FC2ブログ
12
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2018-12

2018年の仕事納め

20181228.jpg
 
今年も、皆様のおかげで、充実した日々を過ごせ、あっという間の一年でした。
色んな物語や想いの片隅に、良い存在として寄り添っているものがお届けできていたら良いなと、振り返っている28日。
お店は、29日まで通常営業しております。
 
少し早いですが、今年も一年ありがとうございました。
 
年末年始ですが、出かけたり、戻ったり、していますが、さほど休まず、ほぼほぼお店に居ると思います。
御用の方は、ご連絡頂ければありがたいです。
お休みが長く、退屈な方は、遊びに来て下さいね。
 

 
迎える2019年は、製作スペースの拡張を企画しています。
上の画像のスペースが更に楽しい空間に改装されます。
 
銀や真鍮の金属加工など、アクセサリー製作や、手縫いの革製品の出来るまでを、なんとなくやってみたいとか、お友達や近しい方へのプレゼント製作など、「自分の手で、空いた時間で」 というご要望に、長時間、のんびり製作の体験の出来る場所を設けます。
 
空いた退屈な時間を、充実したものに出来る環境をご提供したいなと構想を練って準備を進めております。
みんなでワイワイ楽しいことしましょう。
 


 
img_0433_201812281746567f2.jpg
 
大分のアメカジを背負う存在のセレクトショップ ”アンカーズ”に、集うお客さんや、共通する大分を盛り上げたいって皆さんと、2019年も、面白い構想なども企んでいます。
参加できる方は、是非来年も宜しくお願い致します。
 
ローカルな情報ですが、アンカーズには、ディアストックの一点モノのアイテムを置いています。
在庫商品をお求めの方は、アンカーズもぜひ宜しくお願いします。
 


 
様々な縁に支えられ、こうやってお店を維持できていることの感謝を、「楽しさ」とか「誰かの喜び」に、色んなカタチで還元をしたいと考えています。
 
 
今年の通常営業は明日29日までです。
年始は1月1日のみお休みで、2日より通常営業しております。
 
 
2019年も、2階に移動したディアストックと、1階で運営しているマリーヤンを宜しくお願い致します。
 
いつも ありがとうございます。
 
 
スポンサーサイト



ハートの指輪

IMG_5339.jpg
 
3mmの銀線を曲げて製作したハートの指輪。
表面に槌目模様をつけて、研磨して仕上げたデザイン。
 
20号サイズで、存在感のある指輪をご希望でした。

IMG_5206.jpg
 
製作途中。
 
IMG_5207.jpg
 
文字入れもご要望があり、2本を合わせるので、片側に入る感じで打刻。
 
IMG_5338.jpg
 
それを丸めて、ハートをふたつくっつけての製作工程。
 
IMG_5340.jpg
 
指輪の下は3mmが2本で約6mm程なので、着けた感じは指馴染みの良い形状の指輪です。
 
宮本さん オーダーありがとうございました。
 
 


 
IMG_5492.jpg
 
同じハートの指輪のデザイン。
1.5mmの銀線で、細目のハートにして製作。
 
IMG_5494.jpg
 
横からだとハートに見えるので、人差し指や小指などにおすすめのデザインです。
太さが変わると存在感も結構違うので、ペアにもお勧め着けやすい指輪です。
 
横山さん オーダーありがとうございました
 
 

フェザーとターコイズのペンダントなどの組合せ

IMG_5292.jpg
 
可愛がっている後輩へのプレゼントということで、ペンダントの一式の組合せのオーダーでした。
以前製作した自分用のデザインに似せて、同じようなのを後輩にも。
というサプライズのご相談でした。
 
IMG_5283.jpg
 
銀と真鍮の組合せで、ハートフェザーと、太陽神の中央が真鍮製のデザイン。
 
IMG_5284.jpg
 
太陽神の中央がいつものベアパウではなく、イーグルでのご要望で製作。
 
IMG_5285.jpg
 
真鍮製のハートフェザーにも、イーグルを飛ばしたデザインに。
 
IMG_5287.jpg
 
縄で巻いてロウ付けしているデザイン
 
IMG_5288.jpg
 
背面には、プレゼントする後輩の名前などを削り入れ。
 
IMG_5279.jpg
 
アシンメトリーなメタルには、ワイヤーワーク枠で包んだアリゾナ産キングマンターコイズ。
 
IMG_5282.jpg
 
ターコイズのメタルの背面にも、一度溶かした銀特有の巣が入っていて、独特な質感。
キャストで出ない一つずつ偶然な仕上がり。
 
IMG_5295.jpg
 
着脱する方にとっては、鍵や財布、腕時計などと並べて置かれたときに感じるワクワクがあるこんな角度からの表情。
 
IMG_5293.jpg
 
フェザーの毛並みが約60mm程のサイズ感。
 
IMG_5290.jpg
 
メディスンホイールとスクエアフックも真鍮で製作して銀製のチェーンを連結。
 
IMG_5294.jpg
 
今村さん オーダーありがとうございました。
 
 

カエルと蓮の葉のループタイ

IMG_5477_20181228140153e19.jpg
 
オリジナルでご用意してあるカエルのパーツ。
「カエルをよく作ってるけど大好きなんですか?」と言われると、実はそんなに爬虫類や両生類系が得意ではなく、触れと言われると拒む側の感覚。
造形としてとか、無事に帰るとかの縁起などで好きな部分があるっていう程です。
 
そんなカエルを、ずっと気になっていたと、心に留めて下さっていた方から、ループタイに出来ないかとのご相談からのオーダーでした。
 
IMG_5474_20181228140157738.jpg
 
蓮の葉をハートっぽく、アシンメトリーなシルエットにして、その上にカエルが。
という感じのご要望でした。
 
IMG_5456_20181228140112c84.jpg
 
真上から。
 
IMG_5459.jpg
 
銀の光沢の潤った感じと、いぶしで光と影の表現。
 
IMG_5460.jpg
 
ループタイなので、背面のギミックパーツ。
市販のパーツでも大丈夫ですが、折角作るなら、見えないところにも拘りたいのがオーダーメイドの楽しい部分。
銀の板から切ったり曲げたりで、製作してみました。
 
IMG_5462.jpg
 
タイの紐を押さえたりの調整パーツは、押えやすく、衣類への干渉も抑えられる膨らませた形状にして製作してみました。
 
IMG_5461.jpg
 
開いたところにお店の名前を削り入れ。
 
IMG_5463.jpg
 
紐だけ市販のものを利用。
 
IMG_5464.jpg
 
よじ登ってる感。
 
IMG_5469.jpg
 
ループタイ久しぶりに作ってみましたが、拘るとオシャレだなと。
色々、自分好みに作れそうなアクセサリーです。
 
IMG_5467_2018122814012127d.jpg
 
紐の先に付くパイプのパーツも、合わせて銀でシンプル目に製作。
 
IMG_5472_20181228140154375.jpg
 
紐の調節。
背面のプレートを起こして紐をスライドさせて、
 
IMG_5471.jpg
 
丁度良いとこで倒すと固定される仕組み。
 
横山さん オーダーありがとうございました。
 
 

長財布 コンチョの取替え加工

IMG_5048.jpg
 
数年前に納品した、日々使っていただいている長財布のコンチョを気分転換に新調したいというご相談。
ペンダントにとして製作していた製品を気に入ってもらえて取替えの、とても贅沢なオーダーでした。
 
IMG_4957.jpg
 
最近ショーケースに追加したばかりだった、アリゾナ産キングマンターコイズのペンダントで、その枠のまま、これを移植する流れに。
 
IMG_4963.jpg
 
ペンダントのチェーンの通る感を取り外して、背面に革への固定部品を取り付け。
 
IMG_4958.jpg
 
部品ができたので、続いて財布の加工へ。
コンチョの取替えのため、内ふたの縫いなどバラシ作業。
 
IMG_5021.jpg
 
縫いを解いて、貼り合せていた内ふたを剥がして、もともとの花のデザインのターコイズコンチョを外して、
 
IMG_5024.jpg
 
新しく製作し直したコンチョの配置決め。
 
IMG_5029.jpg
 
コンチョの背面パーツを差し込んで、
 
IMG_5026.jpg
 
固定。
ピンで、革を抱く感じで密着。
もともとの取り付け穴などを、見えないところだけど一応塞いだり。
 
IMG_5028.jpg
 
内ふたの貼り戻し。
 
IMG_5052.jpg
 
縫い直して、コバ処理し直して、完成。
 
IMG_5171.jpg
 
取り替えた前のコンチョは、研磨し直してお戻し。
また何かの機会に活用されるといいな。
 
IMG_5056.jpg
 
最後にオイルメンテナンス。
また、永く愛されますように。
我が子のような想いで、再び送り出す感覚。
 
IMG_5047.jpg
 
鳥取県の山下さん オーダーありがとうございました。
 
 

小さめのフェザー お友達へのプレゼント

IMG_5167_20181228125825277.jpg
 
「小さめのフェザーが欲しくて、友人とお揃いで着けたい。」と、女性からのオーダーでした。
 
IMG_5168_2018122812581559a.jpg
 
毛並部分で25mmのサイズ感
銀の縄を巻いたデザインのご要望でした。
 
IMG_5155.jpg
 
25mmのサイズ感イメージ。

太さが1mmほどのチェーンとも相性が良く、女性にもお勧めのサイズ感です。
いぶしを入れた質感ですが、いぶさない白仕上げもおすすめです。
 
IMG_5160_20181228125819c4f.jpg
 
背面に、筆記体でそれぞれに名前を削り入れ。
 
IMG_5163.jpg
 
1つずつ作るので、ふたつ並べるとわずかに違うのも、手作りならでは。
 
IMG_5161_201812281258201a7.jpg
 
小さい分、縦の長さも長すぎないので、単体でも着けやすいし、重ね着けでも似合いそうなサイズ感です。
 
IMG_5165_20181228125823464.jpg
 
背面処理と、銀の縄巻き部分。
この部分は、真鍮やK18などにも対応しています。
 
IMG_5158_201812281258179b6.jpg
 
鳥取県の山下さん オーダーありがとうございました。
 
 

真鍮製銀メッキジッポ 銀製スリーバレルカスタム × 真鍮軸 

IMG_4928.jpg
 
ずっと使っていたジッポを修理カスタムのご依頼でした。
 
真鍮製の銀メッキジッポをカスタムすると、質感的にはこのイメージに。
個人的には、好きな古臭さが渋くて、真鍮製なので音も良くて好きなカスタムベースです。
  
IMG_4870.jpg
 
お持込頂いたジッポ。
蝶番も磨り減ってて、ずれてて、仕方のない経年劣化。
 
広島カープの優勝というのもあって、修理カスタムのご依頼。
 
IMG_4871.jpg
 
劣化した蝶番をばらして、銀板で隙間をふさいで、ロウ付け面のメッキはがしの工程。
 
IMG_4886.jpg
 
スリーバレルは銀で製作。
今回は、軸のみあえて真鍮製のご希望。
強度とか滑り具合など、の違いはさほどなく、仕上がりの色のコンビ感がかっこよくなる感覚で、全体バランスを見て古い感じだと似合いそうな好きなカスタム部分。
 
IMG_4888_20181228120859886.jpg
 
そんな真鍮製の軸の打ち込み。
 
IMG_4919.jpg
 
仕上がり具合。
銀メッキのロウ付け後の虹色のにじみが傷に残り、古臭くて大好物な質感な仕上がり。
 
IMG_4936.jpg
 
銀製のスリーバレルは、シルエットをアレンジしたタイプに。
ノーマルに加えて少し加工代がプラスされますが、ご相談頂ければこういうことも可能です。
 
IMG_4934.jpg
 
まだ、軸の動きが渋いので、この辺で固まる感じ。
表面の質感。
 
IMG_4933.jpg
 
背面の質感。
 
IMG_4931_201812281209048e4.jpg
 
埼玉県の久本さん オーダーありがとうございました。
 
 

K18のバラモチーフと平打ちリング 結婚指輪

IMG_4791.jpg
 
8mm幅と5mm幅のベースに、K18で製作したバラのモチーフを乗せた平打ちリングのオーダーでした。
結婚指輪としてのオーダーで、あまり光沢を出さず、光らせ過ぎずな仕上げでというご要望でした。
 
IMG_4741.jpg
 
打ち合わせのバラのデザインから、バラが立体に浮かび上がる感じのコイン状がご要望の雰囲気だったので、それに合うタガネ作りから。
 
IMG_4743.jpg
 
8mm幅に収まるバラ、5mm幅に収まるバラ、それぞれの製作。
革で試し打ち。
 
IMG_4749.jpg
 
タガネの焼入れをした後、いよいよK18に打刻。
この後シルエットに合わせて切り出し。
 
IMG_4785.jpg
 
銀製の平打ちリングに、K18製のバラのモチーフを重ねてロウ付けして、5分くらいの艶感でいぶして仕上げ。
  
IMG_4788.jpg
 
結婚指輪は、華奢で綺麗めな印象のもののニーズが多いですが、個人的にはこういう日常使いとか、自分のらしさを乗せたオーダーは嬉しいですし、おすすめな方向性です。
 
IMG_4789.jpg
 
千葉県の成田さん オーダーありがとうございました。
 
 

槌目模様のツイストバングル

IMG_4954.jpg
 
中央あたりを1回転(360度)させたツイストデザインで、バングルのオーダーでした。
表の面の両脇は槌目模様のキラキラが目立った柔らかな仕上げのデザインのご要望でした。
 
IMG_4948.jpg
 
幅が約8mmほどを捻った中央部分は、その分厚みが出ますが、均等なツイストの雰囲気になるよう、緩過ぎず、きつ過ぎずなかんじで捻ってみました。
 
IMG_4950.jpg
 
綺麗に研磨して、捻っている部分の角をできるだけ落として、柔らかな着け心地に。

IMG_4955.jpg
 
肌に触れる方は、つぶさずに、自然のままに仕上げているので、見た印象や、捻りの光沢も不自然にならないように配慮してみました。

IMG_4953.jpg
 
光が流れるように映り込む仕上げの研磨は、銀製品の納品時に味わえる贅沢。
傷だらけのエイジングも楽しみなオーダーでした。
 
みうらさん オーダーありがとうございました。
 
 

名刺入れとターコイズのコンチョ

IMG_5014.jpg
 
一つ前の記事で製作していたロイストンターコイズの縄枠のコンチョを名刺入れに取り付けました。
ナチュラル色の革に黒いシニューで4mmピッチの手縫い、コバ処理有りの仕立てでのオーダーメイドです。
 
IMG_4994.jpg
 
取り付け。
ターコイズの表情の向き、取り付けの配置などを確認して、固定用の穴を開けて、
 
IMG_4995.jpg
 
ピンを差込んで、
 
IMG_4997.jpg
 
そのピンを根元から曲げて、革を抱く感じで固定してあります。
 
IMG_5008_20181228095336c36.jpg
 
ナチュラル色の革に、黒いシニューで、コバ処理有りの艶とターコイズや銀の艶がよく似合う仕上げ。
 
IMG_5004_20181228095332389.jpg
 
畳んだときも面白さのある、マチの色変更
赤を選ばれました。
 
IMG_5005.jpg
 
シルエットも曲線を多用したデザインで、名刺も3~40枚は普通に収まるサイズ感の仕立てです。
 
IMG_5006_2018122809533597b.jpg
 
ロゴは背面の中央に。
 
IMG_5013_20181228095329161.jpg
 
こちらが全体像。
黒糸は、シルエットの強調もできて、曲線デザインに取り入れると面白い雰囲気だと感じる仕上がり。
 
IMG_5009_2018122809533827a.jpg
 
綺麗なオーバルの形状じゃないアシンメトリーなターコイズと枠も、自然体な印象でした。
 
使ってて、仕事が楽しくなってたり、使う流れで、向き合う相手との会話のきっかけの何かになれば嬉しいな。
 
IMG_5012_20181228095339566.jpg
 
山口県の松川さん 遥々ご来店とオーダーありがとうございました。
 
 

ロイストンターコイズ 縄目(ワイヤーワーク)のコンチョ

IMG_4874.jpg
 
柔らかな緑っぽい色味のロイストンターコイズで、銀枠のコンチョを製作
合わせて頼まれている名刺入れの飾りとして、まず、その部品から。
 
IMG_4875.jpg
 
石の枠などの製作から。
 
IMG_4884.jpg
 
部品をロウ付けして、
 
IMG_4903.jpg
 
輪郭を整えて、固定用の部品を背面に取り付けて、
 
IMG_4907.jpg
 
枠をいぶして、石を留める枠の高さを調整して、
 
IMG_4910.jpg
 
フクリンという枠を押さえて固定して、
 
IMG_4911.jpg
 
フクリンを全て石に密着させて、
 
IMG_4912.jpg
 
バフがけ(研磨)して、大体仕上がり。
 
IMG_4916.jpg
 
次の記事で製作する名刺入れに続きます。
 
IMG_4918.jpg
 
背面に名前を入れて完了。
 
 

ナチュラル × グリーン 名刺入れ

IMG_4478.jpg
 
ナチュラルの革に、ナチュラルのシニュー糸の5mmピッチを組み合わせに、内ふただけブッテーロのグリーンを合わせたプレゼント用のオーダーでした。
 
IMG_4476.jpg
 
ロゴを内ふたに入れたので、外側は育てる楽しみのあるすごくシンプルな仕立てに。
 
IMG_4475.jpg
 
内ふただけの色替えなので、フタを閉めていると普通の存在感。
 
IMG_4477.jpg
 
プレゼントがオーダーメイドっていいですよね
貰った方も嬉しいだろうな
長く大切にしたくなる良いものを届けれますように。
 
谷藤さん オーダーありがとうございました
 
 

ナチュラル × レッド × ブラック 名刺入れ

IMG_4469.jpg
 
ナチュラルの革のベースに、赤と黒を組み合わせた名刺入れのオーダーでした。
白っぽさに違和感のある方もいそうですが、経年変化後の飴色の焦げ茶を想像すると、カッコいい育ち方が期待できる組合せ。
 
IMG_4471_20181225104311726.jpg
 
内ふたが赤のブッテーロで、深い艶のある赤の変化もワクワクしますが、畳んでも引き立つマチの部分に黒を組合せ。
 
IMG_4474.jpg
 
フタを閉じたときもマチは見える部分なので、あつらえ感のある仕上がりを楽しめる部分。
 
IMG_4473.jpg
 
ナチュラルの革を、黒い糸で縫い上げるのは、ステッチが目立つのもまた面白い仕立て。
飴色の経年変化に色の深さが追いついていくとどうなるんだろうって楽しみな感じ。
 
IMG_4472.jpg
 
鈴木さん オーダーありがとうございました
 
 

パーティーウォレット コンパクトな財布 (パターン2)

IMG_4612.jpg
 
パーティーウォレットっていう、コンパクトな使い勝手の財布を提案する場面で、たまにご要望のあるカードの収納。
 
配置をどうするかとか、構造を見直して、カード収納の必要な方へのご提案で製作してみた新作。
 
IMG_4621.jpg
 
外側のホックを外しまずカードの収納
掲載しているこちらの形状で、幅が約106mmのタイプ。
幅106mmのタイプで、カードが約5~6枚ほどの収納。
 
幅100mmのタイプも製作可能で、カードは1~2枚の収納
というイメージ。
 
IMG_4619.jpg
 
もう一段伸ばして、紙幣と小銭の取り出しの使い勝手になっています。
 
IMG_4617_201812251008255fa.jpg
 
小銭入れ部分は、コンパクトさ優先で、浅めで、マチのない構造になっています。
 
IMG_4626.jpg
 
小銭にはフタも付けています。
このタイプは、フタのシルエットを曲線的なデザインにアレンジしていますが、通常は直線的にシンプルでの製作です。
 
IMG_4614.jpg
 
パーツが三点からの構成。
革の色を変えたいとか、組み合わせたいってご要望があれば、変更できる部位を確認してご相談下さい。
 
このデザインでのパターンだと、
・ブッテーロ 赤
・ブッテーロ 青
・黒いシニュー糸 4mmピッチ
・ブラス ジャンパーホック(小)
・コバ処理有り
の組合せです。
 
IMG_4615.jpg
 
色んな組合せで、遊んで貰えたら嬉しいところです。
 
IMG_4623.jpg
 
 
 

仕切り付きの小銭入れ ナチュラル

IMG_4601_20181225094502369.jpg
 
大きな財布を持ち歩かないので、コンパクトに、必要最低限の機能で。
という女性からのご要望で、仕切りの1つ付いた小銭入れの製作。
 
IMG_4603_2018122509450436b.jpg
 
経年変化を楽しんでみたい。革を育ててみたい。ということで、ナチュラル色の革をおすすめしてみました。
背面までシンプルに、糸も5mmピッチで手縫いの手作りらしさを出してみました。
 
使っているところを見られて、手作りってわかる方には食いつかれやすい雰囲気での仕立て。
 
IMG_4610.jpg
 
内部の背面側に仕切りが設けられていて、幅が約106mmあるので、カードもまとめて5~6枚は収納も可能。
 
IMG_4605_20181225094505ae9.jpg
 
ご要望は、二つ折りの紙幣(頭がはみ出てもOK)+カード数枚程度。
小銭メインで。
でしたので、収納時の雰囲気はこんな感じに。
 
紙幣の収納を深くすると、カードも、小銭も取り出しに若干の違和感が生じたり。
なので、このサイズにしてみました。
 
IMG_4609.jpg
 
小銭の収納も、広めのマチがあるので、結構入りますし、探しやすいです。
 
IMG_4602.jpg
 
使い馴染んで、飴色に変化していく過程を、この記事で過去と今の経年変化の比較できる材料として。
ワクワクして貰えたらうれしな。
 
新田さん オーダーありがとうございました。
 
 

ダブルキヘイの指輪 ブレスレットのリメイク

IMG_4569.jpg
 
キヘイのチェーンの持ち込みで、
「ブレスレットの要らないのがあるから、指輪をふたつ作って欲しい。」
というご相談からのオーダーでした。
 
ご自分でも、もう1つ持っているキヘイチェーンを切って、繋ごうとしてみたり挑戦してみたそうですが、意味がわからなくなって諦めた。というエピソード付きでのオーダーでした。
 
IMG_4568.jpg
 
やったことのないことだったので、でも、なんとなくイメージはできたのでお受けしてみました。
 
IMG_4573.jpg
 
ダブルキヘイという通常のキヘイより密でややこしい組み立ての工程でしたが、何とかカタチになり、研磨すると見違える輝きで、面白い製作経験になりました。
 
IMG_4574.jpg
 
これは、チェーンからの製作からだったら厳しいなと感じました。
やってみるとなんとかなるかもしれませんが。
 
藤木さん オーダーありがとうございました。
 
 

漢字オーバーレイ カスタムジッポ 銀製

IMG_4483_20181225090414064.jpg
 
新品のスターリングシルバー製のジッポに、文字を乗せるオーダーでした。
銀板から切り出した文字を乗せた流れ。
いつもがアルファベットや数字を使うことが多いだけに、新たな試みの漢字。
 
IMG_4454_20181225090416a15.jpg
 
画数の多い文字の藤とか、繊細で、文字自体は8mm角。
もっと細い糸鋸の刃が欲しいと思いながら、何とか切り出し。
 
IMG_4481_20181225090417946.jpg
 
文字の行間を決めて、ジッポ本体とロウ付け。
いぶしを入れて、ある程度の研磨して、文字の立体感を更に強調。
 
IMG_4482_20181225090418a82.jpg
 
オーダーありがとうございました。
 
 

A5サイズ バインダー式 手帳カバー

IMG_4670.jpg
 
A5サイズのバインダータイプの手帳カバーのオーダーでした。
 
IMG_4671.jpg
 
ベルト留め形状で、一般的なサイズのペンを挿して使えるようなデザインのご要望でした。
 
IMG_4672.jpg
 
ベルトの背面処理。
外側のデザインはシンプル目で、革の色の変化がとても楽しめる感じに。
 
IMG_4679.jpg
 
内部のご要望は、書類とか、いただいた名刺を簡易的に挟む部分も片側に。
 
IMG_4680.jpg
 
ペン挿しは、ベルトでも抑えられる配置に取り付け。
 
IMG_4684_2018120912064429f.jpg
 
机の上に無造作に置かれて、経年変化も様になるようなイメージとか、想像しながら作っていたりしてて。
長く大切に使ってもらえるといいな。
 
IMG_4681.jpg
 
オーダーありがとうございました
 
 

バラの指輪 ( ワックスで造形 ロストワックス )

IMG_4648_20181209113743f94.jpg
 
バラの花をそのまま指輪に乗せたデザインのご要望で、指定の号数で一点もの製作。
左右には、葉や茎が絡む感じでデザインして、製作した指輪。
 
IMG_4181_20181209113742cd9.jpg
 
今回は、ワックスからの製作。
ワックスからの造形は立体感が作り易く、デザインによって使い分ける作り方。
ただ、納期が通常より長めに頂いています。
 
IMG_4182_2018120911374040a.jpg
 
葉や茎の絡み具合や、指輪の太さなどの微調整。
 
IMG_4642_20181209113751e69.jpg
 
そんな製作工程の流れで仕上がった指輪の完成。
 
IMG_4645_201812091137531ef.jpg
 
 
IMG_4640_20181209113750b21.jpg
 
 
IMG_4635_2018120911374445a.jpg
 
 
IMG_4637_20181209113747a74.jpg
 
 
IMG_4636_201812091137453f2.jpg
 
 
IMG_4638_20181209113748fce.jpg
 
平さん オーダーありがとうございました
 
 

緑色と真鍮金具のキーホルダー

IMG_4666.jpg
 
「緑色と真鍮の色の組み合わせが好き」
その組合せで、キーホルダーが欲しいというオーダーでした。
 
ホックで着脱できるキーホルダーにDカンを取り付けてて、キーリングで連結して、キーカバーがふたつ、やや丸っこいシルエットと、四角い見た目のものをご要望を聞いて、製作してみました。
 
IMG_4668.jpg
 
Dカンには、槌目模様を入れて、表面に文字を売れて製作したものを、革で巻いて製作。
 
小さめのキーリングも、デザインに合わせて、手作りしてみました。
いずれも真鍮製で。
 
IMG_4669.jpg
 
好きなもので、自分の好みのオーダーで、日々が少しでも楽しくとなるといいな
 
天野さん オーダーありがとうございました
 
 

ツイストリング 捻った銀線の指輪

IMG_4401_20181209092442bdc.jpg
 
平たく延ばした銀線を、捻って作っただけの指輪。
 
IMG_4526.jpg
 
これとか、
 
IMG_4519_20181209093736fe3.jpg
 
こういったペンダントのベゼルにデザインした際の副産物な感じで。
 
IMG_4398_20181209092439d6c.jpg
 
始まりや終わり、表や裏がない、不規則で決まりのないデザイン 
ねじる回数も、間隔も、できたときの感覚
 
IMG_4399.jpg
 
自分で作ったりできる製作体験でも、難しそうに見えるわりに、できたなりの雰囲気を楽しめるデザインなので、挑戦してみると面白いものが作れるかもです。
 
オーダーも、もちろんサイズに合わせて、お受けしております。
 
 

 

パーティーウォレットを左利き用に

IMG_4459_20181209085716c2c.jpg
 
名刺入れ程のサイズ感で、紙幣を畳まなくていい小さな財布。
”パーティーウォレット”って呼んでいるカタチの財布。
 
名前の通り、「結婚式などの席で財布の存在感を抑えたい。」とか、「コンパクトな財布を。」
なんてニーズに合わせて設計したデザインのオリジナル財布です。
 
ちょっと呑みに出て、普段使いの財布を酔って落としてしまった・・・。
とか、
現場仕事で財布がかさばるから、これなら胸ポケットにも入っていいねぇ。
なんて、ありがたい反応も頂いているデザインの小さな財布。
 
IMG_4461.jpg
 
いつも作っていて気にもかけていなかったのですが、「左利きの自分には使い勝手が・・・。」
ってことで、左右入れ替えて製作した、左利きの方からのオーダーでした。
 
IMG_4462.jpg
 
左手でホックを外し、右手で支えて、左手で紙幣や小銭を出す。
の使い勝手に合わせて、
「追加で、外が赤、内側が青、糸が黒、金具は真鍮、コバ処理有り、小銭のふたも曲線的なパターンに変更。」
で、オーダーをいただきました。
 
IMG_4463_20181209085714ed5.jpg
 
背面中央にロゴを。
 
IMG_4458_2018120908571508d.jpg
 
赤革に黒のステッチが渋い感じの仕上がりでした。
 
オーダーありがとうございました。
 
 

就労支援施設の利用者さんへお仕事を作るプロジェクト 第二段

IMG_5248_20181205111049f88.jpg
 
就労支援施設の利用者さんへお仕事を作るプロジェクトの第二段を始めました。
以前からあるオリジナルのメガネケースを、作り易く改良して、製作を進めています。
 
IMG_5246_201812051110489e6.jpg
 
分厚めのバイカーシェードを納めた雰囲気。
鼻あて部分の硬さで、ホックを抑える際もメガネをつぶすことのない様な一般的な構造です。
 
IMG_5253.jpg
 
ブロータイプの華奢なタイプを入れたイメージ
革は、ナチュラル色なので、経年変化とか、エイジングの感覚を知っている方はもちろん、知らない方にも、育ててもらえる革の面白さを感じてもらえる小物になると良いなと考えています。
 
IMG_5262.jpg
 
銀製のコンチョを取り付けて、紐を巻きつける、紐留めのケース。
ホックではないので、押えることがなく、使い込んでいくうちに置いてあっても雰囲気がよくなりそうなパターン。
白い鹿紐に、アンティークの赤いホワイトハーツの大粒を取り付けているカスタムになります。
 
IMG_5264.jpg
 
コンチョのデザインも、色々拘りたい方は、オーダーも可能です。
 
IMG_5267.jpg
 
紐留めの内部イメージ。
 
IMG_5258.jpg
 
つづいて、アポロのホック留めタイプ。

 
IMG_5259.jpg
 
アポロチョコレートに似ていることから、アポロと呼ばれているデザインの銀製のコンチョ。
現在は、鋳造ではないため、ひとつづつ打ち出して成形して製作しています。
 
IMG_5261.jpg
 
ホック留めの一般的なものと、内部の構造は一緒です。
ちょっとしたこだわりも欲しい方にオススメのカスタム。
 
IMG_5251.jpg
 
そして、ベースとなっているノーマルタイプ。
最初は、このタイプを使用しながら、後々コンチョなどのカスタムにというのも楽しめます。
紐留めに変更だと穴が残ったりちょっと難しい部分がありますが、ホック留めのカスタムなら楽しめそうです。
 
IMG_5257.jpg
 
背面は無地。
コバ処理も、毛羽立たせただけの、柔らかい持ち心地の、艶を出さない仕立てになっています。
 
IMG_5244.jpg
 
就労支援施設のb型事業所で、その場所を利用しながらの様々な努力が、色んなカタチで多くの方にお届けできて喜ばれるといいなと進めています。
取り扱い販売店などの「委託して良いよ。」というお店などありましたら、販売にご協力頂けると嬉しいです。
買取りで、卸売りのご相談もお待ちしております。
 
銀製のパーツは、ディアストック製となりますが、革のメガネケースは、同じ材料同じ工程で、製作しています。
リーズナブルな提供ができればと考えています。
 
 

三日月 星 太陽 のイメージのチャーム 

IMG_5200.jpg
 
重ねて着けても、単体でも可愛らしいチャームを、いくつかショーケースに並びました。
1つずつ作っているので少しずつ存在感の違う印象に仕上がっています。
 
IMG_5199.jpg
 
三日月は、両面使えるデザインで、向きをかえて着けれます。
 
IMG_5202.jpg
 
星は、背面が平らなので、雰囲気を変えても面白いつくりです。
 
IMG_5203.jpg
 
それぞれを重ね着けしてみたサンプル。
お手持ちのペンダントに単体で重ねるのにもおすすめです。
 
IMG_5204.jpg
 
三日月は、溶かした銀の質感の残るものもあり、月の表面のクレーターのような質感のものも混ざっています。
 
太陽モチーフの小さめのチャームは、エメラルドを埋めています。
 
IMG_5205.jpg
太陽モチーフの丸が、約4mmほどなので、画像で見て感じるより、小さめの仕上がりになっています。
 
もうすぐクリスマスですが、プレゼントなどで迷われている方 いかがでしょうか。
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

インスタグラム

Instagram

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel:
 097-507-2066
 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

■ お問い合わせ (2)
・リング 指輪 (192)
・ペンダント (226)
・バングル ブレスレット (123)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (90)
・ウォレット 財布 (206)
・ウォレットチェーン (32)
・ベルト バックル (63)
・キーホルダー (131)
・名刺入れ ケース (108)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (89)
・その他 革製品 (136)
・その他 真鍮製品 (58)
・貸工房 製作体験 (11)
・仕事 (132)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (85)
■ ディアストック について (4)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

リンク