バットのイメージのタイピン

025_2016022718023864a.jpg
野球をしている彼へのプレゼントで、バットをイメージしたデザインの
ネクタイピンのオーダーでした。
 
013_201602271804584c9.jpg
輪郭を板から切り出して
 
021_20160227180239d0f.jpg
バットっぽく削り出し
ワンポイントに太陽を入れて欲しいというご希望でした。
 
030_20160227180241805.jpg
シャツに重ねた印象
 
031_201602271802423ab.jpg
少し拡大
 
032_20160227180243a8f.jpg
背面にイニシャルを入れて欲しいというご希望でした。
 
杉山さん オーダーありがとうございました
スポンサーサイト

シンプル目なハートの指輪

150_20160225181116f5f.jpg
彼女へのプレゼントに と、いうご相談で
線が少しだけ絡み合っているデザインのハートの指輪のオーダーでした。
 
148_20160225181115fe7.jpg
シンプルな細い感じだけど、シンプルな輪じゃない感じで
手の甲側に見える部分に何かを、
リングに打刻で文字も入れたいし、
というような打ち合わせからこのデザインになりました。
 
152_20160225181118570.jpg
見る角度によってハートの見え方も少し違った感じに
 
146_20160225181119b88.jpg
手の平側は約2mmほどの幅の線で製作
 
鈴木さん オーダーありがとうございました

シルバー製 槌目フック連結キーホルダー

153_20160224181924345.jpg
ベルトループに引っ掛けて使うキーホルダーのフックを
シルバーで製作するオーダーでした。
 
フックは、線径(線の太さ)が約4mm
全体的に丸いままつち目を表面に入れて、ご希望の文字を打刻で入れています。
味が出てくると、この溝も黒くなっていい雰囲気になっていくだろう白仕上げに。
 
158_20160224181925a24.jpg
キーリングは、元に戻る力のない関係で銀ではなく銀色のキーリング
フックとの連結は銀のウォレットチェーンに使っているひし形のシルバーパーツで
 
154_2016022418192771a.jpg
重すぎず、軽すぎず、手のひらに収まる持ちやすい実用的な大きさに
この形状のフックは、真鍮でいつも製作していたけど、少しリッチなオーダーでした。
 
157_201602241819286dd.jpg
背面は布にこすれるので、つち目がキラキラな雰囲気です。
 
広島県の西村さん オーダーありがとうございました。

真鍮製の銀メッキベースでカスタムジッポ

032_20160223180514ba8.jpg
真鍮のジッポの銀メッキをかけた製品でも、状態に合わせて修理のカスタムは可能です。
真鍮製の銀メッキジッポの蝶番を真鍮製のスリーバレルに替えるご依頼でした。

012_2016022318050808a.jpg
ノーマルの蝶番の軸が使い古されて緩く、ガタガタしていて
また使えるようにと、預かったジッポは
デザインの入ったアーマータイプで外見はしっかりしているけど
肝心な部分が痛んでいました。
 
014_20160223180509a54.jpg
製作したスリーバレルをロウ付けするために、ロウ付け面のメッキをはがして下処理をしたところ。
出来るだけ、もとの雰囲気も残したかったので必要な部分だけ剥がしました。
 
030_20160223180512b36.jpg
研磨の具合は全体の雰囲気に溶け込みような程度に仕上げ。
 
028_20160223180511d33.jpg
西さん オーダーありがとうございました。

座席の補修

068_20160221181705757.jpg
大分駅もリニューアルして、色んなお店や、数多くの人の行き来
にぎやかになる大分の街がうれしいです。
そんな駅のショッピングモールでお目にかかれる乗り物の
座席の修理のご依頼でした。
 
まさかの修理やさん的な記事2連続で、勘違いされそうですが
基本的には、銀製品、革製品、真鍮などの
オーダーを受けて製作するのがメインでお店を営んでいます。
 
056_201602211817036e8.jpg
参照 >> ぶんぶん号 大分駅 
 
055_20160221181701d12.jpg
客車を運ぶ、この操縦席の座席の修理依頼でした。
 
068-1.jpg
乗り降りで付加がかかる部分だから摩擦などで破れた感じでした。
 
078_2016022118171957e.jpg
ある程度下地の修復をした後で、
  
079_20160221181721f36.jpg
上から似た雰囲気の革を貼って修正しました。
 
080_20160221181722a42.jpg
Mさん ご依頼ありがとうございました

大切にしているモノの修理や部品の製作

663_201602200936403f1.jpg
大半はお断りするのですが
修理を専門ではしていないけど、現状の使い勝手に不便があって
技術的に可能な範囲での修正で再び使えるものに限っては
修理調整加工を受けれる場合もあり、出来ない場合ももちろんあります。
 
持ち込んで頂いたものへの愛着が特に無い感じだったり
神経質な方のご要望や、
他の方のオーダーの順番を気にせず時間的に急いで欲しいなどのわがままは
対応できずお断りします。
 
660_201602200936397a5.jpg
愛着があって、まだまだ使いたいけど、糸がほつれてきて
買ったお店の対応も、思っていた感じと違って・・・
ということでお預かりした財布の縫い部分の修正
 
縫えば、まだまだ財布として使えるし、革もこれからまだまだ育つし
大切に使っている感じがしたのでお受けしました
 
666.jpg
同じ糸ではないですが、シニューといういつも使っている糸で縫い直し
縫い合わすための穴も、千切れてはいなかったので良かったです。
 
667_2016022009364362d.jpg
内部の糸はまだ生きていたので、外側の輪郭だけの縫い直しでした。
モノを大切にしたいって気持ちにはお応えできれば幸いです。
ご依頼ありがとうございました
 
 
バッグの取っ手の修理 また違う方からのご依頼。
570_20160220093842d3b.jpg
ブランドのモノって、買ったお店としては、新作があるので購入して欲しい
修理はお受けできない、など、購入店でも快い対応はして頂けない場合も。
 
現状と違ってもいいから、ただ、この商品に思い入れがあって大切に使っている
そんなバッグの取っ手の修理のご依頼でした。
 
572_201602200938433a8.jpg
金具類も、使える部分は再利用
無いものは形状など同じではないですが似ているものを使って
実用性を基準に修理したり部品を作ったりして修理しています。
 
573_2016022009384431a.jpg
これが、ブランド物のカスタムとしての解釈の場合はお受けしていませんが、
使用に不便が見受けられた場合や大切にしている上での不便や思い入れなど
曖昧なニュアンスで紙一重ですが、ご理解の難しい基準ですが
可能な範囲での対応となります。
現物を見て、ご相談の上お受けできるかの判断となります。
 
鶴原くん ご依頼ありがとうございました

真鍮の指輪 重ね着け

018_2016021721184169d.jpg
真鍮製の指輪を、槌目模様と無地で重ねたペアリング
槌目の方には表に文字を打刻で入れて欲しいというオーダーでした。
 
015_20160217211843e1d.jpg
ロウ付け(溶接)部分は、いつものように銀でくっついていて
にじみを作っています。
 
016_2016021721184437d.jpg
仕上がりの具合は「古びた質感に」というご要望でした。
 
017_2016021721184637d.jpg
島田さん オーダーありがとうございました

ニュージーランドのコインをキーホルダーに

020_2016021418261692e.jpg
お守りにしているニュージーランドのコインをキーホルダーにして
その日使うバッグに付け替えの出来る仕組みで、何か考えて欲しい。
そんなお任せな感じのオーダーでした。
 
001_201602141825282ee.jpg
コインを覆う枠を、まず真鍮で、きつめに製作
コイン自体に加工を入れない仕組みに
 
003_2016021418252929b.jpg
コインが外れないよう、四ヶ所に爪を取り付け
 
004_2016021418253198f.jpg
その後コインをはめ込んで爪を倒し
 
007_201602141825323df.jpg
少しだけ研磨
 
008_20160214182534713.jpg
表も裏も同じような固定の雰囲気で、両面の図柄の邪魔にならない程度の枠に
 
021_20160214182617c54.jpg
そんなペンダントの部分を革の部品と連結させるDカンやバチカンを製作取り付け
 
023_20160214182619141.jpg
革は三つ編みで、使うほどやわらかく馴染む作りに
ブライドルレザーの焦げ茶で、コバは毛羽立たせた処理に
やわらかい見た目や質感になるので
 
025_201602141826201f8.jpg
ベルト自身の固定はギボシ留め
コインを包む枠に合わせて真鍮製のものを使用
 
026_201602141826351ed.jpg
バッグの手紐に取り付けて、コインが正面をを向く形状に製作しました。
ギボシが簡単に外れないよう、ベルトの押さえも付けています。
 
山矢さん オーダーありがとうございました

水玉ドット模様のロングウォレット

564_20160213182559eda.jpg
黒い革のロングウォレットで、外観に水玉模様をつけて欲しいという個性的なオーダーでした。
 
568_20160213182602d2a.jpg
縫い糸も黒を使い、ブライドルレザーの黒で製作しました。
 
566_201602131826014f3.jpg
内部
開いて前から、
・カード縦に2ヶ所
 ・カード3×3で、6枚収納
  ・小銭(ふたなし)
   ・紙幣ポケット
の配置です。 
 
569.jpg
お店のロゴは内側のふたを開いた部分に。
 
翔音くん オーダーありがとうございました

ムーンストーンでオフセットリング

520_20160212180052224.jpg
”オフセットリング” そんなものを勝手に名付けてみたり
オフセット=埋める とか、補う 見たいな感覚で想像。
 
その指輪単体ではなく、組み合わせることで何かが埋め合わせできるデザイン
そんな発想の指輪の提案して、オーダーいただきました。
 
529.jpg
「この指輪に重ね付けしてて、似合うデザインのものを探すけど
中々相性のいいものを見付けられなくて。」
「結婚記念日に旦那様よりプレゼントで、予算に合わせ好きなご要望で。」
と、そんなオーダーでした。
  
522_20160212180053a67.jpg
指輪の石をずらすことで、今着けている指輪の溝にはまりそうだったので提案
あと、土台となる指輪も、少し歪んだいびつな指輪にして
今ある指輪と違う表情になるように、重ねたときの違いを出しました
 
523_20160212180054176.jpg
指輪のいびつな表面には、槌目模様をつけて
いびつだけどキラキラした雰囲気に
  
526_201602121800569de.jpg
銀を溶かしながら製作しているので指輪は巣が入っていて
時がたつと黒い影がところどころにでてきて面白い質感になる 予定
 
528_2016021218010683b.jpg
今あるものと重なって、雰囲気の違いを重ね、なんとなく調和をとるような
結婚記念日にちょうどいいかなって納品でした。
 
小野さん オーダーありがとうございました

カスタムジッポの研磨した場合の雰囲気の違い

546_201602111802260de.jpg
真鍮製のジッポのアーマータイプのカスタムを、ふたつ製作のご依頼でした。
「送別会の際に、贈り物として。」というご要望でした。
 
オーダーの内容は、
真鍮製に、シルバーでスリーバレルを3.0mm軸のタイプで
全体的にきれいにバフをかけて
表にシルバーでご要望を頂いたモチーフを製作して付ける
でした。
 
545_20160211180224627.jpg
バフをかけて研磨するご依頼がある場合は、ある程度となりますが
お尋ねください。
新品のアーマーをベースにカスタムした場合、このくらいまでの研磨でしたら
対応しております。
神経質な方には、カスタムはお勧めしておりません。
 
547_201602111802270b8.jpg
真鍮製のアーマーでしたら在庫がありますので、ご希望の内容でお問い合わせください。
納期は早くても1ヶ月以上はかかります。
研磨は、オーダーの内容で追加料金がかかる場合もあります。
大掛かりなカスタムの場合はサービスでお選びいただけるようにしております。
 
542_20160211180123606.jpg
シルバーと真鍮のロウ付けのロウ付けのにじみとかを、かっこいいと解釈される方に
ぜひお勧めのカスタムです
同様に、真鍮でスリーバレルを製作もしております。
 



2つ目の製作 
540_201602111801209da.jpg
もうひとつのカスタムは、同じくシルバー製の3.0mm軸タイプのスリーバレルカスタム
両面そのまま、研磨をしない質感の仕上げをご希望でした
こちらの製作も、一つ目のカスタムと同じ真鍮製のジッポのアーマーをベースに製作。
 
541_20160211180121728.jpg
使い込んでいくうちに、全体的に黒づんで、特に銅のにじんだピンクの部分が
変化しやすく、雑に扱いたい方にはお勧めの仕上がり具合です。
変色が黒くなりすぎて嫌な場合は、ピカールなどの研磨剤をご利用ください。
 
543_201602111801245c5.jpg
自分好みに育てて、楽しんで欲しいので、こちらのような無研磨な荒い仕上がりもお勧めです。
 
544_2016021118012671f.jpg
奈良県の下淵さん オーダーありがとうございました

結婚20周年の記念に指輪を製作

536_201602091809070c3.jpg
結婚20周年の記念にと、ペアリングのオーダーでした。
以前掲載していたデザイン
結婚10周年の記念に指輪を製作     
を参考に、ご要望いただきました。
太陽の中央の粒(ショット)はK18を使用。
 
537_20160209180908b7c.jpg
外側の側面に結婚記念日を打刻
 
538_20160209180910d87.jpg
反対の側面には、ふたりが始まった西暦を
 
539_20160209180911741.jpg
内側には結婚20周年記念とお互いの名前を打刻しました。
 
奈良県の下淵さん オーダーありがとうございました

数人から予算を募ってベルトのプレゼント

508.jpg
お世話になっている方へのプレゼントを考えていて、数人でお金を出し合って想いを贈りたい。
ということで、ベルトのオーダーいただきました。
30mm幅のブライドルレザーで製作。
 
509.jpg
黒い革で、銀色のバックルで、どこかに名前を入れて欲しい というご要望でした。
大まかにはお任せでということでした。
 
510_201602061858415b5.jpg
仕入れたバックル回りの金具を再度研磨して、合わせてみました。
市販のものでも少し手を加えるときれいになります。
 
512_20160206185842fb8.jpg
紳士服のお店にあるタイプの、長さが合わないときは
切って簡単に調整が可能なタイプの金具を使用。
 
サプライズのプレゼントで難しいとこがサイズ
なんとなくなサイズでのオーダーだったので利用してみました。
 
513_20160206185844a6b.jpg
穴はしずく型にしてみました
見た目にも少し安っぽくなくなるような、シンプルすぎない遊びがある感じになります。
 
514_20160206185849676.jpg
ご希望いただいた打刻は、ベルトの剣先付近に打ち込みました。
 
小野さん オーダーありがとうございました

友達へのバースデープレゼント

496_2016020510210269a.jpg
友達たちと定期的に開催している誕生日パーティーで渡す
リーズナブルな何かをというオーダーでした。
今回渡すのは、ふたり居て ということで二種類。
高額なプレゼントって、貰った側も後々お返しに気を遣わせるし、悩みどころですよね
 
486.jpg
ピンク色の革を使ったキーホルダー
金具は真鍮色のものを使用。
 
487.jpg
打刻を入れる前の背面
幅が約22mm程で作っています。
 
488.jpg
ホックで開く構造なので、女性ならバッグの取っ手にぶら下げたりできます。
 
489_20160205102101e4c.jpg
男性ならベルトに通したり出来るシンプルなキーホルダーです。
 
490_20160205102126117.jpg
横幅が約10cmほどの手のひらに収まるサイズのキーケースというか小銭入れ
少し前の記事でも紹介していた日産の楕円型のインテリジェンスキーのケースとして
ちょうどいいサイズの製品です。
 
参照記事
■ ブッテーロの赤の小銭入れ
■ 鍵のケース

491.jpg
単純な構造ですが、丸みをつけたフォルムは握りやすくて持ちやすいです。
 
492_201602051021295a8.jpg
背面にお店の名前を打刻
 
494_20160205102131a1c.jpg
ホックは消耗品なので取替えが容易で開閉の強すぎないバネホック
 
495_20160205102132fff.jpg
小銭も結構入ります。
 
鈴木さん オーダーありがとうございました

金のリメイク 細いK18の指輪

470_20160205100302959.jpg
持ち込んで頂いた金の指輪を、細いシンプルな指輪にして、
3つ号数をそれぞれ変えて
K18で作り変えて欲しい というご要望でした。
 
468.jpg
製作前の指輪を線に作り変えて、製作しました。
このような加工の場合、納期が早くても1ヶ月はかかってしまうので
お時間には余裕を持ってご依頼ください。
 
469.jpg
持ち込んで頂いた金が24金の場合、作り変えても素材的にやわらかく
アクセサリーとしては形状的にも傷の入り具合的にも長持ちさせにくく、
K18などに加工する工程が必要となります。
 
ご要望がありましたら、ご相談ください。
ある程度ですが対応致します。
 
小川さんオーダーありがとうございました

真鍮のスマイリーの付いた革のキーホルダー

463_201602021826371d3.jpg
まが玉型のキーホルダーに、真鍮のスマイリーをつけたアレンジをオーダーいただきました
 
417_20160202182633294.jpg
若干表情が違うけど、星の垂れ目と上がった口角で笑顔を表現
 
418_201602021826341bd.jpg
真鍮製で少し膨らませた約11mmφほどのサイズで製作しました
 
420_20160202182636a9d.jpg
背面はスタッズ的な爪を倒す固定方法です
 
466.jpg
革の側面は、スエード風な毛羽立ったやわらかい仕上げで
 
465.jpg
爪を固定した後に、背面の革を張り合わせています
お好みで色違いに
 
須崎さん オーダーありがとうございました
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:097-538-8313
 2F
 mail:→ディアストック
 dearstock@oct-net.ne.jp
 1F 
 mail:→マリーヤン
 mallieyan0714@gmail.com
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -