10月31日 死者の日(メキシコ) 前夜祭

11月の2日・3日、大分市の中央町は赤レンガ通りで、
趣味や作家といった部分ではなく、それを生業(なりわい)として生計を立てる職人の
イベントがあるって告知を先日していましたが、それが、いよいよ明後日です。
遊びに来て下さいね。

376.jpg
中央町にあるマリーヤンの天然石ブレスレットに通すシルバーとブラスのコンチョ
ある程度雰囲気が揃ったので、こんなのだよ~ってご紹介です。

今回のイベント用は数量も限定だし、ひとつづつ作っているから、全部微妙に違うよ
お好みがあれば、お早めに手に入れちゃって下さい。
もし、「あのデザインのが欲しかったのにぃ・・・・。」って場合も、
後日になりますが、オーダーもその場でお受けいたします。

ブログを見て知った方も、ぜひその出会いのタイミングで、お問い合わせ下さい。

371.jpg
ハイビスカス
勇敢・繊細な美・新しい恋 
なんて、花言葉のある花がモチーフ
左が銀で、右が真鍮

372.jpg
さくら
ぱっと咲いて、ぱっと散る 
そんな潔さがステキな花がモチーフ
左が銀で、右が真鍮

373_20131031125555baa.jpg
四葉のクローバー
希望・富・名声・愛情・幸福・健康
どれをとっても上向きな植物がモチーフ
銀のみ

382_20131031132855f24.jpg
太陽とイーグル
万物を成長に導いていると想うんだ
イーグルが、そんな太陽に向かう感じが、向上心ってイメージで作ってる
左奥  シルバー製で、輪郭をシンプルに
左手前 シルバー製で、輪郭につち目柄
右   ブラス製で、輪郭につち目柄

385.jpg
輪郭にスタンプワーク
左二個が、シルバー製
右の二個が、ブラス製

374.jpg
太陽とイーグルの配置ずらし
少し、イーグルのイメージをアレンジ

369_20131031125653acc.jpg
太陽 と イーグル と 矢尻
争いで相手を攻撃する矢だけど、それを重ねると、「無駄な争いをしない。」
なんていう意味になると、聞いたことがあるので、その部分を拾ってみたモチーフ

375_20131031125555d87.jpg

太陽系の惑星が8個だから・・・、とでもしておこうかな

386_20131031132855d07.jpg
店の名前や文字の刻印 や つち目柄
左の二つは、刻印の入ったシルバー製
右は、ブラス製で、つち目柄

379.jpg
あ、ちなみになんだけど、メキシカンスカルのジッポと並べたこれらのモチーフ
陽気な感じのスカルとかなんだけど、今日のタイトルにもなっているけど、
10月最後の日の31日は、『死者の日』の前夜祭

日本でいうお盆みたいなお祭りで、それよか、もっと陽気なお祭り騒ぎな感じのイベント

11月1日は子どもの霊へお菓子をお供えしたり
2日は、大人の霊なのでお酒を振舞ったりするんだとか

長くなるのでウィキペディアで端折るっす。
>>死者の日(メキシコ)
>>陽気なお祭りのもようの画像

367.jpg
クローバーと笑顔
文字の”CARPE DIEM”は、「今この瞬間を楽しめ」「今という時を大切に使え」
「人生は短く、時間はつかの間である、今ある機会をできるだけ掴むことだ」
そんな意味合いの込められた、ホラティウスという詩人の言葉の一説
”カルペ ディエム” って読む

380.jpg
垂れ目の星と、逆さのハートの花と、口角の上がった口 は、
メキシカンスカルの雰囲気

366.jpg
咲いた花
文字の”MEMENTO MORI”は、「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」
摘んで飾られた花も、きれいに見えている今があるが、いづれ枯れてしまう。
はかないけど、当然のこと
「今ここにある絶頂は、明日もそうであるかはわからない。」っていうような言葉
”メメント モリ” って読む

381.jpg
中央は、骸骨と砂時計と大腿骨がモチーフで、MEMENTO MORIを刻印
メメント モリを自分なりに解釈した図
時間は進んでいる、死に向かい。
戒めと、今の自分を見つめるものになるといいかなとか思って。

右のチープな骸骨モチーフは、Jolly Roger(ジョリー・ロジャー)
海賊旗がモチーフ
オリジナルのメキシカンスカルは、アレンジでだけど、片目(左目)だけに、
ルビーなど宝石を入れる。
このモチーフも、その片目に入れた宝石も、子どもの頃観たグーニーズからきてる

なんかワクワクする。
「人生って、冒険でしょ」みたいなことを叩きつけられた気分だった

やりたいように生きて、後悔するなら、やってからでもいいじゃん
そんな死生観が、全てのモチーフに込めた俺の想い。


だけど、全て無視して、見た目で、直感で選んでもらいたい。
そして、このコンチョを手に入れる時にお渡しするチケットは、
もうひとつ面白いことにつなげています。

それは、明日の記事で



それと、
さ ら に、
イベントの3日は、真鍮でバングルを作る体験も用意してあります。
500円で、20名限定。
自分で叩いて、刻印打って、曲げて、自分だけのオリジナルを持って帰ってください。

おまちしております^^
スポンサーサイト

ロングウォレットとウォレットチェーンと 持ち物の関連付け

166_20131024152933bcc.jpg
ナチュラル色の革と、赤い革のロングウォレットのオーダーでした。
シルバーのウォレットチェーンは、磨き直し、少し加工して取り付けました。
 
財布を開いたとき、ふたの内側の部分が赤い感じにして、あと、 何か してほしい。
 
何かって・・・
 
そんなオーダーでした。
 
153_20131024152933116.jpg
デザインを考えているときの画。
左下から上向きに羽ばたくイーグル
向かう先の山(使い込むと、小銭入れのふたのカタチがうつって、そう見えるかな。)
オーダーしていただいた方に、そういうイメージを重ねて。
 
161_201310241529337a1.jpg
内部の構造です。
小銭・カード・紙幣・カード・紙幣の5ポケット式です。
 
159_201310241529320ab.jpg
ポケットからはみ出す部分は、こういう感じに見える。
 
179_201310241533079b5.jpg
「持ち物に関連付ける。」
その人のそばに在るもののニュアンスによせてみる。
赤い革を貼ったジュラルミンのアタッシュケース
「これをもつ人が、持っていそうなもの。」ってどんな雰囲気かなぁ
それが左下に入れた赤のワンポイントの持つ意味にもなっていて。
ケース持って、ウォレットポケットにさして、歩いている雰囲気の想像で、作ってみました。
 
画像の右側に写ったウォレットは、一つ前の記事の、
真鍮のウォレットチェーンをつけたウォレット。同じ方のオーダーでした。
 
187_20131024153306762.jpg
エアロコンセプトのアタッシュケース
大分でも、持っている人少ないんじゃないかな
これを使える人は、生き方に奥行きのある人でしか、
そのかっこよさは、持ってても似合わない そんな存在感をかもしておりました。
かっこよかったな~
 
172_20131024153306bf5.jpg
続いての関連付け
小さなフック。
ウォレットチェーンのフックに近いニュアンスで
 
195_201310241533060e4.jpg
家の鍵と、車の鍵の連結になっています。
 
198_2013102415330253b.jpg
記念撮影
右から、
・たまたま立ち寄ってくれた小手川さんのロング
 ・俺の、もう直ぐ5年のまだまだ現役のロング
  ・佐藤さんの、100万の帯付き入れるためだけのロング
   ・佐藤さんの二つ目、やや広めのロング
そして、今回の納品。

経年変化 (けいねんへんか)
その人の使い方、持ち方で、同じものでも様々な表情に育つのが面白いです。
今回の納品も、数年後が楽しみです。

佐藤さん オーダーありがとうございました

真鍮のウォレットチェーン すっきりと短い雰囲気に

140_201310241456149da.jpg
使い始めて二年くらいだったかな
これからが楽しそうな色見に育っておりますオリジナルのロングウォレット
以前は、シルバーのチェーンをつけていたのですが、それは別のウォレットに移植。
なので
今回は、車の乗り降りなどで落とさないように、全長16cmのウォレットチェーンを、
真鍮でオーダーいただきました。

129_2013102414561469d.jpg
真鍮も磨くと美しい
直ぐにくすんでしまうイメージのある金属ですが、
日常的に使うものだと、布ですれて輝く部分と、布に当たらずくすむ部分との
美しい光沢の加減が、真鍮のあじでありまして、
銀でいうとこの”いぶし”みたいな風合いを楽しめる金属だと思います。

画像で伝わりにくい、持ち主と作り手のみの満足が込められておりまして、
ひとコマずつ銀でロウ付けしています。
色が落ち着いたとき、その、にじんだ銀と真鍮が美しい鈍い光になる未来像
想像するだけでも、楽しみでワクワクの納品でした。

131_20131024145614494.jpg
全体のよれ止めの部品であるターンノブの付け根から、ひねったチェーンを取り付け。
些細な部分から、アレンジしています。

主張しない部分に、いちいちこだわると、わかる人にだけわかる
そんな、どうでもいいことに、ワクワクする気持ちが作り手としてわかりますし、
こんなのどう?ってお互いの楽しい時間が何かを生む工程に、
この仕事のやりがいってのを感じます。

144_201310241456126e7.jpg
取り付けると見栄えがいいのです。
シャツに隠れて見えない部分ではございますが。

146_201310241456115ef.jpg
市販されているものに無い、個人の要望をカタチにできるセミオーダー
作り手として、オーダーしてくれる方と一緒に、俺もワクワクできる
未来の価値に互いに誇らしいもの作りをしてたいです。

佐藤さん いつもありがとうございます

オーダーありがとうございました

シルバー製のピンバックル ブライドルのベルト

118_201310201932190e7.jpg
結婚式のスーツを仕立て
ベルトにこだわらないのも、どーも満足のいかなかったという
常連さんの、かっちゃんからのご依頼。

109_20131020193220d74.jpg
以前、オーダーメイドの靴のお店との打ち合わせ
2013-05-25 の記事の >>モンクストラップ シルバー製バックル
こちらで紹介していた曲線のバックルにイメージを重ね、
アレをバックルにできないかという、ご相談でのオーダーでした。
ベルトも、こだわって、ブライドルのベンズの黒でのご依頼でした。

081_201310201932213e9.jpg
一本の銀の棒を曲げて、ベルトとの接点の覆われる部分でロウ付けして製作。

083_201310201932217ad.jpg
記念日と、夫婦のお互いの名前を小さく刻印

087.jpg
磨いて、光を当てながら、反射する光で自然な曲線を見ながら、
また磨いて、バックルを仕上げていってるところ

112_201310201932204f9.jpg
その後、ベルトの加工に。
縫い合わせの糸も、あまり使わないけど、黒い色のシニューという糸で。

黒と銀って美しいですね
経年変化も好きですが、黒には変わらない良さみたいな安定感がありますね
やわく馴染み、しわももちろん入って変化はしますが。

以前、ナチュラル色の革のベルトを作ったので、
今回の黒と2本持ち
そー言うのも ありだと 思います。

無事に結婚式も行われたかな^^

かっちゃん オーダーありがとう
おめでとう!

なりワイワイ展 11月2日(土曜)・3日(日曜)

朝晩の冷え込みが、めっきり応えておりまして
乾燥する唇は、不意にヒビ割れないようにおちょぼ口で笑っていたり
指先の皮膚がカッサカサだったり
そんなこんなの太陽の恋しい時期ではございますが、

11月2日(土)、3日(日)三連休初日と二日目

大分の職人さんが一同に介する屋外イベント

なりワイワイ展」 ってのを、「大分市中央町赤レンガ通り」にて、行います。
参照 Facebookページより (いいねしたら詳細も見れます。)
イベント

そんで、俺も銀職人としての仮の姿でそのイベントブースの片隅で
角の方で、ちまちまと、地味に、なんか、やってます。
遊びに来てください。

306_20131018121143cca.jpg
今回の目玉は、実はこのチケット
まぁ、そもそも、中央商店街に人が流れ、活性化するといいなぁ
なんて想いもあったりする企画なので、
普段からなにかしら双方の商品を合わせたりしている
中央町にある、ネイルアート&天然石アクセサリーのお店 マリーヤン と、
シルバー製やブラス製のコンチョを、天然石ブレスレットに合わせるってことを、
なんと、企画しています。

簡単に言いますと、
中央町赤レンガ通りと、セントポルタ中央町の近さを利用させて頂きまして、
赤レンガ通りで11月2日・3日のみイベント出店中の 
DearStock で、コンチョ(ボタン)を作る
↓↓↓かーら~の~
セントポルタ中央町 Mallieyan で天然石ブレスレットを作る
なんてことを企画しています。

詳しくはこちら
マリーヤン店長ブログ
URL :http://ameblo.jp/mallieyan-stone/entry-11641201004.html

チケットのお買い求め・お問い合わせ先
ディアストック 097-538-8313
マリーヤン 097-576-8669
(なりワイワイ展の件で、とお尋ね下さい。)

ちなみに価格
シルバーのコンチョ付き + 好きな石を選んで製作 =¥5000-(税込み)
ブラスのコンチョ付き + 好きな石を選んで製作 =¥4000-(税込み)

ちーなーみ~にぃ
シルバーのコンチョ 普段なら 定価¥4200-(税込)
もーそれでお得さ満載が伝わるかな
破格で、遊んでもらえたらと考えております
チケットは、限定40枚です。

さらに
・コンチョの柄や文字入れ
・ブレスレットの石の連結
ワークショップ的な悪乗りで、あなたご自身でやってみませんか?
もやります。
面倒でしたら、お任せ下さい^^
307.jpeg
(サンプル画像)


自分ごとをだらだらと申し訳ない

【 なりワイワイ展 出展者】

山村浩二/靴職人

土屋高志/革職人

鈴木秀一/銀細工職人 ← これ俺ね。

岩田秀樹/大工

田崎宏/左官

大倉悠輝/酪農家

竹林諭一/農家

橋迫由香/ファッションデザイナー

ぜひ、友人知人誘って、遊びにおこしください。

大分駅前の通りの、和民の前あたりです。

ハートの指輪 細いタイプ

夕焼けの空がこの頃きれいですね。
汚い心が洗われる気がします。

なんだか慌しく、あまちゃんがどうとか、倍返しがどうとか、
何の話題に賑わっているのか、どーも うとい この頃の私は、
『最近の若い者の歌の歌詞は、耳に入ってこない。』と、いっていたあの頃のおっさんに、
『こら、おじさんじゃない、おにーさんだ。』 と、子どもに主張しているおっさんに、
一歩ずつ近づいているの証拠なのでしょうか・・・。

080_201310101613279f9.jpg
ディアストックのオープン当初からあるオリジナルのハートの指輪
”よりそう気持ち・愛情”がコンセプト

そんな指輪ですが、思い立って、元々あるデザインはそのままで、
ハートの幅を細くしたタイプも作ってみました。

この画像は、まだ磨く前ですけど。
こういうのもできるので、何かの際には、ご相談下さい。

064_201310101610221c0.jpg
こういう感じの指輪になったとして、

049.jpg
こういうアレンジのできるベースにもなるし、

050_20131010161111751.jpg
色々応用できそうな土台になってくれそう。

048_20131010161110772.jpg
製作途中の白い状態

067_201310101610217e8.jpg
両サイドが淋しいので、ハートの中にト音記号を埋めてみました。

070_201310101610210bf.jpg
当たり前に思っているものを、改めて視点を変えてみることとか、
一度持っているものを壊してみたい。
慌しい製作に追われる毎日の中、作るという手仕事に、
そんなことを無性に感じているこの頃です

ターコイズ の ボディーピアス

018_2013101015305554e.jpg
今回のご依頼は、オーダーメイドのボディーピアス。

穴を拡張した過去があって、ピアスをしなくなった今、
「そんなに穴が開いて後ろが見えてると、お金も逃げていくぞ。」
と、周りに言われて・・・

と、いうことで、
その穴を埋めるピアスがほしいと、オーダーいただきました。

033_20131010153054863.jpg
中々オーダーでもしないと、ターコイズのボディーピアスなんて売ってないかもですね。
しかも、在庫の石から、好みのものを選んでのオーダー。

029_201310101530551e6.jpg
耳の拡張した穴の内径が、約6.5mmに

030_20131010153054c55.jpg
パイプの後部は、テーパー(ラッパ)状に少し膨らませて
シリコンリングが取れにくいように加工してあります。

034_201310101530544c5.jpg
背面はこんな感じに。

032.jpg
ピアスをして、お金が貯まったとしたら、
それは迷信です・・・。
私、そのようなお力は持っておりません。
でも、ターコイズなので、お守りみたいになるといいですね

南さんオーダーありがとうございました

キーホルダー カタチから一緒に打ち合わせ

039_201310101543502d6.jpg
お友達へプレゼントのご要望でした。

025_20131010154350798.jpg
オーダーの打ち合わせのときは、オリジナルの型から選択するのが一般的になっていますが、
今回は、お客さんの好みのイメージがあるみたいだったので、
描いたものを、カタチにしましょうか?
という流れで承ったデザインで製作しました。

028_20131010154349f5c.jpg
羽をイメージしているとのことで、悩んだ末、この型に決まりました。

037_201310101543496d7.jpg
図案をもとに、真鍮のスタッズの粒と、ハートの鍵の刻印と、文字の刻印を
こちらは黄色い革で、

038_20131010154348591.jpg
背面は、ナチュラル色の革になっていてこげ茶になるのも楽しみです。

プレゼントのどこかに、こうしたオーダーした方のイメージも重なると、
あげて喜ばれたとき、更にうれしい気持ちになりますよね。
こういうオーダーも、気兼ねなくご相談下さい。

水野さん オーダーありがとうございました

革紐のネックレス ターコイズのチャーム 

043_201310101555527d6.jpg
この頃よく尋ねられることの多い要望
『革紐のネックレスってありますか?』
という内容。

ニーズがあれば革を紐状にカットして、ご用意致します。
革紐の連結部分は、ビーズをこしらえたり、結んだり、お好みをお聞かせ下さい。

041_20131010155552385.jpg
在庫は作り置きしていないので、来店の際にでもお尋ね下さい。

古山さん オーダーありがとうございました^^

真鍮製の靴べら 型 キーホルダー

2013903.jpg
友人の結婚のお祝いに、仲間も一緒に持てるキーホルダーを作ろう
ということで、5個オーダーいただきました。
真鍮製の靴べらで、型のイメージと、文字を聞いて、

2014096.jpg
こういう型紙をおこし、文字の配置や雰囲気を打ち合わせまして、

2013889.jpg
切り出した真鍮の板を、5枚とも同じように反らせて、
文字を下書きして

2013891.jpg
リューターで、それを削り込んでいく

2013893.jpg

2013895.jpg

2013896.jpg
少しエイジングを入れるため、ペーパーで傷を入れ、薬品で艶を落とし、
ビンテージっぽい使用感を出す加工をし、

2013898.jpg
一度、ざっくり磨いて、キーリングを通し、

2013901.jpg
仕上げに、裏に小さくディアストックのロゴを入れて仕上り。

艶の無い質感に、直ぐエイジングしていく真鍮のキーホルダー
文字だけとか、こういうのもかっこいいね。

いとうくん オーダーありがとー

臨時でお休みします。

10月5日(土曜日)と、6日(日曜日)は、休養で、 急用でお休みします。

7日(月曜日)は、定休日ですが、お店を空けています 開けています。

ご迷惑をお掛け致しますが、土日にご来店のご予定でしたら、すみません。

申し訳ないっす。 ないです。

20141511.jpg

真鍮のバックル と ナチュラル色のベルト

クリスマスや正月の時期が近い、
テレビや身近な会話にも、そんな話題がちらつきだして、
もう10月かぁって、ふと思ったり、
めっきり朝晩過ごしやすくなって、秋を感じたり、
暑いから冬が早く来ないかなぁと言ってたけど、
寒ければ夏が恋しくなったり、人はわがままなもので、
もう少ししたら、「今年の風邪は治りにくい。」という、
毎年恒例の言葉をどこかで耳にするのかな
一年ってはやいなぁ、もう、そんな季節なんですね
作っては壊す、修正し、組み立てなおす、そしてまた壊す。
それを繰り返している日々の長さと、一年の早さに、
俺にとっては言葉にしにくい妙な感情になる季節。
もがくけど進めない夢を見ている気分 みたいな。

2013725.jpg
今日は、真鍮のつち目柄の入ったバックル。
ダブルピン仕様で、のオーダーでした。
バックルの固定方法 ”縫い留め”の場合そのステッチも、
バックルを引き立てるデザインになります。

バックルを革に固定するタイプのお任せの場合、
オリジナルの縫い留めでは、このデザインで固定しています。

2013724.jpg
穴に通すとこんな雰囲気になります。
真鍮の輝きが落ち着き、ベルトも飴色になり、お互いの経年変化が楽しみ

後藤さんオーダーありがとうございました。
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:097-538-8313
 2F
 mail:→ディアストック
 dearstock@oct-net.ne.jp
 1F 
 mail:→マリーヤン
 mallieyan0714@gmail.com
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -