06
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2018-06

革製品や銀製品のメンテナンス 懐かしい再会

IMG_2643.jpg
遡る事14年ほど、2004年くらいによくご来店頂いていた方からのご依頼。
革としての命を全うした感さえ伺える革のキーホルダーや乾燥したベルト、使わなくなって日が経った銀の黒ずみ。
 
IMG_2644.jpg
お預かりして、リペアや、メンテナンスなどのご要望をいただきました。
 
IMG_2651.jpg
キーホルダーのDカンは銀製で、その部分を傷んだ革から移植して、新しいキーホルダーを新調。
もうひとつ、金具違いで、使い勝手の違うタイプもあつらえました。
 
IMG_2645_20180613095734b63.jpg
ベルトのメンテナンス。
左が乾燥、右がオイルの一発目。
枯れた草木のように、ぐいぐいオイルを吸収。
 
IMG_2650_20180613095739c6f.jpg
銀製のプレートバックルを程よく磨き上げて、懐かしい輝きにもどし、これを製作した頃がよみがえり、懐かしい感情に。
 
持ち込みの真鍮製のバックルは、剥がれかけているコーティングなどを質感が整うように仕上げて、取替え。
 
バックルの固定用の革紐も新調。
 
IMG_2648.jpg
完了。
また新しい日常に愛でられますように。
 
IMG_2652_20180613095730977.jpg
原さん ご依頼ありがとうございました。
スポンサーサイト

SIX LOUNGE(シックスラウンジ) ネット限定アイテムの製作依頼

IMG_3078.jpg
大分のライブハウスT.O.P.S(トップス)より、ご依頼を受けて数量限定で製作しました。
大分からメジャーデビューしたバンド”SIX LOUNGE”の限定グッズに、ラバーバンドなどの普通なものにない、本物志向の商品も作ってみたいという面白くありがたいご要望でした。
 
IMG_3071.jpg
製作風景
 
IMG_3073.jpg
レザーブレスレットに入れるバンドネームのロゴも、デザインしたり、刻印を製作したり、ハードな数日でしたが、色んな方が日常的にバンドの名前を手首につけてくれて、愛でてくれて、人の目にとまり、またバンドの拡散に微力ながら貢献できればと。
 
IMG_3079_201806131011168fc.jpg
幅が25mmで、厚みが3mmほどのアメリカ産のとても良質な革に、真鍮製のバックルを取り付けたデザイン。
 
IMG_3080_20180613101106e99.jpg
手首のサイズだと、一周ぴったりで測って、145mm~185mmくらいの方に合うサイズ感で5つの穴で調整できるよう作っています。
 
繊維が詰まっていて、初めは硬めで馴染みの悪い革のイメージですが、使い込むほどに自分の手首に馴染んでいきます。
 
溶かした砂糖のようなカラメル色になっていくエイジング(経年変化)を楽しんでもらえる革質です。
 
日常使いできるアクセサリーに、シックスラウンジのファンに、愛用して頂けたら嬉しいです。
 
汗の染みとか、水で濡れるとか、手入れとか、全然気にしないで、ガンガン身に着けて欲しいアイテムです。
 
IMG_3076_2018061310111300e.jpg
お友達と良い色になるの競ってみませんか。
 
IMG_3043.jpg
そして、あともうひとつ、ディアストックのメキシカンスカルデザインを、バンドメンバーが気に入ってくれたらしく、それもアレンジした、バンド名の入ったデザインをおこしてほしいというご要望もあり、ちょっとアレンジして、垂れ目の星な目にSIX=6 LOUNGE=Lを、古い質感のリボンにバンド名を入れた感じで、「上向きな願い。」って想いを込めて、ひたいに太陽に向かうイーグルを描き加えました。
 
IMG_3042.jpg
刷り上ったT-シャツ
厚過ぎず薄すぎない4.4oz程の肌さわり良い黒地のボディーに、銀色のインクでプリントされた雰囲気に仕上がっています。 
こちらもガンガン着倒して、インクが擦れたらさらにかっこよくなりそう。

SIX LOUNGE official site 
販売されているページ
SIX LOUNGE 通販限定グッズ 
URL : https://tops.buyshop.jp/categories/686522/2

六角形デザインの指輪

IMG_2467_20180613092928ee0.jpg
六角形のデザインで銀製のペアリングのオーダーでした。
幅は4mm弱程で、綺麗に磨き上げた仕上がりに。
 
IMG_2473.jpg
内側に文字を打刻で。
お互いの名前や記念日などの数字を打刻。
 
IMG_2472.jpg
画像でわかりにくい、色のわずかな違い
どこか一面が真鍮でできていて、使い込むほどに、真鍮の黄色さが浮き立つ感じのご要望もありました。
  
IMG_2470.jpg
背面が白いと、若干わかるかな
手前の一面が真鍮です。
指に触れる部分などは銀製で、表の一面だけ真鍮を貼る感じに仕上げています。
 
IMG_2474.jpg
可愛い雰囲気で、でもかっこいい感じに仕上がり、ご満悦なお2人でした。
 
SくんRちゃん オーダーありがとうございました

トラッカーウォレット アポロコンチョカスタム

IMG_E2112.jpg
画像右、私物の、型の馴染みやアタリや艶の出た、トラッカーウォレットをアレンジカスタム。
 
IMG_2492_20180607090735ecf.jpg
出来上がった後。
以前、
トラッカーウォレットのシルバーコンチョカスタム 
URL : http://dssl.blog18.fc2.com/blog-entry-2035.html
でご紹介した感じでボタンをコンチョに交換するカスタム。
今回は、黒の丘染めベースに、古臭く仕上げたアポロとスタンプを合わせたコンチョのパターンで。
 
IMG_2484_20180607090726ffa.jpg
取替えにあたり、まずホックを取り外し。
 
IMG_2483.jpg
約19mm程のサイズ感で、通常のホックよりやや取り付け後の高さの出るコンチョです。
取り付け位置から約5.5mmほどの高さが出ますが、思いの他気にならない丁度良い感覚。
デニムのアタリなど、丁寧に気にされる方だと向かないかも知れません。
 
IMG_2493_20180607090723ca0.jpg
あえて、ホックは真鍮のまま
自分のとなると適当。
外したホックのメスは、結構開け閉めに馴染んでるので再利用。
外さなさそうだし、固定は十字のつぶしに。
ネジ留めにもできます。
 
IMG_2485_20180607090727975.jpg
シンプルなウォレットチェーンと、アポロの膨らみが相性良い雰囲気。
 
IMG_2486.jpg
アポロコンチョだけでも可愛い仕上がりになりそうですが、スタンプで幅をかせいでる感じのデザイン。
因みにアポロのみだと、約15mmほどになるので、通常のジャンパーホックほどのサイズ感。
 
IMG_2490.jpg
ナチュラルで、飴色になった革とも、ネイティブ系で相性良さそう。
 
IMG_2489.jpg
ホックがひとつだけの小銭入れなどにもぜひカスタムでいかがでしょうか。
夏も来るし、革のブレスレットにも良いかもですね。
 
 

コイルワーク + 三角線 + ショット ターコイズのペンダント

オーダーの数が半端なく、この店の時計だけ、やっぱり少し早いんでしょうね・・・
ありがたい悲鳴を内に秘めて、製作に没頭しております。
ブログの連載も最近は不規則気味で楽しみに見てくれている方すみません
 
いつもありがとうございます
 
IMG_2119.jpg
青の美しいキングマンターコイズで、新しいベゼルをデザイン。
ワイヤーワークが多いですが、「大き目のターコイズなどに、似合う枠を。」と考えての新作の追加です。
小さめのターコイズなどでも、存在感を出すのに良いかもしれないです。
 
IMG_2045.jpg
選んだターコイズが、澄んだ海のように綺麗な雰囲気の見た目で、それに似合うよう、絵画と額のイメージで作ったデザイン。
 
IMG_2121.jpg
重厚な存在感のある枠は、三角線と新しいタイプのショットを中心に、5ショット。
石を包むフクリンに沿ってコイルワーク。
コイルワークは、ワイヤーワークとは、また一味違った光と影の存在感で色々作っていきたい感じ。
 
IMG_2046.jpg
三角線の輪郭にも刻みを入れて、そこも面白い光と影の印象に仕上がっています。
面白いアレンジした商品が、徐々に追加予定です。が、なかなか・・・。
インスタグラムには、比較的早めに掲載しているかもしれませんので、よかったら見てくださいね。
 
IMG_2047.jpg

 
IMG_2120.jpg

 
IMG_2048_20180605102841a18.jpg

 
IMG_2049_2018060510283617c.jpg
 

トラッカーウォレット(ナチュラル)にスターリングシルバー製のウォレットチェーン

IMG_2118.jpg
一つ前の記事でご紹介したウォレットチェーンを、ナチュラル色のトラッカーウォレットに合わせた印象。
革の経年変化の飴色と、銀の傷の細かないぶしの質感の合わさっていく感覚
赤茶ける革を使っているので、是非育てて実感して頂きたい組み合わせです。
 
IMG_2116.jpg
連結なども同じ、S字フックをつぶして閉じるエイトカン連結の構造。
 
IMG_2117.jpg
スワンフックに少し個性をだすなら、槌目を入れたデザインもご用意してあります。
在庫のない場合は、オーダーで製作致します。
 
IMG_2115.jpg
店頭でも、アンカーズでも取り扱っております。

トラッカーウォレットにスターリングシルバー製のウォレットチェーン

IMG_2111.jpg
「ゴチャゴチャしたデザインの主張がいらない。」
シンプルな印象で整えたい自分の持ち物とのバランスの兼ね合い。
やりきってる感のあるインパクトはないですが、静かな印象でオリジナルのウォレットチェーンの追加です。
 
IMG_2112.jpg
左が新品のトラッカーウォレットに合わせた新品のウォレットチェーン。
右が私物の一年ほど使用しているものとの比較イメージ。
 
IMG_2113.jpg
オリジナルのウォレットチェーンの基準の長さは、取り付けからフックの先までで約390mm(39cm)
着けた使用感で不便のない程度の、短めなデザインとなっています。
 
IMG_2109.jpg
ウォレットとの連結
エイトカン(S字フック)で、カシメて固定する接続方法。
脱着のできない構造なので、外さない使い勝手の方向き。
 
IMG_1961.jpg
エイトカンのみの構造イメージ
穴をあけたウォレットに直接S字を通し、閉じています。
 
IMG_1963.jpg
可動域との兼ね合い
「シンプルに革への付加を最小限に」と、つるつるした面が革表面を滑らかに押えているだけ。
削り取って、徐々に革が傷んだり、糸を切ったりもそうそうない仕組みでいて、小さめのサイズ感に仕立てています。
 
IMG_1962.jpg
前方向にチェーンが揺れた際も、フックの動きがウォレットへの付加を少なくできる感じになっています。
 
IMG_2114.jpg
実際使用しているウォレットサンプル。
主張のない素朴で自然体な連結に、チェーンとの相性にも合うシンプルさです。
 
IMG_2110.jpg
スワンフック
「小さい方を上に見ると水面で優雅な白鳥の姿に似てるところから。」
ディッキーズなど、ワーク系のベルトループで幅広のタイプの場合など、スッキリ見えるように、引っかかる部分の横幅を広げてデザインした形状。
もちろん通常のデニムのベルトループなどでも、生地にかかる負担や、傷める心配を抑え目な構造となっています。
 
IMG_2107.jpg
店頭でも、委託しているアンカーズでも、在庫の試着は可能です。
真鍮製に飽きてきたら是非。

古い質感に仕上げたコンチョ

IMG_1298_201805241043362ee.jpg
約38mmφの銀製のコンチョを、一度溶かした巣の入った状態の銀の板で製作。
 
IMG_1295.jpg
太陽神の中央にあるベアパウは通常ピンクシルバーでやや赤みを出すのですが、真鍮製でアレンジのご要望でした、
イーグル二羽は、2人いるお子さんのイメージで。
 
IMG_1299_20180524104337033.jpg
八方位の太陽神と唐草は、溶かしたことで岩肌みたいになった板の質感に合わせると古っぽい質感にもなります。
研磨は取り付ける予定の財布の経年変化に寄せてほしいとのご要望でした。
 
研磨というより、ペーパーのヘアラインを残したいぶし仕上げにしてみました。
 
IMG_1301_20180524104333fef.jpg
コンチョの背面は、ジャンパーホックのパーツの固定のできる、後々取り替えの可能なネジ式に。
 
IMG_1542_201805241043309fc.jpg
数年前にディアストックで製作したロングウォレットには、使う方の好みのモルガンコンチョを取り付けてあり、このコンチョの取替えのご要望でした。
 
IMG_1543_2018052410433025b.jpg
製作したコンチョの取り付け後。
 
IMG_1544.jpg
ナチュラルの革の色も、経年変化で赤みのかかる茶色になって、こうなるとピカピカな出来立てのコンチョっていうよりこういった質感も合わせやすかったり。
好みですけど、古っぽくするとこういった相性の見た目で仕上がります。
 
IMG_1545.jpg
佐藤さん オーダーありがとうございました。

楕円のコンチョと札束収納のある長財布

IMG_1796.jpg
スタンプの額に唐草などで装飾を施した銀製の楕円形コンチョ
太陽も16方位で、全体的にアシンメトリーな雰囲気で。
 
IMG_1844.jpg
背面から打ち出して膨らませて、研磨。
銀の光と影の加減を想像しながら叩き込んで組み合わせてつける柄も、毎回が一点モノの仕上がりです。
 
IMG_2227.jpg
そんな楕円形のコンチョをいぶしてもうひと磨きして仕上げ、縦向きに取り付けた財布もオーダー頂いたもの。
 
IMG_2225.jpg
傷ついた銀と、赤茶けた飴色の革、そんな未来の経年変化を妄想するとワクワクする仕上がり。
 
IMG_2228.jpg
チェーンを常に着けるわけではないチェーンの取り付け部分の部品であるターンノブは、可動するリングをいつもより少し小さめにして、抑え目の存在感に仕立てました。
 
IMG_2230.jpg
背面も、いつもながらにシンプルな仕上げに。
 
IMG_2231_20180524100503941.jpg
楕円形のコンチョは、回転しないよう、一ヶ所爪を付け刺して固定してます。
通常の型紙だと、小銭入れ部分になる一番正面の収納部分は、ふたの付いたカード収納に。
 
IMG_2241.jpg
そのカード収納のふたは、いずれ革が赤茶けて変化してくるので、太陽と周りを飛ぶ三羽のイーグルが、山の背景の上で戯れている画になっていく未来像を描いてのデザインに。
 
三羽には、オーダー頂いた方からの深い想い入れがあって、そんな気持ちの反映されたデザインに。
 
IMG_2234.jpg
色んな想いも盛り込んだ財布の構造にもこだわりを。
内部は主にカードと紙幣の収納としての使い勝手。
 
IMG_2235.jpg
仕事の兼ね合いでのご要望で、親指で開いている部分に100万円の札束を常に入れておけるためのスペースを設けてある構造。
 
IMG_2237_20180524100508d4a.jpg
その前後に普通の紙幣の収納のある構造。
わかりにくいですが、札束を包む革の面は吟面(表)にして、つややかに滑らかな肌さわりで大切に包む感じにしてみました。
 
IMG_2238.jpg
ふたで覆われた一番前の収納は、縦向きのカードとレシートなども入れられるポケットになっています。
 
大阪よりお越し頂きありがとうございました。
高井さん オーダーありがとうございました。

ガーディアンベル 銀製 真鍮製 20周年の記念に

IMG_1733_20180519103918e85.jpg
大学時代の出会いから、バイクという共通の趣味を共有したあの頃からずっと続く友人関係。
そんな日から、「20年が過ぎたし、何か記念に作りたいね。」というオーダーでした。
 
IMG_1766.jpg
”ガーディアンベル” という、お守りの鈴
バイクに下げて、安全を願ったりするもので、その中に自分たちのMC名や20周年記念の意味合い、モチーフにしていたデザインなどを盛り込んでのご要望でした。
 
IMG_1836.jpg 
モチーフのデザインに、ターコイズのイメージを反映する部分があって、その部分は
 
IMG_1800.jpg
こんな感じの加工をしてます。
液体を流し込んでそうですが、ターコイズの欠片をワックスで固定して削り出しています。
 
IMG_1801.jpg
穴のサイズに合わせて、ひとつずつこうやって合わせて削り出し。
 
IMG_1803.jpg
固定は、特殊な接着剤で留めています。
 
IMG_1841.jpg
メンバーの中で真鍮製のご要望もでて、銀製と真鍮製を同じように製作。
 
IMG_1840.jpg
仕上がりたては、文字の輪郭にいぶしのきいた銀の方が立体感が際立っていますが、真鍮製の経年変化も楽しめそうです。
 
IMG_1842.jpg
鈴なので、内部で揺れるパーツがぶつかって良い音色を奏でますが、そのパーツには、バイクの縁なので、ピストンのデザインで製作してあります。
音色は、真鍮製の方がやや高い音でした。
 
IMG_1838.jpg
FELLOWS mc の皆さん 20周年おめでとうございます
いい旅を。
ご安全に
 
オーダーありがとうございました^^

ショートタイプのトラッカーウォレットと銀製のリング

IMG_2085.jpg
ショートタイプトラッカーウォレットのオーダーでした。
通常のトラッカーウォレットの長さが約180mm。
紙幣を折らずに収納できる上で紙幣を取り出しやすい長さで作っていますが、長さ125mm程にしたサイズ感でのご要望で製作しました。
 
IMG_2089.jpg
外観、雰囲気の差は、長さを55mm短くしている点だけ。
 
IMG_2091.jpg
わかりにくいですが、長い方のサンプルの縫いは4mmピッチで、今回のショートタイプは5mmピッチです。
オリジナルのトラッカーウォレットは、通常5mmピッチで製作しています。
縫いのピッチの、違いの見た目の差は、この程度の雰囲気の違いです。
 
IMG_2086_20180517084004458.jpg
ふたを開けた内部のイメージ
ロゴの刻印の変わりに、メキシカンスカルロゴのスタンプを床に入れてあります。
 
IMG_2092.jpg
紙幣の枚数が増えると不便なところは、スリットを入れて回避する構造です。
小銭部分のファスナーも、なくして支払時のアクション数も減り、壊れる部品と考えて着けていないシンプルなデザインです。
ホックを留めれば、小銭はもれないし、下向きに開くこともないので、こういった構造にしてあります。
 
IMG_2084_20180517084001bbe.jpg
今回のオーダーは、右のショートタイプでしたが、紙幣は二つ折りにして収納する使い勝手のイメージというご要望でした。
「ポケットからはみ出させたくなく、薄いシンプルなウォレット。」という感覚のオーダーでした。
 
IMG_2093_20180517084011cfa.jpg
追加のご要望で、「ウォレットチェーンを着けるかもしれないので。」と、製作して取り付た銀製のリング。
つち目模様で、歪みをわざとつけた見た目で製作しました。
 
IMG_2094.jpg
自分が使ってみた感覚ですが、ヒヅミをつけたリングは使っているとわかるんですが、座って押しつぶれた際に、リングが斜めに傾いていて、でもチェーンとの連結は正面を向いている感じになり、革への負荷が少し軽減できるみたいです。
 
あと、ハトメリングは、輪郭が鋭利なので、革が切れるので、穴を貫通させたら、直接リングを通してあります。
 
かっちりしたフォーマルタイプのウォレットの雰囲気ではないので、長く使う上で、がさつなイメージにしつつ、実用性もおろそかにしないようなイメージに。
 
IMG_2095_201805170840002d6.jpg
矢野さん オーダーありがとうございました

元気の出そうなカラーリングで新型の長財布

IMG_1908.jpg
「使っていて元気の出そうなカラーで組み合わせた長財布。」
というテーマで、やわらかいシルエットや構造で、以前から使っている財布をもう少しシンプルに替えたデザインでの長財布のオーダーでした。
 
個人的なおすすめの色の組み合わせで
黄色×焦げ茶色 を提案
オレンジも入れたいなとご要望もあり、そんな3色を取り入れて、製作してみました。
色んな提案を織り交ぜながら、新しいデザインでの製作でした。
 
IMG_2096.jpg
ふたも、両サイドも、シルエットを丸っこく仕上げた柔らかな見た目のデザインで、新しい型紙をおこしました。
 
IMG_2098.jpg
背面もシンプルに、スッキリな仕上がり。
 
IMG_2104.jpg
内部の構造
ふたを開けて奥から紙幣2列
小銭の収納のみマチを付けてよく見えるように
レシートなど
カードを縦に左右分割で収納
って感じの配列。
 
IMG_2101.jpg
マチをつけた小銭入れは、革の表が小銭を包み込む向きで。
一枚を折り曲げる構造なので、底の小銭が丸い底で拾い出しやすく、内側に向けることで、色のおかげで見やすい。
そんなアイデアに。
 
IMG_2099.jpg
マチと内ふたを焦げ茶色で、曲線のシルエットも柔らかな雰囲気に。
毛羽立たせて処理したコバのおかげで、触り心地も柔らか。
 
IMG_2106.jpg
ホックは真鍮製で、小さ目で、高級感のあるものを使用。
 
IMG_2144.jpg
以前から使っていた財布も、約5年ほどの経年変化。
爪などの引っかき傷も、メンテナンスでオイルを馴染ませる馴染むくらいに。
新しく作った財布のコバは、三色のグラデーションも面白い仕上がりに。
 
IMG_2142_20180516175810ccc.jpg
大切に使っていただけてありがたいです。
新しい財布と両方使い分けるということで、使っていてワクワク楽しい気持ちになっていただければ幸いです。
 
岩本さん オーダーありがとうございました
 
 

夏のアメカジに似合うシンプルなアイテム

IMG_1798.jpg
Pherrows(フェローズ) 
http://www.pherrows.com/
UES(ウエス)
http://www.uesdenim.com/
などを扱う、大分県のアメカジショップ ANCHORS(アンカーズ)
ANCHORS(アンカーズ)ブログ 
の、オーナーあきらくんからのオーダーで、「夏のアメカジに似合うど定番な商品を。」と、オーダーいただきました。
 
IMG_1805.jpg
青色の美しいアリゾナ産のキングマンターコイズをスリーショットのワイヤーワークに。
フェザーは、毛並み40mmの縄巻きでオールシルバーのオーダーでした。
 
IMG_1806.jpg
研磨などはディアストックらしくエッジを残した荒削りな質感で、強めのいぶし仕上げで少しワイルドでラフな感じに。
 
IMG_1807.jpg
フェザーは、キャスト(鋳型・鋳造)は使わず、すべて毎回作るため、それぞれに微妙な個性が出ます。
そんなところも楽しんでもらえればと思っています。
 
IMG_1808.jpg
フェザーの注文の際のサイズは、毛並み部分の長さ。
このフェザーでいえば、先から縄の巻き始め(毛並み側)までのサイズでおおよそ何mmかという感じでお受けしています。
 
IMG_1810.jpg
ターコイズのペンダントのチェーンの通るカンは、チェーンのアーチや可動のスムーズさを考慮した逆甲丸をオリジナルではおすすめして製作しています。
わずかな部分に主張のし過ぎていない拘りや実用性があると、この人わかってるなーって見られる部分だったり。
 
IMG_1815.jpg
背面は、加工時に付いた金床傷などを残して、古臭くなる経年変化を楽しめる仕上げに。
 
IMG_1811.jpg
チェーンのフック部分にも細かな拘りを。
”ANCHORS” なので、アンカー=イカリ のデザインをオールドコイン風に。
普通のクラスプ(留め金具)でもいいですが、こういう部分に拘るのが、わずかな人との違いって部分でかっこいいです。
 
IMG_1813.jpg
そのプレートの背面に、お店を始めた西暦を打刻してあったり。
 
あきらくん オーダーありがとうございました
 
アンカーズ店頭にディアストックの商品を陳列してあるので、オーダーで仕上がるのを待ってられない方は、是非アンカーズへ。
商品の入れ替わる前にお早目にどうぞ。
 
アンカーズ ブログ
アンカーズ ネットショップ
 

結婚20周年のお祝い ペアリング

IMG_1900_20180508091703000.jpg
唐草模様は、ずっと絡まって伸び続ける植物のイメージをデザインに込められているという云われがあり、ご夫婦のこれまでと、これからを想像するに、とても好ましいモチーフだったりします。
ご主人のイメージは、「古い質感で幅が約12mmほど。」
奥様のイメージは、「6mm幅ほどで白仕上げで光沢のある質感。」
というご要望でのオーダーでした。
 
IMG_1289.jpg
古い質感のご要望の幅の太い方の指輪は、ロウ付けした痕を残したり、表の柄をタガネでスタンプした際の、金属の小傷の写りも残したりした、あじのある仕上がりに。
 
IMG_1293.jpg
両端は扇型で、唐草模様も深めにスタンプ。
画像ではわかりにくいですが、指輪一周に、「途切れることの無い」模様入れにして製作しています。
「これからもずっと」という想いのこもる、持っている人だけの幸せな世界観や感覚。
 
IMG_1292.jpg
スタンプのシルエットに合わせて、輪郭に少しエッジを柔らかめに掘ってあります。
 
IMG_1291.jpg
指輪の内側には、お互いのイニシャルと20周年を意味する20thをサイズ感を大小組み合わせで打刻しました。

 
IMG_1901_20180508091704709.jpg
同じく、一周途切れることのない唐草を入れた幅の狭い指輪は、研磨したいぶしのない白仕上げ。
ご主人の指輪の中央部分のデザインだけで、雰囲気は違うけど思い入れのあるペアリングに。
細い方にも、同じくイニシャルと20thを打刻。 
 
改めて結婚20周年 おめでとうございます。
 
兵頭さん オーダーありがとうございました

25年前の奥様からのプレゼント ジッポの修正とカスタム

IMG_1773.jpg
25年以上前に、奥様からプレゼントされて以来、長い間愛用していて、その歴史の刻まれた証の使用感のあるジッポ。
 
ジッポ社へ何度か修理に出されていたとのことで、丁寧に加工されていましたが、改めて修正をして、この先も、できるだけずっと使えるようにして欲しい。 
というご要望のオーダーでした。
 
IMG_1769.jpg
底の部分は落とした際の衝撃などで凹んだり磨り減ったりで、オイルも乾いてしまう感じの状態でした。
 
IMG_1770.jpg
合わせの部分も亀裂を埋めたり、切れ目が残っていたりで、結構なダメージでした。
 
IMG_1768.jpg
反対の面の底部分も穴があいていたり。
 
IMG_1782.jpg
蝶番も、しっかり修正されていて、ガタガタせずちゃんとされていました。
 
IMG_1783.jpg
その部分も、軸径の変更で加工をお受けしました。
まず切り離し。
 
IMG_1785.jpg
ジッポ社の修正に使用された、ロウ付け部分のハンダを、全て削り取り。
銀ロウでロウ付けする際に、融点の関係で熔けてしまうので、この部分は丁寧に時間かけて削り取りました。
 
IMG_1786.jpg
同じく、ケースの内部に残るハンダも、こんな状態で、これを綺麗に削り取り。
 
IMG_1876.jpg
色んな下処理後に、傷に合わせ製作した部品をそれぞれに合わせてロウ付け。
 
IMG_1878.jpg
蝶番(スリーバレル)は、真鍮製で製作。
軸径は、2mmφのタイプで。
 
IMG_1877.jpg
底の部分の穴を銀ロウだけで埋めても削れている部分の補強にならないので、コーナー部品を製作してロウ付け。
  
IMG_1880_20180505170550ae2.jpg
反対側のコーナーにも、同じような加工を。
 
IMG_1881_20180505170552ce2.jpg
亀裂部分などには薄く延ばした真鍮の板を面でロウ付けして補強。
 
IMG_1883_201805051705443d3.jpg
納品後、
「妻と一緒に、もどってきたZippoを見ながら、プレゼントされたときのことを話しています。使い込んだ感じも残っており、またこれから長く使っていけるよう修理して頂いており、夫婦共々感謝しております。」
と、とてもうれしいメールを頂きました。
  
IMG_1882_20180505170543760.jpg
永く共に在るものへの想い入れのある宝物に、こちらとしても、できることがあってよかったです。
埼玉県の久本さん ご依頼ありがとうございました。
 
 

ゴールデンウイーク中の営業日と時間のご案内

IMG_E1719.jpg
4月30日 月曜日
珍しく定休日の曜日に仕事をしています。
 
ゴールデンウイークは、 5月4日 金曜日のみお休みです。
その他の日は、8:30~18:00営業です。
 
お時間があればお越し下さいね
 
よいお休みを~。
 
5月7日(月曜日)は定休日です。
8日より、通常営業です。
 
 

久々に、ディアストックでの貸工房 銀の指輪の製作体験

オーダーの数が半端無く多く、ブログの更新も覚束ないこのところ、
世間は、早いとこではゴールデンウイークですね。
お休みの予定ですが、通常だと定休日の月曜日も、お店を開けて製作しておりますので、お時間がある方は、遊びにお越し下さい。
開いてるか不安な場合は、お問い合わせの上お越し下さいね。
 
IMG_1627.jpg
以前は、ディアストックで予約をお受けしていた貸工房。
「貸工房」 は、製作の場所と実際の製作をお客さんに体験し、楽しんでもらいたくやっていましたが、自分のオーダーが手いっぱいとなり、併設するマリーヤン(店舗1階)で現在はお受けしています。
 
それでも、貸工房の製作体験の予約が重なったりした場合は、2階のディアストックでも楽しめます。
1階と勝手は違いますが、普段はもう貸工房をしていない2階での製作体験。
そんな珍しい機会にタイミングよく県外から来られた3人組の指輪製作の体験でした。 
 
IMG_1628.jpg
誰かの製作中と時間が被らないので、予約をおすすめしていますが、予約していないからと門前払いで追い返すのも好きじゃないので、少しお時間をいただきますが、楽しんでもらいたいと思っています。
 
IMG_1630.jpg
2階に移動したディアストックの工房は、自分ひとりの製作しやすい環境のため、空間が狭く、立って作業したりしてもらったり。
全ての工程を行うのが難しい場合や、微調整の部分などは、もちろんこちらがお手伝いもします。
 
IMG_1636.jpg
指輪が、自分たちのサイズでカタチになって、最後に研磨。
このときがほんと楽しいと思います。
 
IMG_1637.jpg
3人お揃いのフリーサイズリングは、銀(スターリングシルバー SV925)製。
 
IMG_2255_20180428182345468.jpg
所要時間は、しゃべりしながらで3人で約2時間弱でした。
製作お疲れ様でした!^^
 
こんな感じの銀製の指輪で、¥5800(税別)~で材料費込みで製作体験できます。
難しく、時間のかかるデザインの場合は価格が上がってしまうので、予めご相談下さい。
 
ご予算や、金属の風合いの兼ね合いでご希望がありましたら、真鍮も取り扱いがありますので、ご来店の際に、ご相談下さい。
 
貸工房・製作体験の予約受付
電話 : 097-538-8313
製作体験の予約は、マリーヤン宛でご予約下さい。
予約数が受け付けれない場合のみ、ディアストックも可能となっております。
 
皆様に、製作を体験して、着けて帰れるアクセサリー作りを楽しんでもらえれば嬉しいです。
 
お気軽に、遊びにお越し下さい。
 
 

大分のアメカジショップANCHORSへ 商品委託を開始致しました。

IMG_2163_20180424110035ad2.jpg
ここ最近、色々と共通なニーズやお客さんの行き来で、盛り上がってる話題のお店
アメカジショップを営むANCHORSアンカーズ
自分も仕事着はもちろん、プライベートでも愛用させてもらっているフェローズやuesなどを扱っているアメカジSHOP。
店長の雰囲気といい、とても良い雰囲気のお店です。
 
そんなアンカーズのショーケースに、
この度、
ディアストックの商品が並ぶことになりました。
 
IMG_2165.jpg
自分のお店だと、陳列商品が直ぐ売れてしまうのと、オーダーメイドのご要望が多いので、商品の追加が追いつかず・・・。
現物を手に取って、今すぐ購入したいという機会が、アンカーズに行くと、もしかすると叶うかも。
 
IMG_2171.jpg
ブログにも掲載が追いついていない、新作なども置いてあるので、是非お早めに。
もし売り切れていて無い場合は、オーダーしにディアストックへお越し下さい。
折角のオーダーメイドなので、アレンジも加えてあなただけの一点モノにできるかも。
 
IMG_2156_20180424111242c36.jpg
もちろん、こちらで購入して、ディアストックへアレンジのご依頼も可能です。
 

画像の値札部分は、ディスプレイの配置打ち合わせの際のものなので
ちゃんとした金額は店頭でお確かめ下さい。 

 
 
IMG_2136_20180424105952ee9.jpg
因みに、革製品として、トラッカーウォレットのみを置いています。
こちらの革製品は、講師として就労支援施設サマンの木の利用者さんたちに教育しつつ、一緒に手掛けております。
  
IMG_2138.jpg
やや雑な部分もあるかと思いますが、一生懸命に頑張って作ってくれています。
社会復帰に何かと困難がある中でも、利用者さんたちが喜んで頂けると思うので、
機会がありましたら、是非応援宜しくお願い致します。
 
IMG_2140.jpg
ペンダントは、チェーンとトップやヘッドを、おすすめの組み合わせでディスプレイしております。
 
ANCHORS (アンカーズ
〒870-0134
大分県大分市猪野186 Grand View1 101
097-574-4461
 
営業時間11:00~19:00
火曜日定休

WEBshop : http://anchors.ocnk.net/
BLOG : http://anchors-oita.cocolog-nifty.com/
 
 

小銭入れを二分割 黒と青のロングウォレット

IMG_1661.jpg
ブッテロの黒と青の組み合わせで、ご要望に合わせた長財布のオーダーでした。
 
IMG_1664.jpg
使っていたら革に癖が付くのを見越して、いずれ倒れるようになるのでホックの無い、左右二分割の構造の小銭入れ。
開いたときに見える小銭入れのふたと、その背面の紙幣ポケット部分を青色の革に。
 
IMG_1665.jpg
「おばあちゃんっ子で、縁起ものの5円を収納できるポケットを。」
と、一つ前の記事同様のご要望の反映で、出すことの無い五円玉用のポケット。
 
IMG_1666.jpg
小銭入れの背面は独特な構造に。
カードが縦に三枚。
「普段よく使うカードは柄が少し見えていたら嬉しい。」とのご要望をこの構造で反映。
 
IMG_1668.jpg
その他のカードはまとめて次の列に収納を。
紙幣は二ヶ所に分けれる配置構造。
 
IMG_1671.jpg
外観は、スッキリした見た目に。
 
IMG_1672_20180420115137e4c.jpg
ふたのラインだけ曲線を。
 
IMG_1673_20180420115138f6b.jpg
重ねた黒と青の層が見えるコバ。
縫い上げは黒色のシニューを割いてオンスを下げて手縫いしています。
 
IMG_1676_201804201151405d9.jpg
ウォレットチェーンを連結する際に必要なターンノブは、リングに槌目模様を深めに。
そのリングにひし形のパーツで、財布に対しフックのかかる向きと動きを考慮したデザインに。
 
IMG_1678.jpg
ターンノブ取り付け後。
 
矢島さん オーダーありがとうございました

緑色と銀の組み合わせ 丸い小銭入れ

IMG_1651.jpg
経年変化は、光沢のある深い緑色。
育て甲斐のある楽しみ革と銀の組み合わせ、
はじめは艶のない緑色のブッテロと、光沢を出してやわらかく仕上げたカエルを乗せた、丸い雰囲気の小銭入れのオーダーでした。
 
IMG_1654.jpg
使いやすいかより、自分の使い勝手を考慮した型紙の指定での構造。
 
IMG_1655.jpg
紙幣を小さく畳んで入れるポケット
 
IMG_1656.jpg
小銭が入る部分は膨らませての仕上げに。
個人的には、
>> 黄色と焦げ茶の丸い小銭入れ
の形状の小銭の受けがあるとつまみやすくおすすめですが、ご要望に合わせての製作でした。
 
IMG_1657.jpg
「おばあちゃんっ子で、縁起ものの5円を収納できるポケットを。」
というご要望があり、、カエルとボタンの間のスペースに収納できるように、簡単に落ちない広さで製作しました。
 
IMG_1658.jpg
実用時の持った印象は、握りやすい形状。
 
IMG_1660.jpg
畳んで
 
IMG_1652.jpg
銀のカエルを押えたらボタンが留まる。
そんな小銭入れのオーダーでした。
 
矢島さん オーダーありがとうございました

オニキスとつち目とショットの組み合わせ

IMG_1069.jpg
丸い形状のオニキスを独特なフォルムな指輪で挟んだデザインの指輪のオーダーでした。
大まかなイメージだけもらい、お任せでのオーダーでした。
 
IMG_1072.jpg
指輪は握り心地とオニキスの引き立てを考慮した雰囲気の独特な幅感の指輪形状に。
 
IMG_1076.jpg
オニキスを包むモチーフ部分が指輪に乗ると高さが邪魔になるので、指輪で挟み込みました。
 
IMG_1075_201804150957184cf.jpg
指輪は、幅がある部分で約6mm、細くなっている指の内側が役4mm弱ほど。
握り心地や、付け心地のいい形状です。
 
IMG_1077_20180415095721bc8.jpg
オニキスを包むフクリンは八方位太陽神っぽい刻みを、その周りに8ショットでバランスを合わせました。
 
IMG_1078_2018041509571102f.jpg
8ショットがクローバーっぽいかなと思いながらの配置
モチーフを指輪でこんな感じで挟んでいます。
 
IMG_1070.jpg
岩本さん オーダーありがとうございました

アイアンクロスのペンダント 真鍮製

IMG_1042.jpg
真鍮の板から切り出した、アイアンクロスモチーフのペンダントのオーダーでした。
厚み約2.0mmの板からの切り出し
仕上げはギラギラにしないある程度のペーパーでの仕上げ。
 
IMG_1035.jpg
磨き過ぎた真鍮の光沢が、偽者のゴールドの雰囲気になるので、ビンテージっぽく風合いの経年変化の楽しめる、このくらいの仕上げにしています。
 
IMG_1037_20180415093934eb1.jpg
下げるためのカンは、ひし形のオリジナルパーツがオーダーの際にご要望がありましたので合わせました。
 
IMG_1041.jpg
アイアンクロス自体は、30mm×30mm程のサイズ感
 
IMG_1040.jpg
秋田県の佐々木さん オーダーありがとうございました

交通安全のお守りをプレゼント

IMG_0255.jpg
お守り的メッセージを込めたプレゼントのオーダーでした。
革に、日頃の感謝やありがとうのメッセージなどを打刻。
  
IMG_0257.jpg
革製のキーホルダーに重なる感じで取り付けた、銀製のプレートに、
TRAFFIC SAFETY (交通安全)
のメッセージを。
 
太陽神の右下のイーグルは、二羽手を繋いでる感じで寄り添って入れて欲しいとのご要望もありました。
 
IMG_0259.jpg
背面にお店のロゴを
 
IMG_0260.jpg
銀製のプレートの背面右下もお店のロゴを
プレートは、一度溶かした銀からの叩き延ばしなので、岩肌の様な風合いになっています。
綺麗な銀板からの製作も可能ですが、アジがあって好きと、ご要望が多い溶かした質感。
 
IMG_0254.jpg
太陽神の中央のベアパウは、真鍮製で色を組み合わせた仕上がりです。
 
お守り的なキーホルダーニーズは、
>> お守りのプレゼント ペアのキーホルダー
 
>> ペアキーホルダー  (メッセージ入りのお守り)
 
でもご紹介しています。
 
大阪府のTさん オーダーありがとうございました。

結婚指輪をカスタムするというニーズ

IMG_1189.jpg
「銀製の結婚指輪を、少しアレンジしたくなった。」
というご相談からのオーダーでした。
 
IMG_1165.jpg
お持込頂いた、だいぶ前にこちらで頂いたイメージで製作した4mm幅の指輪のカスタム。
ちょっと前に、両側面に、つち目模様を入れるアレンジをしましたが、追加でのご要望。
 
IMG_1164.jpg
「もともとのデザイン残しで、センターから外した位置に、斜めにスカルを乗せれないか。」
というイメージでした。
 
IMG_1187.jpg
>> ジッポをフリスクケースとして使うというニーズ
の開閉部分の親指の引っかかりに使用しているものと同じスカルのビーズをカットして加工取り付けしました。
 
IMG_1195.jpg
あごと頭が、指輪の幅よりはみ出していますが、指輪に埋まる感じでくっついております。
 
IMG_1193.jpg
太陽のモチーフを残しつつ、その横にスカルをやや斜め向きにした配置バランスで。
 
IMG_1192.jpg
スカルの横には MEMENTO MORIを打刻
「いつか死ぬし、生きていられる今を、もっと大切に。」
的なメッセージ。
 
IMG_1194.jpg
側面の槌目を、もう少しだけ強調させました。
 
IMG_1436.jpg
さらに、追加のご要望で、片目にルビーを埋め込みの加工。
小傷などが、良い雰囲気だったので、その古美は残しつつな磨き過ぎない仕上げに。
 
IMG_1437.jpg
光の反射の角度が、うまく正面を向いた雰囲気に良いバランスでできました。
 
IMG_1439.jpg
佐藤さん オーダーありがとうございました。
 
 

腕時計に革のベルトと銀製のバックル

IMG_0638.jpg
愛用の腕時計に、こだわりもなさそうな見た目の切りっ放しの革のベルト。
そんな革のベルトに、スターリングシルバーでオーダーメイドのバックルとサルカン。
「主張の無い素朴さ。」
そんなご要望でのおもしろいオーダーでした。
 
IMG_0637.jpg
ベルトの革は焦げ茶のブライドル、幅は約20mmほど。
折り返して簡単に縫い留めされた銀製のバックルは平たさを持つ雰囲気で。
 
IMG_0642_2018040609010598f.jpg
サルカンは細めで甲丸形状で、表が柔らかく丸っこくて、内側のベルトの接地面が平らに。
 
IMG_0639.jpg
切りっ放しの断面は、そんな銀の金具たちを無視するチープさ。
ギャップがあって、こだわりなさそうで、こだわっているってのが好きな感性でした。
 
IMG_0635_20180406090106aa0.jpg
納品時に、時計の文字盤を通して取り付けて、手首に合わせて穴を開け長さを決めて裁断し、全長調整。
自分にあったサイズのあつらえ感なオーダーメイドでした。
 
古我城さん オーダーありがとうございました。

ひまわりの指輪 真鍮製

IMG_0570.jpg
「記念日に、指輪をサプライズで贈りたい。」
「彼女がひまわりが好きなので。」
と、ひまわりが指輪に乗っているイメージでペアリングのオーダーでした。
 
IMG_0559.jpg
ひまわりって、どう表現するかなぁ
何か方法ないかなぁ と、色々タガネの打ち込んだ形状を利用して花をこしらえてみたり。
真鍮素材での製作のご要望で、黄色さが丁度ひまわりっぽくていい感じでした。
 
IMG_0574.jpg
素材に使用した真鍮の質感を古くさくするイメージで、研磨はあまりしないでの仕上げに。
 
IMG_0575.jpg
花の両横には、葉っぱをイメージしたパーツをつけてみました。
指輪も、少し存在感が出るよう、つち目模様を大きめにつけました。
 
IMG_0578.jpg
さりげなく、土台になっている指輪は、細めに作ったハートの指輪に。
ハートが花弁の裏で寄り添ってるって感じにしてみました。
 
IMG_0569.jpg
花の直径が約10mmほど
指輪の細い部分で約3mmほど
の存在感での製作でした。
 
喜んでもらえてたらいーな オーダーありがとうございました。
 
 

銀製のジッポに文字入れ 送別会での贈り物

IMG_1443.jpg
手書きで文字入れを施した銀製のジッポのご要望でした。
送別会で、長い間お世話になった上司へのサプライズで、
「実際使わないと思うけど、お世話になったのでカタチだけでも。」
と、オーダーいただきました。
  
IMG_1440.jpg
こちらでご用意した銀製のジッポ(スターリングシルバー製 #15)をベースに、
右手で使用する場合の背面に、縦書きで平仮名と漢字で。
 
リューターを使って削り入れる感じで文字を彫っています。
 
IMG_1442.jpg
その反対の面、右手で開閉する方にとっての表面には、仕事を離れる日を同じ感じで削り入れました。
 
IMG_1444.jpg
今石さん オーダーありがとうございました。
 
 

いつもご訪問ありがとうございます

いつもありがとうございます。

昨年7月から、1階に別経営のお店(マリーヤン)が入って、貸工房としての製作体験をもっと多くの方に楽しんでもらえるように対応できるよう改良しました。
ディアストックの作るものとまた違う雰囲気のモノ作りの提供もしてもらったりできるようになりました。
変化したこの場所を、以前より楽しんでいただけていたら嬉しいです。
 
こちらのブログ掲載の関連の、”ディアストック”は、1階から同じ場所の2階へ製作や店舗スペースを移動して稼動しています。
1階のマリーヤンと2階のディアストックを、どちらも楽しんでいただければと考えています。
 
1階の製作体験が、人数的や予約的にあふれて、即時対応が厳しい場合は、もしかしたらですが、手が空いていたらですが、2階ディアストックでも、昔と同様に、製作の体験を楽しんでいただける かも しれません。
 
このブログを見て知ったり誰かに聞いたりで、そんなきっかけでのご来店の場合、まだ困惑する店舗運営スタイルの空間になっているとは思いますが、2階に移動したディアストックへも、階段を上がってぜひお越し下さいね。
 
そんなこんなで、エイプリルフールな今日、4月1日で、ディアストックも16年目を迎えられました。
興味を持っていただけた方とのつながりに、感謝です。

  
IMG_1743_20180401180439fff.jpg
銀製品、金製品などの貴金属、真鍮製品や革製品の色々なものをオーダーをお受けする上で、店頭で見れるサンプルを、掲載します。
 
IMG_1742_20180401180451625.jpg
打刻サイズのサンプルです。
2mmのアルファベットのみ小文字があります。
名前などは3mmの大文字で頭文字
その下は2mmの小文字などおすすめです。
 
指輪などで、幅が無い場合は、1mmや、1.5mmサイズがおすすめです。
 
IMG_1741_20180401180449cde.jpg
文字のサイズ感やイメージの参考になれば幸いです。
 
IMG_1736_20180401180442f59.jpg
取り扱いの在る革色のサンプルです。
 
IMG_1737.jpg
革のエイジング(経年変化)が一番好まれているナチュラル色
重ねている丸い革が、最初の色味です。
その下が、少し日焼けした色の雰囲気です。
 
IMG_1738.jpg

焦げ茶
 
IMG_1739_201804011804462df.jpg




 
IMG_1740_20180401180448b74.jpg
青は、画像だと光の加減でわかりにくいので、黒との比較。
 
IMG_1735_20180401180440d3c.jpg
お問い合わせいただくことの多いキーホルダーの型見本。
好みの型紙がここに無い場合には、メールに輪郭などを添付頂ければ、型紙からも製作可能です。
ご要望などあれば、右のカテゴリにあるメールアドレスにお問い合わせ下さい。
 
これからも、色んなご要望お待ちしております。
オリジナル商品も掲載していきます。
 
あらためまして、15年の間、ディアストックを楽しんで頂いている皆様ありがとうございます。
16年目からも、さらに楽しんでいただければ幸いです。
 
いつもありがとうございます。

フェザー 重ね着けにおすすめしているサイズ

IMG_1394.jpg
お守り的感覚で身に着けているペンダントをおすすめしているフェザー。
素朴なくらいで、古い質感で仕上げたギラついていない雰囲気を提案しています。
  
IMG_1387.jpg
■40mm+縄 / 35mm / 向かい合わせ
上のサンプルのスタイルで、中央にしずく型の太陽神メタルを挟んだイメージはこのサイズ感。
サンプルでは、縄をK18に、太陽神の中央のベアパウもK18で合わせて関連性を付けています。
色みを変えるという部分では、リーズナブルな真鍮製に変更してもおすすめしています。
 
IMG_1388.jpg
■30mm / 40mm+縄+先毛並み無し / 同じ向き
色々ある組み合わせでこのサイズ感や向きは使いやすいです。
 
IMG_1625.jpg
自分は、こんな雰囲気に先まで毛並みを入れて、縄をK18にカスタムして、ターコイズのワイヤーワークを並べて身に着けています。ワイヤーワークのスリーショットの中央をK18にいずれカスタムする予定。
 
IMG_1395_20180330130656aea.jpg
小さめのしずく型の太陽神メタルも合わせやすいのでおすすめです。
このサイズ感で、ターコイズを並べるのも似合い合わせやすい組み合わせ。
最初のサンプル同様に、フェザーの縄と、太陽神の中央のベアパウの色などを関連付けすると更にいいです。
 
IMG_1389_201803301233100c0.jpg
30mm+先毛並み無し / 40mm+縄+先毛並み無し / 同じ向き
先まで毛並みの無いタイプは、この二つでも雰囲気が良いです。
毛並みを入れていない部分が光沢を持つと、程よい存在感に。
 
IMG_1390.jpg
35mm+先毛並み無し / 40mm+縄+先毛並み無し / 向かい合わせ
小さい方をもう少し大きめにしたサイズバランス。
向かい合わせると重なり感の見た雰囲気も良いです。
 
IMG_1391_20180330123313ed9.jpg
40mm+縄 / 35mm+先毛並み無し / 向かい合わせ
上の左右逆パターンで、大きい方を先まで毛並みを入れた組み合わせパターン。
コイン的なペンダントを付けている場合など、この組み合わせで挟んで着けるのもおすすめ。
 
IMG_1393_2018033012331635f.jpg
50mm+縄 / 40mm+縄
フェザー自体にもう少し存在感の欲しい方におすすめ。
両方の縄をK18にして、ちょっと贅沢な感じで付けてもらいたい雰囲気です。
 
IMG_1392.jpg
60mm+縄 / 40mm+縄
もう少し大きくても良いんだけどという方に。
 
迷ったら実際に身に着けて一緒に考えながらご提案いたします。
ディアストックの工房は建物の2階ですので、お気軽にお越し下さい。
 
 

K18フレームのメガネをバングルにリメイク

IMG_1360.jpg
仕上がった後のK18(18金)バングル。
形見のメガネのフレームがK18なので、それを溶かして身に着けられるものに加工できないかいうご相談でした。
 
IMG_1305_20180330113932276.jpg
お持込み頂いたメガネ
重たいので疲れて、あまり使わなかったというだけあって、メガネにしては重めな品物でした。
 
IMG_1306.jpg
フレームにK18の打刻。
 
IMG_1308.jpg
思い入れの在る物を、実用性の在る姿に、普段から肌身の傍に在る物にというご要望に、着ける方の手首に合ったサイズ感で調整して製作をお受けしています。
 
IMG_1310_20180330113936a61.jpg
早速ばらし作業。
さすが。ネジまで金でした。
鼻あて、耳あて、レンズなどその他の素材を外して
 
IMG_1312_20180330113938e27.jpg
K18だけのパーツを溶かしやすいサイズにカット
 
IMG_1313.jpg
石膏でできた器の上で溶かして、不純物を取り除きながら、
 
IMG_1315.jpg
金属の型に流し込んで、ベースになる棒の完成。
 
IMG_1356.jpg
地道に延ばしては画面が簿妙なので端折って、手首のサイズ感に調整して曲げたバングルの仕上がり。
 
IMG_1357.jpg
K18を内側に打刻
 
IMG_1359.jpg
形状は甲丸
約3.5mm程の幅感で太すぎず細過ぎない雰囲気で仕上がりました。
甲丸は、かまぼこの断面のような感じで、手首側が平らで、表の見える側がぷっくりと丸い形状です。
 
IMG_1355.jpg
折角作っても、サイズが小さくて窮屈なのも、大きすぎて落としたら大変だし、大きいからと曲げ伸ばしを繰り返すと、金属疲労で折れても悪いので、と丁度良いサイズ感はバングルでも大切に製作しております。
 
同じ形状は、銀でもオーダーお受けしております。
甲丸の指輪も着け心地も光沢も滑らかなのでおすすめです。
 
K18のリメイクバングル製作
伊藤さんオーダーありがとうございました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel: 097-538-8313
 (担当:鈴木) 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

・リング 指輪 (175)
・ペンダント (197)
・バングル ブレスレット (112)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (74)
・ウォレット 財布 (195)
・ウォレットチェーン (31)
・ベルト バックル (59)
・キーホルダー (119)
・名刺入れ ケース (92)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (86)
・その他 革製品 (131)
・その他 真鍮製品 (56)
・貸工房 製作体験 (9)
・仕事 (120)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (81)
■ ディアストック について (6)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

インスタグラム

Instagram

リンク