ジッポに文字入れの加工

IMG_5490.jpg
 
「プレゼントするジッポに、文字を削り入れて欲しい。」
「店頭で扱っている在庫の、真鍮製のアーマーケースに、メキシカンスカルを真鍮製で。」
「ピカピカに仕上げず、ちょっと使っている感がでると嬉しい。」
というようなご要望内容でオーダーでした。
 
IMG_5486.jpg
 
頂いたご要望の文字と配置を下書きで確認しながら削り入れ。
 
IMG_5491.jpg
 
配置など細かな要望が無い場合はお任せで加工しています。
ざっくり大まかな感じですので、見た感じの雰囲気が好みで、気になる方は、ご相談ください。
 
IMG_5488.jpg
 
左に蝶番を表にして、メキシカンスカルを真鍮で製作して加工。
このくらいの艶感で仕上げに。
 
ピンクに見える部分は真鍮らしい黒さに変わっていきます。
 
銅の成分のにじみですが、完璧に磨かず仕上げておくと経年変化がかっこよくなります。
  
大阪府の浦元さん オーダーありがとうございました
スポンサーサイト

銀製アーマー + 銀製バレル

IMG_6046.jpg
 
銀製(スターリング)のジッポで、アーマータイプの蝶番の修理ついでで、カスタムのご依頼でした。
 
IMG_6008.jpg
 
お預かりした状態(ビフォー)
 
IMG_6043.jpg
 
仕上がり(アフター)
深い傷は消していませんが、ある程度研磨で、ピカピカまでしない仕上げの具合。
 
IMG_6009.jpg
 
ノーマルの蝶番は、0.9~1.0mmφ位の軸で開閉を支えています。
 
IMG_6040.jpg
 
この修理カスタムの場合は、銀製の3.0mmφ軸のパターンでのご依頼でした。
 
IMG_6036.jpg
 
アーマータイプのケースは、分厚く丈夫で重いのがかっこいいのもあるんですが、使う頻度にもよるんでしょうけど、壊れ易い部分で、その部位を強化する加工をしています。 
 
IMG_6045.jpg
 
素材は、真鍮製と銀製が在り、もう少し小さめの2.0mmφ軸でもお受けしています。
4パターンの選択肢と、もう少し何かアレンジしたい場合は、別途ご相談ください。
 
IMG_6048.jpg
 
普段と違う角度の見た目の雰囲気も。
 
IMG_6041.jpg
 
前と少しずつ修正を加えながら変えていっていますが、内部はこんな感じです。
 
IMG_6038.jpg
 
ハンマーが叩く部分のえぐりや傾斜の微調整部分。
 
IMG_6039.jpg
 
2017年以降のカスタムには、この部分にロゴを書き入れています。
無いパターンは、前期のタイプになります。
 
過去の記事と比較して見てくれている方にはわかるかもしれない、よく見ないと分からない部分とかあるので、楽しみに閲覧してもらえたら幸いです。
 
埼玉県の野中さん オーダーありがとうございました

ペアでメキシカンスカルのカスタムジッポ

IMG_5981.jpg
 
真鍮製アーマーケースをベースにして、カスタムジッポを、ペアでオーダー頂きました。
 
IMG_5977.jpg
 
ひとつは、メキシカンスカルを銀で製作して、額の太陽にアクアマリンを埋め込み。
 
IMG_5978.jpg
 
もうひとつは、真鍮で製作して、片目にルビーを埋めて、反対側の目をハートにというご要望でした。
 
IMG_5976.jpg
 
それぞれに、文字を削り入れています。
 
沖縄県のIさん オーダーありがとうございました 

メキシカンスカルを軽くアレンジしたパターン

IMG_5398.jpg
 
彼への誕生日プレゼントに、少しアレンジしたデザインのメキシカンスカルを付けたカスタムジッポを。というオーダーでした。
 
表面のカスタムをすると重くなって、開閉時の負担が増すので、蝶番のカスタムを合わせた方がおすすめしていますが、表面のみのカスタムもお受けしています。
 
後々スリーバレルカスタムを、とりあえず今回は表面だけのカスタムで。
というのも大丈夫です。
 
IMG_5389.jpg
 
歯の部分は文字に、あごの下の左右に分けて西暦を、あごに日付を、ひげ部分を8の字に、額にアーチ状に星を4つ、太陽を切り抜きで。
そんなご要望でした。
 
IMG_5390.jpg
 
自分好みにアレンジして、一点ものの自分好みの軽目なカスタムなオーダーでした。
 
IMG_5391.jpg
 
伊藤さん オーダーありがとうございました

真鍮製に銀メッキのジッポ + 銀製スリーバレル(2.0mmφ)

IMG_5137.jpg
 
真鍮製のノーマルジッポに銀メッキが施されたタイプのジッポを持込で、銀製のスリーバレルを取り付けるカスタムのオーダーでした。
 
IMG_5131.jpg
 
「数年ぶりに再会した友人へ、昔プレゼントしたものを、まだ大切に使ってくれていて、でも、中のユニット部分は新しいものに交換したものの、ケースの蝶番がだいぶ傷んでいたので加工して欲しい。」
という、ご依頼でした。
 
IMG_5134.jpg
 
製作して取り付けたスリーバレルは、2.0mmφ軸のやや小ぶりのタイプの方。
 
使い勝手とすると3.0mmφと変わりなく強度も増します。 
見た目のインパクトを優先する方には、3.0mmφ軸の方がおすすめですが、ハンマーの叩くタイミングなどで見ると、若干こちらの方がおすすめしています。
 
3.0mmφの方が、オーダーが多めですが、個人的には2.0mmφ軸もおすすめです。
 
IMG_5133.jpg
 
もともとの背面にもでてきているんですが、使っているうちにメッキが剥がれて下地の真鍮の色が出てきていて、これがかっこいい雰囲気で良いあじが出ていました。
 
IMG_5135.jpg
 
カスタム後、どうしても火を入れ、1000度近い熱を当てるので、周辺のメッキもさらに剥がれてこういった質感になります。
 
メッキの良いところと思っています。
 
IMG_5136.jpg
 
銀メッキの真鍮製ジッポに、銀製の2.0mmφ軸スリーバレルでカスタムするとこんな感じです。
 
IMG_5079.jpg
 
開閉のふたが描く弧も、ややコンパクトな動き
ノーマルに比べたら遠くなるけど、馴染むと音も良くなってきます。
 
金村さんとご友人 オーダーありがとうございました

真鍮製ジッポ + 真鍮製スリーバレル(3.0mmφ)

IMG_5075.jpg
 
真鍮製のアーマーケースタイプのジッポでしたら、在庫として店頭にSTOCKが在ります。
今回のカスタムは、その在庫に、ジッポと同じ素材の真鍮製のスリーバレルを取り付けるカスタムのオーダーでした。
  
IMG_5078.jpg
 
真鍮製の3.0mmφ軸タイプでご要望頂き、加工取り付けしました。
 
真鍮製のアーマーケースに、真鍮製の3.0mmφ軸タイプのスリーバレルだとこうなります。
 
IMG_5076.jpg
 
ジッポ本体が、新品からのカスタムでも、この程度の研磨での納品としています。
 
IMG_5079.jpg
 
神奈川県の村松さん オーダーありがとうございました

スターリングシルバーのカスタムジッポ

IMG_5165.jpg
子どもの生まれ年の銀製のジッポが手に入ったので、全部銀でカスタムして欲しいというオーダーでした。
メキシカンスカルは、つち目模様を入れて、額にご要望を頂いたハートのトライバルモチーフを、片目には石をいれたりの、ご要望でした。
それと、同じメキシカンスカルのモチーフのペンダントを、サイズの違う感じで二つ、合わせてオーダーいただきました。
ペンダントは別の記事で掲載します。
 
IMG_5157.jpg
持ち込みのジッポは、息子さんの生まれ年ということで、アーマーではない通常のジッポのため多少歪むのを覚悟でのカスタムベース。
 
IMG_5166.jpg
スリーバレルの下に、キーホルダー用のフックと、引っ掛けたリングも製作しました。
 
IMG_5168.jpg
スリーバレルは、アーマーに比べて少しふたも軽いので今回は2.0mmφ軸を採用しました。
ジッポのスカルの片目には、ルビーを埋め込みました。
個人的には、赤い色が金属に映えるので、採用していますが、誕生石としてだと七月な感じになります。
 
IMG_5170.jpg
可動域の兼ね合いで、開閉時に、やや小さい軌道で弧を描く感じで、ハンマーの動きや叩く音の鳴るタイミングなども少し変わって2.0mmφ軸パターンのスリーバレルもおすすめです。
見た目にインパクトが欲しい場合は、3.0mmφ軸もおすすめですが、強度的にはどちらも、ノーマルよりはるかに丈夫になります。
 
IMG_5167.jpg
リングにも、見えにくいけどつち目を入れて、スカルの表情と合わせた質感にしました。
 
IMG_5172.jpg
埼玉県の潮田さん オーダーありがとうございました。

ハンマートーンタイプのスリーバレル

IMG_4628.jpg
ハンマートーン(つちめ)デザインのジッポの修理ついでのカスタムのご依頼でした。
槌目 つち目 つちめ 使い分けているのは特に意味もなく。
 
そんなジッポで、「全体に、”もとからそうなのかな。”って感じに、スリーバレルに、つち目模様を入れられないか。」というご要望で、新たな感じでやってみました。
 
IMG_4597.jpg
お持ち込みいただいたジッポ
蝶番部分も一ヶ所折れて無くなってるし、カタカタとずれていて、そんな壊れかけの銀製のジッポの持込修理カスタムでした。
 
IMG_4595.jpg
「ふたが使い込んで開いてずれてしまっているので、可能な限り修正をして欲しい。」というご要望もありました。
ボトムの刻印も古そうで、珍しい感じだなぁってジッポでした。
昔のタイプは溶接があまいタイプもあったりして、その場合は、通常かからない持込料を頂く場合もあります。
 
IMG_4627.jpg
普通より長さを伸ばして、製作してみたスリーバレルは、3mm軸タイプ
プレートの部分だけはつち目を入れられたので加工してみました。
 
IMG_4629.jpg
ふたのズレも、わからない程度には修正できました。
いぶしをいれて、古さや前から在った様な質感にして仕上げ。
 
IMG_4630.jpg
兵庫県の宮崎さん オーダーありがとうございました。

銀製のカスタムジッポ

スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
銀製のジッポに、銀製のスリーバレルを組み付けたオーダーでした。
以前作ったカスタムジッポを友人が見て、周りの方もって感じでいくつかオーダー頂いたうちの2パターンです。
 
基になるジッポの年代が違ったので、同じ感じの仕上げのご紹介ですが、もし、自分のも修理ついでにカスタムオーダーしたら、どんな感じになるのかとか、なんとなく参考にしてみてください。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
スリーバレル(蝶番)の3mm軸というタイプ
見た目のゴツさとか、持ったとき使っているとき、何気なく置いてるときのインパクトでまーまー目立ちます。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
銀製のジッポの見分けは、この文字配列で見ると、左上に”STERLING”スターリング と、打刻してあります。
プレゼントで銀のジッポを贈ろうと考えて、銀メッキを購入される方も多く、この部分とか、打刻の有無、あと大きく違うのは販売価格ですが、銀のジッポの方がお高目です。
ちなみに、この場合だと、打刻面の右上にある盾のマークがいわゆるアーマーケース
アーマーってのは”よろい”ってイメージの解釈で、通常のジッポより約1.5倍板が厚くて丈夫です。
持って比較するとずっしりしていて、小物にこだわる方には、個人的にはおすすめ。
特に、こんなカスタムのベースには。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
もうひとつ銀製のジッポで、同じ3mm軸のスリーバレルカスタム。
年代のやや古いこちらのタイプ、文字の印象が違い、この感じのジッポだと、少し加工に難点があり、別途料金が追加で発生する場合もあります。
このジッポの場合は、右下に先ほど同様に”STERLING”の打刻が入っている部分で見分けられます。
先に紹介した方に比べ、こちらがノーマルの板厚で、やや銀でも軽い。
カスタムする際、アーマーに比べ歪みがでやすく、でも開閉音は軽やかです。
 
IMG_4387.jpg
見た感じは同じなんですが。
こちらは、ややいぶしも入れて仕上げてみました。
銀らしく仕上がります。
 
スターリングシルバー カスタムジッポ スリーバレル
長く愛着もって育てて、自分しか持っていないこだわりの贅沢な小物をお手伝いいたします。
可能な限り。
 
兵庫県の宮崎さん オーダーありがとうございました。

表面にだけカスタムの場合

IMG_4053.jpg
銀色のジッポに銀色のメキシカンスカルをつけて、後々予算が出来たら、片目に石を埋め込んだり、蝶番をスリーバレル化して真カスタムしてみたい。
ご要望で、とりあえずメキシカンスカルをはじめに。
ってオーダーでした。
 
IMG_4014.jpg
届いて確認すると銀色で、真鍮の銀メッキのジッポ
一応アーマータイプの現行だったので
取り付け部分のメッキをはがして
シルバーで製作したメキシカンスカルを取り付け。
蝶番がノーマルだとガタツキでこのくらい空いたりします。
仕上がりは、上の一枚目の画像みたいに、あごの下に文字を入れるご要望もありました。
 
IMG_4016.jpg
メッキにロウ付けすると、ややこんな感じにシミができたり
模様の中は削って真鍮をあえて出して色の違いもだして、経年変化を楽しめる仕上げに。
 
IMG_4017.jpg
寄りで見ると、こういう質感になります。
全体的にメッキなので、いぶしが入らないので、銀とは違う風合いに。
使い込んだ古さを出すなら銀製ジッポがおすすめです。
 
IMG_4015.jpg
薄くしかメッキのかかっていない箇所などは、下地の真鍮の金色がこんな感じで見えます。
 
IMG_4018.jpg
メッキの剥がれもかっこいいので、こういう質感を好む方には、これはこれでありだと思います。
 
IMG_4019.jpg
北海道の小谷さん オーダーありがとうございました
またのカスタムをお待ちしております。

蝶番に柄入れ カスタムジッポ

IMG_4519.jpg
色んなオーダーの中で、前歴のあるオーダーは、
ひとつずつ作るので一点ものではあるけど、
何か個性が加わった方が、持っていてうれしいものですよね。
 
そんな感じで、真鍮製のアーマーケースのジッポをベースに
銀製の3.0mmφ軸のスリーバレルのカスタムに
少しアレンジで模様を打ち込みました。
 
プレゼントのご要望でのオーダーだったんですが、
ペンダントにも交差した矢を打ち込んでいたので、
贈り物にもお揃いの柄を入れませんか
自分の持っているものと贈ったものにお揃いがある感じで
 と、提案。
 
何気に持ち物にペア感がでて、お互いなんとなく心地いいような
そんな持ち物になればいいなぁ なんて感覚で。
 
IMG_4521.jpg
「贈る相手が鳥が好き。」 というご要望もあり、
開閉時の指の引っかかり部分に、小さめのイーグルを銀製で。
 
IMG_4520.jpg
何も無くても開くけど、自分だけのカスタムをアレンジしたい方は
この部分も好みを盛り込んだりいかがでしょう。
 
IMG_4518.jpg
仕上がりは新品同様にはならず雑さが残りますが、
神経質な方には向きませんが、
こういうのが好みの方にはおすすめしています。
 
IMG_4523.jpg
そもそも、蝶番の軸に3mmφも太くなくていいんだけど、
置いてるだけでノーマルじゃない存在感を楽しんで貰えたら幸いです。
2.0mmφ軸もオリジナルで製作しています。
 
大川さん オーダーありがとうございました。 

ジッポに指輪のケース

クリスマスのオーダー&納品ラッシュで体重も少し落ち
昨晩の過食でもとに戻り、
そんな年末最後の月曜日。
定休日の関係ない師走でしたが、沢山の喜ばせたい気持ちの交換に
少しお役に立ててたらうれしいな。
オーダーを、今年も沢山いただき、ありがとうございました。
早い方だと、9月頃からご相談いただいてたりで、ありがたい限りです。
年内の営業は27日までとなっています。
 
IMG_4463.jpg
ジッポのスリーバレル 蝶番のカスタムの画像を見つけて
それを利用した感じのギミックで、指輪を収納できるような
ケースを、ジッポの正面に作れたりしないか
という感じのご相談でした。
 
IMG_4413.jpg
指輪の幅は約3mm程でペアに
真鍮製の丸い膨らませた板に槌目を入れて
 
IMG_4414.jpg
その輪郭のサイズに指輪の内径を合わせて
 
IMG_4415.jpg
その指輪の外形に、ケースの枠になる部分が
隙間の出来ない感じで重なるサイズ感を製作。
ご要望頂いた指輪のサイズを基準に製作しました。
  
IMG_4416.jpg
指輪が入っていないときには、こうなるイメージ。
 
IMG_4443.jpg
蝶番の軸を、どうやって固定するか悩み
ジッポのように、両サイドを打ちつぶしたりも難しく
軸の中央に、さらに細い軸を挿して固定する構造で
 
IMG_4444.jpg
蝶番のピンを刺して、穴に軸を差し込むと抜けない感じに。
 
IMG_4448.jpg
ふたを倒すとその軸は絶対抜けない位置になる。
そのふたのしまり具合や、不意に開いて中の指輪が落ちてなくなるのも困るので
しっかりしまるように考えたピンと掴む部分。
構造考えるのにヒントを探す日々・・・吐きそうでした(笑)
 
IMG_4456.jpg
外側が三日月のイメージで
 
IMG_4458.jpg
ふたを開けると満月に というご要望で
つきのモチーフ部分は真鍮製の槌目でなんとなくそれとなく。
 
IMG_4459.jpg
指輪が、はじめの製作画像のサイズ感で収まります。
 
IMG_4451.jpg
合わせてオーダー頂き製作した指輪は、3mm幅で甲丸のシンプルなペアリング。
 
IMG_4452.jpg
内側に、以前製作して記事に掲載していた指輪をヒントに
相 + 心 = 想 のイメージで文字をいれるご要望でした。
 
IMG_4470.jpg
こうなって、若干押さえると
 
IMG_4471.jpg
カチャッ!としっかりふたが閉まるギミック。
面白い製作で楽しかったです。
 
愛知県のOさん オーダーありがとうございました。

古いタイプの銀製のジッポ 修理カスタム

IMG_4175.jpg
使い込んでるジッポの修理ついでのカスタムのご依頼で
スターリングシルバー製のケース
ボトムマークから推測で、1955~1979年頃製造の筆記体。
スリーバレルの3.0mmφ軸の真鍮製を合わせるオーダーでした。
 
IMG_4146.jpg
もとのバレルが二ヶ所引きちぎれてて、使えるけど限界な感じ。
軸も、ご自分で替えてたのか、別のものが打ち込まれてて、
自分なりに修理して、愛着もって大切に使っての今なんだろうなってうかがえる。
 
IMG_4176.jpg
凹みも傷も修正できないので、そのままで、
取り付けた蝶番だけピカピカに浮いた質感にしないで
全体の雰囲気に合わせ加工取り付け。
 
IMG_4179.jpg
アーマーじゃないので多少歪みも出ますが、
それも含めかっこいい持ち物になりそう。
 
IMG_4174.jpg
また長い年月愛着もって使っていただければ幸いです。
 
銀製のジッポ + 真鍮製のスリーバレル 
ってパターン、思い返すとこの雰囲気や組み合わせって少ないので、
興味がある方は是非参考にしてみてください。
 
東京都の宮脇さん オーダーありがとうございました。

ロンソンスタンダードのカスタム

IMG_4030.jpg
ジッポじゃないけど、ロンソンというオイルライターを持込で、
オリジナルのトゥーフェイスデザインの真鍮製を、
付けるカスタムのご依頼でした。
 
IMG_3996.jpg
ジッポに比べ、フリント(発火石)がやわらかいらしく、
押さえを押すとホイールが回転して、オイルの染み込んだウイック(芯)に
火が点く構造。
ジッポと比べ、風避けの構造がないので、アウトドアには向いてなさそう。
でも優しい雰囲気のオイルライターで、
フリントは専用が必要だけど、オイルはジッポオイルでも使えるそうです。
そんなロンソンというオイルライターの、ロンソンという有名なタイプ。
 
IMG_4029.jpg
トゥーフェイスの背面を削り、ケースのアーチに沿わせてロウ付け
 
IMG_4026.jpg
銅の成分のにじみのピンク部分が黒くなってくると、
さらに影となって立体が引き立ちそうです。
 
IMG_4025.jpg
真鍮同士の銀のロウ付け
もともと、ロンソンの組み立てが、はんだなのか、銀色のロウ付け面とか
かっこいいオイルライターでした。
 
IMG_4028.jpg
背面。
使い込んで古びた質感になって、古美なオーラが面白そうでした。
 
IMG_3997.jpg
ジッポのアーマーくらいの厚みがあって歪みも出ずひと安心。
 
秋田県の佐々木さん いつもありがとうございます。

銀のジッポカスタム

IMG_3876.jpg
銀製のアーマーではないタイプのジッポを持込で、それをベースに、
いつもの3.0mm軸で銀製のスリーバレルカスタムのオーダーでした。
 
IMG_3845.jpg
これが
 
IMG_3875.jpg
こうなる感じ。
シンプルに、蝶番のみの補強のご依頼でした。
 
IMG_3878.jpg
可動域と、イメージはこんな感じ。
 
IMG_3879.jpg
アーマーではないタイプなので少し歪みも出ますが、
それもまたアジで、使っていた傷も残り気味の仕上がりに。
 
IMG_3872.jpg
で、今回は、中のユニットのハンマーが弱いとのご相談
新品ももっているけど、少しでもバネの力が強く出来ないか
というご要望で、打ち伸ばしてバネの力を出した真鍮の薄い板で
 
IMG_3873.jpg
なんとなく作って、差し込んでみましたが、ちょっとは違う感じに
なったかな・・・
 
IMG_3874.jpg
新品には勝りませんけど、仮の対応って感じでした。
 
兵庫県の宮崎さん オーダーありがとうございました。

真鍮のカスタムジッポ オーバーレイやチェーンなども

IMG_3327.jpg
真鍮製のジッポ(アーマーケース)をベースに、カスタムのオーダーいただきました。
 
IMG_3324.jpg
蝶番(ちょうつがい)のスリーバレル化
3.0φmmの軸に作り変え。
ここは定番な雰囲気にシンプルに。
 
下の部分は、3.0mmの線形のチェーンを製作
それを下げるフック部分も取り付け。
重めのチェーンを下げるため、丈夫でチェーンに合うような太さで製作しました。
 
IMG_3325.jpg
表面のデザインは、上下ともオーバーレイという貼り合わせの立体感で
それぞれ製作。
ケースの下には、シルバー製で、盾のデザイン、その中にイニシャルを。
立体感が増すように文字の背景は強めのテクスチャーを入れて
艶と傷の変化を付けて使うほどに文字の立体が際立つように加工。
 
上の部分はブラス製で、海賊っぽい雰囲気に。
少しアーチをかけた枠の中に No Pain No Gain (ノーペイン ノーゲイン)
といれています。
文字数が幅に対して多かったけど、グーニーズのロゴっぽい雰囲気で
切り出して合わせてみました。
  
IMG_3326.jpg
開閉部分の指の引っかかりには、真鍮製のスカルビーズ
後頭部カットで取り付け。
 
IMG_3323.jpg
ジッポから下がる部分の全長を約9cm程というご要望もあって、
チェーンの先にもアンカーのモチーフバランスに合うように切り出して製作しました。
 
IMG_3328.jpg
細部のアップイメージ
開けた時はこんな感じの見た目。
 
IMG_3386.jpg
背面には、新しく産まれてきた子どものバースデーを含めて
三人の子どものバースデーを削り入れ
中央寄せで、大きめに削りいれて欲しい というご要望でした。
 
東京都の渡辺さん オーダーありがとうございました、

ジッポをフリスクケースとして使うというニーズ

IMG_3235.jpg
新しい試み。
ジッポのケースを利用した、フリスクなどの携帯に使えるタブレットケース。
 
この中身だけで販売しているものらしく、持込でのご相談でした。
「タバコを吸わないし、火をつけるニーズはないけど、持ち物としてこだわりたい。」
そんなご要望からの贅沢なオーダーでした。
 
IMG_3121.jpg
持込でのご依頼で、
中古のスターリングシルバー製のジッポ アーマーケース
キーホルダーに使っていた、オーバーレイで加工したメキシカンスカル
これを合わせて欲しいというリメイクのご要望からスタート。
 
IMG_3227.jpg
ちなみに、中身のタブレットケースはこんなの(左手前)です。
 
IMG_3228.jpg
こんな感じで、カバーを横に外すと中身を補充できる構造になっていました。
タバコをやめたけど、ジッポを持っていたい ってようなニーズがあるんでしょうね。
 
IMG_3218.jpg
製作過程は端折って、こんな雰囲気に加工。
 
IMG_3219.jpg
キーホルダーにしていたときの、槌目に入った傷などはそのまま残して、
加工時の炎の熱を加える際に、ルビーを外して、
改めてエメラルドに入れ替えて、石を留める爪も変更。
 
IMG_3220.jpg
開閉の指の引っかかり部分に、スカルビーズを後頭部カットの加工で取り付け。
 
IMG_3221.jpg
メキシカンスカルの頭上に、MEMENTO MORI メメント・モリ)を削り入れ。
”今日絶頂だとしても、明日もそうかはわからない。”
とか、
”自分がいつか死ぬことを忘れるな。”
死を連想させながら、生きることを大切にせよ
みたいなメッセージのある、個人的に好きな言葉だったり。
 
IMG_3222.jpg
スリーバレル(ちょうつがい)は、3.0φで、輪郭をアーキュエイト(弓形)なシルエットに加工。
 
IMG_3223.jpg
ホルダー部分は、ジッポの取り付けをスムースダイヤという
ウォレットチェーンなどに使うデザイン部品を加工
革の帯を着けるための部品で、Dカンも加工取り付け。
 
IMG_3224.jpg
Dカンには、あんまり見えないけど、さりげなくメキシカンスカルにバランスを合わせ
槌目模様を古い感じで取り付け。
 
IMG_3225.jpg
背面の下の部分にお店の名前を。
名前の部分は、要望があれば入れています。
 
IMG_3226.jpg
ここまでの仕上がりで、中身が通常のジッポなら、こんな雰囲気。
 
IMG_3232.jpg
あごの下に製作した西暦2016を削り入れ。
革の帯を付けて仕上がり。
革の帯びは、ホルダーを加工取り付けすれば取り付けられます。
ポケットから取り出す際に便利だったり。
 
IMG_3233.jpg
贅沢な小物。
 
佐藤さん オーダーありがとうございました

角度調整式スリーバレルカスタム 真鍮製

IMG_3017.jpg
角度調整式のスリーバレル加工で、約100度の開閉角でふたが止まるデザイン
以前スターリングシルバーで作った分を参考に
真鍮で作って欲しいというご要望でした。
銀の場合の参照 : 銀製のジッポのカスタム 開閉角度調整型
 
IMG_2951.jpg
郵送頂いたジッポ
軸を自分で太いものに交換されていて、しっかりと丈夫なものにしたい
そんな理想が伺えます。
壊れますから仕方ないですよね。
もちろんカスタムしても、金属の磨耗は避けられないし、
使っていたら壊れるし消耗品ではあります。
 
IMG_2961.jpg
角度調整つきなので、いつものスリーバレルよりゴツ目で無骨
黒っぽく映っている棒が外した分で
その右の棒が、今回の軸の3.0mmφ
 
IMG_2962.jpg
そもそも、こんなに太くする必要も無いんですが、
あまりオーダーのない2.0mmφというスタイルのスリーバレルもあります。
どうせカスタムするならインパクトや個性が欲しいというご要望も多く
それで3.0mmφのカスタムが多い感じです。
 
IMG_3009.jpg
表の右下に矢印とお店のロゴをというご要望
 
IMG_3010.jpg
研磨はある程度でという感じで
 
IMG_3012.jpg
微調整ではみ出た銀ロウも、使い込むといい雰囲気になりそうでした。
 
IMG_3014.jpg
アーマーではないタイプの普通のジッポだと、加工時に熱で歪が少しでます。
カスタムベースは、アーマーが重たいけどおすすめ。
普通のジッポの場合、開閉時のハンマーで叩く金属音が高くなって
それも悪くないです。
 
IMG_3015.jpg
神奈川県の高橋さん オーダーありがとうございました。

ジッポ二つ一緒にカスタム 文字を入れたり

IMG_2712.jpg
持込で、スターリングシルバー製のアーマーと、ブラス製のアーマーを
スリーバレルや、アレンジしたメキシカンスカルなど
同時進行で二つカスタムジッポのオーダーをいただきました。
 
IMG_2706.jpg
ブラス製のジッポのアーマーには、ブラス製の3.0φmmスリーバレルと、
メキシカンスカルのアレンジで、額に花を、歯の部分に店の名前を、
片目にルビーを、頭の上のアーチに It's Show Time と。
 
あと、「自分が顔の半分に怪我があるのでそれを重ね合わせたような
ルービーの側だけ溶かした感じにして欲しい。」
というご要望で、銀をたらして溶かして、まだらに溶かしてみました。
 
スターリングシルバー製のジッポのアーマーは、
スターリングシルバー製の3.0φmmのスリーバレルと、
背面に文字をいれるご要望でした。
 
IMG_2709.jpg
革でストラップを、それを取り付けるフック部分なども製作。
 
IMG_2711.jpg
フックに引っかかる輪も可動しやすい丸のままに。
ポケットから取り出す際に便利なように という感じのご要望でした。
 
IMG_2738.jpg
それぞれのジッポの背面に、それぞれご要望頂いた違う文章を刻んでいます。
どちらも古めかしい、完璧じゃない質感の仕上がりをご希望での仕上げに。
 
鹿児島県の本田さん オーダーありがとうございました。

蝶番の形状をアレンジしたカスタムジッポ

IMG_2394.jpg
今までとは、一味違ったデザインでのスリーバレルのカスタムジッポのオーダー
スターリングシルバー製のアーマーをベースに製作しました。
 
IMG_2378.jpg
実寸での縮尺で画を郵送頂き、それを基に計算して画のサイズで
まずスリーバレル(蝶番)を製作。
 
IMG_2379.jpg
実際に置いてみて確認しながら微妙なサイズ感を微調整
 
IMG_2384.jpg
郵送頂いた図面で、色の違う部分を、色の違う金属、真鍮などで
見た目を変えて というご要望もあったり
 
IMG_2381.jpg
真鍮製のマイナスネジ頭を、これもひとつずつ作って
図面のイメージで角度を合わせてロウ付け
 
IMG_2393.jpg
昔のデザインでありそうな、おしゃれな唯一無二な蝶番が出来ました。
 
IMG_2398.jpg
下の板の黄色さで真鍮が見え辛いですが、色の違いがかっこいい仕上がり
 
IMG_2399.jpg
アーマーの丈夫さを支えるだけある存在感
 
東京都の清水さん オーダーありがとうございました

銀製の分厚いジッポのバレル修理など

IMG_2345.jpg
使っている銀製の分厚くて重たいジッポの蝶番が外れてしまい
その修理と合わせて、カスタムも というご依頼でした。
 
IMG_2301.jpg
持ち込んでいただいたロウ付け部分が取れたジッポ
付いているモチーフも外して加工修正
 
IMG_2305.jpg
3.0mm軸のスリーバレルの取り付け微調整加工
 
IMG_2350.jpg
軸を打ち込んで留めて、研磨した後
 
IMG_2307.jpg
開閉の指の引っかかり部分
Rを一文字入れて貼り付けるご要望でした。
 
IMG_2346.jpg
研磨後 全体的な深い傷は消せないため、部分的に黒い凹みも残っています。
これを消すと全体的に厚みが無くなっていくため、こういう仕上げに。
 
IMG_2309.jpg
開閉時にハンマーの音を左右する部分の、リット(ふた)内部にあるパーツ
この部分もロウ付けが根元から折れていたため修理。
 
IMG_2352.jpg
念のため、壁の前後にわずかな角棒を敷いてパーツを補強
前よりは丈夫になったはず。
 
IMG_2348.jpg
銀の板で、リボン的なモチーフのパーツを製作してご要望の文字を打刻。
またこの修理で大切に使ってもらえたらいいな
 
栃木県のRさん オーダーありがとうございました

真鍮に銀メッキのジッポをカスタム

IMG_1794.jpg
真鍮製に銀メッキをかけたアーマーケースタイプのジッポをベースに
スリーバレルを取り付けたカスタムのご依頼でした。
 
IMG_1823.jpg
スリーバレルを製作して、ロウ付けすると、全体的に焼けて
銀や真鍮の素材のままの色とまた違った色に変化
 
IMG_1824.jpg
ロウ付けする下地のみメッキを削って、真鍮製のスリーバレルをくっつけて
仮ピンを入れて可動域などを微調整
 
IMG_1825.jpg
ロウ付けのはみ出した部分は、極力削って欲しいというご要望でした。
軸の両側を留める際に、その見えない部分ですが、このように少し掘ってあります。
 
IMG_1827.jpg
少しはみ出させた長さの軸を両側から叩いて留めています。
 
IMG_1829.jpg
叩いて頭をクギの頭のように横向きに伸ばして軸を固定
その際に、先ほどの削った溝にふたをしていくって言うかなんていうか
イメージはそんな感じ。
 
IMG_1830.jpg
叩いた軸は3.0mmφ
叩いた後はそれより広がっているので、それが両側なので
どちらにも抜けない固定方法になっています。
 
IMG_1835.jpg
仕上げは荒くてもペーパーの後が残ってもいい お任せします というご要望で
黒くにじんだ後をざっくり削って整えて仕上げにしました。
古臭い質感になっていくと渋そうです。
 
IMG_1833.jpg
スリーバレルだけのカスタムもシンプルでいい感じ
 
大阪府の下地さん オーダーありがとうございました。

スターリングシルバージッポのアーマーカスタム

IMG_1977.jpg
スターリングシルバー製のアーマーをベースにしたカスタムのオーダーでした。
ゴージャスで、いい雰囲気醸し出したカスタムでした。
  
IMG_1862.jpg
表面はメキシカンスカルを銀製で、
額に真鍮製のベアパウで太陽神を、
その他のパーツも製作して組み立てていく流れや雰囲気を、
加工した後と研磨していぶした仕上がりの比較で掲載してみます。
 
IMG_1900.jpg
ロウ付け中のおどろおどろしさは、酸で洗った後こんな白さに
毎回切り出して製作するスカルの表情は、その都度若干違っています
わずかな違いですが。
 
スリーバレル(蝶番)部分も銀製で、3.0mmφ軸のご要望でした。
 
IMG_1974.jpg
その後、いぶしたり研磨したりした後のイメージ
額のベアパウと合わせる感じで、スリーバレルは銀製だけど、軸部分だけ真鍮製
右下にお店のロゴを。
ロゴは、バランスを見て入れたり入れなかったり。
ご要望があれば、オーダーの際にお知らせください。
 
IMG_1901.jpg
開閉部の指の引っかかりを、何か付けてほしいってご要望だったので、
こちらも銀製で、クロスボーンスカルのチビコインでカスタムしてみました。
 
IMG_1975.jpg
研磨していぶすと、わずかなくぼみでも立体感が出て、
小さなこだわりでも、それなりの存在感が出せたりします。
チビコインは、 >> http://dssl.blog18.fc2.com/blog-entry-483.html
こちらのページでいくつか紹介してあります。
  
IMG_1902.jpg
スカルの裏側、背面の右下に、ご要望頂いた文字を銀で切り出してロウ付け
 
IMG_1978.jpg
同じように、いぶして研磨すると立体感が増していい雰囲気に。
全体的に銀だけど、ちょっとだけ真鍮を加えるとこういう雰囲気になります。
 
北海道の渡部さん オーダーありがとうございました。

2.0φスリーバレルなどのカスタムジッポ

167_20160625175248e36.jpg
エッジの立っていない、やわらかい雰囲気で研磨仕上げの
プレゼント用のカスタムジッポのオーダーでした。
 
160_201606251752370dc.jpg
ブラス製のアーマージッポがベースで
星と8という数字をちりばめたいというご要望でした。
 
使う石はメキシカンスカルの片目にガーネット
あごの左右にムーンストーンとアクアマリンを
四つ角の星はシルバーで
 
162_2016062517523806c.jpg
打刻を入れたキーホルダー
 
163_20160625175239d81.jpg
スカルの額に星を四つと、クローバーを切り抜き
歯の部分に名前などもご要望でした。
何気に、ひげの部分も8の字になっています。
 
あと、バレルはやや細めの2.0φmmのブラス製を使用
ややコンパクトに、でも補強にもしっかりなっています。
 
164_20160625175241f22.jpg
研磨してると、画像じゃ銀も真鍮もよくわからないけど
使い古していくと先に真鍮が黒く古っぽくなるので
経年変化も楽しみな印象でした。
 
166_201606251752421c5.jpg
キーホルダーは表をピンクで、背面は黄色の組み合わせ
色んなご要望があって面白かったです。 
 
Kくん オーダーありがとうございました

メキシカンスカルのみのカスタムジッポ

064_20160610175535cf6.jpg
持込のスターリングシルバー製のジッポをベースにカスタムのオーダーでした。
 
蝶番部分はノーマルのままで
メキシカンスカルを銀で製作して
スカルの額に太陽を切り抜きで
研磨はある程度で
という感じでの新しいパターンのご要望でした。
  
061_201606101756246ef.jpg
蝶番がそのままなので、背面から見ると普通のジッポ
 
062_20160610175533a9a.jpg
蝶番が壊れたら、改めてカスタムも可能です。
徐々に変化させるカスタムもありかもしれないですね
色んな自分だけのカスタムジッポのご依頼お待ちしております。
 
お問い合わせが多いので、内容が混同してしまうことが多く
出来ればメールでお問い合わせください。
お問い合わせの際は、誰なのかわからないので名前をお願いします。
 
秋田県の佐々木さん オーダーありがとうございました。
いつもありがとうございます

真鍮製ジッポ 全て真鍮でカスタムのパターン

052_201606091753251e9.jpg
県外から真鍮製のアーマータイプを郵送して頂き
そのジッポをベースにカスタムしました。
真鍮製の3.0φmmのスリーバレル
真鍮製のメキシカンスカル
片目にガーネット(1月の誕生石で)
引っ掛ける部分とその部分にナチュラルの革のストラップ的な持ち手を付けて
ポケットの中から出しやすいように
研磨や仕上がりは古っぽく
背面に妻の名前をデザインぽくアレンジして
という感じのご要望でした。
 
054_20160609175328b94.jpg
全体的に真鍮だけでのカスタムだとこういう雰囲気に
ロウ付けは銀で行い、少しにじんでしまう質感になり
使っていて黒ずむと銀色がいい雰囲気になります。
 
063_20160609175324463.jpg
片目のガーネット
普段しているルビーに比べて赤みの抑えられた色味
石の硬度(かたさ)はルビーの方が硬くてお勧めですが
誕生石としてのチョイスも面白いと思います。
 
053_20160609175327f8f.jpg
背面の文字は削り入れで。
パッと見読めない程度に書き入れてみました。
 
真鍮かシルバーか悩んでいましたら、ご参考に。
 
茨城県の橋本さん オーダーありがとうございました

スリーバレルカスタムのみってパターン

IMG_1033.jpg
スターリングシルバー製のアーマータイプのジッポの蝶番(ちょうつがい)が
カタカタと緩んでて、その部分の修理加工でした。
 
特に、アーマータイプは頑丈だけど、蝶番そのままですもんね
重いし仕方ない消耗品みたいな感じになってますね。
ジッポって、製造元だったかな、そこに送ると無料で修理してくれるらしいです。
でも、どうせなら元通りよりカスタムって方も多いです。
 
いつも、オーダーってなるとメールや電話で問い合わせがあったりで、
見えない方からのご要望をカタチにと、オーダーを受けたりしていますが、
「機会があれば行ってみたいと思ってて、仕事を辞めて次の仕事までの時間が出来たので。」
と、東京からお越し頂いた方からのオーダーでした。
納品は後日なので、宅配便でしたけども。
 
IMG_1024.jpg
こちらが持ち込んでいただいた愛用しているジッポ
銀製のアーマー
画像でわかりにくいですが、綿の入っている部分に、オイルタンクを装着したり
ちょっとこだわっているカスタムもされていて
タンクの分も、外の厚みも合わさって重たいジッポでした。
 
IMG_1031.jpg
オーダーの内容は、
銀製(スターリングシルバー製)でスリーバレルの3.0φmm軸
全体的な研磨はある程度で構わない。
シンプルなご要望でした。
 
IMG_1032.jpg
銀は熱を加えると、純銀を硬くするために加えている銅の成分のにじみ火斑(ひむら)が出て
その辺もある程度しか消していない仕上がりです。
 
IMG_1036.jpg
次に傷むのがハンマーを支えている芯の下に挟まっている板バネ
もし折れたらハンマーがふわふわしてきます。
そのときは、中身だけ交換したらまた力強いキーンって音が楽しめますよ
 
IMG_1037.jpg
今のところ、カスタムだと2ヶ月ほど順番待ち
他のオーダーとの兼ね合いもあるので、ご了承ください。
 
東京都の岡村さん 遠方より起こし頂きありがとうございました。
オーダーありがとうございました。
 
 
ブログに拍手いただいていてとてもうれしいです。
いつもありがとうございます

カスタムジッポ 背面に絵を掘り込み

IMG_0689.jpg
ジッポの開閉の補強と、ついでのカスタム
ご好評頂いています
ありがとうございます
 
普段作っているものに加えて、背面の部分にも、絵を彫って欲しい
そんなカスタムジッポのご依頼でした。
 
IMG_0688.jpg
ベースはアーマータイプのブラス製
”よろい”って意味の通常のジッポに比べると1.5倍肉厚な
重さもあるジッポ
カスタムする際に炎であぶって加工するから、表面の歪みは避けられず
その点で見ても丈夫なタイプがアーマーというタイプのジッポです。
 
いつものメキシカンスカルに、額に太陽を掘り込む追加オーダーでした。
 
IMG_0691.jpg
メキシカンスカルもスリーバレルの3mmφ軸も全て真鍮(ブラス)せ製作
ロウ付けは銀なので、経年変化が面白い
わざと、その銀をにじませたり、研磨もそこそこでやめた無骨感だったり
こういう風合いの仕上がりも、真鍮の良さを出せれておすすめです。
 
IMG_0690.jpg
背面の絵
ホルスの目
削って彫って入れています。
そんなに丁寧ではないですが、この程度でよければ、ご要望ください。

熊本県の 野寺さん オーダーありがとうございました  
  
 
 
IMG_0694.jpg
話は変わりますが、最近ちょっと気になったブログの機能
 
拡大・・・ 
IMG_0695.jpg
がんばらないとなぁと、見て感じました。
記事の右下にある、【拍手ボタン】 も、がんばり甲斐になるので
興味があった閲覧記事に、ぜひポチッとお願いします。

大切にしてたジッポの修理とカスタム

IMG_0790.jpg
長く愛用しているカスタムしたジッポが壊れたから
蝶番部分の補強のカスタムと
手元のフックを50mmくらいの長さになるよう付けて
背面に生まれ年のコインを付けて
質感は今のままで
そんなオーダーをいただきました。
 
もとのカスタムは、ディアストックではなかったけど
使えるようにする修理だったのと、出来そうだったのでお受けしました。
製作部品は真鍮でというご依頼でした。
 
IMG_0700.jpg
開閉時にキーンって音のなるハンマーを起こす部品が外れて
接着剤で付けた跡
この状態が持込みの状態
 
IMG_0702.jpg
嫌いじゃない質感
これを活かし、全体的に使えるように加工ということで
外れた部品をロウ付けして
蝶番も合わせて製作して
チェーンを作って
 
IMG_0789.jpg
組み立てて、こんな雰囲気に
 
IMG_0792.jpg
背面につけるコインも合わせて持ち込みいただいたけど
調べるとロウ付けできない耐熱性の無い素材で
接着剤で固定
御依頼いただいた方の生まれ年のコイン
フェザーのデザインを削った跡もあったり
 
IMG_0793.jpg
これでまた使えるんじゃないかと。
 
IMG_0794.jpg
チェーン部分をネジって、ジッポのデザインが正面に向くように
もともとあった一コマに合わせて製作。
 
千葉県の鳴海さん オーダーありがとうございました。
 
  
有名ブランドのジッポを補強して欲しい場合などは
リスクやクレームの発生時に対応できないのでお断りする場合もあります。
几帳面で神経質な方には向いていないので、その上でご検討ください。

真鍮製の銀メッキベースでカスタムジッポ

032_20160223180514ba8.jpg
真鍮のジッポの銀メッキをかけた製品でも、状態に合わせて修理のカスタムは可能です。
真鍮製の銀メッキジッポの蝶番を真鍮製のスリーバレルに替えるご依頼でした。

012_2016022318050808a.jpg
ノーマルの蝶番の軸が使い古されて緩く、ガタガタしていて
また使えるようにと、預かったジッポは
デザインの入ったアーマータイプで外見はしっかりしているけど
肝心な部分が痛んでいました。
 
014_20160223180509a54.jpg
製作したスリーバレルをロウ付けするために、ロウ付け面のメッキをはがして下処理をしたところ。
出来るだけ、もとの雰囲気も残したかったので必要な部分だけ剥がしました。
 
030_20160223180512b36.jpg
研磨の具合は全体の雰囲気に溶け込みような程度に仕上げ。
 
028_20160223180511d33.jpg
西さん オーダーありがとうございました。
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 TEL:097-538-8313
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
 質問やお問い合わせは、
 上のバナーからお気軽にどうぞ

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -