REDWOOD ペンダント

大分県大分市大手町1丁目3−2 にあるREDWOOD(レッドウッド)
食べログのリンク >> REDWOOD(レッドウッド)
こちらの店のオーナーさんへ、バースデープレゼントのご依頼でした。

1520.jpg
磨きを抑えて、真新しい感じをなくし、「昔から着けています」な仕上がりにしました。
テクスチャーを入れいぶしてあるので、黒みも独特な光沢に。
テクスチャーは、黒くなる部分に、一定の傷を施し、鈍い光沢にする加工のこと。
イブシもはがれにくくなり、銀の光を引き立たせる方法です。

1488.jpg
デザインのベースは車に貼ってあるお店のステッカーでした。
お店のステッカーから編集してリサイズして、
文字の配置など、ご要望を聞いた上で、アレンジしました。

1536.jpg
製作はオーバーレーという加工方法
こんな感じでパーツを地道に切り出して、それを組み立てていく製作工程

1506.jpg
製作途中の酸洗いの後。

1519.jpg
原画と立体

喜んでもらえたかな?
なり オーダーありがとう^^
ローソンの卵もありがとう(笑)
スポンサーサイト

納車オメデトウ (アイアン)

1491.jpg
独特のオーラかもしております
ゆういちくん納車オメデトウ

1492.jpg

1493.jpg

1494.jpg

1495.jpg

過去の記事 >> ゴールデンウイークの画
こちらで掲載しているアイアンのその後 
FREEWAY製
何か宿ってる感がかっこえ~

ロングウォレット 挿し色

名刺入れなどで、たまにしていた一部分に違う挿し色を入れるアレンジ
赤色に加え、黄色や桃色、緑色など、少し試験的に入れてみています。

1407.jpg
まずベースが、オリジナルのロングウォレットを少し太くしたFATタイプで、

1408.jpg
小銭入れのふたになるパーツだけ赤い革のパターン。
清川さん 浅野さん オーダーありがとうございました

1443.jpg
こちらは、使い勝手は上と同じロングウォレットのFATタイプ
ご要望で、ふたのラインを少し変更しました。

1442.jpg
そして、小銭入れのふたを黄色い革にというアレンジ。
どんな感じに育つんだろう

また革の色味が変化したら見せに来てください^^
藤原さん オーダーありがとうございました


ちなみに、”FATタイプ” とは? ですが、
紙幣を入れるポケットに、銀行の通帳が納まる深さに改良したタイプで、
幅が、約10mmほど広くなっています。

ニーズに合わせて、お選びいただけます。

挿し色
自分だけのオリジナリティーと、やり過ぎのない程度のシンプルさ
面白い発想があれば、可能な限りですがカタチにします。
ご相談ください。

馬の蹄鉄 ペンダント 唐草とつち目柄

1472.jpg
馬蹄 馬の蹄鉄のモチーフのペンダントのオーダー
先月掲載していた記事を見てくれた方からのオーダーでした。

馬蹄のモチーフの雰囲気の画像を頂いた上で、
唐草が片側に入って、
一部分につち目が入って、
全体的に木槌目で古めかしく。

そんなオーダーでした。

1474.jpg


1475.jpg
部分的に磨きを入れたり入れなかったり。
面白いと思います。

夏山さん オーダーありがとうございました

今を生きている

image_20130525113627.jpeg
戻れない今を生きている

できるときに、やりたいことを

心の針がどっちに振れたのか

ただその心地のよい方向に自分の身をゆだねることで

きっと、いい方向に導かれるんだとおもう

有ることの難しさ

日々、色んな出来事に感謝です。


できないならともかく、できるならやればいい。

次のできることへ


いつか、あのときに・・・って後悔するかもしれない未来も待っている。
「鎌田さん 面白く深い話ありがとうございました。」

モンクストラップ シルバー製バックル

182.jpg
”モンクストラップ”
紳士靴に着くバックルのことを、モンクストラップ って言うらしいんだ。
もんく?
キリスト教の修道士”monk”が、履いていた靴が起源といわれるスタイルなんだって。
靴紐の代わりにバックルで足の甲を締め固定する役割の部分のことらしく、
依頼され、作りながら、その奥行きを調べて見ながら
へ~
ほ~なるほど
ってな具合でした。

198_20130518134722.jpg
靴のサイド 側面の見た目の部分に来るバックルに、
少しドレス度を加えるカスタム性が、靴をオーダーする方のワクワクする幅を作るだろし、
選択肢の一つであっても面白くない?
って提案したり、
ん~、ニーズがあるかなぁ・・・って悩んでみたり、
そんな構想をしながら、試作。

197_20130518134722.jpg
少しアーチがきつく、もう少し緩めの丸みにして、この後再び改良の製作になった。
バックルのセンターピンが逆さまの作りにしてみたのも、実は理由があって、
見えない部分の厚みが通したベルトのふくらみに影響するので、
既製品にはない、しないことを敢えてしてみたり。

200.jpg
実際ベルトを通すと緩やかに曲がる。
靴の側面の足の甲の曲線に、自然に沿うんじゃないかとか、
その方が着脱がスムーズになるんじゃないかなとか、
履いたことのない靴を妄想しながら製作。

1480.jpg

必要な経験の有無だけでない、モノづくりに対しての履歴でしばらく試作は続きそう。

山村製靴店では、
クライアントの足に合わせ、木型を製作し、仮靴を数回作り、その苦労を経て、
仕上がっていく”その人だけの一足。”

その一部分に既製品じゃ味わえないこだわりに協力できたらって思います。
普段触れない技術の裏側とか、色んな仕事とか
見聞きするだけでワクワクです。


リンク >> 山村製靴店
ブログ >> 山村製靴店 Blog

ディアストック製の銀製のバックルが着いた靴ができましたら、また紹介させていただきます。

ピアス (クローバー ハート ラウンド つち目)

1425.jpg
男性から女性への、プレゼントのニーズで多いのがピアスだったりします。
指輪やブレスレットに比べ、ネックレスやピアスは、首から上なので、
相手の表情を想像して悩んでいるお客さんとの会話に、いつもにこやかにさせられます。

プレゼントを何にしようかって悩み考えている人の想像と、
その会話からこちら側が拾う見えない相手と、
プレゼントをした後の、イメージという互いの妄想と、
色々を経て、「よし、それでいこう。」ってなるまでの過程に、俺は作る喜びがあります。
誰かに任せられないのも、地味だけど、代え難いんだな。
楽しいから、楽しめる人を育てたい。
でも、雇わないし、その人の好きな様にしてもらいたい。
誰かいないかな~

1423.jpg
話それすぎました。
四葉のクローバーのピアスです。
左の二つがピンクシルバーで、サイズが約4.5mmくらい
右の二つがシルバー925で、サイズは約6mmほど。

左右の耳につける場合、よく見ないとわからない部分だけど、
ハートの向きも一対の対象に製作しています。

1431.jpg
キャッチは、鈴の容をしたベルキャッチ
中にシリコンが入っているので、外れにくいキャッチでしっかりしています。

1454.jpg
こっそり新作。
ハートのつち目
サイズは、直径で4.5mmくらい

1457.jpg
こちらは、丸のつち目
サイズは同じく約4.5mmくらいで、いずれもピンクシルバーで製作しています。

もちろん通常のシルバーで製作可能です。

サイズも細かく要望に対応可能です。
あなたの描いた画を、そのままピアスに。とかも可能です。
キャッチも一般的なタイプも用意してあります。

興味がありましたら、なんでもご相談ください。

植木さん オーダーありがとうございました^^

マリーヤンのロゴ 革用の刻印

大分市中央町の、セントポルタ中央町商店街の路面店
マリーヤンの木本店長からオーダー

マリーヤンはパワーストーン・天然石・ブレスレット・アクセサリーを扱うお店です。
リンク >> マリーヤン

1466.jpg
アクセサリーに使う革のパーツが欲しい と、木本くん
面倒だから、教えるので自分でしよ と、冷たい俺。
でも、本当は仏のように優しい俺、革に押す刻印を作れるよ と、提案。
頑張り屋さんの木本くんは、刻印をオーダーしてくれたという今回の製作でしたとさ。

1485.jpg
オリジナルのコンチョとか、こういう製作の協力だとか、
応援したいお店なので、天然石のアクセサリーや、数珠、ブレスレットなど、
ぜひ足をお運びください。

どんな感じで利用されるのか楽しみです。
BLOG >> マリーヤン店長ブログ
ネイルアートのお店を併設してあるので、ご一緒にいかがでしょうか。
スタッフブログ >> マリーヤン ネイル

木本くん オーダーありがちょう。^^

トートバッグ オリジナルプリント

運ぶとか、背負うっていう意味合いの「tote」が由来だといわれるトートバッグ
マチもあって、口も広く、コンパクトにたためるので、製作してから何かと喜ばれています。
キャンバス地なので、丈夫で、汚れても洗えます。
お買い物バッグとしても利用してもらえるサイズで、どんどん使い古してほしいです。

1402.jpg
そんなトートバッグですが、「ボタンの部分を少しスタッズでカスタムしたい。」
というご要望でした。

1403.jpg
中央をボタンの頭を利用して、機能を活かしつつカスタムしました。

1404.jpg
裏側には、店のロゴを入れています。

あ、予断ですが、このキャンバス地のトートバッグ
緊急の場合、水を運ぶこともできるとか。
中の容量は布の歪みもあると思うので、10~13ℓくらい入るみたいです。

実際、かばんの中で水筒の中身がこぼれたってお客さんが、
「なにか、ちゃぱちゃぱ言ってるなぁって、中を覗いたら・・・、びちゃびちゃでした。」
って(笑)
外に漏れないのも、善し悪しですね^^

お買い物バックなどとして、是非ご活用ください。

矢内さん オーダーありがとうございました

ペア バングル フェザーとベアパウのモチーフなど

ペンダントやバングルなんかのオーダーを受けると、もうこんな季節かぁって感じます。
温かくなると、襟元、袖口に、何か欲しくなる季節ですね。

1395.jpg
「彼女が誕生日なんだよね~」

『あ、そうなんですね~』
『いつが納品のご希望ですかぁ?』

「明日が、彼女の誕生日でね。」

へー、そーぉ、え~、ま~、がんばりますけどね・・・

そんなこんなで、急遽製作に至ったペアのバングル。

オリジナルの小さなフェザーと、ベアパウのモチーフを片側に入れたいとのご要望で、

1396.jpg


1390.jpg
反対側が、お揃いの太陽神モチーフに

1400.jpg
彼女のは艶を出して仕上げて、
彼氏さんのは、艶を消したマットな仕上がりをご希望でした。

1389.jpg


1413.jpg
外側に、ご希望の文字を刻印しました。

急なオーダーでも、可能な限り対応致しますが、
可能でない場合もあります。

どうにか間に合ってよかった

橋本さん またのんびり遊びに寄ってください^^
オーダーありがとうございました

ヘアライン加工 バングル

1374.jpg
ヘアライン加工
髪の毛のように、同じ方向に向けて細かな線を入れるデザインです。
外側表面のみに、そのヘアラインを施したペアのバングルのオーダーでした。

1373.jpg
内側と側面は、艶を出したまま仕上げています。

1365.jpg


1366.jpg


1376.jpg
店の名前のみのシンプルな仕上がりになっています。

1339.jpg
全体が磨きの印象はこうなります。
好みで参考にしてみてください。

ヘアライン2
納品後、メッセージ付きで画像を頂きました。
掲載させて頂きます♪

Mさん オーダーありがとうございました^^

募金箱 ご協力いただいた皆様へ

去年に引き続き、今年も あしなが育英会さんへ入金しました旨ご報告致します。

あしなが育英会
>> あしなが育英会


あしながmail



ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
まだまだ、継続していきます。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ノーペイン ノーゲイン


マメだらけで、切り傷や火傷も絶えず、
心地いい痛み
後に得る自分のためは、誰かのためである
それが心地いい満足感




シザーケース 懐かしい再会

1357.jpg
いま34なので、かれこれ19年になるかな
中学卒業してからぶりの友人とFacebookで再会しました。
そんなトモダチが、同じ市内で自分の美容室を持ってがんばっていると知り、
そして、リアルに再開して、そしてそしてシザーケースをオーダー頂きました。

1330.jpg
ベースにするのは、使い慣れたもの
その傷や変化に、改良点や使い勝手が悪い部分は?ってのを見出しながら、型紙を起こし、
立体特有のひずみなどを計算するためにサンプルを作ったり。

DearStockって、”親愛なる貯蔵品” 直訳するとそんな言葉になるんだけど、
それは、他人に見せても魅力や意味さえわからないものを、
自分だけにしか見出せていない沢山の想いの詰め込まれた宝物として、
手放せないものになるといいな って、そんな意味を込めた名前だったりします。
なので、このシザーケース見てると、そういう時間とか思い出とかってのを強く感じたりで、
だから、いろんな思い出があるだろうと感じるから、尚更依頼されて幸せだし、
その想いに応えたい一心。
そんな出会いでした。

1355.jpg
中身の掃除が不便だろうとメンテナンスのできる着脱式にして、
腰への装着は、定番のベルトループクリップのアレンジ式に。

1354.jpg
画にかいたところで、立体にすると必要なひずみが見えてこないし、
ましてや一点ものの製作だから、色々慎重に製作したり、いや~難しいんですよ立体って。

1353.jpg
シザーケースでも、色々身に着けるものは、自己主張をしすぎない方がかっこよくおもう。
身に着け使う人の作業動線とか、雰囲気、使う道具たちとの調和が大切だろうと想像したり、
どのくらい雰囲気を醸せるかだとかイメージしながら作ったりする。
作り手が、「作りました感」のっけたり、盛ったりが、ない方がかっこいいこともある
その人のらしさと合っていく、
その経年変化が、また使う人のDearStockになっていくと嬉しいっていつも考えています。
それが俺のできることで、それを使う人に似合うだろうと導いたイメージで

1352.jpg


1351.jpg

>> ブログのっけてくれてサンキューです 大分市中央町 美容室Deep
>> FBはこちら 美容室Deep Facebook

ありがとう 鶴原くん^^
お互いにがんばろうぜ~ぃ

1939年 WLD 売ります

5/15 「無事に、売れました。」 と連絡を頂きました。
お問い合わせありがとうございました^^



知人より、売りたいと連絡がありました。
欲しい方が居ましたら、乗せたい友人知人居ましたら、ご紹介ください。

Harley-Davidson 1939WLD

珍しい30年台の車輌で、車検が今年の7月まで付いています。
DSC_0708.jpg

DSC_0711.jpg

DSC_0712.jpg

DSC_0709.jpg

DSC_0713.jpg

お問い合わせは、お電話で
097-538-8313 
ディアストック 担当:鈴木 まで

ピンク色の革 少しだけはじめました。

1378.jpg
かわいらしい、明るいピンク色の革の小物のご要望が多かったので、
ちょっとだけピンク色はじめました。
時計のベルトや、しずく型のスタッズキーホルダーなど、早速オーダー頂きました。

1358.jpg
預かった時計のベルトを外して、
1359.jpg
せっかくなので、

1362.jpg
表を磨いて、

1364.jpg
裏も磨いてぴかぴかにして、

1379.jpg
ベルトを通しました。

1384.jpg
ナチュラルの革よりも柔らかい印象で、革自体もしなやかです。
関口さん オーダーありがとうございました^^

1383.jpg
こちらは、スタッズのキーホルダーの裏側
スタッズを打ち込んだ後、裏側にも貼り合せているので、すっきり仕上がります。
きみさん&ちかさん オーダーありがとうございました

1343.jpg
ペアでプレゼントしたいとの要望でよく頂く真鍮の音符モチーフを重ねた雰囲気

1344.jpg
男性が黒いダイヤ、女性がピンクのハート
お互いの名前を入れています。

1348.jpg
男性の方がやや大きめに作っている音符は、二つ合わせたらハートになります。

八木さん オーダーありがとうございました

興味がある方 オーダーお待ちしています。

ロングウォレット 新作 (新らしいタイプの型)

078_20130427155501.jpg
使いやすくて、機能を兼ね備えて、無駄を省いて削ぎ落として、至った容。
数年前から、革の経年変化を楽しめる、手縫いのナチュラルの革の質感を、
わかってくれる女性が増えたらうれしいなと想像してて、
バイクに乗っている人がハードに使ってそうなイメージを払拭できたらと考えていて、
今至った部分がこの容です。

079.jpg
裏側も、シンプル過ぎて、逆に淋しいくらいです。
この辺は、カスタムで色々個人的に遊べる部分だろうとも思います。

080_20130427155501.jpg
ふたを開けると、シンプルに三層のポケットの配置になっています。

083_20130427155501.jpg
一番背面
きれいに紙幣を収められる部分は、
支払いの際に、きれいなお札を出せるのでカッコいいと考えています。

081.jpg
二列目は小銭のスペース
一枚の革を折り曲げて作っているポケットの底は、合わせ目が無く丸いいため、
小銭を探しやすく、取り出しやすいようにと考慮しています。
それと、小銭の部分のふたを失くしました。
外のふたを閉めて、その距離感を計算すると、ボタンがあればこぼれないです。
重力に逆らって持てば、それはこぼれますが、紙幣にしても、カードにしてもそれは同じ。
シンプルにするため排除してみました。

082.jpg
一番前のスペース
主にカードやレシート、1000円札の収納場所としても使い勝手がいいと思います。

085_20130427155548.jpg
そんな一番前のカード収納ですが、小銭側に3段が2列で、計6枚入ります。

084_20130427155548.jpg
ここがちょっと使いやすいかなって部分で、カードを縦に収納できるスペース
溜めてしまいがちなポイントカードや、病院の診察券など、まとめて入れられる機能
縫いがわずかなのは、ふたを閉めたときの見た目に出さないようにしてあるためです。

使っている人の目線で、打ち合わせの仕草から、出来上がったデザインです。

基準となるオーソドックスなスタイルが出て、
それに個々のオリジナリティーをのっけて、どんなカスタムが入るか楽しみです。

中間さん オーダーありがとうございました^^

手帳カバー ナチュラル色の革&赤のペン挿し

なんだか、この頃オーダーで多いのが、『手帳のカバー』
日々使うもので、見られるものにこだわってて、変化を楽しんでいて、
そういう人が増えて欲しいって思っています。

わかってそれを使ってる人が、わかる人と繋がる感覚を、
その両方を育てるのも、店の仕事なんだなって感じてます。

206.jpg
ナチュラル色のシンプルな手帳カバーに、アクセントで赤い革のペン挿しを
両サイドにつけているので、ペンで開かないようになる仕組みを採用しました。

204_20130427191223.jpg
開いたらこんな感じです。
いつもの感じです。

208_20130427191223.jpg
外側も、いつもの感じです。
ただ、サイズは合わせて作るので、型紙は作り変えています。
同じに見えるけど、その辺は見えないところですが。

205_20130427191223.jpg
開いた右下に、名前とクローバーを入れました。

今回は、プレゼントのご依頼でした。
ゆうじくん オーダーありがとうございました

丸い小銭入れを使いたい理由

連休もあわただしく終わり、それとなくいつものように作業台に向かい、
たった数日のお休みなのに、手の感覚に違和感を覚える今日でした。
休み中、潮干狩り行って貝を掘ってきたからか、工具を持つ手がきれいなことや、
引きこもって日光に当たってないから、日焼けしたひりひりする腕に、
OFFの大切さや、仕事ばっかりじゃだめだなって感じましたとさ。

えー、またまた色々作ってるので、載せていきます。
009_20130417165322.jpg
「デニムのポケットに、タバコや携帯を入れるから、どうしても四角い痕が付いてて、
なので、丸い色落ちの型をつけたい。」
そんな要望でできたのがこの丸っこい小銭入れです。
いや~わかるな。
デニムも革と同様に、色味の変化や、育つって感覚や経年変化を楽しめるものですもんね。

ミリ単位で打ち合わせて、画像じゃやっぱり伝わらない個々の満足に、
小さな自分だけのこだわりってのを聞いて、それを手伝っている仕事だけど、
そんなこだわりを持つ人がワクワクしてるのを見てるのが楽しくてしょーがない。

013.jpg
曲線ってのは、手に持ちやすいですからね。
オリジナルの図柄のベアパウ(熊の手)の太陽神と、
向上心の想いをのっけた太陽に向かう鳥を刻印で入れています。
要望があればカスタムで打ち込みます。

010_20130417165322.jpg
「なぜ、それを使うのか?」
「それを欲する理由は、なにだからなんだろうか?」
「それで、何を感じたときにうれしいんだろう?」
それは、常にどのオーダーでも考えるないようです。

ブランド物ってステータスにはない、自分の求める些細な部分にある、
使う本人の中の未来像や想像を聞いて、それらが容になっていくのも
オーダーメイドの楽しみじゃないかなって。

だから要望を、深く伝えてもらえると嬉しいです。
そんな店があったらいいなって想いが今の仕事のONに繋がっています。

池辺さん オーダーありがとうございました

真鍮と銀のコンビ バングル

連休で快晴で、申し分ないこんな日に、
仕事の楽しさが勝ってしまっているこの頃です。
向き合う全てのオーダー、製作、納品、会話、色々な要因に、幸福を感じています。
ありがとうございます。
自分のできることで、何かしらの貢献ができているのは、どんな仕事でも喜びですね。
日々様々な出来事にも出会い、ありがたいなぁって感じる日々です。
いつも見ている方向だけじゃ見えてこない柔軟な思考や視野も意識しつつ、
あれこれと、興味を抱き、ワクワクしているこの頃です。

108_20130427162903.jpg
えー、今回のベースになっている板はブラス。いわゆる真鍮。
真鍮は黄銅ともいわれ、黄色い銅なので、金属アレルギーに不向きな金属かもです。
ですが、このバングル真鍮でできていまして、シンプルな平打ちのマッド仕上げ。
12mm幅の真鍮のベースに、銀を合わせたデザインのご要望でのオーダーでした。

110_20130427162902.jpg
ターコイズのワイヤーワーク枠は銀で製作してセンターに施し、
その両サイドに空を舞うイーグルを打ち込んだデザインです。
空でのんびり戯れているみたいでのどかな印象なイメージで作ってみました。

112_20130427162902.jpg
裏側に来る部分の両端には、筋斗雲のデザイン。
こちらも銀で製作して張り合わせています。

納品後、「いつも着けっ放しなので、色の感じが好き。」って、うれしいコメントも頂きました。

加藤さん 面白いオーダーありがとうございました

一周唐草模様 & サイドカットリング

今日、5月2日は、XのHIDEの命日だなぁって、年月経つのって早いなって
1998年 享年33歳
あのまま、みんなの心に若いまま焼き付いてる
時がそこだけ止まってる。
今の俺より下だなんて。
かっこよすぎる。

永遠かぁ。

物思いにふけながら、それっぽく絡めて、
そんな永遠やずっとって意味のある模様を入れた指輪を紹介します。
指輪に入れている模様、唐草という柄ですが、
絡み合って伸びていくので、唐草には繁栄とかって意味もあって、
縁起のいいものとしても見られている柄です。

146_20130427164201.jpg
ベースは6mm幅で、外側に深めに一周唐草の模様を打ち込んでいます。
サイドカット=そのままですが、指輪の側面を斜めに小さなアーチ状に削るデザイン。
つや消しに仕上げると、黒くいぶしが入ると光と影の濃淡が楽しめる模様です。
また、磨くと、つち目みたいな風合いも楽しめるデザインです。

144_20130427164200.jpg
製作の工程の途中です。
タガネを使って、角度を目検討で、均等に入れていき、その後丸めています。

150_20130427164200.jpg
今回は、白いままの仕上げでした。
いぶしが徐々に入って、柄が引き立つと、また存在感も変わって面白いとおもいます。

日高さん オーダーありがとうございました

スパイダーウエブ ターコイズペンダント 

064_20130427150356.jpg
蜘蛛の巣状に柄の入ったターコイズ
これを、通称”スパイダーウェブ”(蜘蛛の巣)って言います。
そのままですが、わかる人にすると、結構マニアックなんです。

他にもね、煙みたいな模様を”スモーキー”
水の流れみたいな模様を、”ウォーター”
なんて名前で呼ばれているものもあるんです、ターコイズは面白いんですよ。
奥が深いんです

そんなスパイダーウェブ模様のターコイズを選んで、ペンダントのオーダーをいただきました。

デザインは、オリジナルでは、もっともオーソドックスなワイヤーワークを施しました。

069_20130427150356.jpg
裏側には、記念日と名前をイニシャルで刻印
シンプルなイーグルを右下に入れてみました。

「結婚指輪をしないので、肌身離さず着けれるものを。」
と、要望での温かいオーダーでした。

内村さん オーダーありがとうございました^^
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:
 097-538-8313
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -