小銭入れのないロングウォレット

098.jpg
スーツで持つので、厚みを抑えて、シンプルに、カードが6枚入る構造で。
と、オーダーいただきました。

099.jpg
外側もいたってシンプルです。
こういうシンプルなものほど、色味の変化と、丁寧に育てる甲斐があると思います。

104.jpg
折りたたんで、横から見た感じです。
育てるのがんばって楽しんで下さい!

オーダーありがとうございました。
スポンサーサイト

カードの入る小銭入れ

091.jpg
パーティーウォレットの小銭部分を少し改良した小銭入れのオーダーです。
ペッタンコなので、ポケットも嵩張らないんじゃないかな。

092.jpg
裏側にカードがスッポリ納まるデザインです。

093.jpg
小銭は両端を握ると口が開くので、見やすいし取り出しやすいと思います。
飴色に育つの楽しみですね

オーダーありがとうございます

近日公開

125.jpg
例のあれが

126.jpg
例のなにが

127.jpg
そろそろ上がるぜ (これ取り敢えずの試作)


仕上がったら

貼ってくれる人にだけ、プレゼント。

よろしく~ぅ

手縫いの名刺入れ

073.jpg
新生活、いかがお過ごしでしょうか
新しい職場、環境、人との出会い、と様々な変化の季節
そんなあたらしい季節に名刺入れのオーダーをいただきました。

今回は、あったらいいなをカタチに、ってことで、オリジナルをコンパクトに改良してみました。

074.jpg
一般的な名刺サイズの横幅と奥行き、使い勝手のいい厚みに設計しいろいろ限界に挑戦。
手縫いの良さ、革の育つ経過、対相手の視線、いろいろ妄想を経て、シンプルに。

076.jpg
いいものは、長く使えるっていう部分に、さらにワクワクがあると尚好いよね。
心地もいいし、モチベーションが上がるといいけどな。
Onoさんオーダーありがとう^^


色んな環境、逆境、苦しいことも多い始まりの季節、
ネガティブにならず、短所に諦めず、
大なり小なり、不安とかって感情は、みんな持ってるだろうし、一緒だし、
だから互いに支え合って、無理しないで、自分を楽しませて欲しいな。

自分の一番の味方は自分
誰かを求める前に
自分をまず認めて、許して、肯定して、
そして、出来たらもう一歩、他者のすべても認めて。

すべてが違って当然。

自分の心のモヤモヤしたぶつけようの無い感情とか、
持ってる引き出しが少なくて、まだ持ち合わせて無い解決策とか、
一生懸命悩んだって、持ち合わせてないんだから、悩んでても見つからない。

そういうのをいい方向に導いてくれるのが出会いとか係わり合いだと思うよ

自分を上手く出せなくて、それが出来る人を羨んだり、
いつもなら出来ることが出来ないって悩んだり、
でもねぇ、それでいいと思うよ。

くやしいって感じたとき、色々がはじまるよ
直ぐじゃないかも知れないけど、出来ないって諦めなければ叶うことも多いよ。

誰にだって、得意・不得意はある。

分業って考え方がある。
人それぞれの役割とか。
自分が出来る些細なことかもしれないそれは、
誰かにとっちゃ、すげー難解なことかもしれないよ
色々一人でやろうとするから人との関わりも希薄になる。

得意なことっていうと、ハードルが上がって首かしげちゃう感じかも知れないけど、
それくらいなら自分も出来るよ。ってくらいなものを合わせていけば、
色々それで支えられる
でも、実際そうやって支えられてる。

俺も、くそみてーな人生
振り返って、そりゃー壮絶
でも、それも経験
すべて過去
大切なのはこれから
自分のすべて認めて、肯定してる。
欠陥だらけで完璧ではない。
だから色んな係わりに感謝の毎日です。ありがとう

まーね、なるようになるんだよ。

苦しいって下向いてる誰かへ
楽しかったって一日を、日々重ねていけるように応援しています。

直接的な何かにはならないかもしれないけど、
間接的にでも何か関わって、支え合って、楽しいこと出来たらなって思ってます。

ものづくりや、こういった文くらいしか貢献できんけど。
できてないかもだけどね(笑)

バイクのアクセサリー

021.jpg
春ですね~
ひっさびっさに、ツールバッグのオーダーです。
よく聞かれますが、バックルも真鍮でデザインに合わせて作っています。

167.jpg
実際着けた車輌です。Sato-さんのSTEED
シートは、自分のハーレーに以前着けていたソロシート。
おさがり的に格安で譲ったんですが、いいアジ出てて、新品よりかえって素敵!

059.jpg
バッグを取り付けるにあたり、スイングアームに受けを加工し取り付け。
躊躇なく即席。現地加工的な。
このあと、各ステーに二箇所ずつ穴を開けて、内側からステーを渡しボルト留め。
要望がありましたら、こういうこともやったりします。

0027.jpg
続いて、メーターステー。
以前はこう付いていたので、真鍮での製作依頼。

169.jpg
こんな感じのステーを真鍮板を切り出し、穴を開け、一点もので作りました。
やわらかい曲線と、なんともいえない鈍い輝き。

0061.jpg
シート下に移植されたライトスイッチのつまみ部分も、
見えないオシャレで、真鍮で製作しました。

168.jpg
飴色になるのが楽しみ^^

オーダーありがとうございました。
お待たせしました

着けっぱなし故の改良と

165.jpg
俺の。
俺のネックチェーンの留め金具の改良。
ちょっと休憩中に思い付いて発想を即席にて。

丸冠を通過できるサイズのフック
そんな思い付きで製作したわけですが、これが便利。

着けっぱなしだから、壊れやすい。

留め金具のバネってやっぱりバネ
銀じゃなくて鉄的な金属。
些細なこだわりも、遊び心あった方いんじゃね~か?とかね。

166.jpg
風呂で体を洗うタオルに引っかからないようにって思ったけど、
やっぱ引っかかる(笑)

でも、引っ掛かりから直ぐ抜ける!
いいかも。

オリジナリティー
自分の理想
色んなものの中には、生活にすーっと溶け込んで
何気ないけどニヤケルくらいの自己満足って言うのかな、
あった方が楽しいよね。きっと。

人の考えも理想もそれぞれ
他人の感覚で感じる幸福度もそれぞれ

そのそれぞれを叶える一対一の注文と製作の関係性は、
常々大切に考えています。

あったらいいのにな。
何でないんだろう。

それがすべてのきっかけ

こういう遊びが何かに繋がると思う。

革と真鍮で製作 ウォレットロープ

0163.jpg
真鍮の棒に、槌目の柄を打ち込んで、さほど磨きをかけ過ぎず、
独特な光に仕上げたフックと、連結している革はベルトの厚みの革です。
あんまりこのパターンでオーダーもらったことなかったから新鮮。

折り返して縫いたかったけど、動きが渋い(渋いってのは悪いみたいなイメージの方)
なので、連結の動きが、てゅるてゅるな感じに。

164.jpg
反対のウォレットの繋ぎもそんな感じに。

強度はどうだろうか
使いやすいだろうか
見た目や稼動域の問題はないだろうか

後々の改良が必要だったら、また持ち込んでください^^

Kassi-さんあざ~っす^^

誕生石のペンダントのチョーカータイプ

159.jpg
チェーンより軽いし、革でチョーカー作って欲しいと
Yamamotoさんよりオーダー頂きました。

160.jpg
サイズ違いの溶かした銀のプレートを土台にして、お互いの誕生石を入れ
こちらは紫のきれいなアメジスト。

161.jpg
こちらはルビーです。

162.jpg
後ろのエンドパーツは今回製作した一点モノ

量産された安価なものもあるけど、
些細な部分にもこだわって、製作の依頼をしてもらえるのが嬉しいし、
製作し甲斐あります。

段と温かくなってきたこの頃ですが、いろいろご要望お待ちしています。

オーダーありがとうございました!

黒とナチュラルのコンビ & スタッズなウォレット

157.jpg
外側は、ロウの存在感が独特なブライドルレザー
イメージを頂いたデザインのスタッズを、ポケットから顔を出す幅にのみ入れてみた。
スターリングシルバー製のオリジナルなターンノブもサイドに取り付けました。

158.jpg
内部の構造はオリジナルの片面の使い勝手のいいデザインを採用。
ナチュラルの色の革は、赤みがかって飴色にやける革ハーマンオークを使用。
ハーマンオークは、ここ数年ずっとオリジナルの製作に採用している革です。

外見と中身の違うパターンなアレンジで、
Kentaro-くんよりオーダーいただいた特別仕様。

3月に結婚して、奥さんの了承を得るのに苦労したようで、
当店の製品を欲してもらえ嬉しい限りです。

ありがとう^^

それと結婚おめでとう

黒い革は育つって言うより、変わらない良さもあるし、
興味があれば相談して欲しいところ。

ん~、でもやっぱり色味の変化や育て甲斐を楽しんでもらいたいしなぁ、
シニューって手縫いの糸との色味のコントラストやステッチの間隔とか、
楽しんでもらいたいけどな。

それで、コンビを提案した感じ。

この頃、以前に比べ、お客さんたちの、革の製品を見る眼が肥えてきた気もするし、
そういうのを、「どう良いのかい?」っての教えたり伝えるのも、
俺の仕事なんだよなぁとか、
接するお客さんに感じたりしてます。

良いものの基準は、個人の好み
好きなものって、モチベーションすごく上げてくれるしな。

で、ついでに提案したいのは、第三者に評価されたり、心を動かせるものを届る。とか。

「いいなぁそれ。」

そー言われる良さをしっかり込めなきゃな
それは、モノ作る責任に似た快楽のような心地よい俺のもてぃべーしょん(笑)

忙しい日々、すべてのつながりに感謝の日々です。

改めて、オーダーありがとうね^^

プレゼントあざ~っす

069.jpg
ピンストライパーとして、お店を構えたKugimiyaくんから、
DearStockが10年目に入ったお祝いを頂きました。

本当は記念日を迎えた回数で算出だと、9th・・・。

ご愛嬌っす(笑)

すげーのが、このウッドの額も、Kugimiyaくんの製作。
職人として、そういう一貫性は大好き。

ピンストっても幅が狭いわけじゃなく、
結婚式のウエルカムボードだとか、
店の看板だとか、
自分の身の回りのコップやヘルメット、
何でもありなので、是非興味をある方は取り次ぎます!

ディアストックにも、フライヤーあるのでお渡しします。

よろしく!

カード収納の多い長財布 (柔らか仕上げタイプ)

002.jpg
一個前のウォレットを、アレンジして仕上げたタイプです。
この仕上げだと、コバの粗仕上げが、さらにいい感じにマッチします。

0005.jpg
この仕上げ方は、飴色のアジの出方が楽しみな仕上げで、
女性が手に持ってれば、会話の種になったり、
いいアジがでてますねぇ、って褒められてうれしい姿とか、
想像して作っています。

内部はパグ犬の表情みたいにクシャクシャです。
使い込んで、それぞれの個性が型になっていくと思います。

0006.jpg
小銭はこうやって使う感じになります。

段々と、手縫いの良さや、アジの出た革の製品を楽しむ女性が増えるといいな^^

革は、タフだけどハードに仕上げなかったら可愛いでしょ♪


Makiさん、オーダーありがとうございました♪

カード収納の多い長財布 (ノーマルタイプ)

060.jpg
カード入れや収納の多目のロングウォレットです。
ちょっと前こちらで紹介した、柔らかい質感に仕上げたウォレットのアレンジです。
外観をすっきり仕上げたのがいいとのご要望でした。

コバは艶を出さずに、粗めに仕上げているタイプにしました。
この粗仕上げは柔らかい印象で、この頃、頼まれことが多い仕上げ方です。
後々、艶を出したいって思ったら、それも可能です。

063.jpg
内部の構造です。
小銭の部分は、ふた式でボタン留めです。

064.jpg
内部の底を縫いではなく折り返しにしていますので、容量ももちろんはいりますけど、
取り出しやすい構造になっています。

で、実は、この後アレンジが入ります。
もちろんこのままのイメージでのオーダーも普通に受けますので、
あなただけのカスタムの一点モノをお作りします。

では、仕上げに。次の記事へ。

薄めの手縫いの手帳カバー

170.jpg
長く使うニーズがあり、毎日使うものでもあり、そんな手帳のカバーのオーダーです。
金具は細めの部品を持ち込んでもらいました。
サイズもメモ帳の容量の厚みも要望いただけましたので、それに合わせて作りました。

171.jpg
外観がシンプルな直線なので、
ディアストックらしく、中はちょっと曲線でやわらかさ出しました。

172.jpg
外観は、とにかく飴色になるのを楽しめるシンプルな表面に。

056.jpg
たたんで、実際使う際はこうなる感じです。
すぐなじんで折り目の癖がつくので育つのが楽しみな一品です。

Seguchiさんオーダーありがとうございました♪

クローバーのチャーム

058.jpg
いつもお世話になっている知人に、ありがとうのプレゼント。ってことで、
オーダーいただきました。

ちょっとしたお出かけに、さらっとつけれるチャームのご要望で、
クローバーのモチーフのチャームを製作。

こういうチャームのご要望が多いのに、ショーケースに製作した在庫を
中々増やせないのですみません。

ブログで興味をもった製品などありましたら、お作りします。お申し付け下さい。

Sさんありがとうございました♪

婆ちゃんの転ばぬ先の杖

173.jpg
ご近所のお婆ちゃんの杖です。
先端が傷んで外れかかっていたので、補強してあげましょうか?って預かりました。
 
174.jpg
開いてカタカタなってて、先端もつぶれてしまっててて、作り変えてあげることに。
 
真鍮でパイプを作ってあげようって思ったんですが、
ちょうどいいサイズのライフルの薬莢の存在を思い出し、
加工して取り付けました。
一応火薬を入れているので、杖を突くと
・・・。(嘘)
 
050.jpg
ステッキーかっこいいな~
しゃれおつっす。
 
ばあちゃんもご満悦でした♪
いいことすると楽しいね^^

ミドルウォレット 三つ折タイプ

036-2.jpg
ミドルウォレットは、この画像の状態で、幅が大体14cm~15cm位の
手で持つのにしっくりくるサイズの財布です。

037.jpg
これがオリジナルでよく取り入れているタイプの内部の構造です。
ボタンのないファスナーでもない小銭入れと、まとめて入れる感じのカード収納。
革が飴色になるときくらいに、
革より弱いファスナーの布がボロボロになっている場合が多くて、
それで、極力ファスナーな使わないこういう作りにしています。

039.jpg
紙幣はこの部分に差し込んで、そのままウォレットを折りたたむ使い方です。

メンテナンスなど、お気軽にまた遊びに寄って下さい♪
Fusamaeさんありがとうございました!

結婚指輪

035.jpg
もう直ぐ結婚するAmanご夫婦
シルバーの結婚指輪製作しました。

俺の仕事の根源は、こういうペアリングを作る仕事だった(笑)
ペアリング作って二人が楽しそうなのを楽しんでみてるイメージね。
でも、この頃、「革屋さんなのに、銀とかも加工するんですね・・・。」
ってよく言われてます・・・(笑)
うれしい困惑。あはは

024.jpg
今回製作させてもらった指輪は、奥様の方にだけ、ダイヤを埋め込みました。
ダイヤを埋め込んだ位置を正面に見ると、8の字に見えて、
表面をメビウスの輪みたいに180度ひねっているデザインになっています。

034.jpg

改めて、ご結婚おめでとう^^♪

一馬力になっても仕事がんばってなAmanくん!

オーダーありがとうございました☆

パーティーウォレット (改良)

006-2.jpg
男性からご本人が使うようにと要望で製作したパーティーウォレットです。
今年に入って提案したら、案外女性以上に男性にも火が付いちゃっているウォレット。
カードを収める場所を設けたアレンジをして欲しいってご要望でした。

007.jpg
それと、クローバー型のセグマスナップって金具は開閉が硬めなので、
オーソドックスにバネホックに変更しました。
バネホックってのは、その名の通りバネでパチっと軽い開閉のできるボタンです。

008.jpg
この部分が今回のアレンジした箇所です。
紙幣にも、金具の裏にも干渉が無いようにしてあります。

010-2.jpg
小銭は再度をつまむと膨らんで、小銭が取り出しやすい設計になっています。

011.jpg
単純なことだけど、最近要望の多いフラットヘッド
頭を単につぶしただけなんだけど、案外好評なアレンジです。
意味的には出っ張りが半分以下にできるので、革への干渉が少し減るかな~って感じです。

Watanabeさん、オーダーありがとうございました!

手縫いのペンケース

001.jpg
久しぶりに耳にした”ラッションペン”という響き
先生なのかな?とお話を聞きつつ、要望と使い勝手を聞きまして
その他もろもろを収納する「育てるペンケース!」をオーダーいただきました。
イメージは財布のオリジナルの丸みのある外観でのご要望で、
シンプルに飴色を楽しむ未来の想像作ってみました。

070.jpg
いずれ自然に折り目の型がついてくるから、
仮の押さえで作ってみみたギボシ留めの帯は、後々ブレスレットにしても良いし。
開閉を頻繁に擦るだろうから、ふたに取り付けるボタンをなくしてます。

004.jpg
たたんだ状態でペンが落ちないよう上下には折り返しを設けています。

メンテナンスとかお気軽にまたご来店くださいね~
Yamamotoさん、ありがとうございました♪

ディアストック 10年目へ

ディアストックも、本日4月1日、10年目を無事迎えることができました。
ありがとうございます。
068.jpg

朝から快晴の大分です。
ツバメも祝福に?
何だか幸せを運んでくれてるみたいな、気分のいい朝です。

人や言葉、考え方、生き方、さまざまな出会いがこの10年あったなぁ
と、
色々と思い出しながら、お仕事スイッチのコーヒーを飲みつつ書いてます。

「やりゃできる。」
そんな、根拠の無い自身が、今日を作ってる感覚です。
それと
「やってから後悔してみないか?」
って言葉も相変わらず好き。

押し出した「喜んでもらえるだろうか。」って波が、
色んな角度から、楽しそうに戻って来ているような、
それを、もっと多くの方に届きますようにって、また押し出して、
そんな繰り返しが楽しい感覚もあるかな。

『ものづくりって儲からないでしょ?』
って言われることもよくあるけどね、
お金じゃ買えない財産は、結構手に入ったよ。
色んな素敵な出会いに幸せ感じまくりなんですけど。
だからねぇ、結構心は最高にリッチな気分です。

それでいいのだよ。

満足を知れば、分け与えることを覚え
分け与えられたものに感謝すれば、
新しい幸せを招く。

繰り返しながら、色んなものに当てはまるんじゃないかな。

循環とか、連鎖とか。

そういう感覚の”ものづくり”は、すべて付加価値。

できないことは、できる人に頼ればいい。
「自分にできることとの交換」


ここに在ることに感謝です。
ありがとう
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:097-538-8313
 2F
 mail:→ディアストック
 dearstock@oct-net.ne.jp
 1F 
 mail:→マリーヤン
 mallieyan0714@gmail.com
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -