ベルトの延長加工など

IMG_6801.jpg
 
「ずっと使ってる愛用のベルトが、太ってしまって届かなくなったので、新しいのを作ろうと思うんだけど、でも、今使ってるのも使えるようになれば嬉しいし、いっそのこと新しいベルトも作って、愛用している方は加工で、二本頼もうかな。」
というオーダーでした。
 
IMG_6792.jpg
 
お預かりした延長加工のご要望のベルト。
 
愛着のあるものって、綺麗じゃないとしても、思い入れが勝ってて手放したくない大切にしたい気持ちってわかるので、そういった価格じゃない価値の部分も拾える作る人では在りたいので、嬉しいご依頼でした。
 
IMG_6794.jpg
 
同じ革はないので、黒い革で、指定の長さ分パーツを製作して、重ねて貼り合わせて、縫い合わせ留め。
 
IMG_6795.jpg
 
左側がもとの革で、右が継いだ革自然と一体になる感じで継ぎました。
 
IMG_6798.jpg
 
継いだ部分
 
IMG_6797.jpg
 
バックルは縫い留めで固定で、まずひとつできました。
 
IMG_6791.jpg
 
もうひとつのベルトは、継いだ革と同じブライドルレザーで、同じ雰囲気のスタッズ無しイメージで、延長後の長さに合わせて製作。
 
IMG_6789.jpg
 
バックルは持ち込みでした。
同じデザインで、バックルは縫い留め。
 
IMG_6790.jpg
佐藤さん オーダーありがとうございました。
スポンサーサイト

ベルトを短く加工

IMG_6746.jpg
 
痩せたので、使っているベルトが長くなって、使い勝手に不便を感じるようになって、短くしたいというご相談でした。
 
折角持ち主に馴染んで、買い換えるのもまだまだもったいない状態の革のベルト。
 
IMG_6747.jpg
 
持込みのベルトは、折り返して、バックルをネジ留めで固定する構造でした。
 
IMG_6749.jpg
 
3インチ(約75mm)、穴を3つ分程短くしたいとのご要望で、その分カットして、同じ雰囲気になるように加工
 
IMG_6750.jpg
 
折り返しの床面を、切った部分と同じ位の厚みに漉いて、外したネジで改めて固定
 
IMG_6751.jpg
 
かさはらさん ご相談ありがとうございました。

バックルを持ち込みでベルト製作

IMG_3714.jpg
 
金属より革部分の傷みが先に来るもので、金具は再利用して、ベルト部分を作って欲しいってご要望でもお受けしています。
 
バックルまでこだわってオーダーってほどハードル上げなくても、毎日使う革製品の経年変化を楽しんでもらえればと思っています。
 
IMG_3710.jpg
 
「もう何年使ったんだろう。」
オーダーいただく際に、そんな思い入れもお聞きしたりで、お役に立ててよかったです。
 
お持ち込み頂いたベルトからバックルを外して、再利用。
 
ご予算のご都合などもあると思いますので、バックルを既製品で購入しての持込でも対応可能ですし、仕入れも可能です。
 
IMG_3715.jpg
 
ネジ4点留めでシンプルに加工しました。
 
オーダーありがとうございました。

真鍮のバックル製作とベルト

IMG_4648.jpg
真鍮で製作したつち目のピンバックル
ナチュラル色のベルトで、幅が約26mmほどというご要望で、やや横長の研磨したバックルに仕上げて、というような感じでのオーダーでした。
 
IMG_4647.jpg
サプライズプレゼントで、普段ベルトをしていない気がするので というリーサーチで、穴の無い状態で納品。
後日、相手の方も一緒にご来店で、全長の調整で再び納品という感じのご要望でした。
プレゼント用の納品は、普段だと相手の表情をうかがい知ることができず、なんだかうれしい納品でした。
鈴木さん オーダーありがとうございました。
 


076_2017020217513329b.jpg
本日はもうひとつ。
つち目のプレート式バックルに、同じくナチュラル色の革を合わせたベルトのオーダーでした。
 
065_201702021751270c5.jpg
38mm幅のベルトに合わせたサイズ感の、研磨をあまりしない仕上げで、文字を削りいれるご要望もありました。
 
066_20170202175129d90.jpg
バックルの背面は、こんな感じ。
 
072_2017020217513087b.jpg
色が明るいうちは使いにくいかもですが、使い込む楽しみがあります。
プレゼントだと、使ってもらえてたら変化するから、あげた後もうれしい感覚もあるかもです。
 
074_201702021751322b7.jpg
一つ目同様に、バックルは縫い留めで固定。
オーダーありがとうございました。

猫の首輪と迷子札

IMG_4649.jpg
真鍮と革を合わせて、猫の首輪と迷子札のオーダーでした。
 
IMG_4651.jpg
革の幅は約10mmで、その幅に合わせて真鍮製のバックルとサルカンに加え、丸い迷子札も製作しました。
迷子札は、サイズが約20mmで一円玉の大きさ、厚みは約1mmで、こだわりでオーダー頂いた部分が、”名前をカタカナで”と
刻印はないので、小さなタガネで打ち入れて素朴な感じにしてみました。
 
IMG_4650.jpg
下がった迷子札がブラブラするとネコも嫌がるかなと、可動域を小さめに取り付けました。
 
IMG_4653.jpg
背面に電話番号を打刻
イメージは、中央にTEL 輪郭に沿って番号
って感じで入れています。
 
石川さん オーダーありがとうございました

黒いボトルケースとベルト

IMG_3749.jpg
以前製作したオイルマッサージを生業とした方のオーダーしたベルトを
納品後、ご友人もお揃いの色違いで黒のが欲しい。
というオーダーでした。
 
IMG_3743.jpg
ブライドルの黒い革で、縫い糸も黒で
バックル代わりのギボシは真鍮製で製作しました。
 
IMG_3744.jpg
ボトルケース
 
IMG_3745.jpg
ベルトのサルカンは、片方だけスライド式になっています。
その中央にギボシという固定方法で、腰まわりがスッキリ見えるつくり。
 
IMG_3746.jpg
ボトルケースは、縫い糸も黒なので見た目もスッキリ
 
IMG_3748.jpg
外川さん オーダーありがとうございました。

オイルマッサージのボトルケース

IMG_3429.jpg
オイルマッサージを生業とする方からのご相談で、
「服の上から簡単に着脱できるシンプルなベルトに、
使用するアロマオイルを入れるポンプ式のボトルを、
押さえて使用する上で便利そうな雰囲気で
ボトルのケースも出来るだけシンプルに。」
という感じのご要望のオーダーでした。
 
IMG_3433.jpg
バックルの変わりに二ヶ所ベルトを通すループ(サルカン)を付けて、
その中央にギボシを取り付けた構造のさっぱりした雰囲気のベルト。
約30mm幅で製作。
 
IMG_3432.jpg
画像右奥側のサルカンは可動式
手前は接着されています。
 
IMG_3434.jpg
シンプルなボトルケース
正面から見ると、ステッチがわからない感じのちょっとした小技。
 
IMG_3437.jpg
底の部分は、面で覆っています。
見たこと無いデザインでシンプルだけど面白いかなって感覚でデザインしてみました。
 
IMG_3435.jpg
両サイドにはもちろんステッチはあるのですが、
シンプル目の構造を考えてみました。
 
IMG_3430.jpg
幅30mmのベルトに通すと、背面は平らなので安定します。
ポンプを押して使う際の正面の指先が触れそうな革の部分は、
使いやすいように、ややえぐり気味にしました。
 
IMG_3436.jpg
背面のベルトを通すループ。
 
IMG_3431.jpg
通してあるだけなので、好きな位置にスライドも可能。
 
IMG_3438.jpg
「仕事に使う道具の色の経年変化も楽しみ。」
と、そんなちょっとした小物が仕事への、いいモチベーションになれば嬉しいです。
 
外川さん オーダーありがとうございました。

時計のベルトの作り替え

IMG_3553.jpg
「気に入って購入し、愛用していた時計なんですが、ベルトがどうにも満足できなくて
特に、文字盤を挟む赤い革の部分がどうにかならないでしょうか。」
という感じのご相談でした。
 
IMG_3503.jpg
折り返した革が、確かに短い
文字盤のデザイン、存在感に、不十分な存在感
 
IMG_3541.jpg
ベルトの部分も合わせて作り替えました。
 
IMG_3542.jpg
バックルなどはそのまま移植して、こげ茶の革と赤い革で
基の印象を残しつつ、まったく同じ感じは無いですが
 
IMG_3546.jpg
お聞きした理想に合わせて、文字盤の存在感に見合う重厚感を出して製作しました。
 
IMG_3547.jpg
文字盤をデザインした方にとって、この存在感が正解なのかわかんないけど
ユーザーの満足という不便の解消はお手伝いできたんじゃないかな。
 
IMG_3550.jpg
技術って部分にテクニカルになってモノを作る場合
ユーザーの満足にそぐわない提供があることも、こんなときに感じたりする。
自分がお届けできるものが、常に100点満点にとは難しいと思うけど
出来る限り喜んで貰えたらって志はあるつもり。
お手伝いして、喜んで貰えたら、この場合なら時計をデザインした方にとって
いいことだといいなとか想う。
 
持ち込みの何かを、求められる理想に寄せようとするときとか、
何が出来るか考えるものづくりって、ITとかが進んでくと無くなるものなのかな・・・
先の未来とか科学的に進化してる社会の中にあると
心だ・想いだ・とか胡散臭くなるのかな。何だか寂しい気もする。
 
IMG_3551.jpg
泥臭い部分にある人間味とか、思い遣りとか
先の未来にも大切に出来てるといいなって
ぶつぶつと心では感じながら、この頃モノ作ってます。
 
早川さん オーダーありがとうございました。

猫の首輪

IMG_3076.jpg
全国的になのか、動物の殺処分をゼロにしようって取り組みも感じられ、
お店をしている大分県でも、新たに数年後の運営に向けて
そのための施設が設けられるというニュースを目にしたり。
新しい飼い主にめぐり合えたりするといいですね。
 
捨て猫を拾い、飼い始めたので、そのネコさんに首輪をあつらえて欲しい
そんなオーダーでした。
 
IMG_2780.jpg
まずは、いつものように、真鍮のパーツを製作。
少し槌目模様を入れたバックルにしてみました。
 
IMG_3079.jpg
赤い革で約10mmほどの幅で製作。
鈴は、市販のものを少しバックルなどの質感に合うように、
表面を削って加工してみました。
 
IMG_3080.jpg
ネームプレートは、迷子札になるよう、背面には丸い輪郭にそって
電話番号を打刻してあります。
 
ネコさん幸せでしょうね^^
佐藤さん オーダーありがとうございました

三つ編みのショルダーストラップ

IMG_2580.jpg
愛用のウクレレ用に、三つ編みの革紐のストラップが欲しい
そんなオーダーでした。
 
IMG_2567.jpg
3mmほどの厚みの、ナチュラル色の革で経年変化を楽しめる雰囲気で
 
IMG_2565.jpg
両端を切らない三つ編みにして
調整できる穴をいくつかと、真鍮の板で切り出したウクレレのシルエットを固定
 
IMG_2566.jpg
固定した背面は服に引っかからないように、爪を曲げて固定しています。
 
IMG_2564.jpg
はじめは硬いのではやく馴染むといいですね
佐藤さん オーダーありがとうございました

猫の首輪と迷子札

IMG_2162.jpg
捨て猫を拾って来たので家族が増えました
新しい家族に首輪をプレゼントしたいので というオーダーでした。
 
IMG_2158.jpg
真鍮部分の金具 バックルやサルカン、迷子札も製作しました。
迷子札の丸の直径は約13mmで厚みは約1mm
革の幅は約10mm
バックルなどの線形は約2mmでそれぞれ製作しました。
 
IMG_2160.jpg
迷子札の輪郭は打って仕上げて、金具は全体的にキラキラさせずに
素朴な感じで仕上げてナチュラル色の革に合わせました。
 
IMG_2161.jpg
革は三つ編みでのご要望で、迷子札の裏には連絡先というか
別名を入れて、ふざけた感じがオーダー主の雰囲気からも拾えて
面白いオーダーでした。
 
IMG_2163.jpg
まだ子猫なので、これからの早目の成長も考慮して長めに
剣先に太陽の打刻を入れて欲しいとのご要望でした。
 
古川さん 伊藤さん オーダーありがとうございました

腕時計のベルト交換

IMG_2280.jpg
自分へのプレゼントで購入し愛用している腕時計
想い入れがある大切なもの
そんな奥行きの在る腕時計の革の部分 ベルトの交換のオーダーでした。
 
IMG_2213.jpg
持ち込みのハミルトン このベルト交換のご依頼でした。
 
IMG_2214.jpg
アジを通り越して、革が濡れたり乾いたりした後の質感になっていました。
 
IMG_2216.jpg
バラして、長さや計測して、不便を調査したり
 
IMG_2231.jpg
数年の汚れや小傷などもあり、新しい革のベルトを合わすのに
少しこの後にメンテナンス
  
IMG_2284.jpg
使う穴一点だけ穴開け。
オーダーして作るから市販品を合わせたのと違うオリジナル感
あつらえっぽさの出る、自分だけのものって感じれる部分だったり。
 
IMG_2285.jpg
独特な金具だったので、そのせいか、全長が短く感じたので
少し全長を伸ばして製作。
 
IMG_2286.jpg
手首に在ると、触るし、直ぐ色の変化が出そうなナチュラル色の革
 
IMG_2281.jpg
内側の肌馴染みもシンプルに
 
IMG_2283.jpg
また仕事へ、いいモチベーションのスイッチになってくれたらいいな。
 
マリーヤンの木本くん オーダーありがと
 
マリーヤン店長のブログ
URL : http://ameblo.jp/mallieyan-stone/
 
マリーヤン HP 
http://www.mallieyan.jp/
場所
大分市中央町2-5-21
セントポルタ中央町商店街内1F
 
天然石のアクセサリー
ネイル
銀や真鍮のオーダーメイド
など、プレゼントや自分へのご褒美、元気の欲しい方ぜひ!

腕時計のベルト交換

IMG_2242.jpg
時計のベルトを焦げ茶色の革で縫いを入れた仕上がりでのご依頼でした。
 
IMG_2236.jpg
持ち込んでもらった際の状態
 
IMG_2237.jpg
使っていたらこうなりますよね。
 
IMG_2244.jpg
扱っている縫いのピッチで見た目違うものの感じになりますが
そういう雰囲気も望まれてのオーダーでした。
 
個人的にしか使用しない腕時計だし、自分用の穴が一ヶ所だけっていう雰囲気が
かっこいいんじゃないかなと、すっきりと仕上げてみました。
 
IMG_2243.jpg
香下さん オーダーありがとうございました。

ピンクの三つ編み 小型犬の首輪

IMG_1745.jpg
友達が小型犬を飼い始めたので、プレゼントに
というオーダーでした。
  
IMG_1746.jpg
真鍮製の約14mmの丸い厚み1mmの迷子札
表に名前で、背面に飼い主の連絡先を打刻
 
IMG_1740.jpg
ピンク色の革を三つ編みに
 
IMG_1742.jpg
どんどん大きくなる時期だろうから、調整用に穴を多めにというご要望でした。
 
IMG_1741.jpg
幅に合わせたバックルやDカンも迷子札と合わせて製作しました。
 
IMG_1743.jpg
こだまくん オーダーありがとうございました

バックル着脱の形状をアレンジでベルトを製作

051 (2)
持ち込みのバックルを使ったベルトのオーダーでした。
バイクのツールバックを作る際によく使っているシルエットで、
その輪郭を縫っているデザインで、
バックルは他のものと交換するかもなので、外せる仕組みで、
というご要望でした。
 
050 (2)
表に見える部分は縫っていて、丸い部分がネジになっていて
 
052 (2)
背面の二ヶ所を緩めると、バックルが交換できます。
 
053 (2)
ベルトの調整用の穴は約25mmピッチで、5ホールのしずく型で
  
054 (2)
何箇所かに、飾りで両面カシメを打ち込んで
コバ処理は毛羽立たせた質感で というご要望でした。
 
小澤さん オーダーありがとうございました

長さを調整できる構造のベルトで

IMG_0718.jpg
使っているベルトの革の部分がボロボロになったので新調したいというご相談
バックルは再利用で、ベルトの製作というオーダーでした。
 
IMG_0716.jpg
持ち込んでいただいたベルト
バックルと革の連結部品がベルトの革とネジで固定という仕組みで
同じ構造にしていたら後々長さを変えたい際にしやすいということで
構造も同じようにとオーダーを受けました。
 
革はブライドルレザーの黒で製作。
金具類は再利用です。
 
IMG_0717.jpg
ここまで使うと革がポロポロと剥がれてスラックスに黒い粉が・・・な感じでした。
 
IMG_0722.jpg
同じ構造で作り変え
長さなども打ち合わせ新調
バックル部分は、ある程度ですが表面を研磨してみました。
新品のようには金属のメッキの劣化で難しいですが、ある程度の磨きで。
 
IMG_0720.jpg
構造の上からの見た目
 
IMG_0721.jpg
背面にネジ
ネジも、もともと付いていたもので加工しました。
 
オーダーありがとうございました。

真鍮とナチュラル色のベルト

IMG_1420.jpg
厄払いや、還暦のお祝いなどで、長いものを贈る際に
ご依頼の多いベルト
真鍮製のバックルと、やや細めの35mm幅のナチュラル色のベルトのオーダーでした。
 
IMG_1416.jpg
真鍮製のバックルは、打ち出してネジって曲線をつけて
一点ものな荒々しい無骨な整形で加工しました。
 
IMG_1417.jpg
背面もですが、加工の際の傷もある程度残ったままな仕上がりで研磨。
 
IMG_1421.jpg
ベルトには縫い留めで固定
 
IMG_1422.jpg
背面のお店のロゴの下あたりに、製作した年を打刻して欲しい
というご希望でした。
使い込んだ後とか、いつから使ってたっけって確認にもなるし
という感覚でご要望がたまにあります。
 
IMG_1424.jpg
革は、全体の裁断面を毛羽立たせた仕上げに
持った質感がやわらかくなります。
通常は磨いて処理する部分ですが、この仕上げも印象がやわらかくなっておすすめです。
 
IMG_1425.jpg
梶山さん オーダーありがとうございました。

三つ編みの首輪と迷子札

IMG_1214.jpg
小型犬の首輪に、名前の入った迷子札をつけたデザインで
金具は真鍮製でというオーダーでした。
 
IMG_1215.jpg
バックルなども、既製品にはない素朴な手作り感がお好みでしたら
合わせて製作致します。
 
IMG_1213.jpg
全体的に三つ編みにして、中央に迷子札
名前と携帯番号を打刻してほしいというご要望でした。
下がる迷子札は、動いてると気になって、いつの間にか外れてしまいそう
という型には、こういったパターンもおすすめです。
 
IMG_1212.jpg
田北さん オーダーありがとうございました。

数人から予算を募ってベルトのプレゼント

508.jpg
お世話になっている方へのプレゼントを考えていて、数人でお金を出し合って想いを贈りたい。
ということで、ベルトのオーダーいただきました。
30mm幅のブライドルレザーで製作。
 
509.jpg
黒い革で、銀色のバックルで、どこかに名前を入れて欲しい というご要望でした。
大まかにはお任せでということでした。
 
510_201602061858415b5.jpg
仕入れたバックル回りの金具を再度研磨して、合わせてみました。
市販のものでも少し手を加えるときれいになります。
 
512_20160206185842fb8.jpg
紳士服のお店にあるタイプの、長さが合わないときは
切って簡単に調整が可能なタイプの金具を使用。
 
サプライズのプレゼントで難しいとこがサイズ
なんとなくなサイズでのオーダーだったので利用してみました。
 
513_20160206185844a6b.jpg
穴はしずく型にしてみました
見た目にも少し安っぽくなくなるような、シンプルすぎない遊びがある感じになります。
 
514_20160206185849676.jpg
ご希望いただいた打刻は、ベルトの剣先付近に打ち込みました。
 
小野さん オーダーありがとうございました

ブライドルレザーのベルト

322_20151105185545d34.jpg
バックル部分は市販品を使用したベルトのオーダー
 
ブライドルレザーは新しいうちは、表面に白いロウのような
すべすべとする成分(ブルーム)ってのが浮かんでて
革にしみこませているロウの成分が表面に出てて
使い込んでいくと、艶になって馴染んでいくのが面白い革です
 
324_2015110518554655d.jpg
乾いた布でこすることで使い始めから光沢を楽しめもします
市販のバックルを少し古い質感にして欲しいとご要望で
少しですが光沢を落とし色もくすませて仕上げたりもしています
 
325_201511051855484c0.jpg
バックルと革の固定はネジ止めの仕様
そのうちバックルを変えることもできるように とご要望でこの構造に
 
326_20151105185549abc.jpg
シンプルでどれも同じように見えるけど、
自分だけのこだわりとか、わがままを乗っけれたり
それを叶えて長く大切にしたくなる要因になればいいな
 
伊藤さん オーダーありがとうございました

中型犬のリード                    

036_20151017202728339.jpg
ちょっと贅沢なペットのリード
中型犬用にとオーダーいただきました
手元が三つ編みのタイプで、真鍮製のリングを
接続の間に入れ込んで、可動の劣化の少ないつくり
 
037_20151017202730bb4.jpg
もうひとつは、普通の使用
約3mmほどの厚みの革で製作しています
 
三つ編みの方は、手首になじむ感じで気持ちよい感覚でした
色んなご要望お待ちしております。
普段使っているものを、あと少しこうだったらなぁ
など、ご相談ください
 
オーダーありがとうございました

ベルトの製作と、銀製のバックルの加工

178_20151015185326523.jpg
ずっと使っていたベルトの細さが嫌で、持込で
そのベルトに着いていたバックルを再利用で
見た目のデザインは変えず加工して使いたい
というオーダーでした
 
180_20151015185329eaa.jpg
もとの画像を取り忘れたのでないのですが、
ベルトの幅は30mmくらいだったものを、
バックルの加工の限界で約38mmで作り直し
金具の取り付けをデザインが崩れない程度の
いっぱいのところまで広げて修正
 
179_20151015185328b96.jpg 
ベルトとバックルの固定は縫い留めで
 
182_201510151853314e5.jpg
もとの画像撮っておくべきだったな・・・
もともとは、ベルトは黒くて細目の約30mm幅だったし、
バックルはそのベルトの幅用の金具の取り付けで
それを加工したって感じです
 
183_201510151853321cb.jpg
ウエストのサイズも、現状に合わせて製作
 
新納くん オーダーありがとうございました

一眼レフカメラのネックストラップ           

269_2015100719204533c.jpg
一眼レフカメラのネックストラップのオーダーでした
 
262_2015100719202871e.jpg
もともと付いてあるものを基準に、革の幅や
首に当たる部分を可動式に製作
 
263_201510071920295c5.jpg
希望の文字を打刻
 
264_20151007192031068.jpg
可動部分の革の内側は、少し厚めの革を使用
 
265_20151007192032da2.jpg
カメラの金具と連結
 
266_20151007192034bc3.jpg
革の硬さや色など落ち着いてくると
もっとこだわりがしっくり来てカッコ良さそう
 
267_20151007192044607.jpg
高盛くん オーダーありがとう
 
212_201510071932443b9.jpg
ふざけて書いた記事に、あんこ的な差し入れもありがとう(笑)

バックルも革で包んだベルトの製作                        

314_201510031920588a4.jpg
バックルもベルトと同じ革で包んでほしい
そんなベルトのオーダーでした
 
276_201510031920493e0.jpg
約30mm幅のベルトに合わせて真鍮でバックルを製作
これが革に包まれた内部の金属部分となる
 
277_20151003192050e86.jpg
革で包んで縫い上がった大きさを考慮したサイズ感で製作
 
315_20151003192100289.jpg
バックルの内側も可能な限り革で包んで製作
 
317_20151003192101ac7.jpg
やわらかい雰囲気になるので、コバはあえてツルツルに仕上げず
スエード仕上げ
 
千葉県の渡辺さん オーダーありがとうございました

バックル持込でベルトの製作              

185_20150922180540cbf.jpg
使う頻度や製品にもよりますけど、革の部分は金属より劣化が早い場合も多く
バックルは気に入っているから再利用したいという方も多いです。
 
ベルトが欲しい場合の、バックルの選択肢
・今回の例のように、革が傷んで、バックルは再利用したい
・バックルもオーダーで製作したい
・既製品のバックルを仕入れたものでいい
など、ご要望に合わせ製作致します。
 
184_20150922180539aa9.jpg
バックルの形状や、やせた、太ったなど、ベルト自体にあける穴の位置など
全長が変わる場合は、オーダーの際に打ち合わせでご要望をお聞きします
 
バックルを後々交換する予定の場合は、今回のような縫いで固定ではなく
ホックで着脱可能な形状に製作も可能です。
 
末国くん オーダーありがとうございました

バックル再利用でベルトを作り替え     

354_20150903105320ab7.jpg
長年使用していたベルトを革の部分だけ交換とか可能?
というお問い合わせからのオーダーでした
 
347_20150903105142680.jpg
持ち込んでいただいたベルト
  
356_20150903105322a9f.jpg
バックルとサルカンを再利用
そのうちバックルも革の丈夫さに負けてくることを考慮して
ホックで固定にして、新しいバックルとの取替えも可能な構造に
 
355_20150903105321d08.jpg
製作にあたり、長さも微調整
今のサイズに合わせて全長と穴の位置をやや変更
作り変えの際は、ご相談ください
 
348.jpg
使い慣れてるバックルの経年の古さがいい雰囲気 
 
349_20150903105144851.jpg
 
350_20150903105145cdd.jpg
山根さん オーダーありがとうございました

ベルトを作り替える

152196.jpg
大切にしているものでも、満足が不満に変わるときってあります
愛着あるけど、革がやわすぎて、そこを何とかできないか
そんな相談でした
  
152197.jpg
デザインは、可能でしたら似たイメージで
金具は金色になればうれしい
ふちの縫いは要らない
バックルは再利用で移植
調整用の穴の位置も、今のウエストのサイズにかえて
などご要望をいただいて製作しました
 
Yさん オーダーありがとうございました

時計のベルト交換

074_20150503173310136.jpg
持込の際は、手前の黒い革で
切れてしまったため、革を交換して欲しいとのご要望でした。
 
幅や穴の位置などそのままで
文字盤とバックルを、新しく切り出した革に同じように移植
 
075_20150503173312dc1.jpg
こういうベルトなら、色んな文字盤に使えそうですね
 
たけおくん オーダーありがとう

ギボシ留めのベルト

360.jpg
以前、記事に出ていたベルトを、ちょっと改良してオーダーいただきました。
  
361.jpg
バックルがなく、シンプルな構造。
 
363.jpg
穴の調整も、必要最低限に製作。
 
364.jpg
先の部分、剣先を、丸っこく要望いただきました。
 
加藤さん オーダーありがとうございました

バックル持込みでベルトを製作

205_20150226234107238.jpg
使い古したベルトに、革ほどひどい劣化のないバックルは、
持込んでいただければ、革の部分だけ作りなおします。
金属でできたまだ使えそうなバックルは、再利用しますので、ご依頼ください。

必要であれば研磨もします。
可能であれば修理もします。
素材によっては、おすすめできない場合もあります。
詳細は、ご相談ください。
  
207_20150226234109850.jpg
愛着をもってモノを大切にする人の、気持ちの中にある思い出とか、
既存のものにない部分をお手伝いできればと思っています。

松山さん オーダーありがとうございました
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:
 097-538-8313
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -