下がるタイプのターコイズのピアス

IMG_7774.jpg
昨日の記事の続きです。
ペンダントと合わせて、ロイストンターコイズで、オーバーレイなどを合わせた下がるタイプの新しいデザインでのピアスのオーダーでした。
 
プレートに不揃いの線や、ターコイズの輪郭を一段落とし込んでいぶして、石に立体感を出したり、ターコイズを包むフクリンには8方位の太陽っぽい刻みを入れたデザインで製作しました。
 
IMG_7777.jpg
昨日のペンダントとのサイズ比較
ピアスのプレート部分は縦幅が約40mmほどでした。
 
IMG_7772.jpg
あまり丁寧に磨きすぎず、古くから在るような、前からつけていて身に馴染んでいるような質感での仕上げ。
 
IMG_7773.jpg
フックの付け根には、シンプル過ぎない感じになるよう、シルバーの丸いビーズと、ペンダントのデザインにリンクするコイルを合わせてみました。
 
IMG_7771.jpg
オーバーレイの貼り合わせの厚みは、0.6~0.7mmなので、仕上がりの板の厚みは1.5mm弱
重さで耳が痛くなりにくいようやや軽くなるように。
 
IMG_7776.jpg
背面には、ペンダントと同様に、イベントの第一回目を記念して、打刻。
 
酒井さん オーダーありがとうございました。
 
 
カチャトーレのご紹介
〒870-0263
大分県 大分市横田60-2
CACCIATORE のfacebook
雑貨やコーヒーの他にも、色んなワークショップもしているみたいなので是非お店に!
インスタもあるので、探してみてください^^
スポンサーサイト

ロイストンターコイズで新デザインのペンダント

23日のイベントの出店ブースへ、お越し頂いた皆様ありがとうございました。
猛暑でくたくたでしたが、また機会があれば面白いお店が集まりそうなイベントでした。
昨日は定休日だったので、本日から通常営業しています。
 
IMG_7764.jpg
そのイベントの主催カチャトーレのオーナーさんよりオーダー頂いたペンダントとピアス。
 
IMG_7765.jpg
やや黄緑色のロイストンターコイズで、デザインのイメージを打ち合わせて、これまでにないデザインでの製作のオーダーでした。
 
IMG_7766.jpg
縦長のターコイズに合わせて、輪郭を製作
普段しないデザインですが、面白い感じで仕上がりました。
 
IMG_7767.jpg

 
IMG_7768.jpg

 
IMG_7779.jpg

 
IMG_7770.jpg
背面には、イベントの主催2017年7月を打刻して納品。
 
オーナーの酒井さん オーダーありがとうございました
主催おつかれさまでした。
出店された皆様 おつかれさまでした。

槌目のヘビイメージの指輪

IMG_7461.jpg
「小指にヘビのデザインで太目の指輪をしたい。」 と、オーダー頂いた指輪を製作。
 
ご要望のサイズは8号でした。
 
IMG_7460.jpg
表情の部分に、目や口も付けず、シンプルに光沢を出した仕上がり具合
 
地金を打ち伸ばして、徐々に細くしていって、指に巻きつくデザインで、曲線美を意識してみながら製作してみました。
 
IMG_7459.jpg
頭以外は、槌目模様で質感を出しつつ、銀の経年変化や光の乱反射で楽しめる質感
 
IMG_7602.jpg
いぶしをかけて、重なりに影を持たせて、光と立体感と重圧感をもう少し強調
 
IMG_7603.jpg
内側の面は、見た目以上に肌馴染みのいいやわらかい仕上がりです。
 
山口さん オーダーありがとうございました

銀メッキのジッポのカスタム

IMG_7581.jpg
銀メッキをかけた真鍮製のジッポに、銀製のスリーバレルを3.0φ軸で補強のオーダーでした。 
 
IMG_7582.jpg
銀メッキの土台にロウ付けをする際には、画像のような剥がれが起き、それもまた銀や真鍮だけの素材感と違った、個性的な仕上がりも楽しめます。
 
IMG_7583.jpg
ロウ付け後、表面のこげを落としますが、溝の中は磨けず、画像の文字部分のように、銀をいぶしたような見た目にもなったりします。
 
IMG_7584.jpg
ロウ付け付近の拡大。このような質感ですが、使い込むとくすんで、真鍮の独特な光沢も出てくる経年変化が予想されます。
 
IMG_7585.jpg
この仕上がりの雰囲気で、文字を削り入れたりすると、その部分のメッキも彫られて、真鍮色が下から見えたり、そんな遊び方も楽しめるのが銀メッキのジッポの魅力だったり。
 
IMG_7586.jpg
北海道の林さん オーダーありがとうございました。
 
 

トラッカーウォレットのアレンジ

IMG_7635.jpg
トラッカーウォレットのカスタムのご相談とご依頼でした。
 
IMG_7632.jpg
以前製作して、別の財布に取り付けていた金具を、財布をトラッカーウォレットに交換して使いたいので、取り外して移植のご要望でした。
 
IMG_7633.jpg
取り付け位置を決めて穴を開けてネジ式の金具を取り付け。
 
IMG_7636.jpg
使用しているウォレットチェーンが、真鍮と銀のコンビなので、ウォレットの金具も、ホックは真鍮で、ターンノブ(ウォレットチェーンの接続金具)は銀製。
 
IMG_7634.jpg
移植した金具は、使い込んだ質感のまま、磨き直しせずに、そのまま組み付け。
竹ちゃん オーダーありがとう
 
 
商品の詳細記載のページリンク
>> トラッカーウォレット 取り扱い開始のお知らせ
>> トラッカーウォレット 
オーダーお待ちしています。

カチャトーレ 酒井蚤の市 7月23日

カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
7月23日(日曜日)に、大分市大在で行われる蚤の市に声をかけて頂き、出店することになりました。
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
10:00~15:00と時間の短いイベントで、イベント後も自分のお店へ戻って製作していますので、お時間の都合を合わせて、是非イベントの方にも足をお運び頂ければ嬉しいです。
 
このイベントで、なかなか知らないコアなお店と知り合うことも、そして実店舗へ行くきっかけになるのも期待させられる面白そうなイベントです。
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
自宅で製作活動をしている作家さんとは違い、実店舗を持っている方々の集まりなので、それもユニークで、良い雰囲気になるんじゃないかと期待しています。
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
場所のご案内。↑↑
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
普段は、コーヒーと雑貨のお店をされていて、ワークショップなど体験型のイベントも随時インスタなどでUPしているので、今回のイベントきっかけでもいいし、行ってほしいお店です。
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
こちらはお店の普段のフライヤー。
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
何をするかはイベントで出会えた方だけのお楽しみ。 
お友達、お知り合いお誘い合わせ頂き、お越しをお待ちしております。 
 
カチャトーレ 酒井商店 蚤の市 7月23日
 
シェア拡散頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。 
 
いつも閲覧頂きありがとうございます。

スリーショットワイヤーワーク

IMG_7366.jpg
12月の誕生石なターコイズですが、産地だとかその付近で取れる金属などで様々な表情や色味の味わいのある面白い石。
 
アメリカのアリゾナ産で、キングマンという種類の、その中でもさらにパイライトという金属なども混ざった通常より少し高価なターコイズで、ペンダントのオーダーでした。
 
IMG_7358.jpg
在庫にある石の中から、好みの雰囲気の石を選んで頂いての製作でお受けしています。
 
IMG_7359.jpg
二つと同じ表情のないターコイズを置いてあります。
 
IMG_7362.jpg
ターコイズの形状に合わせて枠の製作。
ワイヤーと粒を大小で合わせたスリーショットワイヤーワークってデザイン。
ご要望で、普段より、ショット(粒)をやや大きめに製作しました。
(普段、製作している僕自身が身に着けているデザインと同じイメージです。)
 
IMG_7365.jpg
石を納めて、枠で包んで固定して、研磨していぶしての後の雰囲気。
 
IMG_7367.jpg
ワイヤーワークは、捻っているワイヤーが、光と影になって、石を際立たせてオリジナルでは良く使うデザインです。
 
IMG_7370.jpg
チェーンを通すカンの部分もスタンプを入れて濃淡を楽しめるデザイン。
この部分は、シンプルに無地でも可能です。
 
IMG_7368.jpg
背面に、ご要望の文字を打刻。
 
河野さん オーダーありがとうございました

馬蹄モチーフのペンダントをペアに

IMG_7357.jpg
以前、>>馬蹄モチーフのペンダント
の記事で製作した馬蹄型のオーバーレイペンダントと同じ感じで、
「大切な方へプレゼントしたいので。」とサイズを小さくしてのオーダーでした。

(10円玉は、サイズの比較イメージ用に。) 
 
IMG_7351.jpg
サイズの比率は、トップのサイズを小さくするので、チェーンを細く合わせたいとのことで、そのチェーンの太さの比率で縮小して製作してみました。
 
IMG_7352.jpg
若干湾曲していたり、下げたら斜めになるデザイン
いぶしてあるので、凹みや穴の部分なども引き立っています。
 
IMG_7354.jpg
背面は、肌馴染みが良いように、やわらかい仕上がり。
 
IMG_7356.jpg
上向きの馬蹄は、幸福を逃さないってお守り的いい伝えもあるし、素敵なオーダーでした。
 
椎原さん オーダーありがとうございました。

奥様へピアスのプレゼント

IMG_7335.jpg
直径5mm程の丸いターコイズのカボションのピアスを左右用に
奥様へのサプライズプレゼントでのオーダーでした。
 
IMG_7323.jpg
サイズや形状に合わせて製作して、左のように輪郭を削り入れ
 
IMG_7324.jpg
革の粉で石の高さを微調整
 
IMG_7325.jpg
高さを確認して
 
IMG_7326.jpg
爪を倒して固定。
そんな作業工程。
 
IMG_7330.jpg
左右とも同じように加工。
輪郭に8方位の太陽神デザインでギザギザになっているデザインです。
 
IMG_7331.jpg
シリコンが中に入っている、簡単に失くしにくいベルキャッチの組み合わせ。
 
IMG_7332.jpg
耳に触れる部分は平らな仕上がり。
 
IMG_7333.jpg
ギザギザな部分も引っかからないよう、柔らかく研磨した仕上がりになっています。
 
夏アクセにいかがでしょうか
 
増尾さん オーダーありがとうございました

愛車のシフトノブを銀でカスタム

IMG_7505.jpg
 
TOYOTAのFJクルーザーのシフトノブの上の部分を、
スカルでカスタムする贅沢なオーダーでした。
 
IMG_7495.jpg
 
仕上がりの真上画像
 
IMG_7494.jpg
 
もとはこんな感じ
 
IMG_7187.jpg
 
サイドはこんな感じ
 
IMG_7188.jpg
 
丁度、新作の作りかけだった、背面が平らなスカルフェイスが、偶然にもサイズ感が良くて、それをベースに打ち合わせからの製作でした。
 
IMG_7268.jpg
 
翼は、またの機会に新作で。
いぶした質感や、立体感を想像しながら、歯を削り入れ。
 
IMG_7441.jpg
 
綺麗にはまるサイズ感に丸く切り出した板に、キャスト後のスカルを組み合わせてロウ付け。
 
片側の目に、定番の片目のウイリー的な感じで宝石を入れる雰囲気で
ひとつはキュービックジルコニアのクリア
もうひとつはK18のショット〈粒)
 
IMG_7442.jpg
 
仮に、いつものメキシカンスカルのように、ルビーを入れた雰囲気だと。
研磨していぶしてみないとわかりにくいけど、こんな雰囲気。
 
IMG_7443.jpg
 
クリアのジルコニアを固定して、いぶして研磨した部品としての仕上がり。
 
IMG_7444.jpg
 
ジルコニアの見た目
 
IMG_7446.jpg
 
K18ショットの見た目
 
IMG_7455.jpg
 
固定すると見えない部分な背面に、お店のロゴと作った西暦を。
 
IMG_7497.jpg
 
それぞれを、はめ込んで仕上がり。
 
IMG_7498.jpg

輪郭を少し落とし込む厚みにしたので、経年変化でスカルの周囲がもう少しいぶされて、手で触るスカルの表情は光沢が出ていくんじゃないかと計算。
 
IMG_7500.jpg
 
所定の位置に取り付け。
贅沢なオーダーでした。
 
IMG_7504.jpg
 
佐賀県の松枝さん オーダーありがとうございました
ご来店ありがとうございました

フェザーのカスタムオーダー

IMG_7234.jpg
 
毛並みの部分が約40mm程のフェザーのペンダントのカスタムオーダー
古びた質感で仕上げ、軸を真鍮製で、
その他は銀で、
先端部分には毛並みを入れない感じで、そんな製作のご依頼でした。
 
IMG_7212.jpg
 
真鍮で折り返したチェーンの通るところ
背面の処理はこんな感じに。
 
IMG_7211.jpg
 
毛並みにつながる真鍮軸
 
IMG_7213.jpg
 
折り返し部分に巻くワイヤーは銀線を巻いてロウ付け
 
IMG_7226.jpg
 
いぶして、ある程度研磨した表情
毛並みの先端の無地の部分も良い雰囲気
 
IMG_7231.jpg
 
いぶした銀にすると、真鍮の質感が、より際立ちました
 
IMG_7230.jpg
 
背面に、打刻のご要望
上の方に、お店のロゴを。
 
IMG_7235.jpg
 
Fさん オーダーありがとうございました

改装もある程度落ち着きました

IMG_7631-2.jpg

ようやく二階の改装も7割ほど仕上がって、製作もできる感じに片付いて受けているオーダーを順次製作し始めています。
 
階段が急なのもあって、打ち合わせなどはこちらから一階へ降りますので、ご来店でディアストックへ御用のある場合はお手数ですが呼んでください。
 
金、銀、真鍮や革、天然石を使ったアクセサリーなどのオーダーや、銀や真鍮のアクセサリー製作体験など、以前より面白いことが増えている環境に整えていっていますので、新しい雰囲気を楽しみに、是非ご来店ください。
 
一階へ新しく入っているお店のご紹介
マリーヤン
Blog URL : http://ameblo.jp/mallieyan-stone/
 
一階と、二階の近況は、こちらのブログや上記リンクでチェックして頂ければ嬉しいです。
 
新しいディアストックも、宜しくお願い致します。

結婚10周年の記念 ペアリング

IMG_7173.jpg
 
美容という仕事柄、結婚指輪を重要視していなかったけど、結婚10周年の記念に、ご夫婦で作ろうかとなりました。
という感じのオーダーで銀製のペアリングの製作でした。
 
IMG_7174.jpg
 
ありきたりじゃない方が良いので、太目で付け心地のいい指輪
奥さんの方は細目で
ご要望に合うのがこのデザイン
逆甲丸で幅広と、細目はやや甲丸のデザインで。
 
IMG_7176.jpg
 
凹凸な感じも、二つでひとつの意味を持っていて、良い雰囲気です。
 
IMG_7171.jpg
 
表面には槌目の模様を入れていますが、無地でシンプルに研磨でも、ヘアラインでもおすすめです。
 
IMG_7175.jpg
 
佐藤さん オーダーありがとうございました

勿忘草モチーフのピンキーリング

IMG_7165.jpg
 
勿忘草の花のイメージで、ピンキーリングのオーダーでした。
 
素材は全て銀製で、いぶさない研磨のみの仕上がりのご要望でした。
 
IMG_7166.jpg
 
厚みを持たせて、ややぷっくりした質感でやわらかい感じに
花のサイズ感は、指輪からはみ出ない程度
指輪のサイズは3号での製作でした。
 
IMG_7167.jpg
 
土台は、着け心地のいいハートの寄り添った指輪で。
 
Kさん オーダーありがとうございました

粒々なペアリング

改装しつつ、ブログの更新が少なくて申し訳ないです・・・
だいぶ落ち着いてきたので、オーダーいただいている分の製作も、徐々に再開できつつあるこの頃です。
 
IMG_7183.jpg
 
ちょっと変わった雰囲気の指輪を、ちょっと変わったご依頼で製作したペアリングでした。
 
IMG_7160.jpg
 
「以前、アメリカに行った際に、自分で指輪作りたいなと思って、銀の材料を購入していて、でも作らなかったので、その材料を持ち込んで使って指輪を作ってもらえないですか?」
というご要望で、持ち込んでいただいた銀の材料。

粒の連鎖の的なデザインのワイヤー。
こんなワイヤーは自分のとこでは作れないので、面白いオーダーでした。
 
IMG_7161.jpg
 
中央は内側に打刻を入れた平打ちの指輪。
両サイドを粒の指輪で挟むイメージのオーダー。
 
わずかに違う粒のサイズに合わせて、指輪の幅も同じ比率で縮尺
厚みも微調整してあります。 
 
IMG_7163.jpg
 
それぞれをロウ付けしたところ。
 
IMG_7180.jpg
 
綺麗に研磨して、ピカピカな面白いデザインのペアリングが出来ました。
 
三ヶ尻さん オーダーありがとうございました
 
 
※同じワイヤーを作れないので、このデザインは興味を持った方からのオーダーは受けにくいです・・・。
ご了承ください。

改装工事をしています。

IMG_6480.jpg
 
七月より、新しい体制で、ディアストックを運営しようと思います。
私事なので、ローカルな、身近な方にわかればいい情報ではありますが、今月中はお店の改装工事をしています。
 
店内が散らかっておりますが、営業しつつ、ワイワイ騒がしくやっております。
 
IMG_6482.jpg
 
貸工房という感じで、自分で作ってみたい方に、気軽に体験のできるスペースや、銀や真鍮だけではなく、革細工もしてみたい方のためのスペースも広げたり、整え中です。
 
週末、仕事帰りにちょっとモノ作りでも
とか、
彼女へ、彼氏へ、友達へ、ご両親へなどなどへのプレゼントを、
自分で作って喜ばせたいって想い
とか、
心の充実みたいな、ささやかな喜びの種になるような場所にしたいなと考えています。
 
 
来店されたことのある方はご存知の、一階のディアストックは、雰囲気を残しつつ、作業スペースを二階へ。
 
一階には、以前大分駅前のアーケードの中央にて運営していたマリーヤンが入ります。
 
なので、ひとつの建物、入り口から入って、二つのお店を楽しめる感じです。
 
こちらのブログの運営、ディアストックにオーダーのご相談の方は、新しい装いの二階へ是非お越しください。
 
なんだか不思議な空間になりそうなので、一階の楽しみ、二階での楽しみを、徐々に感じて頂ければと思います。
 
新しくなるディアストックを、お楽しみに♪

トラッカーウォレット 取り扱い開始のお知らせ

IMG_7483.jpg
 
少し前の記事でご案内していた トラッカーウォレット ご注文の受付を始めました。
在庫も店頭に用意してありますので、是非お手にとってご検討いただければと思っております。
 
通常は、画像のウォレットと真鍮製のウォレットチェーンを合わせた組み合わせで販売予定ですが、ご希望があれば、あなた好みのアレンジもご相談ください。
 
夏アクセと合わせ、スッキリした身の回りに、おすすめしたいなと考えています。
 
IMG_7486.jpg
 
~ 内部構造について ~
左側より 領収書入れ ・ 小銭入れ ・ カード収納 ・ 紙幣
の、四層で、必要最低限な構造となっています。 
 
まず第一弾目の革は、”丘染めのブラック”
丘染めとは、表面のみ塗装され、床面(裏側)はナチュラルのままの革で、経年変化も推してますが、この革、劣化すらオシャレに仕上がっていく、いわゆる茶芯です。
 
コバは、ペーパーで毛羽立たせただけの仕上がり。
縫い糸は、ブラックのシニュー。
裁断されて、縫われただけの古さと、ミシン縫いでは出せない手縫いならではの強度で、劣化に対してのラフさとタフさの組み合わせとなっています。
 
IMG_7487.jpg
 
作っていても、使っていても、いつも必要ないなと感じるファスナー。
見た目の重要性だけなのかな、金具な内側の革を傷めたり、壊れたり、そんな感覚のファスナーは、いつもながらディアストックらしく除去。
このトラッカーウォレットにもつけておりません。
 
ふたを開けて、もうひと手間、ファスナーを開閉する動作のない感じに簡略化しています。
 
外側にホックもあるので、逆さに開けない限り、小銭は、こぼれるような感じではないです。
 
IMG_7484.jpg
 
~ サイズ感 ~
縦幅 約180mm
横幅 約94mm
厚さ 約10mm
 
ディッキーズの874や、ルーズフィットなど、ブルーカラーなワークな感じに合わせやすい印象です。
 
すでに第二段は、何色を追加しようかと構想中
ご来店お待ちしております。
 

A4サイズのノートカバーにターコイズで

IMG_7214.jpg
 
A4サイズのノートのカバーに、ターコイズをワンポイントにつけたデザインでオーダーをいただきました。
 
IMG_7058.jpg
 
やや緑系のネバダ州のロイストンターコイズ
 
IMG_7100.jpg
 
やや斜めに取り付けるご要望に合わせ、スリーショットのワイヤーワークを製作
 
IMG_7136.jpg
 
一つ前の記事の指輪と合わせてのオーダーで同時進行で
 
IMG_7185.jpg
 
ターコイズの固定はノートへの干渉を抑えるため、回転もしないよう、三箇所ピンを立てて、差し込んで曲げる固定方法。
 
IMG_7217.jpg
 
取り付け後。
革の色が育って赤茶けてきたときに、また似合いそうな雰囲気でした。
 
IMG_7218.jpg
 
内側もスッキリしたデザインで、メモを取ったり書き入れる際のガタガタした感じの少ないシンプルさ
 
IMG_7221.jpg
 
切り込み部分は名刺を縦に収納できるようになっています
 
IMG_7220.jpg
 
深めのポケットで、少しだけ曲線をつけたデザイン
経年変化が楽しみな製品でした。
 
愛知県の村井さん オーダーありがとうございました
また何かありましたらお待ちしております。

フェザーの古い質感の結婚指輪

IMG_7134.jpg
 
フェザーの指輪を、ありきたりじゃない結婚指輪にしたいと、お問い合わせ頂いて、作り手に会って、直接頼みたいと、愛知県よりご来店いただいてのオーダーでした。
 
IMG_7075.jpg
 
LINEを交換して、製作中の工程を送ったり、ワクワクしていただけて楽しいオーダーでした。
銀の板をサイズに合わせて切り出し。
 
IMG_7076.jpg
 
2つ切り出し
 
IMG_7077.jpg
 
軸をつけて、毛並みをタガネで打ち入れて、内側には文字を打刻して
 
IMG_7080.jpg
 
サイズ調整しながらリングにして
 
IMG_7092.jpg
 
ターコイズの枠を作って、バランスを見つつ置いてロウ付け
 
IMG_7121.jpg
 
酸洗いして
 
IMG_7128.jpg
 
ターコイズを埋めて固定して、仕上げは、研磨はあまりしない、いぶしを入れた古い感じの質感での、ご要望でした。
 
IMG_7130.jpg
 
愛知県の村井さん オーダーありがとうございました
遠いところご来店ありがとうございました

革のメンテナンスや経年変化

IMG_6768.jpg
 
エイジングとか、経年変化とか、革を育てるって言葉で表現される、革のひとつの楽しみ方。
 
製作し納品した製品を大切にしてもらえてて、愛着を持って変化を楽しんでいただけててとても嬉しいです。
 
オイルメンテナンスなどお受けしていますので、お気軽にご相談ください。
 
IMG_6769.jpg
 
女性や、バックに収納する方は特にこうなりがちな、引っかき傷も、オイルを補充したり、メンテナンスしているともう少し抑えられます。
 
IMG_6771.jpg
 
上の状態にオイルを入れて、メンテナンスした後ですが、繰り返して、徐々に色は濃く艶も出て、これからが楽しいってところです。
 
IMG_6770.jpg
 
このくらいの雰囲気のときに、革ってかさかさで汚くて、良いものではないのかなって思われたりしますが、このくらいからの変化を楽しんで貰えたら嬉しいです。 
 
IMG_7371.jpg
 
バッグや、メガネケース
こちらもメンテナンスをご依頼されたビフォーアフター
 
傷なども目立たず、丁寧に使用していただいていて嬉しいです。
 
IMG_7373.jpg
 
オイルメンテナンス後
若干色も濃くなって変化が出始めてて良い雰囲気でした。
 
ディアストックで製作した革製品のメンテナンスは無料です。
お時間は10分ほどいただければ、可能な場合はその場で対応致します。
 
メンテナンスのご依頼ありがとうございました。

焦げ茶のバタフライウォレット

IMG_6326.jpg
 
小銭入れが外に付いたタイプの二つ折り財布を、色を組み合わせてのオーダーでした。
 
IMG_6327.jpg
 
金具はブラスで、焦げ茶色の革と、挿し色に青色の革を合わせでした。
 
IMG_6328.jpg
 
青は小銭入れの内ふたと、カード入れの一番下に二ヶ所
 
IMG_6330.jpg
 
紙幣は間仕切りのご要望もあり、高さを変えた仕切りが一枚
 
IMG_6329.jpg
 
紙幣を分けて使う方には便利だと思います。
 
IMG_6331.jpg
 
全体の厚み。
 
IMG_6332.jpg
 
木村さん オーダーありがとうございました。

ひげモチーフのスタッズ クラッチバッグ

IMG_6550.jpg
 
黒い革に、ひげモチーフをのスタッズを打ち込んだクラッチバッグのオーダーでした。
 
IMG_6496.jpg
 
配置やサイズ感、縫い代との兼ね合いで位置を出して、左右対称になるように、まず穴開け
 
IMG_6509.jpg
 
あけた穴にスタッズを差し込んで
 
IMG_6511.jpg
 
奥の感じで刺さったピンを、手前のように内側に曲げて
 
IMG_6513.jpg
 
挿し戻して、内側の干渉の少ないよう平にならして固定。
見えない部分もある程度は均一に。
 
IMG_6518.jpg
 
内側に革を貼って、縫い代に糸を通す穴あけ。
仕上がりのサイズ感は、横幅が300mm 縦幅が200mmほどのイメージのご要望でした。
 
IMG_6551.jpg
 
内側に赤を入れて、黒×赤×真鍮 の組み合わせのご要望で、畳んでても、わずかに赤が見える雰囲気に。
 
IMG_6554.jpg
 
内側に入れた赤い革、開いた際に見える挿し色の遊び、外観とのギャップなどもあって良い雰囲気でした。
 
IMG_6553.jpg
 
背面は飾り気の無いシンプル、スッキリな感じに仕上がっています。
自分だけの特別なオーダー ”あつらえ” 楽しんで貰えたら嬉しいです。
 
末国さん オーダーありがとうございました

銀と真鍮をあわせたペンダント

IMG_7144.jpg
 
ピースマークのモチーフのペンダントを、銀と真鍮を合わせた素材感で仕上げて欲しいというオーダーでした。
 
IMG_7140.jpg
 
丸の外径が約30mmほどのサイズ感で、銀の輪と、真鍮製の中のパーツを切り出し。
  
IMG_7141.jpg
 
上のチェーンの通る部分は直接つけて、内径が3mmφ程というご要望もありました。
 
カンは、デザインに合わせて、丸カンではなく角のある感じで合わせて製作。
 
IMG_7142.jpg
 
それらをロウ付けして組み立て、研磨はある程度の光沢のご要望に合わせ仕上げました。
 
IMG_7146.jpg
 
秋田県の佐々木さん オーダーありがとうございました。

形見を小さめにリメイク

IMG_6975.jpg
 
形見で大切にしているペンダントを、小さめにリメイクして欲しいというご相談で、製作したオーパールのペンダント。
 
IMG_6956.jpg
 
もともとの枠から石を外す際に、硬度の低いオパールなので割れるかも知れない。 と、打ち合わせしていると、「小さくしたいのでそれはそれでOKです。」ということで、案の定割れてしまい、丁度縦長になったのでよかったぁ、そんなリメイクでした。
 
IMG_6961.jpg
 
「割れたカタチも、また何か意味があるんだろうね。」とか、偶然の産物なので、そういうのも大切にしつつ、削って角を取って磨いて、しずくっぽい綺麗な感じで整えました。
 
割れた残りは、またの機会に、また何か作ろうってことになりました。
 
IMG_6972.jpg
 
極々シンプルに、飾り気の無い感じでというご要望でした。
 
IMG_6971.jpg
 
背面の光取りも、可能な限り、包んで留めた石が外れない程度大きく作ってみました。
 
沖縄県のMさん オーダーありがとうございました。

星とコインのペンダント

IMG_7050.jpg
 
丸く切り出したプレートの上に、揺れる感じで立体の星を重ねたペンダントのオーダーでした。
 
IMG_7051.jpg
 
丸い部分は約24mmφほどのサイズ感で。
チェーンは45cmで若干短め、Tシャツで丁度いい首もとの雰囲気。
 
IMG_7053.jpg
 
いぶしの無い白仕上げ。
 
IMG_7054.jpg
 
ご要望があれば丸カンもロウ付けしますが、今回はこのまま。
 
IMG_7056.jpg
 
星も削りだしで、膨らませるのに裏からたたき出して丸みを出しています。
立体感のわりに軽い仕上がりです。
 
IMG_7057.jpg
最後にロゴを書き入れて仕上げ。
 
Tさん オーダーありがとうございました

トラッカーウォレット

IMG_7063.jpg
 
自分が始めて貯めたお小遣いを収納した財布は布製で、初めて触れた革製品は、中学生の頃、真鍮製のバックルのついたベルト。高校に入って仲の良い友人から貰った財布が、今思い返すと革製の財布、トラッカーウォレットでした。
 
はじめてバイトして、自分で稼いだお金を入れたのが革の財布でした。
 
レジ前で、ホックを外す音や薄っぺらい飾り気のない財布は、今見るとそれを思い出し、どこか子どもっぽく倦厭してたけど、新しい試みに擦り合わせて、オリジナルに入れてみたくなり、製作してみました。
 
IMG_7073.jpg
 
10代半ばの、そんな頃を振り返って思う、「大人へちょっとだけ近づいた感覚や、わずかながらのバイト代を入れる革の財布。」と、「革細工を教えている就労支援(B型)施設に、何か仕事を作ってあげることで社会との関わりを持てたり、誰かが使ってくれるものを自分の手で作っている実感とか提供できればいいな。」と、「製作過程で高価にもなりにくいように、、施設に通う方にも製作しやすい型紙をおこして製作過程や作り方を教えて。」という部分とで、足し算して、そんな財布を作りたいと思ったのがきっかけ。
 
そんな財布から、親に感謝のお小遣いを差し出したり、自分の好きな物を手に入れるためのきっかけの場所になったり、好きな人へプレゼントを買ったり、そんな物語の脇役になればいいなって商品です。
 
親から子へのプレゼントとして、友人へのプレゼントとして、なにか、そんな始まりにつながる心地良いものになると良いなと考えています。
 
施設に製作工程や仕上がりまでの流れを教えたりしていますが、仕上がりにもまだまだむらがあるとは思いますが、そんな商品をよろしくお願いします。
 
受注生産ではなく、店頭で手にとって購入できるよう、在庫を用意していきますので、心に引っかかるニーズがあればお待ちしております。
 
もちろん、自分好みのカスタムもご要望があればお待ちしております。
 
6月中旬頃から販売できる予定です。

太陽と三日月のピアス

IMG_5935.jpg
 
太陽と三日月のデザインのピアスを、職場の友人カップルにプレゼントしたいとオーダーいただきました。
 
IMG_5934.jpg
 
銀製の太陽に、真鍮製の槌目模様の三日月を重ねて、サイズを少し変えて2つ
大きい方が約8mmφ、小さい方が約6mmφで製作。
 
IMG_5940.jpg
 
シリコン入りのベルキャッチは、外れにくいけど、馴染むまで硬く刺さりにくい印象で、リップや軟膏をちょっと塗るとすべりが良くなったりします。
 
IMG_5944.jpg
 
背面の右端に、それぞれ6を打刻の要望もありました。
プレゼントがオーダーメイドって、貰って嬉しいでしょうね
 
IMG_5945.jpg
 
佐藤さん オーダーありがとうございました

ペアのフェザーリング

IMG_6686.jpg
 
フェザーのデザインで指に巻きついたのオリジナルのリングをペアでのオーダーでした。
 
IMG_6685.jpg
 
サイズの大きい方がシルバー製で、研磨したいぶしの無い白仕上げ。
細い方がK10のピンクゴールドで製作のご要望でした。
 
IMG_6690.jpg
 
少しずつ違う角度のイメージで載せてみました。
 
IMG_6688.jpg
 
内側には、ご要望で、お互いのイニシャルで&を挟む感じで細めに削り入れました。
 
IMG_6689.jpg
 
茨城県の三本さん オーダーありがとうございました
 

小さめのフェザーを夏に

IMG_5503.jpg
 
梅雨前から30℃を越す暑い日を観測したり、すっかり薄着で大丈夫な気候ですね
 
Tシャツで過ごせる感覚になると多くなるペンダントのオーダーですが、小ぶりなフェザーのニーズがちょこちょこ増えております。
 
ターコイズなど古い感じの仕上げに重ねたり、単体で主張の少ない程よい存在感ニーズに小さめのフェザーも製作しています。
 
IMG_5495.jpg
 
こちらは、毛並みの部分の縦幅で約30mmほどのイメージで、いぶしをかけて、少し古さを出した質感に仕上げたものです。
 
IMG_5497.jpg
 
「今買ってきました。」って質感の苦手な方に、おすすめの雰囲気です。
 
IMG_5498.jpg
 
チェーンなどを通す部分は、シンプルなままと、縄を巻いた質感のアレンジ、縄をK18にしたり、予算がかからない真鍮にしてみたり、色味を代えて個性にしたりのご要望もあれば可能です。
 
IMG_5499.jpg
 
小さいのでサイズ違いや重ね着けも、あまり着け慣れないけどってニーズにもいいと思います。
 
IMG_5500.jpg
 
背面まで毛並みを入れてないオリジナルは、プレゼントニーズだったら、背面に文字を入れたりも可能です。
 
IMG_5506.jpg
 
チェーンエンドの留め具も、フェザーの存在感を越さない小さめのこういったアレンジも可能です。
 
自分好みのアレンジでも、オーダーのご要望があれば、ご相談お待ちしております。

ホワイトハーツブレスレット

IMG_6781.jpg
 
ダーツをするカップルからのご依頼で、「投げる際のウエイト代わりにアクセサリーをペアで作ろう。」ってオーダーでした。
 
IMG_6772.jpg
 
真鍮製の、クローバーデザインのコンチョ
 
IMG_6774.jpg
 
一枚の板を切り抜いて、無地の板に貼り合わせたオーバーレイで表面に槌目を入れました。
 
IMG_6775.jpg
 
コンチョの背面は輪郭に沿わせてご要望の文字を打刻、通す部分の丸カンをつけて、手首に馴染む感じに、少し膨らませています。
 
IMG_6784.jpg
 
ウエイトになるほど、すごく重い感じではないですが、的を狙う仕草にかっこよく存在するといいな
 
IMG_6785.jpg
 
矢野さん オーダーありがとうございました
お問い合わせ

DearStock 店舗情報

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 tel:
 097-538-8313
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
 
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -