カード収納が、とにかく多めで。

IMG_4247.jpg
そのイメージを立体にすると、すごく分厚くなって、もはや財布って感じしないかもよ。
って打ち合わせでした。
個人的なこだわりなんだから、できるだけ叶えてあげたい ってオーダーでした。
 
IMG_4256.jpg
仕上がった状態は、打ち合わせの段階で想定できて、実際に仕上がってみても、やはりとっても厚さのある仕上がりになりました。
 
IMG_4249.jpg
カードが見えるように左右5段づつで10段、縦入れのポケット。
 
IMG_4250.jpg
それぞれその背面にもまとめて収納。
 
IMG_4252.jpg
開いた状態で、右側になる部分も、まとめて入る収納。
 
IMG_4253.jpg
畳んだ上体の小銭入れの裏側もまとめて入る収納。
結構収納できるよう打ち合わせを反映させて要望を盛り込んだ作りに。
 
IMG_4259.jpg
大事なのが、財布としての使い勝手
小銭入れはマチ付きなので、探したり取り出したりもゆとりを持たせました。
 
IMG_4260.jpg
紙幣ポケットは、オリジナルのミドルウォレットの形状で中央が切れているデザインになっています。
参考 :ミドルウォレット
  
IMG_4248.jpg
カード入れの左側の下に店のロゴと、ベアパウ太陽神とイーグルを打刻。 
全体のサイズ感は、畳んだ状態で、幅が約150mm 幅が約93mmほどでした。
 
松田さん オーダーありがとうございました
スポンサーサイト

ハートモチーフの捻ったブレスレット

IMG_4531.jpg
違う素材を捻って、両端にハートをあしらったデザインのバングルのオーダーでした。
 
IMG_4534.jpg
太い方は、ブラスとシルバーを、
細めの方は、シルバーとピンクシルバーを、
それぞれ反対に捻って撚った見た目に。
因みに、撚る= る って読み方。
・撚- (手や指で物を)捻る。(糸などを)撚る。(麺など、物を)練る。
・縒- (心、感情が)交差する。交錯、錯乱する。
って使い分け
 
この場合、見た目は”撚る” でも、こもった想いは”縒る”の方
そんなデザインで、なんだか素敵なオーダーでした。
 
IMG_4532.jpg
約3mmの太さを撚り合わせて打ちつぶして製作。
 
IMG_4533.jpg
細い方も反対側に撚り合わせて、捻って打ちつぶして製作。
太さの違いもあって、捻る回数も違い、お互いのねじりの数を合わせると20(二重)になり、重なり合うイメージの意味なんかを盛り込んで作ってみました。
 
IMG_4536.jpg
着け外しの心地よさにも関わる両サイドはハートのモチーフに。
太さに合わせ、バランスを見たサイズ感にしてみました。
 
IMG_4538.jpg
横からの全体像。
 
IMG_4583.jpg
それぞれの片方に、しずく型のメタルに文字を打刻したチャームを取り付け。
入っているご依頼のあった文字は、それぞれの名前の意味も籠めていたりするそうです。
 
IMG_4584.jpg
板井さん オーダーありがとうございました。
ご結婚(仮)おめでとうございます

表面にだけカスタムの場合

IMG_4053.jpg
銀色のジッポに銀色のメキシカンスカルをつけて、後々予算が出来たら、片目に石を埋め込んだり、蝶番をスリーバレル化して真カスタムしてみたい。
ご要望で、とりあえずメキシカンスカルをはじめに。
ってオーダーでした。
 
IMG_4014.jpg
届いて確認すると銀色で、真鍮の銀メッキのジッポ
一応アーマータイプの現行だったので
取り付け部分のメッキをはがして
シルバーで製作したメキシカンスカルを取り付け。
蝶番がノーマルだとガタツキでこのくらい空いたりします。
仕上がりは、上の一枚目の画像みたいに、あごの下に文字を入れるご要望もありました。
 
IMG_4016.jpg
メッキにロウ付けすると、ややこんな感じにシミができたり
模様の中は削って真鍮をあえて出して色の違いもだして、経年変化を楽しめる仕上げに。
 
IMG_4017.jpg
寄りで見ると、こういう質感になります。
全体的にメッキなので、いぶしが入らないので、銀とは違う風合いに。
使い込んだ古さを出すなら銀製ジッポがおすすめです。
 
IMG_4015.jpg
薄くしかメッキのかかっていない箇所などは、下地の真鍮の金色がこんな感じで見えます。
 
IMG_4018.jpg
メッキの剥がれもかっこいいので、こういう質感を好む方には、これはこれでありだと思います。
 
IMG_4019.jpg
北海道の小谷さん オーダーありがとうございました
またのカスタムをお待ちしております。

真鍮製のつち目模様のバングル

最近人の顔と名前、頼まれたものや納品したもの、
色んなものが混同していて、齢を重ね、記憶力の低下を感じ
成人をうらやむ年齢とはこのことか・・・と、
徐々にですが感じるお年頃。
 
あ、成人おめでとうございます。
 
色んなものが衰えに向かうターニングポイント
楽しい未来価値を描けるよう、憧れになりたいなと思っていた未来に今居るんですが、記憶力の低下を今日現在語っています(笑)
 
貸し工房ってのを昨年よくご利用いただいたり、予約を頂いたりしていたのですが、楽しんでもらえることは幸いではありますが、オーダーの方を優先のため、時間を割けないこの頃です。
ありがたいことではありますが、貸し工房は現在、街の中央町商店街にあるマリーヤンで同じような感じでやっていますので、そちらで是非、ご相談ご予約など、詳しくは下記リンクへお問い合わせしてみてください。
>> マリーヤン 
URL : http://ameblo.jp/mallieyan-stone/
 
IMG_4300.jpg
真鍮製のバングルのオーダーでした。
ペアで、やや細い方が約3.5~4mm
やや太い方が約5~5.5mmほどの幅
つち目という、金槌を叩き込んで模様を入れるデザイン技法のデザイン
お馴染みすぎて、今更な説明ですが。
 
IMG_4297.jpg
研磨はしていない、質感
ある程度っていう感じだとこのくらいの光沢。
 
IMG_4298.jpg
内側の端に文字を打刻
 
IMG_4301.jpg
つち目模様を入れる際に出来た内側の素朴な傷もそのままな仕上がり具合。
 
首藤さん オーダーありがとうございました。

コンチョの製作依頼

お問い合わせのメールのやり取りは時間がかかるし、伝えたいことと解釈の相互のやり取りに食い違いもまちまち。
その点LINEなど便利なツールのおかげで、ほんと便利だなと思ったオーダー。
 
数回のやり取りや、画像の添付など。
進化している社会環境とか、アナログな製作とか、製作が進化して、さらにその味気なさをカバーするような、人間味に寄せた造形マシーン化とかなっちゃうのかな。
想像すると人間味が残るよさとか伝統とか、技術とか、廃れず、温められる古い良さとか、なくならないといいな。
あ、何の話したかったのか迷子になってきた・・・
IMG_4382.jpg
常連の、革細工をしている方からのご相談で、
自分で描いたデザインで、真鍮と銀をオーバーレイで
コンチョを作って欲しいってことでした。
 
IMG_4347.png
LINEで手書きの絵をもらって、サイズや質感、仕上がり具合など、細かなやり取り。
 
IMG_4381.jpg
真鍮製の板の上に、絵を指定のサイズに切り出して貼り合わせ。
輪郭のサイズが直径約38φ。
銀には槌目。
真鍮は、くすんでくるようなテクスチャー加工。
研磨はある程度。
そんなご依頼でした。
  
IMG_4385.jpg
横から見ると、銀と真鍮の二層になっているのが見えます。
くすんでくるともう少しはっきり見えてきます。
 
IMG_4383.jpg
革への固定でネジをロウ付け。
自分で革を加工されてたり、あったらいいなって金具などあればご相談ください。
LINEは、初見の方には教えてないけど、細かな打ち合わせが必要な際は対応しています。
 
佐賀県の佐藤さん オーダーありがとうございました。

蝶番に柄入れ カスタムジッポ

IMG_4519.jpg
色んなオーダーの中で、前歴のあるオーダーは、
ひとつずつ作るので一点ものではあるけど、
何か個性が加わった方が、持っていてうれしいものですよね。
 
そんな感じで、真鍮製のアーマーケースのジッポをベースに
銀製の3.0mmφ軸のスリーバレルのカスタムに
少しアレンジで模様を打ち込みました。
 
プレゼントのご要望でのオーダーだったんですが、
ペンダントにも交差した矢を打ち込んでいたので、
贈り物にもお揃いの柄を入れませんか
自分の持っているものと贈ったものにお揃いがある感じで
 と、提案。
 
何気に持ち物にペア感がでて、お互いなんとなく心地いいような
そんな持ち物になればいいなぁ なんて感覚で。
 
IMG_4521.jpg
「贈る相手が鳥が好き。」 というご要望もあり、
開閉時の指の引っかかり部分に、小さめのイーグルを銀製で。
 
IMG_4520.jpg
何も無くても開くけど、自分だけのカスタムをアレンジしたい方は
この部分も好みを盛り込んだりいかがでしょう。
 
IMG_4518.jpg
仕上がりは新品同様にはならず雑さが残りますが、
神経質な方には向きませんが、
こういうのが好みの方にはおすすめしています。
 
IMG_4523.jpg
そもそも、蝶番の軸に3mmφも太くなくていいんだけど、
置いてるだけでノーマルじゃない存在感を楽しんで貰えたら幸いです。
2.0mmφ軸もオリジナルで製作しています。
 
大川さん オーダーありがとうございました。 

仕事始めと春財布

新年 明けまして おめでとうございます
 2017年も ディアストックを
   よろしくお願いいたします
 
本日5日より、通常営業しております。
年末年始にお休みしている間も、多くのメールのお問い合わせを頂き、
返信お待たせ致しました。
 
IMG_2255.jpg
かれこれ8年目を迎えた自分の財布(色の濃い方)。
好い色に育って、作り替えるタイミングを見失っております。
まだまだ変化を楽しめそうで、でも、何か新しいものに代えたいような
でも、この財布にしてから金運が上がったような
財布を代えたらその運気も変わっちゃうんじゃないか
とか、心配性。
 
新しい財布は春に代えた方がいい。
財布の中身が春だけに張るから
逆に、秋に代えると財布が空く
なんて説や風水的なゲンカツギもあってか、新春から多いのが
ウォレット(財布)のオーダーメイドだったりします。
 
IMG_2249.jpg
同じものをオーダー頂き、始めはこんなだったなと
汚れたり、濡れたり、シミができたり、引っかいたり
色々あってもメンテナンスしてたらラフに使っても
エイジング 経年変化は楽しめるのも革の楽しめるところ。
 
IMG_2250.jpg
小銭入れのふたを左右対称のやや丸い感じでのご依頼でした。
 
IMG_2245.jpg
内側のトコ部分に、お店のメキシカンスカルのスタンプを押してみたり
 
IMG_2251.jpg
紙幣が入るポケット部分
親指側から、
小銭
カードまとめて収納
紙幣
カードまとめて収納
紙幣
って感じの使い勝手のデザインのロングウォレット。
 
IMG_2253.jpg
以前使っていた財布から、シルバー製のターンノブを移植。
ターンノブ = 回転する取っ手
財布に直接チェーンを着けるより負荷を軽くする役割があるパーツ。
割高な銀の部品も、長い目で見ればこんな利用も可能です。
 
IMG_2254.jpg
ご要望で、研磨はほとんどしないで、古さをそのまま活かし取り付けました。
磨き立てや出来立てもいいけど、銀の古めかしさもいいですよね。
 
IMG_2256.jpg
佐藤さん オーダーありがとうございました。

仕事納め

今年の営業も、本日で終了いたしました。
 
明日28日から、お休み致します。
2017年は1月5日(木曜日)より通常営業いたします。
営業時間は、8:30~18:00
月曜日が定休となっています。
 
IMG_4698.jpg

今年も色んな接点でつながって、探してもらって、
ご要望を頂き、オーダー頂きありがとうございました。
 
そんな関わった方の、人生を少し豊かに出来てたらいいな。
毎年変わらない気持ちのまま、また2017年もよろしくお願いします。
 
 
ありがとうございます

ジッポに指輪のケース

クリスマスのオーダー&納品ラッシュで体重も少し落ち
昨晩の過食でもとに戻り、
そんな年末最後の月曜日。
定休日の関係ない師走でしたが、沢山の喜ばせたい気持ちの交換に
少しお役に立ててたらうれしいな。
オーダーを、今年も沢山いただき、ありがとうございました。
早い方だと、9月頃からご相談いただいてたりで、ありがたい限りです。
年内の営業は27日までとなっています。
 
IMG_4463.jpg
ジッポのスリーバレル 蝶番のカスタムの画像を見つけて
それを利用した感じのギミックで、指輪を収納できるような
ケースを、ジッポの正面に作れたりしないか
という感じのご相談でした。
 
IMG_4413.jpg
指輪の幅は約3mm程でペアに
真鍮製の丸い膨らませた板に槌目を入れて
 
IMG_4414.jpg
その輪郭のサイズに指輪の内径を合わせて
 
IMG_4415.jpg
その指輪の外形に、ケースの枠になる部分が
隙間の出来ない感じで重なるサイズ感を製作。
ご要望頂いた指輪のサイズを基準に製作しました。
  
IMG_4416.jpg
指輪が入っていないときには、こうなるイメージ。
 
IMG_4443.jpg
蝶番の軸を、どうやって固定するか悩み
ジッポのように、両サイドを打ちつぶしたりも難しく
軸の中央に、さらに細い軸を挿して固定する構造で
 
IMG_4444.jpg
蝶番のピンを刺して、穴に軸を差し込むと抜けない感じに。
 
IMG_4448.jpg
ふたを倒すとその軸は絶対抜けない位置になる。
そのふたのしまり具合や、不意に開いて中の指輪が落ちてなくなるのも困るので
しっかりしまるように考えたピンと掴む部分。
構造考えるのにヒントを探す日々・・・吐きそうでした(笑)
 
IMG_4456.jpg
外側が三日月のイメージで
 
IMG_4458.jpg
ふたを開けると満月に というご要望で
つきのモチーフ部分は真鍮製の槌目でなんとなくそれとなく。
 
IMG_4459.jpg
指輪が、はじめの製作画像のサイズ感で収まります。
 
IMG_4451.jpg
合わせてオーダー頂き製作した指輪は、3mm幅で甲丸のシンプルなペアリング。
 
IMG_4452.jpg
内側に、以前製作して記事に掲載していた指輪をヒントに
相 + 心 = 想 のイメージで文字をいれるご要望でした。
 
IMG_4470.jpg
こうなって、若干押さえると
 
IMG_4471.jpg
カチャッ!としっかりふたが閉まるギミック。
面白い製作で楽しかったです。
 
愛知県のOさん オーダーありがとうございました。

バッグと連結して携帯する感じで

IMG_4500.jpg
「色んな財布を使うけど愛着が湧かないからか、いつも失くしてしまう
大切に出来る財布だったら失くさないかも。」
という感じのご相談で、革のエイジングも楽しみたいと、女性からの長財布のオーダーでした。
 
IMG_4501.jpg
ふたの輪郭と長さを少しアレンジして、イニシャルをシルバー色のスタッズで入れました。
 
IMG_4499.jpg
「バッグに入れて持ち歩く際に、持ち手と連結しておきたい。」
ということで、ウォレットチェーンを付けてとご要望。
金属のチェーンだと、バッグの中で色んなものに傷が入りそうだったので、ウォレットロープをやわらかい三つ編みで着けてみました。
 
IMG_4502.jpg
持ち手との連結部分はホック式で着脱できるようになっています。
ロープとキーホルダー部分は、それぞれ約15mm幅で製作しました。
 
IMG_4503.jpg
内部の構造はいつもと同じ配列。
 
IMG_4505.jpg
育てつつ、失くさず、大切にエイジングを楽しんで貰えたらいいな
 
河野さん オーダーありがとうございました。

iPhone7plusのカバー

IMG_4361.jpg
アイフォーン7プラスのケースを、ブック型で革の外見を製作。
ご夫婦で機種変をされてのペアで違う雰囲気でのオーダーでした。
防水になったとはいえ、不慮の際には安心だけど、
革のカバーのニーズってあるものです。
 
IMG_4362.jpg
育てるって感覚より、携帯の保護の目的になったり、
オーダーで自分用にって感覚のご要望が多いので、
機種変の時期を考えて作らない方も多い革製のカバーです。
 
IMG_4363.jpg
赤色と黄色の組み合わせで、ベルト固定式のデザイン
ブック型を開いた際に左にアイフォーン
右がポケットってご要望でした。
 
IMG_4364.jpg
ホック式のベルト
外側は黒で、内側はナチュラル
右にアイフォーン、左にカードポケット + 3枚見えるように。
ってご要望でした。
 
IMG_4360.jpg
鎌田ご夫妻オーダーありがとうございました。

ターコイズで定番のデザインのトップ

IMG_4198.jpg
キングマンターコイズでワイヤーワークのペンダント
定番のデザインですが、ターコイズに合わせた輪郭
石の表情はまったく異なる唯一無二
自分で選んだターコイズでオーダーをお受けしています。
 
IMG_4186.jpg
ターコイズに合わせてフクリンを立て、ワイヤーを捻り
フクリンに沿わせ、重心や見た目のバランスに合う場所に
銀製のショット(粒)を合わせ、中央だけやや大きめのバランスに。
ショットを、ピンクシルバーで赤っぽく
や、真鍮やK18で黄色く なんてアレンジも可能です。
 
IMG_4193.jpg
石を固定し、研磨して、いぶし仕上げると光と影で
ターコイズの青さが引き立つ。
 
IMG_4197.jpg
チェーンの通るバチカン部分にクロスした矢
この部分だけ作り変えるカスタムも可能だったりもします。
デザイン変えたりで個性出すのもありかもです。
 
IMG_4192.jpg
背面にご要望頂いた文字を打刻
打ち整えた際の傷や凹みもそのままに荒めの仕上げ
無骨で雑すぎず、昔からある宝物って雰囲気で仕上げています。
 
IMG_4189.jpg
平井さん オーダーありがとうございました

ナチュラル色のメガネケース

IMG_4335.jpg
メガネケースをナチュラル色でのオーダー。
金具を真鍮で合わせて製作でした。
 
IMG_4337.jpg
シンプルなので、育てながら長く使っていける小物。
小物って統一感とか、関連性の合わせ方で、
持つ楽しみが増すのもありますよね。
 
IMG_4340.jpg
鼻当ての部分の当て革が、程よく広目にとってある構造。
レイバンのサングラスなどにある、フレームの太いタイプや、
日本人向けのアーチを描いたフレームも入れやすいです。
 
IMG_4336.jpg
背面にロゴ
 
IMG_4343.jpg
追加で、お店のロゴの入った真鍮製のプレートを
ケースの右下あたりにつけてほしいとご要望で、
 
IMG_4341.jpg
取り付けるとこんな感じになりました。
 
阿部さん オーダーありがとうございました。

ミドルサイズに真鍮製のコンチョ

IMG_4269.jpg
三つ折のミドルウォレットのカスタマイズで、
真鍮製の約40φmmほどのコンチョを製作、
革は全体的に青で、小銭入れのみ黄色で、
というオーダーでした。
 
IMG_4262.jpg
真鍮製の、コンチョは、光沢の出ない程度の質感の仕上げ。
 
IMG_4263.jpg
背面にロゴ。
ブッテーロの黄色と青色の組み合わせで、
縫いは5mmピッチでの製作でした。
 
IMG_4264.jpg
畳んでいるとこは、少しだけ見える黄色がかわいい印象
 
IMG_4265.jpg
内部の構造は、左がまとめて入れるカード収納
右が小銭入れ
 
IMG_4266.jpg
カードを頻繁に使わないけど、一応まとめて入れておきたい方だと
一段づつの仕切りで、カードがかさばって、財布が使いにくくなるので
こういうまとめての収納がおすすめ
 
IMG_4267.jpg
小銭入れは、マチがないけど、背面の縫い方を利用して
結構口が開く構造。
マチがあると便利だけど、付けてない方が財布は薄くなり
持ちやすい。
 
IMG_4268.jpg
紙幣の収納はここにまとめて入れるイメージ。
 

クリスマス前の営業のご案内

もう直ぐクリスマスですし、直ぐ年末ですし、
早いなーもぅそんな時期ですね
 
~ 営業日や時間などのご案内~
クリスマス前の、19日月曜日は営業しています。
直前の、20・21・22・23 は、19:00まで開けています。
 
オーダーの受付も、もう少しなら大丈夫かもです。
 
年末は26日も営業していて、27日までの営業です。
 
 
それと、13日より
店頭のショーケース内の商品を、
年始に少しずつ入れ替えていくため、
SALEします
 
定価から30%~とかOFFする商品や、
あれもこれもって方や、いつも購入してくださる方には、
まだまだオマケするとかしないとか。
 
 
新春から使い始める財布とか、探している方には朗報かと
ぜひこの機会に^^

釣り針のデザイン

IMG_4400.jpg
釣り針のデザインで、ターコイズを抱いた感じで、
ペアのペンダントのオーダーでした。
奥様の方は、ムーンストーンでシンプルに存在感を小さめに。
ふたつを合わせたらハートになるような雰囲気で というご要望でした。
 
IMG_4411.jpg
納品後、「やっぱり石はお揃いのターコイズに替えて欲しい。」
というご要望で、もともと付けていたムーンストーンは、
ワイヤーで包んだデザインに仕上げました。
 
IMG_4408.jpg
二つとも、いぶさず白仕上げで。
 
IMG_4403.jpg
左右非対称のデザインは、置いたときの重心と、
実際身に着けた重心が変わるので、考えないで着けれる方向き
揺れるとそんなにわからないけど。
 
IMG_4401.jpg
山本さん オーダーありがとうございました。
結婚12年目 おめでとうございます

ネックチェーンの留め具

IMG_4291.jpg
「ネックレス用のチェーンの留め具部分を、何かちょっと改良したい。」
というご相談で、以前記事に掲載してあるツバメのモチーフで、
フックを引っ掛ける反対側に丸カンだけでなく何かアレンジできない?
って感じのオーダーでした。
こんなこだわり好きです。
 
IMG_4287.jpg
上の画像のプレートの丸カンの無い場合イメージ。
フックが縦になるので、違和感がある感覚があったら上の感じに
丸カンを付ける方が良いおさまりになります。
 
IMG_4288.jpg
今使っているチェーンに、このプレートだけ
とか、
反対側はフックじゃないけど、そのまま取り付け
なども可能です。
 
IMG_4289.jpg
裏面は製作の際の打ち傷をあえて残して仕上げてみました。
使い込んだオールド感というか、
自分的にも些細ですが、そんな雰囲気が好きでおすすめです。
 

ブラス製コンチョ紐留めハーフウォレット

IMG_4270.jpg
通称バタフライといわれる型の二つ折り財布
サイズは通常のハーフウォレット程で、外側に小銭入れを付けたデザイン
真鍮製のコンチョを付けて紐留めで使用したい
というオーダーでした。
 
IMG_4202.jpg
35mm弱のサイズ感で、ベアパウが銀製
やや左上に太陽、それに向かうイーグル というご要望でした。
仕上げも研磨は古い感じになる仕上がり加減に。
コンチョは飽きたらまた違うものに作り変えたり遊べるのもいいところ。
 
IMG_4272.jpg
外側の小銭入れはマチ付き。
外側だと、小銭だけの支払とか、おつりの受け取りの際に
結構便利だったりします。
 
紐留めの鹿紐に通したホワイトハーツビーズも、
好きなようにアレンジできる部分。
始めは一粒だけですが、この部分もアレンジが楽しめます。
 
IMG_4273.jpg
カード収納と紙幣ポケット。
通常の二つ折りハーフウォレットに比べて、
紙幣の出し入れがスムーズに出来る構造です。
使わないとわからない部分ですけど。
 
IMG_4274.jpg
コンチョを付けるウォレットで、
自分だけのお好みのアレンジでオーダーお待ちしております。
 
大倉さん オーダーありがとうございました。

古いタイプの銀製のジッポ 修理カスタム

IMG_4175.jpg
使い込んでるジッポの修理ついでのカスタムのご依頼で
スターリングシルバー製のケース
ボトムマークから推測で、1955~1979年頃製造の筆記体。
スリーバレルの3.0mmφ軸の真鍮製を合わせるオーダーでした。
 
IMG_4146.jpg
もとのバレルが二ヶ所引きちぎれてて、使えるけど限界な感じ。
軸も、ご自分で替えてたのか、別のものが打ち込まれてて、
自分なりに修理して、愛着もって大切に使っての今なんだろうなってうかがえる。
 
IMG_4176.jpg
凹みも傷も修正できないので、そのままで、
取り付けた蝶番だけピカピカに浮いた質感にしないで
全体の雰囲気に合わせ加工取り付け。
 
IMG_4179.jpg
アーマーじゃないので多少歪みも出ますが、
それも含めかっこいい持ち物になりそう。
 
IMG_4174.jpg
また長い年月愛着もって使っていただければ幸いです。
 
銀製のジッポ + 真鍮製のスリーバレル 
ってパターン、思い返すとこの雰囲気や組み合わせって少ないので、
興味がある方は是非参考にしてみてください。
 
東京都の宮脇さん オーダーありがとうございました。

結婚24周年の記念に

IMG_4055.jpg
「結婚24周年の記念に、指輪でも。」 と、オーダーいただきました。
お互いに別々の、お好みのデザインでの製作でした。
 
IMG_4063.jpg
旦那様の方が、幅が広いスタンプのデザイン
ベアパウはピンクシルバーでやや赤っぽく太陽っぽい仕上がり
 
IMG_4058.jpg
いぶして研磨した仕上げ
  
IMG_4060.jpg
内側にイニシャルと24周年記念で24THと打刻
 
IMG_4065.jpg
以前製作したデザインの指輪を気に入ってもらえ、
奥様は、ターコイズとフェザーのデザインで製作。
  
IMG_4071.jpg
「犬を飼っているので。」と、
ベアパウのデザインを愛犬の足型みたいでいいな と、いうことで、
フェザーの指輪には内側に、お揃いの打刻を入れました。
 
また、何かのタイミングで、オーダーお待ちしております。
井上さん オーダーありがとうございました

溶かした銀のペンダント

IMG_4100.jpg
銀の板を一度溶かして、無骨な表情に打ち伸ばし直した板をベースに
真鍮作ったベアパウで太陽神を打刻したペンダントのオーダーでした。
 
IMG_4099.jpg
輪郭は、しずく型に近い丸で、太陽神はやや右下に
輪郭は槌目模様で、いぶして研磨はある程度とご要望いただきました。
チェーンもいぶして合わせて、
ピカピカというよりは、自然っぽい仕上がりでという感じでした。
 
IMG_4103.jpg
背面にはイニシャルの打刻。
 
野脇さん オーダーありがとうございました

緑色の小銭入れ

昨年の不摂生やらで体重というか身体がダルダルで
一年かけて変えられる様と、年明けに決めて、たまにしている断食
仕組みや工程などアイデアを搾り出す際には、
冴えたひらめきとかに出会えたり、なかなか断食もいいものだと、
してみるものだなぁと感じている12月。
免疫が下がり風邪を引かないように・・・
インフルエンザがはやっているって言うし・・・
なんて、食欲に肯定的な忘年会シーズンであります。
今年こそは、年末年始の不摂生を抑えなくては・・・。
 
IMG_4120.jpg
緑色の外観で、真鍮のプレートに打刻して合わせ、
中に黄色い革を組み合わせた、小銭入れのオーダーでした。
横幅が約100mmで、縦幅が約80mmほどのサイズです。 
 
IMG_4114.jpg
真鍮のプレート
輪郭のみ槌目を入れて、ご要望頂いた文字とクロスした矢を打刻
研磨はしない仕上がりで製作しました。
 
IMG_4127.jpg
画像が無いですが、背面は6箇所爪で革に差し込んで
固定する構造になっています。
 
IMG_4123.jpg
カードや二つ折りの紙幣の収納に使える仕切りと
内ふたを黄色い革
緑色も黄色もブッテーロを使用
縫い目は5mmピッチ
糸が緑に見えますが、ナチュラル色ののシニューに、
コバ処理した際の革の粉がついているのでこんな風合いに。
 
IMG_4125.jpg
マチも広めで急いでいるときに小銭を探す不便を感じる方には便利なサイズ
だと思います。
 
首藤さん オーダーありがとうございました

ロングウォレットのアレンジ

IMG_3896.jpg
小銭入れは別に持つし、型が崩れるのが嫌な方にはおすすめなカスタムのご依頼。
 
定番のロングウォレットを、小銭入れのふたを無くし
一番前にもカード入れのポケットを着ける、
使い勝手に合わせてアレンジする感じのオーダーでした。
 
IMG_3897.jpg
カード入れの部分に太陽神や名前を打刻
 
IMG_3898.jpg
内部は小銭入れが紙幣や領収を収納できるスペースになったので
3ポケットな使い勝手に仕上がりました。
 
IMG_3900.jpg
表はオリジナルのままのデザイン曲線。
 
IMG_3899.jpg
極力シンプルな方が、使い込んだ艶を楽しめると考えていて
革を育てるの楽しんで貰えたらうれしいです。
 
IMG_3901.jpg
ウォレットチェーンを着けるかもしれないので 
と、チェーンとの連結で、革への負担を軽くする金具ターンノブも
オリジナルの真鍮製
研磨はぴかぴかに仕上げない風合いに。
 
「自分だったら。」な、使い勝手に合わせて、やってもらいたいカスタマイズなどあれば是非ご相談ください。
 
平井さん オーダーありがとうございました。

ロンソンスタンダードのカスタム

IMG_4030.jpg
ジッポじゃないけど、ロンソンというオイルライターを持込で、
オリジナルのトゥーフェイスデザインの真鍮製を、
付けるカスタムのご依頼でした。
 
IMG_3996.jpg
ジッポに比べ、フリント(発火石)がやわらかいらしく、
押さえを押すとホイールが回転して、オイルの染み込んだウイック(芯)に
火が点く構造。
ジッポと比べ、風避けの構造がないので、アウトドアには向いてなさそう。
でも優しい雰囲気のオイルライターで、
フリントは専用が必要だけど、オイルはジッポオイルでも使えるそうです。
そんなロンソンというオイルライターの、ロンソンという有名なタイプ。
 
IMG_4029.jpg
トゥーフェイスの背面を削り、ケースのアーチに沿わせてロウ付け
 
IMG_4026.jpg
銅の成分のにじみのピンク部分が黒くなってくると、
さらに影となって立体が引き立ちそうです。
 
IMG_4025.jpg
真鍮同士の銀のロウ付け
もともと、ロンソンの組み立てが、はんだなのか、銀色のロウ付け面とか
かっこいいオイルライターでした。
 
IMG_4028.jpg
背面。
使い込んで古びた質感になって、古美なオーラが面白そうでした。
 
IMG_3997.jpg
ジッポのアーマーくらいの厚みがあって歪みも出ずひと安心。
 
秋田県の佐々木さん いつもありがとうございます。

プレートに文字入れでアレンジ

早いもので、明日から師走ですね
大通りが傍にあるのもあり、クラクションの音やパトカーのサイレンが
よく聞こえ気にかかるこの頃で、
字の如く、ばたばたと焦りがちな時期ではありますが
平常心や穏やかさや優しさ思い遣りを大切に心がけたいですね
寒いので体調に気をつけて、笑って新年迎えられるようがんばりましょうね。

IMG_4082.jpg
いつもずっと身に着けているノーブランドの銀製のブレスレットに、
文字を入れたプレートを付けられないか というご相談を頂いたオーダーでした。
 
IMG_4072.jpg
持込いただいたブレスレット。
鈍い光加減の銀らしさが素敵なアクセサリー。
 
IMG_4074.jpg
約8mm幅で、厚みが約2mmのプレートに、
長さはオーダーの際に打ち合わせた手首のバランスに合わせて、
長さは約65mmほどで切り出し、
ご要望頂いた言葉と、お子さんの名前を削り入れています。
 
「子どもたちのためなら、お父さんはがんばれるよ。」
的なニュアンスの言葉を相談して訳して、お守りな感じで入れて、
身に着けたいというご要望でした。
 
IMG_4078.jpg
ご希望の長さと位置に、チェーンとプレートを入れ替え
両側に開けた穴に通して連結
いぶして、全体的にチェーンの古い傷や質感に寄せた仕上がり具合に。
 
IMG_4079.jpg
宮崎県の梶原さん ご来店・オーダーありがとうございました

黒いボトルケースとベルト

IMG_3749.jpg
以前製作したオイルマッサージを生業とした方のオーダーしたベルトを
納品後、ご友人もお揃いの色違いで黒のが欲しい。
というオーダーでした。
 
IMG_3743.jpg
ブライドルの黒い革で、縫い糸も黒で
バックル代わりのギボシは真鍮製で製作しました。
 
IMG_3744.jpg
ボトルケース
 
IMG_3745.jpg
ベルトのサルカンは、片方だけスライド式になっています。
その中央にギボシという固定方法で、腰まわりがスッキリ見えるつくり。
 
IMG_3746.jpg
ボトルケースは、縫い糸も黒なので見た目もスッキリ
 
IMG_3748.jpg
外川さん オーダーありがとうございました。

オニキスとムーンストーン

IMG_4008.jpg 
ご夫婦で、お揃いのシルエットでサイズと種類の違う石を包んだ
ペアのペンダントのオーダーでした。
 
IMG_4007.jpg
小さい方がムーンストーン
大きい方がオニキス
サイズの違いに合わせて、周りを包むワイヤー部分のサイズも変えました。
 
ワイヤーで包んだこの手のデザインは、
いぶしがかかって、銀特有の陰陽が出ると立体感が増し石が引き立つので、
フェザーと重ねるのもおすすめです。
 
IMG_4009.jpg
背面にそれぞれご希望の文字を入れました。
ムーンストーンは高さのある石の在庫があったので、背面に光を入れる穴を。
埋めてしまっても乳白色の色味は出せます。
オニキスの背面は、ご要望の文字の刻印をランダムに入れました。
 
IMG_4012.jpg
ムーンストーンは6月の誕生石だったりしますが、誕生月を気にせず
お求めになる方も多くて、小さめのこの感じは女性におすすめです。
 
大津留さん オーダーありがとうございました。

銀製の結婚指輪

IMG_3970.jpg
外側が、一周緩やかにねじれている風に見えるデザイン
そんな銀製の結婚指輪のオーダーでした。
 
IMG_3967.jpg
高校生カップルだった二人が、結婚するとなって
結婚指輪を二人でオーダーに来てくれて
なんというと伝わるやらですが、うれしいオーダーでした。
 
IMG_3968.jpg
男性の方をサイズの差に合わせて幅も持たせて、
全体的にもやや湾曲させた曲線の指輪
 
IMG_3969.jpg
大きくゆっくり捻ってあるデザインで、
内側に文字やデザインを入れるご要望のため、内側は平らな面に。
 
IMG_3975.jpg
左指の薬指にはめた際の曲線の向きのイメージ
やや小指側が下がって見える感じに製作。
 
IMG_3971.jpg
記念日 ・ 三日月 ・ お互いの名前 ・ 太陽
って配置で、内側に一周入れたいというご要望
普通は並べて配置する文字を、こだわった配置でした。
 
IMG_3973.jpg
月の向かい側に太陽のイメージで、
記念日の向かいに名前を打刻してあります。
 
IMG_3976.jpg
高嶋カップル オーダーありがとう
末永くお幸せに^^
ベビー楽しみにしてます

銀のジッポカスタム

IMG_3876.jpg
銀製のアーマーではないタイプのジッポを持込で、それをベースに、
いつもの3.0mm軸で銀製のスリーバレルカスタムのオーダーでした。
 
IMG_3845.jpg
これが
 
IMG_3875.jpg
こうなる感じ。
シンプルに、蝶番のみの補強のご依頼でした。
 
IMG_3878.jpg
可動域と、イメージはこんな感じ。
 
IMG_3879.jpg
アーマーではないタイプなので少し歪みも出ますが、
それもまたアジで、使っていた傷も残り気味の仕上がりに。
 
IMG_3872.jpg
で、今回は、中のユニットのハンマーが弱いとのご相談
新品ももっているけど、少しでもバネの力が強く出来ないか
というご要望で、打ち伸ばしてバネの力を出した真鍮の薄い板で
 
IMG_3873.jpg
なんとなく作って、差し込んでみましたが、ちょっとは違う感じに
なったかな・・・
 
IMG_3874.jpg
新品には勝りませんけど、仮の対応って感じでした。
 
兵庫県の宮崎さん オーダーありがとうございました。

革のシザーケース

IMG_3633.jpg
美容師さんのシザーケースのオーダーでした。
 
技術も道具も、学びの中の点と点でしか見えていなかったものが
やってみて線になって、線も増えてくると面になってって、
なんとなく自分のらしさってものになって、なにか見えてきて、
求められるものに応えられるか試されて、
その緊張を解くために練習の積み重ねで
それだけじゃないですが、何でもそうなんでしょうね
 
IMG_3635.jpg
道具が変わって、仕事にワクワクが増したり
そんなお手伝いになればいいなと思っております。
 
バックルは真鍮で、希望のベルトの幅に合わせてシンプルなものを製作。
 
IMG_3636.jpg
背面のベルトの、連結のDカンも合わせて製作
 
IMG_3638.jpg
上に向けた角度は、ショルダーで使うときに
 
IMG_3639.jpg
横向きは、ウエストでの使う際に。
というご要望に合わせて試行錯誤
 
IMG_3641.jpg
メンテナンス用の底部分
 
IMG_3643.jpg
内部のポケット
シザー3丁と、筆のエリア
背面にコームやカラーの際の手袋などを入れるエリア
というイメージでのご要望でした。
 
IMG_3645.jpg
ペンをいつも探すので、常備できるようペン挿しを横に。
というご要望で付けたペン挿しは、二ヶ所に通すことで、揺れたり落下の防止に。
 
IMG_3647.jpg
ややそこに向かって狭くなるようなマチ
 
IMG_3648.jpg
武田さん オーダーありがとうございました
お問い合わせ

DearStock

Author: ディアストック 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 TEL:097-538-8313

 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日

 質問やお問い合わせは、
 カテゴリの ” お問い合わせ ”
 から直接メールでお気軽にどうぞ

カテゴリ
インスタグラム
Instagram
過去ログ
新しい記事
リンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -