08
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2017-08

4連金具の細目なキーケース

IMG_8117.jpg
キーケースは普段、6連で多めに鍵を下げる方のニーズが多いのですが、今回のオーダーは、キーケースを持ちたいけど、そんなに鍵を持っていないといういつもの反対のご要望でした。
 
IMG_8114.jpg
しっかりしたボタンで留めたい
ボタンは外側に見えて欲しい
金具は金色にして欲しい
仕上がりは握りやすい細さで
 
そんなオーダーの内容でした。
 
IMG_8118.jpg
スマートでもないのでスマートキーといわれるこの頃の大きめな車のボックスキーは、一番左の大き目の金具に通す感じで。
 
そんな金具の付く部分だけ赤い革でアレンジして欲しいというご要望もありました。
部分的に色を変えるだけで開ける度楽しい雰囲気に。
 
IMG_8119.jpg
ジャンパーホックで、丈夫にしっかりとした開閉の使い心地。
 
IMG_8120.jpg
サイズ感は、背面の方眼を参考に。
 
田淵さん オーダーありがとうございました。
スポンサーサイト

銀製のジッポのカスタムパターン

IMG_8336.jpg
銀製のアーマーケースで、ご要望の文字を入れて、全体的にはお任せでのオーダーでした。
 
文字を入れたいというご要望で、フォントを少しアレンジして切り出して加工したりの製作でした。
  
IMG_8338.jpg
スリーバレルへの変更部分は、銀製の2.0φmm軸のタイプで、主張し過ぎない感じに
 
IMG_8339.jpg
文字は斜めに、立体に
あまり作ってないパターンで、カスタムジッポに興味のある方の、何か参考になれば良いですが。
 
IMG_8340.jpg
3.0φmm軸のスリーバレルのご要望が多めですが
 
IMG_8341.jpg
ノーマルが左ですが、十分な存在感と補強としての役はこなしてくれます。
 
IMG_8344.jpg
アーマーケースってタイプのジッポは、この画像だと、上に置いてあるほうの右端にある炎とAのマークが目印のケースで、ノーマルに比べて重たいですが丈夫です。
 
IMG_8342.jpg
新しい厚みのある方がアーマーケース
 
IMG_8343.jpg
歪みも少ないですが、銀だと真鍮に比べて音は鈍くガシャって感じで仕上がります。
音を楽しみたい方は真鍮がお勧めですが、こだわりたい部分も人それぞれなので、ご要望はお問い合わせください。
 
永野さん オーダーありがとうございました

真鍮と銀のバングル

IMG_8142.jpg
真鍮製を土台に、五ヶ所に銀のモチーフをあしらったバングルのオーダーでした。
 
中央部分には、輪郭にエッジを削って、文字を削ってのプレート
文字は、MEMENTO MORI と Satisfaction
少し古臭い雰囲気になるよう、擦れ気味で入れました。
 
IMG_8140.jpg
サイドに星のモチーフ
平面でのっぺりにせず、立体感をつけた星に
 
IMG_8145.jpg
高さが出過ぎると引っかかるので、厚みは出さないようにしてみました。
 
IMG_8141.jpg
オーダーの際に、一番要望として懇願されたフクロウのモチーフ
タガネを使ってラインを彫って、新しいモチーフとして考えて作ってみました。
 
IMG_8146.jpg
フクロウの体のラインなどのS字のカーブは、フェザーの毛並みのタガネだったり。
 
IMG_8143.jpg
エンドの部分
片方には三日月。
表面を溶かして、経年変化やいぶしの加減で、月の表面のような雰囲気になる感じに加工。
 
表情をつけて欲しいというご要望で、少しだけなんとなく。
 
IMG_8144.jpg
反対側のエンド部分には太陽のモチーフ
陽炎っぽく曲線のタガネの放射線に。
 
IMG_8147.jpg
土台の真鍮のバングルは、厚みが約3mm、幅が約11mm
表と横に槌目を入れて、あまり磨かない質感に仕上げ。
 
IMG_8148.jpg
内側は、槌目を打ち入れる際の、金床の傷を映し、それを活かした仕上げに。
 
IMG_8149.jpg
サティスファクションの山口さん オーダーありがとうございました

大き目のキングマンターコイズ

IMG_7596.jpg
日々製作に追われて、ブログが中々かけないディアストックです。
ちょっと時間ができたときは、インスタグラムに画像だけ掲載したりしています。
: @dearstock_13
 
キングマンターコイズ(アリゾナ産)を選んでもらって、定番のスリーショットワイヤーワークのデザインで、ペンダントのオーダーをいただきました。
 
IMG_7457.jpg
加工の前の選んでもらったとこと。
自分の好みのターコイズを選んで加工を開始。
 
IMG_7468.jpg
インスタグラムにも、この画像で、青の美しさをUPしてみましたが、製作中の当てた炎の温度や冷やした際の温度で、様々な表情にかわるので、唯一無二のタイミングでした。
 
IMG_7470.jpg
チェーンを通すバチカン部分。
タガネを打ち入れて、いぶしや経年変化も楽しめる雰囲気に。
石の存在感も大きいので、そんな際は、この部分に何かするのはおすすめです。
 
IMG_7593.jpg
そんな枠を仕上げて、出来上がったペンダント
 
IMG_7595.jpg
キングマンターコイズは、比較的青さが綺麗で好きで扱っています。
 
IMG_7597.jpg
色んなご要望でご相談やオーダーもお待ちしています。
 
高盛さん オーダーありがとうございました

平打ちベースで

IMG_7900.jpg
見た目がシンプルに見えて、作るとなると難しいのが左右対称とか、規則性とかのデザイン。
マシーンに任せたらそれは丁寧に出来るんでしょうけど、手作業でとなると難しい。
そんな感覚のオーダーでした。
 
IMG_7903.jpg
中央を甲丸にふっくら膨らませて、その両サイドに、ぐるっと斜線が打ち込まれていて、というデザインのご要望でした。
 
IMG_7905.jpg
ロウ付けではなく、一枚の板に甲丸の型を彫って、その両サイドに溝を等間隔に彫って、中央部分に丸い粒を彫って、と、色々とタガネから今回の製作に合わせて作ってみました。
 
IMG_7906.jpg
製作者側の工程の話を書いてもピンと来ないと思うんですが、経験値を超えたオーダーを受けて、向き合って、どうにかこうにかこなしてると、技術って終わりが無いなって感じますね。
 
IMG_7907.jpg
指輪は、バングルよりやや太目で、同じ感じに製作。
 
IMG_7908.jpg
指輪とバングルの柄の終点部分。
全体的に、古臭くなるようないぶしとざっくりな研磨の仕上がり具合をご希望でした。
 
IMG_7902.jpg
内側には、それぞれに一号二号って意味でギリシャ数字を I を組み合わせて打刻。
 
IMG_7901.jpg
出来てよかったとホッとしたオーダーでした。
 
稲光さん オーダーありがとうございました

在庫を追加しました。

IMG_7897.jpg
だいぶ定着というか、お問い合わせを頂いたり、購入いただいたりしだして在庫が減ってきたので追加しました。
ディアストックのトラッカーウォレット
 
右が自分が使ってみて半年くらいの経年変化
ウォレットチェーンの真鍮も、やや黒さを増してきました。
革もポケットに馴染み、程よく癖やあたりも出始めて使いやすくなり始めたところです。
 
IMG_7894.jpg
このトラッカーウォレットは、以前も紹介しましたが、就労の困難な方々に「仕事」を依頼するカタチで、施設にご協力頂いて製作しているラインです。
 
以前書いた、このウォレットの記事 >>トラッカーウォレット
で、記載したイメージを読んだお客さんからのオーダーで、父から県外にいる息子さんへのプレゼントという掲載記事にぴったりのご要望でした。
 
IMG_7895.jpg
真鍮製のホック、連結、ウォレットチェーンの組み合わせでのオーダーでした。
 
IMG_7896.jpg
さりげなく、父から息子へのメッセージをフックに打刻
こういう依頼を受けるとき、とても心が和みます。なんかいいな~って
 
IMG_7898.jpg
育てるの楽しんで貰えたらいいな
松枝さん オーダーありがとうございました。
 

 
IMG_7878.jpg
あと、内部には、メキシカンスカルのスタンプを押してあります。
 
IMG_7879.jpg
こちら(左)は、ホックを銀色に、チェーンは無しで、「シンプルに薄い財布が欲しかった。」というご要望で納品したトラッカーウォレット。
 
IMG_7877.jpg
女性からのご依頼でした。
思ってもいないニーズにありがたいです。
 
丸山さん オーダーありがとうございました
 
IMG_7876.jpg
 
色んなカタチで、そういった施設への貢献になるような、単純に色んな方に気に入って欲しいと思ってたり、良いものを構想膨らませて、施設に依頼したいなと考えています。
 
宜しくお願い致します。

お盆休み

お盆休みのご案内
8月の
12日(土曜日)
13日(日曜日)
をお休みにしています。
14日は月曜日で定休日でお休みです。
 
15日から通常営業です。
よろしくお願いします。
 
 
って、それだけじゃ、なんだかつまらないので、今日は、ちょっとしたテクニックをご紹介。 
IMG_7815.jpg
キーホルダーのリング
太目の鍵を通したり、使ってると広がって来ますよね・・・。
  
IMG_7816.jpg
それとか、こういったキーホルダーの時に、どうやって広がらないようにキーリングを通してるの?ってたまに聞かれるので、真似てみたり参考にしてください。
 
IMG_7817.jpg
左が通常の販売されている状態。
それで、右側のが今回の裏技です。
 
IMG_7819.jpg
ヤットコとか、奴床とか、って道具で、ギザギザの無いラジオペンチみたいなもの。
 
わざわざ買うのもなぁって方は、リングに傷が入らないように何か緩衝材を挟んで気を付けつつやってみてください。
 
IMG_7820.jpg
ちょっとづつこうやって内側か外側か、どちらかにずらして返していく感じにしていきます。
 
IMG_7823.jpg
真ん中辺りまで来たところ
 
IMG_7824.jpg
最後まで裏返すと先ほどのようなリングになります。
 
IMG_7826.jpg
つぎに、千枚通しを差し込んで開き
  
IMG_7829.jpg
開いたスペースに革の穴を持っていって千枚通しを革に当てたまま、キーリングをずらして通して行き
 
IMG_7831.jpg
終わりが近づいたら、千枚と押しを手前に持ってきます。
この場合は、後ろから挿して通した流れです。
 
IMG_7833.jpg
革の縫い代付近に、傷も入らず通せました。
 
IMG_7834.jpg
後は先ほどの裏返す流れをもう一度したら
 
IMG_7835.jpg
バネの力も強化されたキーリングが、革に無傷で通るって仕組み。
 
慣れるまで難しいと思いますが、困っていた方はお試しください。
 
いつもありがとうございます。

結婚のお祝いに仲間と

IMG_7840.jpg
ふざけあって楽し過ぎた頃を引きずりながら、それぞれの幸せな生活へと離れていく仲間。
 
そんな仲の良い友人たちと、みんなで思い出にと、色をそれぞれ変えて、コンパクトな小銭入れのキーホルダーをオーダー頂きました。
 
IMG_7841.jpg
旦那が赤で、
嫁がピンクにして、
あいつがこの色で、
俺はナチュラルで、とか打ち合わせから盛り上がって楽しい製作でした。
 
IMG_7847.jpg
メッセージや気持ちを乗せて、文字を打刻で入れて
 
IMG_7845.jpg
その文字も、大好きなHi-Standard(ハイスタンダード)の歌詞からの引用だったり。
 
IMG_7842.jpg
奥さん以外は、ホックにバカって入れてみたり(笑)
 
伊藤さんと皆さん 面白いオーダーありがとうございました
板井ご夫妻 改めてご結婚おめでとう!^^

日々の製作とかブログの記事とか

マリーヤンのブログTOP
先月から、ディアストックの営業の形態が少し代わり、ディアストックは、オーダーが多く、製作に没頭出来る空間へと同じ建物の二階へ新しい工房を新設。
 
もともとの一階のディアストックだった店舗の空間を、雰囲気などそのままを残しつつで、中央町商店街より引っ越してきたマリーヤンが、「更に楽しい空間へ。」という感覚で運営するかたちとなりました。
 
早一ヶ月
「自分で、アクセサリーの製作してみたい。」
「彼女とペアで何か作りたい。」
「家族や友達を連れて大分県への旅行の思い出に製作体験をしたい。」
そんなご要望のお問い合わせも増えてきて、一階を、そのご要望に楽しんでもらえる空間にと動いております。
 
上の画像の旧マリーヤンブログも、こちらのブログへお引越しして、ディアストックとマリーヤンのお互いのタイミングで、日々の出来事を更新していくカタチになりました。
 
マリーヤンって、どんな店?
どんなものを作っているの?
どんなことを相談したり、ご要望に応えてもらえるの?
なんて感じのことを、旧ブログで見ていただけると、より一層、引っ越してきたマリーヤンと合わせて、新しいディアストックが楽しんでいただけるかなと考えています。
 
マリーヤンの旧ブログ :  
URL : https://ameblo.jp/mallieyan-stone/
 
ディアストックが、お蔭様で忙しくさせて頂いていて、急なオーダーなどあれば、ぜひ一階のマリーヤンでもご相談頂ければ、ご要望に対応できるかもしれません。
 
マリーヤンのブログ
 
このブログの記事の更新頻度も上がる予定です。
今まで以上に、ディアストックを楽しんで頂ければ幸いです。
 
 
いつもご訪問ありがとうございます。
 

バッグの手紐修理 交換

IMG_7807.jpg
「収納に丁度良いサイズなのと、バッグ自体はもう少し使いたいので。」
というご相談で、千切れかけたバッグの手紐の作り替えで交換のオーダーでした。
  
IMG_7808.jpg
もう直ぐにでも切れそうな状態でのお持込でした。
 
IMG_7809.jpg
長さは現状に合わせて
形状は肩に掛けやすい平たいままで大丈夫
色は革のナチュラル色で
あとは、使えたら良いです。
というようなご要望でした。
 
IMG_7811.jpg
痛んだ部分を取り除いて、2.5mm程の厚みの革で、コバもやわらかく毛羽立たせた処理で、シンプルにカシメを使った固定で取替えました。
 
IMG_7812.jpg
元通りには修復できませんが、「使えればありがたい。」という、モノを大切にされている感じのご要望でしたらご相談ください。
 
ブランドだと尚更こういった修理は受け付けてもらい難いものでしょうし。
 
IMG_7813.jpg
Fさん オーダーありがとうございました

ジッポのカスタムの打ち合わせ

カスタムジッポ
新しいモチーフなどで、こんな組み合わせで打ち合わせしたりしているこの頃です。
 
真鍮製のジッポの丈夫なアーマーケースをベースに、スリーバレルの3.0φmmを合わせて、その軸にも真鍮を組み合わせたり、クロスボーンやスカルを合わせたり、海賊旗ジョリー・ロジャー)な雰囲気で組み合わせたりも提案中。
 
ちなみに、クロスボーンスカルには、”復活”ってメッセージ性のある意味もあるんだとか。

カスタムジッポ
パーツの配置を換えて、こういったパターンにしたり
 
カスタムジッポ
こういった感じも出来るパーツのサイズ感です。
シルバーのパーツ全て真鍮にも変更可能です。
 
ジッポのカスタムを検討されている方、こんな提案もぜひ参考に、自分好みをオーダーしてください。
 

純正スリーバレルの軸交換

IMG_7616.jpg
ジッポの蝶番が壊れた場合の補強のカスタムとして、カスタムジッポを修理調整と合わせて、できる範囲でやっておりますが、珍しく、純正からのスリーバレル(三本の蝶番)のジッポの持込で、調整のご依頼でした。
 
画像の通り歪んでいます。
  
IMG_7615.jpg
畳んだ状態でも噛み合わせが悪くなっていました。
 
IMG_7617.jpg
軸を取り出してみると、開閉の中央部分が擦り減って、痩せていました。
これはカタカタなるし、噛み合わせも悪いはず。
 
IMG_7627.jpg
同じ位の径の軸を打ち替え。
軸は、気の利いた鉄製がなくて、なので真鍮製で。
 
IMG_7628.jpg
もとの軌道で動くようになりました。
 
IMG_7625.jpg
河野さん ご依頼ありがとうございました

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel: 097-538-8313
 (担当:鈴木) 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

・リング 指輪 (175)
・ペンダント (198)
・バングル ブレスレット (114)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (77)
・ウォレット 財布 (196)
・ウォレットチェーン (31)
・ベルト バックル (59)
・キーホルダー (119)
・名刺入れ ケース (92)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (86)
・その他 革製品 (131)
・その他 真鍮製品 (57)
・貸工房 製作体験 (9)
・仕事 (120)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (81)
■ ディアストック について (6)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

インスタグラム

Instagram

リンク