FC2ブログ
10
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2018-10

真鍮のバックルと三つ編みのブレスレット

IMG_3374.jpg
 
三つ編みの革製のブレスレットのオーダー。
以前経年変化を楽しめていたブレスレットが、どこかに紛失。
ホック留め形状だったので、着脱に負荷の少ないバックルに変更してのオーダーでした。
 
IMG_3356.jpg
 
バックルは真鍮製。
革の幅に合わせてシンプルに製作しました。
 
IMG_3358_2018100713473611f.jpg
 
お互いのバックルの一部に、名前を打刻で入れました。
 
IMG_3375.jpg
 
お互いの手首のサイズに合わせて編みこんだブレスレットに、製作したバックルを取り付け。
金属が、直接肌に触れない感じの接着だけの固定。
金属アレルギーの方にもオススメです。
 
IMG_3373.jpg
 
バックルも既製品ではないので、しかもお互いの名前を入れてあったり、シンプルだけど楽しめるブレスレットに仕上がりました。
 
IMG_3376.jpg
 
真鍮は少し艶が出て、触らない部分はくすみ、革は飴色になるし、そんな経年変化も楽しめます。
 
IMG_3377.jpg
 
固定用の穴は、一箇所のみ。
自分のために作られたものなので、丁度良いサイズに一箇所だけのバックルの固定
オーダーメイドのいいところです。
 
IMG_3378.jpg
 
Gさん オーダーありがとうございました
 
 
スポンサーサイト

カード収納がメインの財布

IMG_2701.jpg
 
「工場勤務で、胸ポケットに入れててかさばらない、紙幣が数枚入る、カードが多く入る、一枚だけ直ぐ出せる工場の出入りに必要なカード収納、小銭入れは別に持つ。」
そんなニーズでご相談頂いた、コンパクトな財布のオーダーでした。
 
IMG_2693.jpg
 
単純に、名刺入れが2つある感じの構造に。
 
IMG_2703.jpg
 
カードが左右に入って、外にいつも使う1枚が入って、紙幣も収納できる感じに。
 
IMG_2694.jpg
 
カードの収納は、片側10枚くらいは入れたいとのご要望でした。
もう少し入りそうなゆとりもあります。
 
IMG_2698.jpg
 
原さん オーダーありがとうございました
 
 

折れてしまったバングルの修理加工

IMG_0535.jpg
 
当店で製作したものではないのですが、「大好きでいつも身に着けていて大切にしていたバングルだけど、折れてしまって。修理できますか?」というお問い合わせからの修理の依頼でした。
 
IMG_0537.jpg
 
サイズが合わず、着脱の際に、開いたり閉じたりの繰り返しで、金属疲労からの千切れって印象。
 
IMG_0540.jpg
 
くっつけるにあたって、バーナーであぶったりするので、ターコイズを外す加工。
完璧な状態で外せない、割れてしまうなどのリスクを了承いただいて進めています。
仮に割れたりかけたりした場合の保障などもお受けできない部分です。
予めご相談の上、ご了承いただいてからの加工となります。
 
IMG_0556.jpg
 
接合面を整えて、模様が合うようにロウ付け(溶接)。
 
IMG_0557.jpg
 
一応それだけでは、心許ないので裏当てもして修復。

 
IMG_0560.jpg
 
ターコイズをはめ直して、いぶして、質感をもともとの雰囲気に近く戻して、長そうな全長も、手首に合わせて少しカットしての仕上げ。
 
IMG_0564.jpg
 
着け心地を邪魔しない範囲での補強部分。
 
IMG_0565.jpg
 
また、持ち主に愛されいい旅ができますように。
 
修理のご依頼ありがとうございました
 
 

革製の竹刀袋の修理加工

IMG_0776.jpg
 
以前にも、修理加工などリペアをしたことのある革製の剣道の竹刀袋。
「これは、父から貰った大切なものなので。」と、持ち主さんの思い入れもあって、どうにかボロボロでも修理してずっと使いたいとの気持ちがあって、今回もリペアのご依頼でした。
大切にされてて、父も嬉しいと思います。
できる限り、多くは語らない方の想いを拾って、自分なりの最善で修理してみました。
 
IMG_0720_20181007124422dbe.jpg
 
久々に見る竹刀袋は、革も良い感じ経年変化して、良い存在感。
 
IMG_0723.jpg
 
でも、元々の革の自己修復力はないし、経年劣化で仕方ない状態。
 
IMG_0727.jpg
 
輪郭を全て解いて、この後、裏当てに薄い革を全体に貼りました。
 
IMG_0729.jpg
 
表面の、以前修理した部品などの縫いも解いたり、
 
IMG_0732.jpg
 
一旦全て一枚の状態に戻す加工からしてみました。
 
IMG_0775.jpg
 
距離感の足りないパーツなどの再利用はできなかったので、もとの革、初めのリペア時の革、今回の革と、3色になってしまった縫縫製後。
修理に合わせて、幅や長さを少し広げたり伸ばしたりの加工もお受けしての加工でした。
 
IMG_0778.jpg
 
この後のコバ処理をして仕上がりました。
色んな思い入れを紡いで、お役に立ててよかったです。
 
吉田さん オーダーありがとうございました。

赤とナチュラルの組合せ ハーフウォレット

IMG_0709_20181007122011c56.jpg
 
ブッテーロレザーの赤を外側に、ハーマンオークレザーのナチュラルを内側に合わせた二つ折りのハーフウォレットのオーダーでした。
たまたま、大分県に出張中で、お店の前を歩いてて、気になったからとご来店。
仕上がり後に郵送しました。
丁度財布が傷んできてて困っていたと、潔くかっこいい50代ほどの男性からのオーダーでした。
 
IMG_0702_20181007122105ab6.jpg
 
外に使ったブッテーロレザーの赤。
赤を好まれるオーダーの率の多いこの頃です。
 
IMG_0704_20181007122012324.jpg
 
内部構造。
カードを左右に、小銭入れは別に持つので不要という要望の構造。
 
IMG_0705_20181007122013e41.jpg
 
横向きに三枚の収納が左右に
 
IMG_0706_20181007122015bba.jpg
 
その左右のポケットの後ろにもポケット。
 
IMG_0707_201810071220168ee.jpg
 
紙幣は分けて入れたいので仕切りを。
 
IMG_0708.jpg
 
コバの色の層が美しいグラデーション。
 
静岡県の本田さん オーダーありがとうございました

革製の斧のカバー 薪割りの斧に

IMG_1204_2018100711590781e.jpg
 
薪を割るのに使ってる斧なんだけど、刃先を保護するカバーを低予算で作って欲しいと、ご年配のわりに薪割してるだけあって元気な方からのオーダーでした。
ご要望の相談の際のジェスチャーで、不便な部分と、どんな使い勝手をイメージしてるか会話で拾い、それをカタチにしてみました。
重さが足りないのか、斧の首元に巻かれたワイヤーでずっしり。
 
IMG_1198.jpg
 
「お持ち込みの斧には、焦げ茶色の革のカバー(元々着いていたらしい)があるけど、これが使い難い。
カバーが着け難く、外し難い。
何とかして欲しい。」
というご相談でした。
 
IMG_1199.jpg
 
言葉の意味を拾ったりして、製作してみた革製の斧のカバー。
低予算に仕上げるため、コバ処理はざっくりザラザラな質感で、縫わずカシメ留めでこしらえてみました。
 
IMG_1200_20181007115904eee.jpg
 
預った斧に合わせて、革の断面や立体の展開図を考えたり、低予算にできる製作工程の簡単さと、何より使い勝手を盛り込んで製作。
 
IMG_1203_20181007115906cd2.jpg
 
ホックの付いた帯を畳むと、一体感の馴染みもスッキリした仕上がり。
 
IMG_1205_20181007115859e97.jpg
 
オーダーありがとうございました。

しずく型の銀の溶かしペンダント チェーンの質感合わせ

IMG_2637_20181007105225bbf.jpg
 
以前、地元のアメカジショップ アンカーズの一周年記念で依頼されたペンダントを追加のオーダー。

IMG_2639_201810071052273fe.jpg
 
唐草(アラベスク)模様を入れたオーバルプレートを、チェーンの留め具部分に。
 
IMG_2640_20181007105228c30.jpg
 
プレートの背面に、日付を打刻。
チェーン全体の仕上げも、ペンダントに合わせた古くささのある風合いに調整。
 
IMG_2641_2018100710522452e.jpg
 
ペンダントの背面に、ご要望の文字を打刻。
文字のサイズや強弱、配置のバランスをややまだらにして、あじのある仕上げに。
 
IMG_2638_20181007105226a47.jpg
 

厚みのあるシンプルな平打ちリング

IMG_2480.jpg
 
凄くシンプルに、やや厚みのある指輪
側面の輪郭に子どもの名を、内側に奥さんの名を入れた平打ちデザイン。
 
IMG_2482.jpg
  
IMG_2479_20181007103428050.jpg
 
幅が約4.5mm、厚みが約2.5mmほどの板厚
凄くシンプルですが、厚みがあるので存在感のある印象でした。
 
IMG_2478.jpg
 
Hさん オーダーありがとうございました。
 
 

赤い小銭入れ

IMG_2345_2018100710174949a.jpg
 
定番商品の、幅が約100mmほど、マチの広めのタイプの小銭入れのオーダーでした。
 
IMG_2341.jpg
 
外ふたが、若干アーチ状にカットされているので、見た目柔らかい存在感の仕立て。
 
IMG_2344.jpg
 
背面もスッキリした仕上げなので、艶が出る経年変化も楽しみ。
 
IMG_2346_20181007101752d47.jpg
 
マチは、側面の畳まる部分のことですが、その部分が広めに開く作りなので小銭も探しやすく、取り出しやすい印象です。
 
IMG_2348_201810071017455fa.jpg
 
エイジングが楽しみなブッテーロレザーの赤
使うほどに深い光沢と濃い目の赤のエイジングも楽しみ。
 
小手川さん オーダーありがとうございました
 
 

馬蹄モチーフの結婚指輪

IMG_2401.jpg
 
以前、馬蹄のペンダントを製作して、彼女とお揃いで作りあって、その後婚約。
そんな思い入れのある馬蹄のモチーフを、指輪にも入れたいとご要望頂いたオーダーでした。
ペンダントを斜めに下げていたので、その見た目も盛り込みモチーフは斜めに。
 
IMG_2402.jpg
 
IMG_2404.jpg
 
内側に、それぞれに長文で文字を彫り込み。
 
IMG_2407.jpg
 
外側は、槌目模様を入れて、逆甲丸で着け心地のいい仕上がり。
逆甲丸は、淵を外側に少し広げたラッパの先のような印象にする形状で、幅のある指輪の場合はオススメです。
 
IMG_2400.jpg
 
10mm幅 6mm幅 のペアでした。
 
椎原さん オーダーありがとうございました
 
 

ベアパウ太陽神 コイン形状のペンダント

IMG_1820.jpg
 
1円玉くらいのサイズの丸で、コイン状のシンプルなペンダントに仕立てて欲しい。
枠の中に、太陽神とイーグルのロゴを、仕上げの質感は古臭い感じで。
などの要望で製作したペンダント。
 
IMG_1819.jpg
 
チェーンを通す部分も、柔らかい動きになる逆甲丸の形状のカンを製作して取り付け。
 
IMG_1818.jpg
 
背面もタガネを打ち込む際にできる、金床傷を残した手作り感を強めに残した仕上がりに。
 
IMG_1821.jpg
 
枠を立てているので、徐々に、いぶされていく雰囲気が、更に太陽神の陰影を際立たせてくれそう。
 
矢野さん オーダーありがとうございました
 
 

キングマンターコイズのペンダント 新作の追加販売のご案内

IMG_4563.jpg
 
大分のアメカジのお店、アンカーズにて販売している、アクセサリーですが、好評なターコイズ系を、新たに追加いたしました。
サイズの大きめなキングマンターコイズを使い、ベゼルなどにニューデザインを用いて、K18を使ったものなど、雰囲気のいい存在感で取り揃えてみました。
 
