フェザーのペンダントをペアで

IMG_4692.jpg
香港に転勤したお客さんの職場で、アクセサリーに、すごくくいつかれて、「日本に帰ったらオーダーして来て欲しい。」と、海外の方からのご依頼。
フェザーペンダントをペアで同じサイズ向き違いでオーダーいただきました。
 
IMG_4686.jpg
ちょっとづつ、ディアストックのらしさとか、見た目でそういう部分を代えてみながら、製作しているフェザー。
毛並みの部分の長さでおおよそ60mmくらいのサイズ感でのご要望でした。
 
IMG_4687.jpg
シルバーのフェザーに重ねたハートフェザーは、真鍮で製作。
研磨はディアストックらしく、そこそこの、”前から着けている風合い程度”の仕上げ。
 
IMG_4695.jpg
ペアでということで、つがいっぽく、背面に、イーグルのスタンプを二羽づつ打刻してみました。
巻いているワイヤー部分は、捻ったデザインの仕様を組み合わせで。
 
IMG_4696.jpg
背面のどこかに、立体で”G”と”Z”を、ハートフェザー同様に真鍮で切り出したりして、何かして欲しいとのご要望もあり、Gは切り出してつち目を入れてみました。
 
IMG_4697.jpg
Zの方はなんとなくヘビのニュアンスで というご要望もありました。
 
佐藤さん 仲介オーダーありがとうございました。
スポンサーサイト

ハンマートーンタイプのスリーバレル

IMG_4628.jpg
ハンマートーン(つちめ)デザインのジッポの修理ついでのカスタムのご依頼でした。
槌目 つち目 つちめ 使い分けているのは特に意味もなく。
 
そんなジッポで、「全体に、”もとからそうなのかな。”って感じに、スリーバレルに、つち目模様を入れられないか。」というご要望で、新たな感じでやってみました。
 
IMG_4597.jpg
お持ち込みいただいたジッポ
蝶番部分も一ヶ所折れて無くなってるし、カタカタとずれていて、そんな壊れかけの銀製のジッポの持込修理カスタムでした。
 
IMG_4595.jpg
「ふたが使い込んで開いてずれてしまっているので、可能な限り修正をして欲しい。」というご要望もありました。
ボトムの刻印も古そうで、珍しい感じだなぁってジッポでした。
昔のタイプは溶接があまいタイプもあったりして、その場合は、通常かからない持込料を頂く場合もあります。
 
IMG_4627.jpg
普通より長さを伸ばして、製作してみたスリーバレルは、3mm軸タイプ
プレートの部分だけはつち目を入れられたので加工してみました。
 
IMG_4629.jpg
ふたのズレも、わからない程度には修正できました。
いぶしをいれて、古さや前から在った様な質感にして仕上げ。
 
IMG_4630.jpg
兵庫県の宮崎さん オーダーありがとうございました。

3色使いで直線的なウォレット

IMG_4603.jpg
3色を合わせて、自分しかもって居ない雰囲気の財布にしたい そんなオーダーでした。
黒を基準に、開けたら黄色と赤を、金具は真鍮でというご要望でした。
 
IMG_4604.jpg
デザインは、輪郭を直線的に、丸っこさの無い印象に。
 
IMG_4605.jpg
内部は、オリジナルのマチの付いたタイプの基本的な配列。
レジ前の支払で、左手でふたを開いたとして、右手で取り出しがスムーズであるような、そんな使い勝手となっています。
 
IMG_4607.jpg
ちょっとだけ横から伺える色の違い
好き嫌いがはっきり分かれそうで、なかなか市販品に無いイメージのご要望は、オーダーだから楽しめる部分で、楽しんでもらえてなによりでした。
 
IMG_4601.jpg
丸林さん オーダーありがとうございました。

ツバサモチーフの指輪

IMG_4542.jpg
入籍予定の二人からのオーダーでした。
ツバサをモチーフに、やわらかい印象で左右でひとつになるペアリングのご要望でした。
 
IMG_4540.jpg
ふっくら、柔らかな緩やかなシルエットで、着け心地も優しい感じの指輪になるよう製作しました。
 
IMG_4543.jpg
サイズが約10号の差があって、その差にあわせた指輪の幅とツバサの幅感に、指輪自体も少し幅に差も付けたペア感。
 
IMG_4545.jpg
全体的には甲丸で肌なじみのいいリング形状。
 
IMG_4548.jpg
ツバサらしく というほど、強い存在感のあまり無い感じのイメージでした。
 
IMG_4551.jpg
井上さん オーダーありがとうございました。

銀製のカスタムジッポ

スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
銀製のジッポに、銀製のスリーバレルを組み付けたオーダーでした。
以前作ったカスタムジッポを友人が見て、周りの方もって感じでいくつかオーダー頂いたうちの2パターンです。
 
基になるジッポの年代が違ったので、同じ感じの仕上げのご紹介ですが、もし、自分のも修理ついでにカスタムオーダーしたら、どんな感じになるのかとか、なんとなく参考にしてみてください。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
スリーバレル(蝶番)の3mm軸というタイプ
見た目のゴツさとか、持ったとき使っているとき、何気なく置いてるときのインパクトでまーまー目立ちます。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
銀製のジッポの見分けは、この文字配列で見ると、左上に”STERLING”スターリング と、打刻してあります。
プレゼントで銀のジッポを贈ろうと考えて、銀メッキを購入される方も多く、この部分とか、打刻の有無、あと大きく違うのは販売価格ですが、銀のジッポの方がお高目です。
ちなみに、この場合だと、打刻面の右上にある盾のマークがいわゆるアーマーケース
アーマーってのは”よろい”ってイメージの解釈で、通常のジッポより約1.5倍板が厚くて丈夫です。
持って比較するとずっしりしていて、小物にこだわる方には、個人的にはおすすめ。
特に、こんなカスタムのベースには。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
もうひとつ銀製のジッポで、同じ3mm軸のスリーバレルカスタム。
年代のやや古いこちらのタイプ、文字の印象が違い、この感じのジッポだと、少し加工に難点があり、別途料金が追加で発生する場合もあります。
このジッポの場合は、右下に先ほど同様に”STERLING”の打刻が入っている部分で見分けられます。
先に紹介した方に比べ、こちらがノーマルの板厚で、やや銀でも軽い。
カスタムする際、アーマーに比べ歪みがでやすく、でも開閉音は軽やかです。
 
IMG_4387.jpg
見た感じは同じなんですが。
こちらは、ややいぶしも入れて仕上げてみました。
銀らしく仕上がります。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
長く愛着もって育てて、自分しか持っていないこだわりの贅沢な小物をお手伝いいたします。
可能な限り。
 
兵庫県の宮崎さん オーダーありがとうございました。

逆甲丸のつち目模様の指輪

IMG_4392.jpg
幅があるけど着けていてそんなにゴツくない指輪が欲しいというご相談で、つち目の模様を入れた逆甲丸の指輪をおすすめし製作しました。
幅が約10mmで、研磨仕上げでした。
 
IMG_4391.jpg
撮影した画像であまり伝わらない感じになってますが、ラッパの先のように、外側に広がっていて、内径の中央が指に馴染み、やわらかい着け心地になるデザインです。
両サイドに約2号ほど広がっているイメージで、幅のわりに指馴染みがよく、ずっと着けていて圧迫感の無い指への負荷の少ない、それでいて存在感が欲しい場合におすすめの指輪です。
 
IMG_4398.jpg
画像で、左右がややくびれているのが伝われば、いいのですが。
 
IMG_4396.jpg
川野さん オーダーありがとうございました。

コンチョを付けたハーフウォレット

IMG_4638.jpg
シルバーアクセサリーを身に着けてたいけど、仕事柄あまりこの頃着けなくなって、でも何かシルバーのモノを持っていたいので、というイメージのご相談で、ハーフウォレットに銀製の楕円のコンチョを付けたデザインがピンときたようで、そんなご要望でのオーダーでした。
 
IMG_4633.jpg
打ち合わせで、なんとなくだけどイメージを汲み取って、新しいデザインでコンチョを作ってみました。
 
IMG_4616.jpg
コンチョを作るにあたり、タガネも製作
 
IMG_4617.jpg
試し打ちしながら削りだして
 
IMG_4620.jpg
焼き入れして仕上げ。
 
IMG_4632.jpg
そんな新しいタガネを輪郭に入れたデザインで、16方位の太陽神と、家族をイメージしてイーグルを三羽
 
IMG_4634.jpg
背面はネジ止めで、楕円の回転予防に固定用の爪も取り付け。
 
IMG_4639.jpg
そうして製作したコンチョを組み付けたハーフウォレット。
 
IMG_4641.jpg
コンチョの裏側の取り付け
 
IMG_4642.jpg
小銭入れは、使えば形が馴染むのでボタンはつけていないシンプルな感じに。
 
IMG_4643.jpg
カードはそんなに持たないという要望で、シンプルなポケット
紙幣部分は、やや厚みが増すけど吟面合わせで紙幣がすべる使い心地に。
経年変化で、つややかで丈夫にもなる構造で製作。
 
IMG_4640.jpg
たかさん オーダーありがとうございました。

猫の首輪と迷子札

IMG_4649.jpg
真鍮と革を合わせて、猫の首輪と迷子札のオーダーでした。
 
IMG_4651.jpg
革の幅は約10mmで、その幅に合わせて真鍮製のバックルとサルカンに加え、丸い迷子札も製作しました。
迷子札は、サイズが約20mmで一円玉の大きさ、厚みは約1mmで、こだわりでオーダー頂いた部分が、”名前をカタカナで”と
刻印はないので、小さなタガネで打ち入れて素朴な感じにしてみました。
 
IMG_4650.jpg
下がった迷子札がブラブラするとネコも嫌がるかなと、可動域を小さめに取り付けました。
 
IMG_4653.jpg
背面に電話番号を打刻
イメージは、中央にTEL 輪郭に沿って番号
って感じで入れています。
 
石川さん オーダーありがとうございました

赤い小銭入れ

IMG_4282.jpg
片手が少し不自由で、小銭をいつも取りにくそうにしているお父さんに、マチの広めな好きな色の小銭入れをプレゼントしたい。というオーダーでした。
 
IMG_4283.jpg
ポケットに入れて大きすぎず、手のひらで小銭を取り出すのも探すのも程よいサイズにして、マチをやや広めに製作してみました。
 
IMG_4284.jpg
横幅が約100mmで、縦幅が約70mmほどの大きさ。 
 
IMG_4281.jpg
赤のブッテーロで、5mmピッチのステッチ
金具は外に出さず、刻印も内側に入れて、外側はとてもシンプルなつくり。
 
IMG_4285.jpg
佐藤さん オーダーありがとうございました

カード収納が、とにかく多めで。

IMG_4247.jpg
そのイメージを立体にすると、すごく分厚くなって、もはや財布って感じしないかもよ。
って打ち合わせでした。
個人的なこだわりなんだから、できるだけ叶えてあげたい ってオーダーでした。
 
IMG_4256.jpg
仕上がった状態は、打ち合わせの段階で想定できて、実際に仕上がってみても、やはりとっても厚さのある仕上がりになりました。
 
IMG_4249.jpg
カードが見えるように左右5段づつで10段、縦入れのポケット。
 
IMG_4250.jpg
それぞれその背面にもまとめて収納。
 
IMG_4252.jpg
開いた状態で、右側になる部分も、まとめて入る収納。
 
IMG_4253.jpg
畳んだ状態の小銭入れの裏側もまとめて入る収納。
結構収納できるよう打ち合わせを反映させて要望を盛り込んだ作りに。
 
IMG_4259.jpg
大事なのが、財布としての使い勝手
小銭入れはマチ付きなので、探したり取り出したりもゆとりを持たせました。
 
IMG_4260.jpg
紙幣ポケットは、オリジナルのミドルウォレットの形状で中央が切れているデザインになっています。
参考 :ミドルウォレット
  
IMG_4248.jpg
カード入れの左側の下に店のロゴと、ベアパウ太陽神とイーグルを打刻。 
全体のサイズ感は、畳んだ状態で、幅が約150mm 幅が約93mmほどでした。
 
松田さん オーダーありがとうございました

ハートモチーフの捻ったブレスレット

IMG_4531.jpg
違う素材を捻って、両端にハートをあしらったデザインのバングルのオーダーでした。
 
IMG_4534.jpg
太い方は、ブラスとシルバーを、
細めの方は、シルバーとピンクシルバーを、
それぞれ反対に捻って撚った見た目に。
因みに、撚る= る って読み方。
・撚- (手や指で物を)捻る。(糸などを)撚る。(麺など、物を)練る。
・縒- (心、感情が)交差する。交錯、錯乱する。
って使い分け
 
この場合、見た目は”撚る” でも、こもった想いは”縒る”の方
そんなデザインで、なんだか素敵なオーダーでした。
 
IMG_4532.jpg
約3mmの太さを撚り合わせて打ちつぶして製作。
 
IMG_4533.jpg
細い方も反対側に撚り合わせて、捻って打ちつぶして製作。
太さの違いもあって、捻る回数も違い、お互いのねじりの数を合わせると20(二重)になり、重なり合うイメージの意味なんかを盛り込んで作ってみました。
 
IMG_4536.jpg
着け外しの心地よさにも関わる両サイドはハートのモチーフに。
太さに合わせ、バランスを見たサイズ感にしてみました。
 
IMG_4538.jpg
横からの全体像。
 
IMG_4583.jpg
それぞれの片方に、しずく型のメタルに文字を打刻したチャームを取り付け。
入っているご依頼のあった文字は、それぞれの名前の意味も籠めていたりするそうです。
 
IMG_4584.jpg
板井さん オーダーありがとうございました。
ご結婚(仮)おめでとうございます

表面にだけカスタムの場合

IMG_4053.jpg
銀色のジッポに銀色のメキシカンスカルをつけて、後々予算が出来たら、片目に石を埋め込んだり、蝶番をスリーバレル化して真カスタムしてみたい。
ご要望で、とりあえずメキシカンスカルをはじめに。
ってオーダーでした。
 
IMG_4014.jpg
届いて確認すると銀色で、真鍮の銀メッキのジッポ
一応アーマータイプの現行だったので
取り付け部分のメッキをはがして
シルバーで製作したメキシカンスカルを取り付け。
蝶番がノーマルだとガタツキでこのくらい空いたりします。
仕上がりは、上の一枚目の画像みたいに、あごの下に文字を入れるご要望もありました。
 
IMG_4016.jpg
メッキにロウ付けすると、ややこんな感じにシミができたり
模様の中は削って真鍮をあえて出して色の違いもだして、経年変化を楽しめる仕上げに。
 
IMG_4017.jpg
寄りで見ると、こういう質感になります。
全体的にメッキなので、いぶしが入らないので、銀とは違う風合いに。
使い込んだ古さを出すなら銀製ジッポがおすすめです。
 
IMG_4015.jpg
薄くしかメッキのかかっていない箇所などは、下地の真鍮の金色がこんな感じで見えます。
 
IMG_4018.jpg
メッキの剥がれもかっこいいので、こういう質感を好む方には、これはこれでありだと思います。
 
IMG_4019.jpg
北海道の小谷さん オーダーありがとうございました
またのカスタムをお待ちしております。

真鍮製のつち目模様のバングル

最近人の顔と名前、頼まれたものや納品したもの、
色んなものが混同していて、齢を重ね、記憶力の低下を感じ
成人をうらやむ年齢とはこのことか・・・と、
徐々にですが感じるお年頃。
 
あ、成人おめでとうございます。
 
色んなものが衰えに向かうターニングポイント
楽しい未来価値を描けるよう、憧れになりたいなと思っていた未来に今居るんですが、記憶力の低下を今日現在語っています(笑)
 
貸し工房ってのを昨年よくご利用いただいたり、予約を頂いたりしていたのですが、楽しんでもらえることは幸いではありますが、オーダーの方を優先のため、時間を割けないこの頃です。
ありがたいことではありますが、貸し工房は現在、街の中央町商店街にあるマリーヤンで同じような感じでやっていますので、そちらで是非、ご相談ご予約など、詳しくは下記リンクへお問い合わせしてみてください。
>> マリーヤン 
URL : http://ameblo.jp/mallieyan-stone/
 
IMG_4300.jpg
真鍮製のバングルのオーダーでした。
ペアで、やや細い方が約3.5~4mm
やや太い方が約5~5.5mmほどの幅
つち目という、金槌を叩き込んで模様を入れるデザイン技法のデザイン
お馴染みすぎて、今更な説明ですが。
 
IMG_4297.jpg
研磨はしていない、質感
ある程度っていう感じだとこのくらいの光沢。
 
IMG_4298.jpg
内側の端に文字を打刻
 
IMG_4301.jpg
つち目模様を入れる際に出来た内側の素朴な傷もそのままな仕上がり具合。
 
首藤さん オーダーありがとうございました。

コンチョの製作依頼

お問い合わせのメールのやり取りは時間がかかるし、伝えたいことと解釈の相互のやり取りに食い違いもまちまち。
その点LINEなど便利なツールのおかげで、ほんと便利だなと思ったオーダー。
 
数回のやり取りや、画像の添付など。
進化している社会環境とか、アナログな製作とか、製作が進化して、さらにその味気なさをカバーするような、人間味に寄せた造形マシーン化とかなっちゃうのかな。
想像すると人間味が残るよさとか伝統とか、技術とか、廃れず、温められる古い良さとか、なくならないといいな。
あ、何の話したかったのか迷子になってきた・・・
IMG_4382.jpg
常連の、革細工をしている方からのご相談で、
自分で描いたデザインで、真鍮と銀をオーバーレイで
コンチョを作って欲しいってことでした。
 
IMG_4347.png
LINEで手書きの絵をもらって、サイズや質感、仕上がり具合など、細かなやり取り。
 
IMG_4381.jpg
真鍮製の板の上に、絵を指定のサイズに切り出して貼り合わせ。
輪郭のサイズが直径約38φ。
銀には槌目。
真鍮は、くすんでくるようなテクスチャー加工。
研磨はある程度。
そんなご依頼でした。
  
IMG_4385.jpg
横から見ると、銀と真鍮の二層になっているのが見えます。
くすんでくるともう少しはっきり見えてきます。
 
IMG_4383.jpg
革への固定でネジをロウ付け。
自分で革を加工されてたり、あったらいいなって金具などあればご相談ください。
LINEは、初見の方には教えてないけど、細かな打ち合わせが必要な際は対応しています。
 
佐賀県の佐藤さん オーダーありがとうございました。

蝶番に柄入れ カスタムジッポ

IMG_4519.jpg
色んなオーダーの中で、前歴のあるオーダーは、
ひとつずつ作るので一点ものではあるけど、
何か個性が加わった方が、持っていてうれしいものですよね。
 
そんな感じで、真鍮製のアーマーケースのジッポをベースに
銀製の3.0mmφ軸のスリーバレルのカスタムに
少しアレンジで模様を打ち込みました。
 
プレゼントのご要望でのオーダーだったんですが、
ペンダントにも交差した矢を打ち込んでいたので、
贈り物にもお揃いの柄を入れませんか
自分の持っているものと贈ったものにお揃いがある感じで
 と、提案。
 
何気に持ち物にペア感がでて、お互いなんとなく心地いいような
そんな持ち物になればいいなぁ なんて感覚で。
 
IMG_4521.jpg
「贈る相手が鳥が好き。」 というご要望もあり、
開閉時の指の引っかかり部分に、小さめのイーグルを銀製で。
 
IMG_4520.jpg
何も無くても開くけど、自分だけのカスタムをアレンジしたい方は
この部分も好みを盛り込んだりいかがでしょう。
 
IMG_4518.jpg
仕上がりは新品同様にはならず雑さが残りますが、
神経質な方には向きませんが、
こういうのが好みの方にはおすすめしています。
 
IMG_4523.jpg
そもそも、蝶番の軸に3mmφも太くなくていいんだけど、
置いてるだけでノーマルじゃない存在感を楽しんで貰えたら幸いです。
2.0mmφ軸もオリジナルで製作しています。
 
大川さん オーダーありがとうございました。 

仕事始めと春財布

新年 明けまして おめでとうございます
 2017年も ディアストックを
   よろしくお願いいたします
 
本日5日より、通常営業しております。
年末年始にお休みしている間も、多くのメールのお問い合わせを頂き、
返信お待たせ致しました。
 
IMG_2255.jpg
かれこれ8年目を迎えた自分の財布(色の濃い方)。
好い色に育って、作り替えるタイミングを見失っております。
まだまだ変化を楽しめそうで、でも、何か新しいものに代えたいような
でも、この財布にしてから金運が上がったような
財布を代えたらその運気も変わっちゃうんじゃないか
とか、心配性。
 
新しい財布は春に代えた方がいい。
財布の中身が春だけに張るから
逆に、秋に代えると財布が空く
なんて説や風水的なゲンカツギもあってか、新春から多いのが
ウォレット(財布)のオーダーメイドだったりします。
 
IMG_2249.jpg
同じものをオーダー頂き、始めはこんなだったなと
汚れたり、濡れたり、シミができたり、引っかいたり
色々あってもメンテナンスしてたらラフに使っても
エイジング 経年変化は楽しめるのも革の楽しめるところ。
 
IMG_2250.jpg
小銭入れのふたを左右対称のやや丸い感じでのご依頼でした。
 
IMG_2245.jpg
内側のトコ部分に、お店のメキシカンスカルのスタンプを押してみたり
 
IMG_2251.jpg
紙幣が入るポケット部分
親指側から、
小銭
カードまとめて収納
紙幣
カードまとめて収納
紙幣
って感じの使い勝手のデザインのロングウォレット。
 
IMG_2253.jpg
以前使っていた財布から、シルバー製のターンノブを移植。
ターンノブ = 回転する取っ手
財布に直接チェーンを着けるより負荷を軽くする役割があるパーツ。
割高な銀の部品も、長い目で見ればこんな利用も可能です。
 
IMG_2254.jpg
ご要望で、研磨はほとんどしないで、古さをそのまま活かし取り付けました。
磨き立てや出来立てもいいけど、銀の古めかしさもいいですよね。
 
IMG_2256.jpg
佐藤さん オーダーありがとうございました。
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 TEL:097-538-8313
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
 質問やお問い合わせは、
 上のバナーからお気軽にどうぞ

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -