でこぼこ)で、組み合わせるデザインの提案。
 
今回のオーダーのパターンだと、そのデザインに槌目模様を入れた感じのご要望でした。
 
IMG_3919_20190215124552fd1.jpg
 
日本の古くから愛される模様の槌目(つちめ)という和柄は、シンプルですが、柔らかい光沢でおすすめです。
同じようなニーズで、迷っていたら参考になれば幸いです。
 
オーダーありがとうございました。
 
 

持ち込みオパールと指輪の製作

IMG_3379.jpg
 
オパールを持ち込みで、削るのもご自分で体験してもらい、リューターや耐水ペーパーなどを駆使して、指輪用に整形するところからでした。
通常は、ご依頼されて、こちらが加工を進めますが、「石を自分で好みに削ってみますか?」から、お客さんと一緒に賑やかなかこうでした。
 
IMG_3757.jpg
 
賑やかさの伝わる画像がないですが、上の尖った裸石からここまで整形。
オパールは、どうしても割れますね。
繊細で、加工が難しいですが、指輪になった後で割れるより良いかなという削り作業でした。
 
研磨後の石に合わせてフクリンで枠を立て、土台と指輪を製作。
 
IMG_3769_20190215105516e72.jpg
 
ご一緒にご来店されていたお友達も、お持込の石に合わせて指輪を製作しました。
 
IMG_3915.jpg
 
フクリンを押えて、いぶしをいれて、研磨して、無事納品。
 
IMG_3917_201902151055127c9.jpg
 
指輪は、どちらもハートの指輪ベースで、線の細さを変えたり、細い方にはト音記号のパーツを付けたりのデザインで製作しました。
 
IMG_3918_2019021510551347c.jpg
 
土台を、その指輪に乗せたデザインになっています。
指の腹側が細いので、着け心地のいい指輪です。
 
IMG_3788_20190215110447ed6.jpg
 
持ち込みのまま、加工になった、ワイヤーで包んだデザインの指輪の石が、色がおかしいので、バラシてみることに。
 
IMG_6849.jpg
 
ガラスの背面に、七色のキラキラしたフィルムと黒い裏当てを接着している合成石でした。
この後、接着しなおして、戻すことに。
 
IMG_6934.jpg
 
前より綺麗な輝きになり、お客さんも喜んで頂けてホッとしました。
 
IMG_6933.jpg
 
いぶしを強めにして、研磨をしなおして納品。
 
IMG_6935.jpg
 
サキちゃん ノンちゃん オーダーありがとうございました
 
 

インディアンコインをペンダントに

IMG_5641.jpg
 
インディアンの横顔が凛々しい金貨の真鍮製レプリカを、ペンダントにするオーダーでした。
 
IMG_5656.jpg
 
チェーンの通るカンのデザインを、フェザーのようなデザインに、
 
IMG_5657.jpg
 
1911の打刻部分に、上から自分の生まれ年を打刻して、
 
IMG_5658.jpg
 
背面に製作した西暦と月を打刻して、というご要望でした。
 
IMG_5659.jpg
 
背面の取り付け部分も、フェザーの背面の印象に仕上げてみました。
 
IMG_5661.jpg
 
縄を巻いて、太くなりすぎず、細くなりすぎないほどのカンを取り付けました。
 
IMG_5662.jpg
 
チェーンも真鍮製で、真鍮メッキかもですが、取り付け部分は着けた後は閉じて外さないということで、8の字になるようなカンを取り付け。
 
関さん オーダーありがとうございました
 
 

赤いハートと銀製のチャーム キーホルダー

IMG_5636.jpg
 
赤い革のハートと、しずく型の銀のプレートを合わせたキーホルダーのオーダーでした。
 
IMG_5502.jpg
 
打ち合わせ
イメージをお聞きして、のラフ画の途中段階。
 
IMG_5501.jpg
 
赤い革製のハートいは、どんな配置で文字がどう入るかを打ち合わせ。
 
IMG_5583_20190208112722775.jpg
 
銀の板をしずく型に切り出し。
 
IMG_5586_2019020811272311e.jpg
 
背面に文字の打刻。
 
IMG_5588_201902081127253e1.jpg
 
表面に、ベアパウの太陽神と、シルエットのエッジ加工。
 
IMG_5589.jpg
 
チャームがとりあえず仕上がり。
 
IMG_5628.jpg
 
続いて革。
赤い革は、打刻の文字がしっかり入るブッテーロを貼り合せで製作しました。
シルエットに沿わせて一文字ずつ打刻してあります。
 
IMG_5630.jpg
 
中央にクローバーを打刻。
 
IMG_5637.jpg
 
チャームが下がって重ならない、バランスの良い位置にクローバーを入れて欲しいとご要望もあり、バランスを見ながら配置決め。
 
IMG_5638.jpg
 
チャームの銀に合わせて、キーリングやハトメも銀色の製品を組合せ。
銀製のチャームはいぶしなしで白仕上げの状態をご希望でした。
 
IMG_5639.jpg
 
香港のchenさん 佐藤さん オーダーありがとうございました。
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

インスタグラム

Instagram

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel:
 097-507-2066
 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

■ お問い合わせ (2)
・リング 指輪 (192)
・ペンダント (226)
・バングル ブレスレット (123)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (90)
・ウォレット 財布 (206)
・ウォレットチェーン (32)
・ベルト バックル (63)
・キーホルダー (131)
・名刺入れ ケース (108)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (89)
・その他 革製品 (136)
・その他 真鍮製品 (58)
・貸工房 製作体験 (11)
・仕事 (132)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (85)
■ ディアストック について (4)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

リンク