息子へ安全航海のお守りを

明日から、お店の付近では浜の市のお祭りが始まります。
お祭りは、9月14日から20日まで毎日開催されています。
徐々に、賑わいのあるお祭りになって行ったら良いなと思っています。
是非、浜の市のお祭りへお越しください。
 
IMG_8413.jpg
ツバメは陸付近を飛ぶので、船乗りにとっては海上で迷った際、発見すると無事に陸に帰って来れたと安堵したと、そんな意味合いで船乗りさんに親しまれ、胸などにTATOOを入れたなんていわれのある生き物。
 
そんな意味合いもあるんですよ。って話していたら、タンカー(船)乗りになる息子へのお守り的なプレゼントに、そのツバメを入れた何かをプレゼントしたいと、デザインを持ち込みでご相談頂いたオーダーでした。
 
IMG_8416.jpg
背面には、送り主と、プレゼントされる我が子の名を削り入れ。
 
IMG_8418.jpg
キーホルダーにすることになり、キーリングを通しました。
BonVoyage → よい航海を
UW → 国際信号旗の文字 貴船の安全な航海を祈る
その文字をツバメの上下に。
全体は真鍮製で、ツバメの部分は銀製でロウ付け。
 
IMG_8419.jpg
コイン部分の大きさは500円玉のサイズ
厚みは2mmほどで、その上に銀のツバメコインが乗っている感じです。
鍵を重ねて丁度良いサイズ感だと思います。
 
Tさん オーダーありがとうございました
スポンサーサイト

真鍮と革のキーホルダー

IMG_8435.jpg
ひし型の革のキーホルダーは、両面に同じ色の革の貼り合わせで、その上に真鍮製のコインを通したデザインで、ペアでオーダーでした。
 
IMG_8436.jpg
革は、両面とも黒色と、両面とも赤で、それぞれ両面に一文字だけアルファベットを打刻
 
IMG_8437.jpg
真鍮は、2mmの厚みで直径のサイズイメージは大体10円玉くらい
この頃ご要望の多い、アルファベットの小文字を入手
それを使って打刻を入れています。
  
IMG_8438.jpg
今回のオーダーでは、革のコバ(切り口、断面部分)の仕上げを艶のある感じでご要望いただきました。
 
別のパターンだと、艶のない、ある程度整えたやわらかい仕上げもお受けしております。
 
IMG_8439.jpg
小文字の打刻のサイズは、縦幅で2mmです。
打ち込むと周囲も少し凹むので、少し2mmよりも大きく見える雰囲気はあります。
 
IMG_8441.jpg
コインチャームの背面は打刻の際の金床傷を完全に消さず、素朴な仕上げにしています。
 
今回のタイプのキーホルダーは、
”革・鍵・真鍮のチャーム”
の感じで、鍵を革と真鍮で挟む着け方をすると可愛いと思います。
  
IMG_8440.jpg
同色の貼り合わせで、背面もシンプルに。
「ロゴをいれずシンプルにスッキリ仕上げてほしい。」とご要望がありました。
 
IMG_8442.jpg
手に持った際の大きさのイメージは、方眼の型紙の大きさでイメージしてみてください。
 
北海道の久米田さん オーダーありがとうございました

銀のパーツと革のキーケース

IMG_8332.jpg
いくつかの履歴にある赤い革に銀製で文字を入れたデザインで、今回はキーケースのオーダーでした。
 
IMG_8329.jpg
銀の板に槌目模様を打ち込んで切り出した文字
背面には爪を付けて、刺して曲げて固定してあります。
 
IMG_8325.jpg
全体的に赤いブッテーロで、ノーマルのシニュー糸で縫い上げています。
 
IMG_8326.jpg
キーケースの金具も文字と合わせて銀にしたいところですが、色を合わせて銀色の市販の金具
 
IMG_8327.jpg
手でよく触れる
バッグの中で、その他のものとの干渉が多い
そんな理由から早めに色が変化したり傷も多くなりがちなキーケース
 
オーソドックスにナチュラルの経年変化も良いですが、色革を使っても、持ち物に統一感がある雰囲気にオーダー頂けるとそれはそれでかっこいいものです
 
IMG_8333.jpg
Nさん オーダーありがとうございました

4連金具の細目なキーケース

IMG_8117.jpg
キーケースは普段、6連で多めに鍵を下げる方のニーズが多いのですが、今回のオーダーは、キーケースを持ちたいけど、そんなに鍵を持っていないといういつもの反対のご要望でした。
 
IMG_8114.jpg
しっかりしたボタンで留めたい
ボタンは外側に見えて欲しい
金具は金色にして欲しい
仕上がりは握りやすい細さで
 
そんなオーダーの内容でした。
 
IMG_8118.jpg
スマートでもないのでスマートキーといわれるこの頃の大きめな車のボックスキーは、一番左の大き目の金具に通す感じで。
 
そんな金具の付く部分だけ赤い革でアレンジして欲しいというご要望もありました。
部分的に色を変えるだけで開ける度楽しい雰囲気に。
 
IMG_8119.jpg
ジャンパーホックで、丈夫にしっかりとした開閉の使い心地。
 
IMG_8120.jpg
サイズ感は、背面の方眼を参考に。
 
田淵さん オーダーありがとうございました。

お盆休み

お盆休みのご案内
8月の
12日(土曜日)
13日(日曜日)
をお休みにしています。
14日は月曜日で定休日でお休みです。
 
15日から通常営業です。
よろしくお願いします。
 
 
って、それだけじゃ、なんだかつまらないので、今日は、ちょっとしたテクニックをご紹介。 
IMG_7815.jpg
キーホルダーのリング
太目の鍵を通したり、使ってると広がって来ますよね・・・。
  
IMG_7816.jpg
それとか、こういったキーホルダーの時に、どうやって広がらないようにキーリングを通してるの?ってたまに聞かれるので、真似てみたり参考にしてください。
 
IMG_7817.jpg
左が通常の販売されている状態。
それで、右側のが今回の裏技です。
 
IMG_7819.jpg
ヤットコとか、奴床とか、って道具で、ギザギザの無いラジオペンチみたいなもの。
 
わざわざ買うのもなぁって方は、リングに傷が入らないように何か緩衝材を挟んで気を付けつつやってみてください。
 
IMG_7820.jpg
ちょっとづつこうやって内側か外側か、どちらかにずらして返していく感じにしていきます。
 
IMG_7823.jpg
真ん中辺りまで来たところ
 
IMG_7824.jpg
最後まで裏返すと先ほどのようなリングになります。
 
IMG_7826.jpg
つぎに、千枚通しを差し込んで開き
  
IMG_7829.jpg
開いたスペースに革の穴を持っていって千枚通しを革に当てたまま、キーリングをずらして通して行き
 
IMG_7831.jpg
終わりが近づいたら、千枚と押しを手前に持ってきます。
この場合は、後ろから挿して通した流れです。
 
IMG_7833.jpg
革の縫い代付近に、傷も入らず通せました。
 
IMG_7834.jpg
後は先ほどの裏返す流れをもう一度したら
 
IMG_7835.jpg
バネの力も強化されたキーリングが、革に無傷で通るって仕組み。
 
慣れるまで難しいと思いますが、困っていた方はお試しください。
 
いつもありがとうございます。

結婚のお祝いに仲間と

IMG_7840.jpg
ふざけあって楽し過ぎた頃を引きずりながら、それぞれの幸せな生活へと離れていく仲間。
 
そんな仲の良い友人たちと、みんなで思い出にと、色をそれぞれ変えて、コンパクトな小銭入れのキーホルダーをオーダー頂きました。
 
IMG_7841.jpg
旦那が赤で、
嫁がピンクにして、
あいつがこの色で、
俺はナチュラルで、とか打ち合わせから盛り上がって楽しい製作でした。
 
IMG_7847.jpg
メッセージや気持ちを乗せて、文字を打刻で入れて
 
IMG_7845.jpg
その文字も、大好きなHi-Standard(ハイスタンダード)の歌詞からの引用だったり。
 
IMG_7842.jpg
奥さん以外は、ホックにバカって入れてみたり(笑)
 
伊藤さんと皆さん 面白いオーダーありがとうございました
板井ご夫妻 改めてご結婚おめでとう!^^

シルバーとブラスでリメイク

ブラス シルバー キーチェーン
短めのウォレットチェーンとして、キーチェーンとして、利用頂いていた真鍮製の製品を、シルバーのパーツを入れてカスタムしたいとご相談からのオーダーでした。
 
IMG_7604.jpg
もともとは、この雰囲気で製作したチェーンでした。
 
真鍮と銀 キーチェーン
捻っているチェーンを外して、オーバルの真鍮チェーンに、銀製のパーツを挟んで作り替えました。
 
真鍮と銀 キーチェーン
フックの歪みも少し修正して、軽く研磨
 
ブラス シルバー キーチェーン
小さなこだわりで、また愛着持って育てられる小物になります。
 
ブラス シルバー キーチェーン
高盛さん オーダーありがとうございました

革と銀と真鍮のキーホルダー

IMG_6679.jpg
 
赤い革に銀のチャームを付けたタイプのキーホルダーと、真鍮製メキシカンスカルのキーホルダーのオーダーでした。
 
IMG_6681.jpg
 
赤い革の輪郭に沿うように、ご要望の文字を打刻
 
IMG_6683.jpg
 
銀製のしずく型チビメタルに、太陽神モチーフ。
ベアパウ(BEARPAUW)のモチーフ部分はピンクシルバーで製作
 
IMG_6684.jpg
 
ハートの背面にロゴを打刻
金具もチャームにあわせた色合いで銀色で。
 
IMG_6680.jpg
 
もうひとつご要望頂いた、真鍮製のメキシカンスカルは片目にルビーを埋め込みのアレンジ。
 
IMG_6682.jpg
 
見難い感じですが、部分的に銀でロウ付けして、完全に光沢を出した質感ではない仕上げなので、経年変化が面白そう
 
IMG_6691.jpg
 
背面の額にロゴを削り入れ。
そんなキーホルダーのオーダーでした。
 
岐阜県の加藤さん オーダーありがとうございました。
 
 
2017511.jpg
ランキングがまた上がって来ていました。
いつも訪問して頂き、ありがとうございます。

お揃いのカエルのキーホルダー

IMG_5964.jpg
 
「バイクを買い換えたご主人へ、”無事に帰る”的な意味合いを込めて、記念日にプレゼントを。」と、カエルのキーホルダーをお揃いでのオーダーいただきました。
 
IMG_5956.jpg
 
オリジナルのカエルモチーフを、銀製と真鍮製で製作。
研磨で水っぽい潤い感を表現している感じで製作しています。
 
IMG_5961.jpg
 
革のキーホルダーへの取り付けように、手足に爪を取り付け。
 
IMG_5963.jpg
 
カエルを乗せる革の土台は、桜の花びらな感じで、少し型を変えて欲しいというご要望もあり、画像の角度的にわかりにくいですが、一応少し変えてあります。
 
IMG_5967.jpg
 
二人の記念日を2つともに打刻
 
IMG_5968.jpg
 
背面は赤い革で貼り合せてほしいとご要望がありました。
いろんな方の記念日にお手伝いできて光栄です。
  
愛知県の佐伯さん オーダーありがとうございました

ハートと音符をお揃いで

IMG_5481.jpg
 

「高校3年間吹奏楽部で、お互い励まし合い支えあってきた仲良しの2人へのプレゼントに。」とオーダーいただきました。
 
「卒部の記念にと、3月に卒業式を迎え、それぞれ別の大学で別々の道に進むけど、これからもずっと今の関係でいられますようにと言う願いをこめて、子供たちへ内緒で二人のお母さんからのサプライズプレゼント。」というご依頼でした。
 
IMG_5482.jpg
 
クローバーの打刻を寄り添う感じで、その下にお互いの名前を 
 
IMG_5483.jpg
 
背面には、お互いのイニシャルを。 
 
IMG_5485.jpg
 
画像だと、いつもと同じ見た目っぽいけど、ハートの型は、いつものものより少し大き目に。
とご要望があったので、そのサイズ感の差のイメージ。
背面の方が今回製作したサイズ感です。
 
ご要望に合わせて型紙もおこしたりしているので、ご相談ください。
 
IMG_5484.jpg
 
音楽に因んで なので、いつも作ってる真鍮製のト音記号も、丁度よかった感じで。
ト音記号も、ハートを大きめにしたので、ちょっとだけ大きめにして合わせました。
 
滋賀県のKさん オーダーありがとうございました。
ご卒業おめでとうございます 

結婚一周年の思い出で

IMG_5435.jpg
 
結婚1周年のはじめての記念に、サプライズを奥さんに渡したい。
出来れば自分も何か関われたらうれしい。
というご相談で、サプライズで後日、ご夫婦でご来店頂いたときに、記念日とお互いの名前を自分たちで打刻してみませんか?という感じの提案をしてみました。
 
「メッセージを入れた何かをプレゼントしたい。」 ということで、いくつかのキーホルダーの型紙から選んだ形で切り出した真鍮の板に、入れたい文字をサイズ感を少しかえて打刻して、最後の記念日とお名前部分を空けて準備しておいて、サプライズ当日へ。
 
文字の配置の検討がつきやすいように、印をしておきました。
 
IMG_5443.jpg
 
背面はこんな感じの質感のまま。
 
IMG_5455.jpg
 
そして、当日、よくわからないままの奥さんを連れて改めてご来店。
お互いのプレートに打刻し合って、自分たちの持っているキーホルダーのリングに鍵と重ねてキーリングに通して使用する感じの小物のサプライズでした。
 
Tさん 結婚一周年おめでとうございました。
オーダーありがとうございました。
 

桜の花弁モチーフなど

IMG_1912.jpg
桜の花弁をモチーフにしたピンク色と、直線ではない感じのひし形に、真鍮製のト音記号やフックを付けたペアのキーホルダーのご要望で、型紙がないデザインだったので、手書きのイメージをメールに添付いただいてのオーダーでした。
 
IMG_1913.jpg
それぞれ右下に文字を打刻
この文字のサイズで3mmの文字サイズです。
桜の花弁はピンク色を、ゆるやかなひし形は黒を両面貼り合わせ。
 
IMG_1914.jpg
フックは縦幅が約50mmほどの大きさベルトループやバッグの取っ手など引っ掛けれるように。
 
IMG_1915.jpg
ト音記号はあわせるとハートになる感じで、縦幅が約40mmほど。
 
IMG_1916.jpg
背面にはお店のロゴとその下に数字を打刻
 
イメージする形などご要望があれば、メールなどに手書きの絵を添付してください。
可能な限り対応致します。
 
大阪府の西村さん オーダーありがとうございました

赤ちゃんの足型で記念になるものを

IMG_3352.jpg
赤ちゃんの産まれた時の記念に、
足の形でキーホルダーを製作するというオーダーでした。
 
名前と産まれた日 時間 体重 身長などを打刻して欲しいというご要望で、
文字の刻印の配置は、希望のイメージで絵を頂き、それに合わせて打刻しました。
 
IMG_3355.jpg
表面の槌目は手のひらに握った際に、やわらかい質感になるので、どうでしょうかと提案。
槌目を入れてふっくらと実際の足のように裏側から打ち出して反らせてみました。
鍵が背面にまとまった際の、実使用で手の感触が気持ちの良い質感にできました。
 
IMG_3353.jpg
二つ作ってご夫婦で持つということで、手作りだからまったく同じ完璧ではないですが、
すごく良い記念になりそうなオーダーでした。
 
IMG_3354.jpg
足の指先からかかとまで約70mm
板の厚みが約2mmでした。
素材は真鍮製です。
 
岐阜県のTさん オーダーありがとうございました。

星に願いを

IMG_2753.jpg
七月七日 今日は七夕ですね
 
子どもの頃、短冊にどんな願い事を書いたのかすら忘れてしまったけど
なんとなく努力とか色んな方との出会いで、今が在ったり
経験したくも無い出来事にであったり
乗り越えたり、挫折したり
結果の今を生きていますが、元気に笑えていますか?
 
革の製作教育などで関わっている” 就労継続支援B型施設 サマンの木 ”
の、利用者さんにお願いをして、革で星の形を作ってもらいました。
 
こちらはサンプルとして
作ってもらった革の星で「星に願いを」ってイメージで
祈りの手 を打刻して、キーホルダーにしてみました。
 
IMG_2754.jpg
背面にはお店のロゴを入れてみていますが、打刻で文字を入れたり
お好みでアレンジできます。
 
IMG_2752.jpg
表と裏の色の違うものも在ったりします。
穴を開けて、上の画像のようなキーホルダーになります。
 
色の組み合わせや、仕上がりのクオリティーもまちまちですが、
今なら、好みのものを選べますのでお早めにどうぞ。
 
売り上げは、全額を被災支援(遺児支援)のため利用させて頂きます。
募金先 >> あしなが育英会
 
たらいの水は、一生懸命に自分のためにと掻き集めても
脇からこぼれてしまう
ならば一度押しやって、多くの波が向こうから戻ってくるような
与え方が出来る自分で在りたいね
 
今も好きな言葉だったりします。
多くは難しいけど 少しくらいは誰かの役に立てればいいな

アシンメトリーなキーケースのペア

IMG_1523.jpg
組み合わせを変えたペアのキーケースのご注文でした。
型紙からのオーダーで、閉じた際の見た目、上が細くて下が若干広めにっていう
展開図の難し目なご要望でした。
 
IMG_1507.jpg
青色 × 黄色
ナチュラル色 × 赤色
金具は銀色で。
 
IMG_1463.jpg
ホックは傾かないように二ヶ所つけた構造にして
その片方に、銀のコンチョを付けたい
ご要望は、槌目の模様に星を三つ輪郭に沿わせて並べたデザインで
 
IMG_1465.jpg
コンチョの背面は爪留めで回転しない固定式で製作しました。
 
IMG_1526.jpg
使うニーズに合わせて、腰にかけれるよう片方はナスカンを着けて欲しい
ということで、もう片方はバッグなどに入れるためシンプルです。
 
IMG_1525.jpg
背面
 
IMG_1524.jpg 
池見くん オーダーありがとうございました

首から下げる鍵のカバー

IMG_1335.jpg
春から新入学の子どもにプレゼントしたい
夫婦二人とも働きに出るので子どもに鍵を持たせるのに可愛らしいデザインで。
というオーダーでした。
 
首から下げるキーカバーは、通称キークロシェットなんて呼ばれるらしくて
クロシェット=フランス語で鐘って意味があるんだとか。
 
IMG_1336.jpg
ピンク色が好きなので
後はお任せでという感じだったのでピンク色の革と、ピンク色のキラキラを合わせて
 
IMG_1333.jpg
スタッズは花っぽいモチーフデザインにしてみました。
カバー自体も曲線的なやわらかいシルエットで製作。
 
IMG_1334.jpg
背面は迷子札になっていてほしいというご要望で、名前と連絡先を打刻してあります。
 
IMG_1339.jpg
新入学おめでとうございます
大野さん オーダーありがとうございました

真鍮製のチャームをキーホルダーに

IMG_0709.jpg
真鍮製で、使っているキーホルダーに通し下げれる、しずく型チャームを
それに文字を打刻して、ペアでリーズナブルに作って欲しい。
というオーダーでした。
 
IMG_0710.jpg
表と裏に同じような輪郭の感じと丸カンの通る穴に太陽を打ち込んで
プレート自体もおそろいのデザインで製作
リーズナブルさを ということで、研磨はせず、ペーパーのみで荒目の仕上がりな質感
 
IMG_0713.jpg
丸カンは開くと悪いのでと、ロウ付けのご要望でした。
キーホルダーなら鍵とこすれて徐々にいい雰囲気の艶も出るかもです。
 
愛知県のFさん オーダーありがとうございました。

黒と赤と真鍮で組み合わせたキーケース

IMG_1203.jpg
忙しいときに、何が困るって
いざ順番が来て製作に取り掛かろうとしてて
打ち合わせの時の記憶をさかのぼる時の、自分の字の読みにくさね
老化が始まっているのか単に忙しいの度合いが増しているのか
ありがたい悲鳴ですが。
 
だから、そういう忙しいときに、「こんな風にして下さい。」って
詳細を描いて持ち込んでくれるお客様は神様のよう
非常に助かります。
 
IMG_1204.jpg
知り合いのお店している方へのバースデープレゼント
ということで、真鍮部品の製作と黒い革(ブライドル)に黒いシニュー糸で
ワンポイントに赤い革(ブッテーロ)を入れたキーケースのオーダーでした。
 
IMG_1205.jpg
中央にだけ入れた赤い革にお店のロゴを打刻。
 
IMG_1206.jpg
お店のロゴの画像を頂いてそれに出来るだけ近づけて製作した文字
背面はピンが付いていて曲げて固定しています。
 
IMG_1201.jpg
ト音記号のパーツも、文字同様に板から切り出して
背面にピンを付けて曲げて固定しています。
コンチョではないけど、こんなパターンで何か細工をくっつけるのも面白いですね。
 
末国くん いつもありがとうございます

革と銀のペアキーホルダー

IMG_0975.jpg
ナチュラル色の革に、いぶしを入れない銀の小さなペンダントを組み合わせて
育て甲斐のありそうなキーホルダーのオーダーでした。
 
IMG_0976.jpg
ベアパウの太陽神メタルをお揃いで製作して白仕上げに。
 
IMG_0977.jpg
背面にはクローバーとお互いのイニシャルを打刻
 
IMG_0978.jpg
革は両面ナチュラル色を貼り合わせて、両面輪郭にそって文字などを打刻
文字は、3mmの大きさのものを打刻
ダ円型とハート型でそれぞれの雰囲気に
 
IMG_0979.jpg
サイズのイメージはこのくらいで、したの方眼紙が目安
ダ円型が縦約70mm
ハート型が縦役60mm
手のひらに握りやすいくらいのサイズ感です。
カタチの好みがあれば、型紙からでも製作できます。
ご要望があれば、オーダーの際にお聞かせください。
 
滋賀県のJさん オーダーありがとうございました。

いのししの牙をキーホルダーに加工

IMG_0658.jpg
いのししの牙を持ち込みでキーホルダーにして欲しい
というご要望やお問い合わせが結構あります
 
『自分で猟銃を撃って捕らえたいのししの牙を記念に』
と、真鍮でキャップを製作して、左右一対のキーホルダーにしたい
というオーダーをいただきました。
 
IMG_0642.jpg
県外からのオーダーで、この状態で届きました。
 
IMG_0645.jpg
根元の付け根部分は、薄くもろくで、なのである程度カットして
この後、内部に樹脂を入れて補強
 
IMG_0657.jpg
製作したキャップを取り付け、固定して、キーリングを通して仕上がり
 
IMG_0659.jpg
使用していくと牙と一緒に無骨な表情になる梨地な表面加工にしてみました。
『猟をする人は、獲物に感づかれないように、光物を身に着けない。』
そんな話を聞いたのでくすむ加工に。
そもそも猟をするとき身に着けないかもだけど。
 
IMG_0660.jpg
千葉県の松浦さん オーダーありがとうございました

緑のシンプルなキーカバー

IMG_0623.jpg
鍵を2~3本くらいを、緑の革でシンプルに包んでいる感じの
キーカバーのオーダーでした。
 
IMG_0628.jpg
一般的な鍵で、長さの感覚はこんな感じに収納
 
IMG_0626.jpg
包んだ後の固定はギボシ留め
穴にこの部分を差し込んで固定するイメージ
 
IMG_0625.jpg 
「猫が好き」 ということで、打ち合わせの際に書いてもらった猫のシルエットを
あちこちにランダムにいれて
一ヶ所真鍮で立体に着けて欲しいというご要望でした。
 
IMG_0624.jpg
手のひらに握りやすいサイズでポケットもかさばりにくい感じ。
 
杉山さん オーダーありがとうございました

メキシカンスカルをカスタムして

070_20160317181444766.jpg
オリジナルのキャラクターのメキシカンスカルを
少しカスタムしたキーホルダーのご依頼でした。
 
067_201603171814405ec.jpg
額に太陽を
表面には槌目を
目をハートに
というご要望を盛り込んで製作いたしました。
 
068_2016031718144112c.jpg
目のハートはなんとなくお任せだったので、
通常は目が星の垂れ目なのもあって、ハートも垂れ目加減にしてみました。
 
069_20160317181443314.jpg
背面にお店のロゴを
槌目を入れた際に出来た傷はそのままの質感で仕上げてあります。
  
秋田県の佐々木さん オーダーありがとうございました

シルバー製 槌目フック連結キーホルダー

153_20160224181924345.jpg
ベルトループに引っ掛けて使うキーホルダーのフックを
シルバーで製作するオーダーでした。
 
フックは、線径(線の太さ)が約4mm
全体的に丸いままつち目を表面に入れて、ご希望の文字を打刻で入れています。
味が出てくると、この溝も黒くなっていい雰囲気になっていくだろう白仕上げに。
 
158_20160224181925a24.jpg
キーリングは、元に戻る力のない関係で銀ではなく銀色のキーリング
フックとの連結は銀のウォレットチェーンに使っているひし形のシルバーパーツで
 
154_2016022418192771a.jpg
重すぎず、軽すぎず、手のひらに収まる持ちやすい実用的な大きさに
この形状のフックは、真鍮でいつも製作していたけど、少しリッチなオーダーでした。
 
157_201602241819286dd.jpg
背面は布にこすれるので、つち目がキラキラな雰囲気です。
 
広島県の西村さん オーダーありがとうございました。

ニュージーランドのコインをキーホルダーに

020_2016021418261692e.jpg
お守りにしているニュージーランドのコインをキーホルダーにして
その日使うバッグに付け替えの出来る仕組みで、何か考えて欲しい。
そんなお任せな感じのオーダーでした。
 
001_201602141825282ee.jpg
コインを覆う枠を、まず真鍮で、きつめに製作
コイン自体に加工を入れない仕組みに
 
003_2016021418252929b.jpg
コインが外れないよう、四ヶ所に爪を取り付け
 
004_2016021418253198f.jpg
その後コインをはめ込んで爪を倒し
 
007_201602141825323df.jpg
少しだけ研磨
 
008_20160214182534713.jpg
表も裏も同じような固定の雰囲気で、両面の図柄の邪魔にならない程度の枠に
 
021_20160214182617c54.jpg
そんなペンダントの部分を革の部品と連結させるDカンやバチカンを製作取り付け
 
023_20160214182619141.jpg
革は三つ編みで、使うほどやわらかく馴染む作りに
ブライドルレザーの焦げ茶で、コバは毛羽立たせた処理に
やわらかい見た目や質感になるので
 
025_201602141826201f8.jpg
ベルト自身の固定はギボシ留め
コインを包む枠に合わせて真鍮製のものを使用
 
026_201602141826351ed.jpg
バッグの手紐に取り付けて、コインが正面をを向く形状に製作しました。
ギボシが簡単に外れないよう、ベルトの押さえも付けています。
 
山矢さん オーダーありがとうございました

友達へのバースデープレゼント

496_2016020510210269a.jpg
友達たちと定期的に開催している誕生日パーティーで渡す
リーズナブルな何かをというオーダーでした。
今回渡すのは、ふたり居て ということで二種類。
高額なプレゼントって、貰った側も後々お返しに気を遣わせるし、悩みどころですよね
 
486.jpg
ピンク色の革を使ったキーホルダー
金具は真鍮色のものを使用。
 
487.jpg
打刻を入れる前の背面
幅が約22mm程で作っています。
 
488.jpg
ホックで開く構造なので、女性ならバッグの取っ手にぶら下げたりできます。
 
489_20160205102101e4c.jpg
男性ならベルトに通したり出来るシンプルなキーホルダーです。
 
490_20160205102126117.jpg
横幅が約10cmほどの手のひらに収まるサイズのキーケースというか小銭入れ
少し前の記事でも紹介していた日産の楕円型のインテリジェンスキーのケースとして
ちょうどいいサイズの製品です。
 
参照記事
■ ブッテーロの赤の小銭入れ
■ 鍵のケース

491.jpg
単純な構造ですが、丸みをつけたフォルムは握りやすくて持ちやすいです。
 
492_201602051021295a8.jpg
背面にお店の名前を打刻
 
494_20160205102131a1c.jpg
ホックは消耗品なので取替えが容易で開閉の強すぎないバネホック
 
495_20160205102132fff.jpg
小銭も結構入ります。
 
鈴木さん オーダーありがとうございました

真鍮のスマイリーの付いた革のキーホルダー

463_201602021826371d3.jpg
まが玉型のキーホルダーに、真鍮のスマイリーをつけたアレンジをオーダーいただきました
 
417_20160202182633294.jpg
若干表情が違うけど、星の垂れ目と上がった口角で笑顔を表現
 
418_201602021826341bd.jpg
真鍮製で少し膨らませた約11mmφほどのサイズで製作しました
 
420_20160202182636a9d.jpg
背面はスタッズ的な爪を倒す固定方法です
 
466.jpg
革の側面は、スエード風な毛羽立ったやわらかい仕上げで
 
465.jpg
爪を固定した後に、背面の革を張り合わせています
お好みで色違いに
 
須崎さん オーダーありがとうございました

スタッズを入れたキーカバー

033_201601101935386d0.jpg
革は、赤色とナチュラル色を合わせて
金具は銀色のスタッズと、真鍮製の金具を使った
キーホルダーのオーダーでした
 
034_201601101935403c9.jpg
上の真鍮のDカンがネジ式になっていて
鍵を重ねて通して、覆う感じの構造
 
036_2016011019354173c.jpg
鍵が飛び出ないように帯をギボシで固定
 
038_20160110193543824.jpg
高橋さん オーダーありがとうございました

革のキーホルダーと銀製のチャーム

個人事業主の困りごとや、知識を必要とする確定申告
この時期は、何かと悩ましいですよね
来年2017年には、クラウドを使って、アプリで帳簿を管理でき
クラウド使うからPCのデータが破損しても無事だったり
それに見合ったセキュリティーもしっかりしてくるみたいだし
使い勝手とかバグはまだあるものの、徐々に浸透し始めてるようで
専門の学科として学んでいなくても、面白い感じになりそうですね
自営業とか、起業とか、独立とか、遠ざけて考えていた方も
チャレンジする感覚が増えて、面白い世の中になっていくといいな
 
007_2016010918135790e.jpg
まが玉型で黄色と青色を合わせて
銀製のチャームをつけたキーホルダーのオーダーでした
 
008_201601091813587d0.jpg
革にも銀にも同じモチーフを打刻
中央のベアパウも真鍮で色を替えて組み合わせ
 
009_20160109181359902.jpg
銀のチャームは、背面に希望の文字を大きめに入れて欲しい
というご要望で削り入れ
チャームにもうひとつリングを付け
 
013_20160109181401181.jpg
キーリングにチャームを通して正面を向くように
普段作っている感じと違って
これ自体を外して、真鍮のリングを外して
普通にペンダントとしても、今後使えるように
そんなご要望での構造でした
 
014_20160109181402820.jpg
片方だけ真鍮製のフックが欲しい
背面は青で、文字をステッチでというご要望でした
 
福岡の妹川さん オーダーありがとうございました
ご来店ありがとうございました

メキシカンスカルのキーホルダー アメジスト

朝から衝撃でした イエモンファンの方待望ですもんね
http://theyellowmonkeysuper.jp/
15年ぶり 再結成して欲しいバンドでいつも上位に名前の出てきてたし
活動とか新曲とかワクワクです
コメントとかUPされるの待ち遠しいです
 
010_201601081913415e5.jpg
久々に、オリジナルのメキシカンスカルのキーホルダーを
オーダーいただきました
 
009_20160108191339a49.jpg
片目にルビーを入れるんですが、ご要望でアメジストを入れました
 
011_20160108191342ca8.jpg
目の背面は貫通させて光を通すように
真鍮の素材感で、研磨もかけない少し古めかしい仕上げに
 
039_20160108191344628.jpg
増尾さん オーダーありがとうございました

筒状のキーケース

650_201512202013202ce.jpg
鍵を筒状に包む形状で、ホック二箇所で固定する開閉型の
キーケースのオーダーでした
 
649_20151220201319fd0.jpg
内側も外側も同じナチュラル色の革を貼り合わせて
ふちは縫う感じで
というご要望でした
 
648_20151220201317d84.jpg
ロゴは背面に
 
651_20151220201322ed8.jpg
ご希望の文字を表の見える部分に
 
652_20151220201323e25.jpg
そんな筒状のキーケースのオーダーでした
鍵が少ないので小さめのキーリングを付けましたが
大き目のキーリングをつけると、それもまた使い勝手のよさそうな
印象でした。
育つの楽しみですね
 
工藤くん オーダーありがとうございました
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:097-538-8313
 2F
 mail:→ディアストック
 dearstock@oct-net.ne.jp
 1F 
 mail:→マリーヤン
 mallieyan0714@gmail.com
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 
※2017年7月1日より
2F DearStock ディアストック
1F MALLIEYAN マリーヤン
で運営しております。

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30