買い手を探しています

110.jpg
H2年のジムニー
車検が年末まであり絶好調です。

探している方は、お店に電話下さい。
TEL : 097-538-8313

112.jpg

スポンサーサイト

パーティーウォレット ブライドルレザー手縫い

パーティーウォレットをブライドルレザーで製作のオーダー。
シニュー糸で手縫いしています。

078.jpg
だんだんと興味を抱いてもらったりしている小さなサイズの財布。
通称パーティーウォレット。
本来、「パーティーバッグに納まらない財布を、コンパクトにしたい。」
「どうにかならない?」
そんな要望から生まれたデザインですが、
「レディースのデニムパンツはポケットが浅いので。」とか、
「現場仕事で胸ポケットに納まるサイズだね。」とか、
なんだか、いい認知度を広げていっている感覚の
オリジナルの財布です。

073.jpg
開くと中はこんな感じ。
紙幣と小銭も取り出しやすい設計です。

076.jpg
ボタンは普通にバネホックでもいいのですが、
クローバーに見える金具を今回は使っています。
強度もあるし、バネの微調整が可能な金具です。

072.jpg
ご要望で、ストラップ的なパーツをアレンジしています。
取り出しに便利だったり、ウォレットロープやウォレットチェーンを
引っ掛けたりできるように。

080.jpg
Kimiさんオーダーありがとうございました^^

真鍮製 チビメタル バックル

0040.jpg
真鍮の小さなペンダント
Koideさんオーダーありがとうございます


オリジナルの製品で、銀で製作をしているものを、真鍮で作れないか?
ってご要望にも、可能な限りお応えしたいと考えています。

真鍮ってどんな感じ?
っていうのも、身近だと五円玉やトランペットなど管楽器の素材で、
くすんだ色がビンテージっぽくてオシャレです。

価格も銀に比べ、少し安く仕上げられます。

085.jpg
銀だと結構な値になっちゃうベルトのバックルも製作しています。
取り外しをしないなら、画像のように縫って固定するのもオシャレ
案外バックルの交換をしないかなって方は、こういうのもおすすめ。

083.jpg
あまり磨き過ぎはおすすめしてなくて、
あんがい傷を残したり、ムラを残すくらいがかっこいいです。

084.jpg
アップでみるとこんな感じ。
雑に仕上げているんじゃなくて、長く使うとわかるんですけど、
程よい具合に仕上げます。

いろいろご相談下さい。

革細工していると欲しくなる刻印

109.jpg
革細工を趣味にしているMoriさんより、オリジナルのブランド名
”WHIMSY”のロゴを持ち込んでいただき、製作しました。

0108.jpg
いろいろな原案の手書きのラフなデザインを
これまたラフに手作業で製作する刻印
機械には出せないあじわいを喜んでもらえました。

技術が自分の満足に追いついてきたら、自分の作るものに名前を入れたい。
そんな要望にも応えたいので、ご相談下さい。

Moriさん、オーダーありがとうございました^^

クローバーのイヤリングとピアス フェザーのイヤリング

114.jpg
かわいく揺れる小さなクローバーのイヤリング
削り出しの製作のため、左右一対にするには、中々時間のかかる製作。
いくつも製作して、ペアになるものを選ぶ感じの製作。
こういう地味な製作も、喜んでくれるかなとかの想像が楽しかったり。

028.jpg
同じクローバーのモチーフでも、ワイヤーで透かしのデザインにすると
こんな感じにもなる。

029.jpg
存在感があるサイズでも、透かしだから主張し過ぎてないくらいの印象に。

123.jpg
こちらは、小さなフェザーのイヤリング。
最近、この小さいフェザーがすごく喜ばれ、選ばれています。
すぐ在庫がなくなってしまう。
って、言うほど沢山作れていないけど・・・笑

春だし、ピアスとかの在庫も作ってショーケースに並べたいけど、
なかなか増やせれなくてすみません。

イメージをカタチにするので、ぜひ店頭でご相談ください。

オーダーくださった皆様、ありがとうございました^^

七つ道具

046.jpg
「かばんの中でまとまりなく散らばったひとつひとつを、
ひとつの鞄に、まとめれないか。」というDさんのご要望で、
左上に写っているバッグを製作しました。

045.jpg
中に入っているのは、この七つ。

124.jpg
収納するとこうなる。
子供の頃あこがれるヒーローや戦隊ものの、
超合金ロボットの合体みたいだねって会話に。
心の中の子供みたいな感覚を刺激する、そんなワクワクのイメージって、
叶うとき、無性に嬉しいですよね。

042.jpg
背面はショルダーにもなるし、ベルトを通しても使える設計になってます。
色がまだ白いのでイメージしにくいかもしれないけど、
輪郭から濃い色に変化していくので、そういう未来も考慮した
シンプルなデザインに製作しています。

033.jpg
両サイドのコンチョにはオニキスを入れています。
贅沢・・・

Dさん、面白いオーダーありがとうございました^^

日常の一部の脇役を作っています

014.jpg
かれこれ8年くらい前じゃなかったかな、このベルトとかバックルを製作したのは
大分県別府市の特有の硫黄の成分におかされた銀の変色。
革のベルトには油分が足りず、白いまま。
「サイズが合わなくなって、しばらく着けていなかったから。」と、
久々のお手入れにご来店いただきました。

016.jpg
裏とか大変なことに・・・

019.jpg
同じタイミングで製作した記憶のあるウォレット
結構白くひび割れて、やや乾燥気味。

025.jpg
銀を磨き直して、革のオイルメンテをした後です。
手を入れれば長く愛せるもの
そういうものを作るのは、ちょー楽しい。
素材も応えてくれるんだ。

喜ばれ、また使っていただける命であること。
それも嬉しい。

作るってのは、見栄えより将来像。
持ち主にとって自慢っていうより自己満足の境地。

「それを持つことで、自分の感情や日常に
どんな影響を及ぼすか。」
って想像の問いかけがあったとして、

目を閉じながらの妄想の、
その答えが「ワクワクして楽しいぜ。」
って部分に結びつけてあげるようなモノ作り。

それが作ることのできる自分の理想の”一対一”
本当に欲しいものはたぶんモノっていうより、
そのモノがあることで変わるワクワクする感情。

いい刺激が、いい影響に繋がるといいなって。


メンテナンスに持ってきていただき
ありがとうございました

ブラスとかブロンズとか革とか

ショルダーバッグやZippoのtwofaceカスタムをご愛用いただいてる
Nasuさんの今回のオーダーはベルト

047_201504261022007a6.jpg
持込んでいただいたバックルは、ジェフデッカー氏のアイテム

129.jpg
頭の指紋とか、表情とか、面白い
いい刺激になりますね、いろんなアーティストさんの作品ってのは

0130.jpg
んで、ベルトの固定の兼ね合いで、バックル自体には敬意を払い、
カシメるだけのパーツを真鍮で製作して取り付けてたりして調整

054_2015042610220217c.jpg
ナチュラル色の革でベルトを製作
折り返しは鹿紐とビーズでアレンジ

0131.jpg
そんなNasuさんの乗り換えた 1954's Pan (FreeWay製作)
ショルダーバックもだんだん飴茶色に育ってきてます。

0009.jpg
このさりげない”卍まんじ卍”
仲間内の秘密のお守り
中央にはシルバーのツバメモチーフ。いろんな深い意味を込めてるんだ。

Nasuさん数年後のアイテムたちの表情がどう育っているか
革の飴茶色と艶
擦れた部分だけ鈍く光る金属
いろいろ楽しみっすね。

ありがとうございます!

オリジナルのメキシカンスカルですけど

030.jpg
昨年末だったか、Sato-さんのオーダーで製作しました
メキシカンスカルの透かしプレート。
こんな感じでキーリングに通して鍵と重ねて腰に下げられています。

0031.jpg
ぼやけちゃって見難いけど、シルバーの溶接痕が滲んで見えてきています
これが渋いんすよね~
まにー方が増えてくれると、こういう薀蓄をわかって語ってくれたり
そういうお客さん増やすのも俺のお仕事。

んで、そんなメキシカンスカルアイコンなんですが、
今回はるばる長崎からTakaくんのご要望で、鍵を直接着けれないかと。

0089.jpg
透かすと長く使うには弱いので、オーバーレイ風(貼り合わせ)にしました。
ナスカンの連結にはシルバー製のパーツを流用。
手のひらサイズでいい納まり具合にのサイズ調整。

0090.jpg
鍵の固定には、接着剤や溶接を使わないカシメの4点固定
鍵の材質は熱によって折れます。
長く使ってもらえるような心遣いです。

ふぁっとぼーい乗って、阿蘇のイベントでまたお会いしましょう♪
Takaくんオーダーさんきゅ^^
べいびーの誕生おめでとう☆

3月11日の朝日を感じながら


なんだか眠れないまま朝になってしまった…

一年かぁ

自分が満ち足りているって感じたり、
思いやりって何だろうって考えたり、
視点や解釈を変えると何が見えるかなとか知ろうとしたり、
先に何を望むかなぁとか改めて自分に問いかけたり 、

そんな一年間だったな。

否定は何も生まない
ってことや、
与えられてることが多いな
ってことを、とても感じた。

すべて間違いはないのかな
とか、
自分が与えられるものは何かな
とか、色々想像したりしてみた。

一人の人として、足りて余る気持ちを遣える余裕は、とても大切だな。

そのためにも、穏やかに心のバランスを取って、忙しくなることで大切なことや心を見失わないようにしないとな。

根拠のない自信を持って、今日からも前向いて。

心をゆっくり整理して、
出来ることで一歩ずつ。

無理をせずに。

自殺が減りますように。

ファラオコートが出来たんだぜぃ

SunFellowS
 mcy club - proud of to be yellow
(モーターサイクルクラブ - 黄色人種であることを誇りに思う)
12.1 089

構想から、ようやくカタチになったファラオコート

数枚だけど余ってます。
一緒に刺繍の無い無地のファラオもあるのでいかがですか
欲しい方はお問い合わせ下さい。

無地のイメージ、カタチのイメージはこちら↓
過去ログ>>ファラオコート サンプル上がりました。

店頭に置いてあるので、試着も可能です。

TEL : 097-538-8313
Mail : info_dearstock@yahoo.co.jp

女性らしい手縫い長財布 (クタクタの柔らかい仕上げ)

一対一でデザインの打ち合わせから製作へ、
金具も製作するから提案できる一点モノの製作。

初来店のKumiちゃんのオーダーの長財布です。
12.2 038
柔らかく揉み込んで仕上げてみました。

12.2 039
バックルは槌目と刻印を入れ製作し、
裏側にボタンを着けて、飾りに。
いつものように銀で溶接しているので、黒くなってきたら銀が
にじんで渋い色になっていきます。

12.2 040
中はさすがに女性、カード入れが計12ヶ所。
壊れちゃうので、ファスナーを使わない
ディアストック独特なつくり。

12.2 041
別の角度から。

12.2 043
後は、この雰囲気に合わせて軽いステッチの飾りでベルトを固定してます。

色々と、構想していたモノを提案に織り込んでみた今回のオーダーメイド
喜んでいただけて何よりでした。

Kumiちゃん、ブログで色々と紹介してくれてありがとう^^

育てるの楽しんでね

この雰囲気の商品を徐々にですが店頭に増やして追加して行く予定です。
面白いアレンジやセミオーダーもお待ちしております。

オーダーありがとうございました

1951’ トライアンフ サンダーバード

Hinagoさんご来店。
バーチカルサウンドが渋い
ちょーコンパクトなトラ 
(俺、あんま詳しくないから色々書けないけど・・・)

1951年 Triumph - Thunderbird
12.2 017

12.2 026

12.2 020

12.2 021

12.2 022

12.2 015

12.2 019

早く温かくならないかな~

ゆっくり見せていただきありがとうございました!

真鍮製のターンノブのカスタムとフックを製作 

ウォレット周辺の修理&カスタムをNonakaさんより頂きました。

12.1 120
左がオリジナルなんですが、少し大きくアレンジ。

12.1 121
裏側はフラットトップに。
(フラットにしてもネジは締め込められて、見栄えもすっきりします。)

12.1 124
大きくアレンジしたのは、この傷を覆うため。
もともと穴が大きくその部分に当て革のスペーサーを埋め込み、
今回製作したターンノブを固定出来るようにしました。

12.1 147
取り付けた裏側の見栄えはこうなります。
すっきりでしょ

12.1 128
ウォレットロープの折り返しを固定している紐も、
ほつれかけていたので巻き直し。

12.1 146
取り付けは、ロープを外さないので直で連結。

12.1 144
さらに、ちょっと特殊なカタチに製作したフック。
槌目柄を入れ、ベルトに直接掛けたときの逃がしを歪ませ、
複雑な造形に仕上げました。

12.1 145
こんな感じで真っ直ぐじゃないんです。
ベルトに引っ掛けない方は、リングなど上から落とせば通せるってデザイン。

面白いオーダーありがとうございました

小銭入れ コインパース

コンチョ&紐留めのミドルウォレットをオーダー頂いた
Yamamotoさんより、小銭入れのオーダーです。

12.2 012
外観から存在感のある紐留め。

12.2 005
コンチョもセミオーダーで製作しました。

12.2 006
ベースが真鍮で、ベアパウをsv925で製作。

12.2 007
裏側は、こんな感じ

12.2 009
サイドを内側に寄せると、
内蓋が立ち上がるので、小銭が引っかかるって使い方のタイプです。

もちろんボタン式やベルトの差込み式にもできます。
貴方だけのアレンジを致します。

オーダーありがとうございました

ターンノブの使い道

ウォレットにチェーンなどの連結で使うやーつ

というわけで、
右の製品がオリジナルでして、今回のオーダーは左のが製品。
12.1 339
リングを丸くして、細くしています。

12.1 344
頭の玉の内側を貫通させて、丸いリングは回転式に。

12.1 348
取り付けるのはウォレットではなくて、

12.1 353
デニムのつなぎのウエスト部分。

12.1 354
つなぎってループがないからポケットの収納になって不便。
その不便でのご要望でした。
生地が頼りないので、当て革してネジを締め込み。

12.1 352
デニム地に穴をあけると、糸がほつれちゃうので、
千枚通しで糸を避けての固定。
ロープやキーホルダーのフックをかけたり出来るように。

おもしろいね、こういうの。

色々考えたら相談してください。
ニーズに対しても、提案致します。

Dさんオーダーありがとうございました

13才のヘビーリスナー。

卒業シーズンやね。
別れや出会いの季節。
不安とか色々あるだろうけど、
経験は心を豊かにしてくれると思う。

今夜は、東京FMのスクール・オブ・ロックをイヤホンで聴きながら、
ブログ書いてます。

番組の、やしろ教頭が今月末で辞めちゃうってことで、
中高生が励まされたり、元気貰ったりな番組だろうなぁと、
震災後も、被災地の子どもたちを元気づけたり、
耳からの情報に共感しつつ、
たまにだけど聞いてたりしてるんだけどね。

すっげー好きな番組や。

俺ね、中学の頃からラジオが好きで、
電波ってスゲーェなって、ハガキとか出してみたり、
ワクワクしたり。
でも、今じゃリクエストもメールが送れるって手軽さ。
うらやましいね。時代は進んでるね。

こんなとこでしか語らないけど、
変声期頃は、DJってのに憧れてたな。

そのころから、自分にできる何かで、
誰かをワクワクさせたり、
自分もワクワクできること、何かできたらな。
そういうものを、色んな仲間達と共有できたらいいな。
とか、ずーっと先を妄想してたっけ。

思い描く構想がカタチになるよう、
なるべきものなら、力まず進めるはず。
漠然とそういう心に自分を支えさせてきた感じ。

そういえば、この場所を借りて2月で、まる9年が過ぎた。
4月で店は10年目を迎える。

ヘビーリスナーって響きが心地よかったあの頃
こんな自分は想像できてなかったけど、
ここに居れるってことに毎日感謝だよ。

それも、色んな人や言葉に支えられての今
この頃ほんとそう思う。
出来ないことはないね。
しなかった後悔は嫌だったから。

まだまだ、”ワクワクを共有する”って核の想いに、
何ができるかって、模索しては妄想中です。

ありがとう

学生の皆さん卒業おめでとう^^

修理ってのはよぉ

「これ、友達からの頼まれモノなんだけど、
修理したんだけど気に入らないから
どうにかなんないかなぁ・・・。」
って預かった髪留めのバレッタ。
俺が作ったものじゃないけど、出来そうなので修理を受けました。

12.1 298
裏のバレッタの金具を固定している部分が折れてて、
固定の修理をどこかでしてもらったとのことでして。

12.1 300
お・おぃおぃ・・・(笑)
デザイン無視して、穴開けちゃまずいでしょ
ドリルで開けたらバリを取れってねwww
いや、そもそも穴を開けるんじゃない・・・

12.1 303
さらにロウ付けっていうか、半田付け?
なんじゃこりゃ・・・w
気に入らないのもわかるわ、こりゃ。

12.1 304
ばらしてみると、さらにヘンテコな接着剤
新しい金具も預かったので交換ついでに修復を。

12.1 313
ターコイズを外して、接着剤を取り除いて、まず穴を埋めてみる。

12.1 322
パイプをこしらえて、金具の穴に合わせて取り付け。
角度を見ながらロウ付け。

12.1 325
いぶしの加減は、指で、こうすると
古びた黒さを調整できる。
指がちょー硫黄臭くなるけど・・・w

12.1 326
金具をかしめていく。
パイプを徐々に開いて固定する。

12.1 328
横から見るとこんなふう。

12.1 330
ターコイズなど、石を固定するとき、後にはこういう革の粉をしく。
石の座りがよくなるし、高さを微妙に調整する役割があります。

12.1 331
完璧に磨かず、それっぽく仕上げて出来上がりです。
捨てようかって言ってたみたいだから、修理できてよかった。
また、長く大切にされるといいな。

12.1 336
おまけ 正太郎くんの変顔
成長はえーな

また大分に来たら遊びに来てね
Eguchiご夫妻ご依頼&カステラ
ありがとうございました☆
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:097-538-8313
 2F
 mail:→ディアストック
 dearstock@oct-net.ne.jp
 1F 
 mail:→マリーヤン
 mallieyan0714@gmail.com
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31