FC2ブログ
08
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2018-08

プロポーズのためのリメイク 馬蹄のペンダント

IMG_3328_201808311105450a5.jpg
 
プロポーズをする上で、奥さんになる大切な方の要望を込めての製作でした。
 
お母さんの着けていた指輪から取り外したダイヤを用いて、でも、リメイクで何をプレゼントするかは内緒という内容のお手伝い。
プレゼントされるもののリクエストはペンダント。
ピンクが好き。
というご相談の擦り合わせでのオーダーメイドでした。
 
IMG_3213.jpg
 
お預かりしたお母さんの指輪。
 
IMG_3218_20180831110541407.jpg
 
その指輪から、ダイヤを外して下準備。
 
IMG_3312.jpg
 
ピンクシルバーで馬蹄を作り、そこに包まれたデザインで製作してみました。
 
IMG_3313.jpg
 
平面部分をやや歪ませて、光の反射がデザインになるように造形。
銀製の肌馴染みのいいベネチアンチェーンの組合せ。
 
IMG_3321_20180831110548726.jpg
 
背面の、光の取り入れも広めにして、綺麗なダイヤの存在感を大切に作ってみました。
喜ばれてるといいな
 
岩尾さん オーダーありがとうございました。
 
 
スポンサーサイト

釣り針モチーフのペンダント

IMG_3135.jpg
 
魚釣りが趣味の方から、釣り針をモチーフにしたデザインで、というご要望でペンダントトップのオーダーでした。
 
釣り針モチーフには、
「幸福を逃さない」
「大切な人と離れない」
「恋愛成就」
などの意味もあったりするって云われもあるようです。
 
IMG_3129_201808261119586ce.jpg
 
「今も、釣り針モチーフをつけてるけど、付けっぱなしにしてると、朝起きたら枕を吊り上げたりで。笑」
という不便をお聞きして、大まかな部分はお任せでということで、引っかからないシルエットにして、すっきりな印象に仕上げてみました。
 
IMG_3131.jpg
 
つぶした部分に、金槌や金床の傷をうつし、丸カンの通る部分に八方位の太陽を刻み、イーグルを羽ばたかせたデザイン。
 
IMG_3132.jpg
 
針の先端部分を内側に向けているので、引っかからないと良いなと。
 
IMG_3134.jpg
 
太さ3mmほどのチェーンを通した雰囲気。
 
IMG_3136.jpg
 
前田さん オーダーありがとうございました

銀製ラウンドビーズとターコイズビーズのブレスレット

IMG_3109.jpg
 
銀製のラウンドビーズ(5mm玉)に、一粒だけターコイズビーズを入れたデザインの、ブレスレットを作って欲しいというご要望でのオーダーでした。
 
通常の製作の場合、ビーズを連結する内部はワイヤーや革紐を使いますが、シルバーのチェーンを通して作りました。
ワイヤーだと馴染み方が硬いかなと考え、見えない部分だけど、内部に通すのをチェーンにすることで、動きが柔らかい感じに手首に馴染む感じに仕上がりました。
 
そのまま手を洗い、水がついても問題の無いラフに扱える仕様にしてみました。
 
IMG_3046.jpg
 
ターコイズのビーズも削り出して製作。
キングマンターコイズを使って若干大きめで付けて欲しいとのご要望で、塊からの削り出しで作ってみました。
 
IMG_3047.jpg
 
ターコイズを削り出すのに、指だと限界もあるので、ターコイズを棒に固定し、削り出す流れ。
 
IMG_3048.jpg
 
角を落として、丸みを出しつつ、ビーズのサイズに寄せて調整。
 
IMG_3051.jpg
 
剥がして、付けて、削って、剥がして、と、繰り返して、徐々に成形。
 
IMG_3053.jpg
 
ある程度研磨したら、チェーンの通るサイズの穴あけ。
 
IMG_3112.jpg
 
フックとアジャスター用の余分なチェーン(使わないけどデザインとして)を下げて欲しいとのご要望もありました。
シルバーのラウンドビーズのサイズが約5mm玉
キングマンターコイズが約6mm玉なイメージの組合せで製したブレスレットです。
燻しが入ってくれば、もっとネイティブなビンテージ感が出てくるんだろうな、って感じるシンプルな仕上がりでした。
 
IMG_3110.jpg
 
三宮さん オーダーありがとうございました
 

平成30年7月豪雨災害義援金へ ご協力ありがとうございました。

IMG_4174_20180824125846fe6.jpg
>> 豪雨災害のご支援にバンダナを販売しています。
7月21日に掲載した記事で、呼びかけていた活動に一旦一区切りして、本日、集まりました義援金を送りました。
温かいご支援ご協力を頂きありがとうございました。
 
なんとなくの自分の思い付きので大量入荷してみたバンダナ支援という行動に、ご支援頂いた皆様、またご協力頂いたアンカーズ店長や、そこに集う皆様も、本当にありがとうございました。
 
IMG_4175_20180824125843860.jpg
 
追加で更に入荷しています。
引き続きご協力頂ければ幸いです。
 
”日本赤十字社 平成30年7月豪雨災害義援金”
集まった後に、再度こちらへ支援致します。
 
直ぐに購入できなくても、シェア拡散頂ければ幸いです。
 
1枚 ¥500-
全額募金です。
 
ご支援ご協力宜しくお願い致します。 
支援先 : 平成30年7月豪雨災害義援金

 
平成30年7月豪雨災害義援金へ


 
IMG_4168.jpg
 
ありがとうございました。

フェザーのペンダント 重ね着けや組合せ

IMG_4093.jpg
オーダー頂いた組合せの参考など。 迷われたら参考になれば幸いです。
 
フェザーのペンダントトップ (左から)
モデル:
30-L
40-L-K18縄
50-L-銀縄
ベアパウメタル(小)
30-R
(いぶし仕上げ)
 
IMG_4094.jpg
一つ前の記事の40-LのK18縄を取り入れた組合せで、左から2つ目がK18縄。
 
IMG_4095.jpg
縄の見た目の差を少し入れる参考事例。
 
IMG_1625_20180816091551f79.jpg
ターコイズを重ねたパターン
30-L
40-L-K18縄
キングマンターコイズ
の組合せ。
磨き過ぎず、やや古いものなのかなって雰囲気に仕上げて組合せをオススメ。
 
IMG_5324_20180816091554539.jpg
シルバービーズと白いディアスキンレース(鹿革紐)とフェザーの組合せ。
 
IMG_5323.jpg
こちらは銀縄ですが、金縄にして白仕上げにして組み合わせても見映えがいい組合せ。
 
革紐が馴染んで細くなってくると、さらにかっこよくなります。
アンディークホワイトハーツビーズなど、色を取り入れて、自分好みにアレンジを楽しんでもらいたい雰囲気です。
 
 

フェザーのペンダントトップ  モデル:40-L-K18縄 (いぶし仕上げ)

IMG_0102.jpg
一つ前の記事に掲載した、白仕上げのフェザーを、いぶして仕上げたタイプの商品です。
購入して、直ぐ着けても、違和感のない、前から着けて馴染んでいる感じで雰囲気に馴染みみやすい仕上げです。
 
IMG_0104.jpg
K18の縄は、いぶしが入らないため、光沢に曇りが出なくて、フェザーの銀の抑え目の艶感に、ちょっと高級な質感をプラスした印象は、白仕上げのフェザーのタイプより際立ちます。
 
IMG_0105.jpg
カットした長アズキチェーンを合わせた雰囲気。
チェーンの形状は好みで合わせて大丈夫ですが、フェザーとチェーンのいぶし加減を合わせると、主張が抑え目にできるのでおすすめです。
 
IMG_0106.jpg
研磨して直ぐの真鍮縄も、同じような金色の見た目がいいのですが、手入れしないと直ぐくすんでしまう難点も。
K18縄の違いは、手入れの要らないところだったり。
 
IMG_0107.jpg
オリジナルのフェザーの背面処理。
製作過程の傷も、いぶしで雰囲気になるような仕上げ方になっています。
 
IMG_0108.jpg
寄りで見た場合に、こういった小傷もあじとして仕上げている唯一無二の仕上げとなっています。
 
 

フェザーのペンダントトップ  モデル:40-L-K18縄 (白仕上げ)

IMG_0095.jpg
ディアストックで製作するオリジナル商品

フェザー40 というモデル
L : 正面から見て、アーチの膨らみが左
K18縄 : 18金(YG)を巻いたアレンジ
白仕上げ : 銀らしく、光と影を出せる”いぶし”をしていない仕上げ
になります。
 
IMG_0097.jpg
キャスト(鋳造)ではないので、製作するそれぞれの毛並の入りが二つと同じにならないタイプ
板から切り出して作る製造工程なので、そんな唯一無二なモノを楽しんでもらえたら嬉しいです。
 
IMG_0098.jpg
通常だとSV925製の銀線を同じように巻いたデザインで、K18縄巻きは、カスタマイズでの選択の部分となります。
同じ商品を買う際に、人と被らない、ちょっと贅沢な仕様としての一枚にできておすすめです。
 
縄の色を替える方法で、真鍮線を巻いたアレンジも、リーズナブルなカスタムで可能です。
でもK18縄をちょっと頑張って取り入れて、重ね着けして欲しいところです。
 
IMG_0096.jpg
白仕上げで、いぶしの無い無垢な感じの表情の楽しめる仕上げは、いずれは黒ずんで銀らしさとなる経年変化の風合いを、自分で育てる感で楽しめる仕上げになりますが、「今買ってきました感。」が否めず、でも綺麗な風合いが好きならおすすめの質感です。
 
IMG_0100.jpg
モデル40 の意味は、a~bまでのサイズ(mm)
約40mm程のサイズ感ですよ という感じで、オリジナル商品だと、20mm~60mmまで、5mm刻みで製作しています。
 
IMG_0101.jpg
背面には、タガネで毛並を打ち入れた際にできる金床傷や、ふくらみをつける際に打ち出す金槌の傷を残す仕上げになっています。
 
 

銀製の槌目模様のバングル 4mm弱程

IMG_3011.jpg
3~4mm幅の槌目模様を打ち入れた、銀製のシンプルなバングルをペアでオーダーいただきました。
 
IMG_3010_201808111001555ba.jpg
綺麗目に研磨して、歪みの少ない仕上がりのイメージで製作。
無骨に仕上げてもいいけど、こうやって研磨すると、銀の持つ仕上がりの表情って色々あって面白い。
 
IMG_3012_201808111001547a8.jpg
着脱の際に痛いので、先の部分は極力丸さや肌への負担の少ない仕上がりに。
 
Gさん オーダーありがとうございました。

華奢なフェザーとコインのペンダント 銀と真鍮の組合せ

IMG_2725_2018081109334957d.jpg
小さめのフェザーとコインと、銀と真鍮をあわせた華奢なペンダントのご要望で、あわせて、奥さんへ真鍮製の槌目のバングルもオーダーで製作しました。
 
IMG_2726.jpg
フェザーは30mmで、縄を真鍮線で巻いて、コインは約13mmほどの銀製の丸に真鍮の三日月を重ねてロウ付けして、銀には太陽を、真鍮には槌目の模様を入れたデザイン。
いぶしを入れて、雰囲気よく仕上げています。
 
IMG_2728_20180811093352b34.jpg
奥さんへのプレゼントは、3~4mmほどの幅の槌目模様をつけたバングル。
 
IMG_2729_20180811093347c43.jpg
バングルの内側と、フェザーの内側に、子どもたちの名前を刻むご要望もありました。
 
Sさん オーダーありがとうございました

トラッカーウォレット 入荷いたしました。

>> トラッカーウォレット 取り扱い開始のお知らせ
で現在も、もちろん継続中のプロジェクトの1つ
まずは、その後の個人的に使用してみてのレビューと経年変化やアレンジを載せます。
 
IMG_3984_201808080905541ce.jpg
複雑で、施設に通う方にとって、ゴールはどこなのかと戸惑うことの多いコバ処理を、あえて毛羽立た表面を整えるだけという課題に変えた結果、エイジングで見せるコバの表情も、一般的に美しい仕上がりの製品にはない質感で、かといって切りっぱなしのミシン縫いにはない未来価値が生まれています。
 
IMG_3982_20180808090551d7e.jpg
新しい際断面は、まだ白さがあるものの、使うと革の茶色さも引き立って、表皮のみ黒に染め上げた処理のこの革の良さが出てきている印象の育ち方です。
 
IMG_3980.jpg
個人的には、古さの中にある良さがこういう部分に出てきているのが嬉しい好みな質感。
自分の使うこのトラッカーウォレットには、銀で製作したオリジナルのアポロコンチョを合わせて、その古さも合わせて楽しめています。
 
アレンジでコンチョをカスタマイズしたときの記事
>> トラッカーウォレット アポロコンチョカスタム
 
IMG_3981.jpg
取り外さないウォレットチェーンの連結の部分のその後。
>> トラッカーウォレットにスターリングシルバー製のウォレットチェーン 
 
ハトメという、穴の拡張をさせない補助的な金具の役割を取り払って、干渉する部位の金具が革に対して優しく面するシンプルな連結にした結果、革への負荷も少なめで良い感じです。
 
IMG_3979.jpg
一日の流れで、疲れて帰って、机に置いたウォレット、その横に並ぶ鍵やアクセサリーに、毎日身に着いてるものに、自分らしさとかに、良い価値が見られるものをお届けできればいいな。
 
IMG_3983.jpg
背面はシンプルで、厚みは薄めに、お尻に馴染んで座り心地を邪魔しない仕上がりになっています。
 
IMG_3967_2018080809055696a.jpg
そんなトラッカーウォレットの、黒と合わせて、途中から追加した、飴色の経年変化が楽しめる種類の革を使ったタイプの2種が依頼していた施設から届きました。
 
IMG_3968_201808080905576d0.jpg
サンプルでディスプレイに並べているこちらは、置いているだけですでに、やや日焼けを始めています。
左奥の製品と同じ革で、蛍光灯や太陽の紫外線で日焼けします。
そんなところも楽しいだろうなと思いつつ、黒は黒で面白いので、自分らしさとか、その他の持ち物に合った方をオススメしています。
 
IMG_3969_20180808090559e4e.jpg
使い勝手 ①
この開いてる部分が紙幣のポケット
一万円札や五千円札を手前にいれて、背面側に千円札を入れてと分けると、支払いの際もスマートです。
その部分で、ポケットを分けると便利になるけど、財布の厚みが増す反比例が迷いどころです。
収納の多い便利な財布からの使い替えだったけど、慣れると、これは凄く使いやすいし、座り心地にも大満足です。
 
IMG_3970_201808080906000ec.jpg
使い勝手 ②
カード収納 この場所に数枚重ねて、必要な際に、まとめて出して選ぶ感覚です。
結果、必要じゃないカードを選別でき、最低限必要な3~4枚に絞ってスッキリ使えています。
 
IMG_3971_20180808090602fa6.jpg
使い勝手 ③
小銭の収納スペースには、ふたも、ファスナーも無い、違和感のあるだろう構造。
外のふたにボタンがあるので、閉めた状態で小銭が出ないのと、ふたをひらいて、もう一度ふたを開けてとかファスナーを開いて閉めてって、無駄な作業だと感じて排除したデザインになっています。
ふたが在る方が安心だし、ファスナーがあると雰囲気はかっこいいですけどね。
実用性と、支払いのスマートさを優先したらこうなりました。
 
IMG_3972.jpg
使い勝手 ④
レシートやスタンプカードの一時的な収納ポケットとして。
 
その4つのみです。
 
IMG_3978.jpg
今回は、ナチュラル色の革を使ったタイプと、丘だけ黒に染めているタイプを、再度施設に依頼して出来上がったので入荷しました。
 
IMG_3977.jpg
ホックは、銀色にするか、真鍮色にするかとか、購入の際に最終打ち合わせになります。
  
IMG_3973_2018080809060576d.jpg
ナチュラル色の革の中でも、赤茶ける革の種類を使用しているので、今まで使ったいた革の変化が楽しくないと感じていた方にもオススメの革です。
 
IMG_3974.jpg
5mmピッチで、ナチュラル色のシニューで手縫いで仕上げています。
 
IMG_3975_2018080809060859c.jpg
こちらが最初に紹介していた財布の最初の状態。
この現状から使い込んでいって、記事の初めにあるような雰囲気になる感じです。
 
IMG_3976_20180808090609f4e.jpg
5mmピッチで、革色に馴染むよう黒色のシニュー糸で手縫いで仕上げています。
 
掲載個数は一部で、もう少し多めに在庫をご用意しております。
ぜひ施設の方の頑張りが、色んな方に届けれたらなと思っています。
 
 
 
協力施設  : サマンの木(就労継続支援B型 2F)
ここに、ディアストックが講師というかたちで施設に関わり、やる気を阻害しない程度に可能性のある部分を提供提案して、結果仕上がった製品の一部の販売にもお手伝いができればという考えで、社会復帰が厳しい中で、諦めない気持ちに自分が何かできないかというプロジェクトです。

ベルトの製作 ナチュラル色 イメージ見本

IMG_1875.jpg
「革を育てるとか、経年変化とか、本革の良さなどを店頭で説明や営業を受けたりして購入してみたけど、実際使ってみると、そんなに良さがわからなかった・・・。」
という声を、数人からですが、偶然耳にしました。
 
ヌメ革とか、サドルレザーとか、生成りとか、革の種類も似偏ってて、色々あって、わかり難いですよね。
 
ディアストックで扱っているナチュラル色の革の未来像が↑こんな感じです。
色々ある革の種類の中で、赤茶けて、カラメル色っぽくなる革を使っています。
8年ほど使用した財布と、同じ革出製作した真新しいベルトの革の色を比較。
経年変化が、楽しそうだとワクワクして頂ければと思います。
 
IMG_1867.jpg
そんなナチュラル色の革のベルトのオーダーでした。
このベルトの場合は、真鍮製のバックルは仕入れた既製品です。
既製品を合わせたり、普段使っていて、革の部分だけ交換したいとかも対応しています。
 
バックル部分の製作、オーダーメイドも、もちろん可能です。
バックルを製作して、ベルトも合わせて製作して、いずれ革が傷んで使えない感じになったら、バックルを磨き直して再利用もできますので、こだわりがあれば、ご相談下さい。
  
IMG_1868.jpg
バックルの交換できるボタンの構造は、ピンの位置の兼ね合いで全長がずれるため、あまりオススメではなく、このような縫い留めをおすすめしています。
 
IMG_1872.jpg
先の部分は、普段はこの形状で仕立てています。
 
IMG_1873.jpg
穴あけは、ピンバックルだと、しずく型を普段は使っていますが、丸でももちろん可能です。
見た目の違いで、しずく型を選ばれる方が多いです。
 
穴の位置、ウエストサイズのイメージは、普段使用しているベルトのバックルのピン先から、使っている穴までの距離を計測してご注文下さい。
 
ベルトの色イメージ
ベルトの製作が可能な色見本
画像は財布ですが・・・。
左から、
ナチュラル色 ・ 黒色 ・ 焦げ茶色
の3色の取り扱いが在ります。
 
ベルトの厚みは、約4.5mmの一枚革仕立てです。
大きな革からの切り出しですので、幅の好みには対応可能です。
 
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

インスタグラム

Instagram

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel:
 097-507-2066
 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

■ お問い合わせ (2)
・リング 指輪 (192)
・ペンダント (226)
・バングル ブレスレット (123)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (90)
・ウォレット 財布 (206)
・ウォレットチェーン (32)
・ベルト バックル (63)
・キーホルダー (131)
・名刺入れ ケース (108)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (89)
・その他 革製品 (135)
・その他 真鍮製品 (58)
・貸工房 製作体験 (11)
・仕事 (131)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (82)
■ ディアストック について (4)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

リンク