取り扱い販売店
>> アンカーズ ブログ
>> アンカーズ ネットショップ
 
IMG_4349.jpg
 
使用した、キングマンターコイズ
カタチ、色、様々なので、どんな雰囲気に仕立てるか考えつつ
 
IMG_4352.jpg
 
雰囲気を作りにくいターコイズを、カットして、印象の良い小さめのシャープな感じに加工。
 
IMG_4351.jpg
 
IMG_4354.jpg
 
切断面などを削って整形し直し、想像を膨らましながらワクワク。
 
IMG_4355.jpg
 
IMG_4363_201809231143185b9.jpg
 
各ターコイズに合わせて枠を製作。
  
IMG_4364_201809231143203b7.jpg
 
どの向きにして、どこを上下に、どんな構図のデザインにするかを考えて、
 
IMG_4365.jpg
 
コイル状のワイヤーを輪郭に沿わすデザインに。
 
IMG_4366.jpg
 
そのコイルの下になる部分にショットを3つ
 
IMG_4367.jpg
 
それを覆う三角線で重厚なインパクトのある枠作り。
 
IMG_4369.jpg
 
それぞれをロウ付け。
 
IMG_4370.jpg
 
同じように、コイルを製作。
 
IMG_4372.jpg
 
三角線で包んで、こっちは5ショット
 
IMG_4375.jpg
 
それらをロウ付け。
 
IMG_4376.jpg
 
製作中は、薬剤などの焦げで、仕上がりをイメージしながら楽しい時間。
 
IMG_4377.jpg
 
それぞれのターコイズに合わせて、手が動くままに、徐々に同時進行で製作。
 
IMG_4443_20180923114329d90.jpg
 
枠がある程度進み、案外先に作り始めたものに最後まで悩んだり。
 
IMG_4487.jpg
 
チェーンを通す、バチカン部分にも細工を。
太陽に向かい羽ばたくイーグルを刻んだデザインに。
 
IMG_4489.jpg
 
逆甲丸方のバチカンに整えて、それぞれに取り付け。
 
IMG_4496.jpg
 
研磨やいぶしの工程を、しながら微調整。
 
IMG_4499_201809231219587ad.jpg
 
いぶしの加減など微調整。
 
IMG_4510.jpg
 
今回製作した分は、背面にDearStockの DとSを重ねたホールマークを打刻してあります。
 
すでに問い合わせがあったり、この記事を書く前に、もう早速購入いただいたり、ありがたい反応で嬉しいです。
興味のある方は、記事冒頭でご紹介したアメカジのお店アンカーズへ、実際手にとって、是非、直感で手に入れてください。
 
取り扱い販売店
>> アンカーズ ブログ
>> アンカーズ ネットショップ
 
カットした一対のターコイズは、ペアで出ると嬉しいななんて想いを込めてたり。
 
チェーンなど、いぶしの加減や長さにこだわりがある方は、ディアストックまでお越し下さい。
あなただけの一点モノを手に入れて下さいね。

iQOS(アイコス)レザーケース 青いケースと赤いストラップ

IMG_3908.jpg
 
>> iQOS(アイコス)レザーケース
で紹介したオリジナルiQOS(アイコス)ケースの、色違いのオーダーでした。
 
IMG_3905.jpg
 
革色は、赤と青で、銀色の金具の組合せ。
 
IMG_3904.jpg
 
簡単に抜けないきつめな使用感の仕立てになっています。
 
IMG_3907.jpg
 
背面にロゴを、全体的に、ある程度膨らませた仕上がり。
 
IMG_3909.jpg
 
イタリア製のブッテーロレザーの艶やかな経年変化が楽しみ。
 
IMG_3906.jpg
 
永野さん オーダーありがとうございました
 
 

猪の牙のキャップ キーホルダー

IMG_3928.jpg
 
猪の牙と、真鍮のリングを持ち込みで、牙のキーホルダーの製作依頼でした。
 
IMG_3922_2018092310385427e.jpg
 
持ち込みの猪の牙
 
IMG_3925.jpg
 
内部の空洞が弱いため、補強に樹脂などを入れて、固めた状態で持ち込んでもらいました。
加工の際に割れたりしにくく、キーホルダーにした後も丈夫です。
この加工は、お受けしていませんので、加工後持ち込みでお願いしています。
 
IMG_3932.jpg
 
キャップの製作。
左右の牙に合わせ、それぞれ板から細工。
 
IMG_3926.jpg
 
キーリングを通す部分に、持ち込んでもらったリングなどを取り付け。
全体的に梨地 (梨の肌みたいなザラザラ感) な質感の仕上げ。
太陽を表と裏に入れて、粒だけ研磨。
 
IMG_3931.jpg
 
兵庫県の下島さん オーダーありがとうございました
 
 

マチのない名刺入れ カードケース

IMG_3395_20180923100004bb6.jpg
 
黄色と青の組合せで、マチのない名刺入れを、というオーダーでした。
 
IMG_3405_201809231000055b6.jpg
 
30枚程度入れば事足りるという使い勝手で、シンプルでスッキリした仕上がり。
 
IMG_3403.jpg
 
カードをコンパクトに持つ場合にもおすすめの雰囲気です。
 
IMG_3392_20180923100002281.jpg
 
背面には、頂いた名刺の収納スペースを設けてあります。
 
IMG_3404_20180923100000bd2.jpg
 
5枚ほどは収納できる感覚です。
 
IMG_3391.jpg
 
香田さん オーダーありがとうございました
 
 

ジッポのカスタム レザーストラップなど

IMG_3740.jpg
 
真鍮製のアーマーケースタイプのジッポがベースで、銀製のスリーバレルは3.0mmΦ軸、ご要望に合わせてアレンジしたメキシカンスカル、文字の削り入れ、キーホルダーパーツの加工、リングと革のストラップ など、色々とこだわりのオーダーでした。
 
IMG_3712.jpg
 
タトゥースタジオを運営されている方からのオーダーで、目の部分に屋号を、額には太陽を刻んだデザイン。
TATOO → TATTOO 後日、つづりのご希望で削り直したりもありましたが、全体的に綺麗過ぎず、良い雰囲気に仕上がりました。
 
IMG_3724_2018092309160143f.jpg
 
ポケットに入れたジッポの取り出しの際とか、手に持って使うときの落下防止に握れたり、利便さもあるストラップの取り付け。
 
IMG_3729_20180923091601636.jpg
 
リングはDの形状なので、革の可動域もあり、革が馴染めば、しなってかっこよくなるアレンジです。
 
IMG_3731.jpg
 
革が傷んできたら、違う色に変えてみたり色々遊べるのもいいところです。
 
IMG_3742.jpg
 
そのDカン部品には槌目をいれてあり、些細な部分の遊んでます。
 
IMG_3703_201809230915522d1.jpg
 

 
IMG_3707.jpg
 
 
IMG_3706.jpg
 
 
IMG_3704_2018092309155497e.jpg
 
彫翔さん オーダーありがとうございました

地域のお祭り 浜の市 本日からです。

2018hamanoichi0.jpg
 
昨年から、総代としてお祭りやお宮に関わるようになり、今年もお祭りの季節になりました。
本日9月14日より始まります。
お店の周りも年に一度とあって徐々に賑わっております。 
 
昔に比べ、地域に老人が増え、若い方は県外に出て、人も規模も小さめになったお祭りを、昔みたいに多くの人で賑わうお祭りにしたいという願いをもち、総代としてお宮に関わっていくことで、地域に貢献する何かしらのカタチにできればと。
 
是非、浜の市にお越し下さい。
 
IMG_4442.jpg
 
IMG_9066.jpg
 
IMG_9069.jpg
 
IMG_9075.jpg
 
IMG_9078.jpg
 
IMG_9083.jpg
 
IMG_9084.jpg
 
IMG_9085.jpg
 
IMG_9089.jpg
 
IMG_9095.jpg
 
IMG_9093.jpg
 
IMG_9101.jpg
 
IMG_9110.jpg
 
IMG_9102.jpg
 
IMG_9166.jpg
 
IMG_9121.jpg
 
IMG_9144.jpg
 
IMG_9146.jpg
 
IMG_9155.jpg
 
IMG_9137.jpg
 
2018hamanoichi1.jpg
 
2018hamanoichi2.jpg
 
2018hamanoichi3.jpg
 
2018hamanoichi4.jpg
 
IMG_9071.jpg
人口減少
高齢化
少子化
耳にしている事柄を、肌で感じる寂れた商店街
いつかこの地域が賑わいを取り戻すといいな。
 
お祭り期間中、お店に居ないタイミングもあるかも知れません。
急ぎでのご要望の方は、お手数ですがメールをお願い致します。
メール: dearstock@oct-net.ne.jp
 
ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いします。
 
 
 
  

スリーシダーズコーヒー 焙煎所OPEN おめでとうございます

IMG_4419.jpg
 
ローカルなお話になります。
ディアストックで淹れるコーヒー豆でお世話になっていて、ご近所で、コーヒー豆屋さんを営む、3cedars coffee (スリーシダーズコーヒー)さんが、9月13日豆の焙煎所をOPEN。
ということで、お祝いに、お店の雰囲気に合わせた黄色と焦げ茶のカードスタンドをプレゼント。
 
IMG_4420.jpg
 
たしか、名刺が、横向きの、デザインだったような・・・と、縦型か迷った挙句、横向きで製作。
 
IMG_4425.jpg
 
コーヒー豆焙煎機
つや消しの黒 荒削りな金属の質感 重厚感 かなりかっこいい。
 
IMG_4431_20180914121938b58.jpg
 
生で、焙煎するところとか、音とか、香りとか五感で味わってみたい存在感でした。
 
IMG_4432_201809141218289be.jpg
 
日ごろ小さな製作ばかりなので、妙にワクワクするメカメカしさ。
 
IMG_4435_2018091412182306f.jpg
 
だ、大は小を兼ねる。
縦だったか・・・名刺。
 
IMG_4434_2018091412182912f.jpg
カウンターが、一面真鍮の板で覆われて、全てが贅沢な空間。
 
3CEDARS COFFEE ROASTERY
(スリーシダーズコーヒー ロースタリー)
場所: 大分県大分市大字常行字仲間の久保258番3
営業時間: 11:00~18:00
(土曜~月曜 祝日のみ営業)
 
OPEN おめでとうございます。 
 
 

赤と白の組合せのパーティーウォレット

IMG_4123_20180914113130ff0.jpg
 
今日現在、このブログのトップ画像をPCビューで表示すると見ることのできる茶色の背景に表示されている、ツバメのモチーフ。
個人的に好きなモチーフで、デザインしている図案を財布に入れて欲しいというご要望でした。
それが左側のツバメ。

右側にはベアパウ。
このモチーフは、ディアストックの2003年開店当初、「真実に導く」というモチーフと知り、好きで作ったデザイン。
ステップ(階段)=着実に進みのぼる。
渦=命を繋ぐ水。恵みをもたらす。
など、組み合わせたデザイン。
 
そんなオーバーレイという技法のアクセサリーで有名なHOPI(ホピ)族 
ホピには、平和の民という意味もあり、全てが好きで、そんな様々な思い入れのあるモチーフ。
 
それらを使って、作ったオリジナルのコンパクトな財布 通称:パーティーウォレット のオーダーでした。
 
IMG_4119.jpg
 
近いうちに、海外に行って、自分のスキルを磨くって目標を持って、その時に使いたい日本人って気持ちを乗っけての赤と白。
赤は、深い赤に育つブッテーロ
白は、国産の白ヌメを、合わせて
白のシニュー糸で、真鍮製の金具で仕立てました。
 
IMG_4126.jpg
 
パーティーウォレットは、たまに記事に出てますが、紙幣がこう入って、小銭がその上の収納に収まる構造です。
 
IMG_4120_201809141131278fb.jpg
 
一般的な名刺入れより、ほんの少し小さめで幅が約100mmほどのサイズ感。
コバ処理をせず、角を落としただけ荒々しい仕上げ。
 
IMG_4121.jpg
 
背面にも文字のログを打刻で、全体的にシンプルな仕上がりに。
直ぐ汚れてしまいそうな白のヌメも、海外で積む経験と一緒に良い雰囲気に育つといいな。
 
Yくん オーダーありがとう
 
 

ハートの結いリング 銀製を結んだハートの指輪

IMG_4395.jpg
 
世界の争いが無くならないかなと、平和を祈りつつ、9.11の朝、なんとなくできた指輪。
1mm程の細い銀線を、ハートに見えるように結んで作っています。
 
IMG_4392_20180914105301183.jpg
 
複雑な造形の合間に息抜きで作ったわりに、アレンジも色々できそうです。
 
IMG_4393.jpg
 
予め槌目模様を入れた銀線で、キラキラ感を出すのも可愛いかも知れません。
 
IMG_4404.jpg
 
同じ太さ程の、槌目模様の指輪などを重ね着けしても似合いそうです。
オーダーお待ちしております。 
 
 

槌目コンチョ ジャンパーホックの交換に

IMG_3460_201809061027564ff.jpg
 
ライダースのジャンパーホックを、銀製の槌目コンチョに交換したいというご要望のオーダーでした。
 
IMG_3461_20180906102757ad7.jpg
 
15~15.5mmΦほどのコンチョに大き目の槌目をいれて、光沢を出しすぎない質感の仕上げ。
 
IMG_3462_201809061027550ef.jpg
ネジの高さは、ナット部分で約4.3mm、ネジ山の長さが約3.5mmで厚み製作してあります。
取り付ける部分の厚みに合わせてナットの長さを調整したりもご相談下さい。
  
神奈川県の工藤さん オーダーありがとうございました
 
 
同じ商品(取り付け方法が違うタイプ)を取り付けた参考イメージ
>> トラッカーウォレットのシルバーコンチョカスタム
 
 

毛並のないフェザーのペンダント 太陽神と唐草

IMG_3457_20180906095803c31.jpg
 
以前製作した、唐草のしずく型ペンダントに重ねる何かが欲しいとご相談。
 
IMG_3458.jpg
 
毛並を入れないシンプルなフェザーを新しく考えてたので、それとなく提案。
銀製のフェザーに、太陽神のショットと縄を真鍮という組合せで製作しました。
 
IMG_3453.jpg
 
太陽神からのびる唐草も、フェザー同様にスッキリ仕上げてみました。
サイズ感は、毛並部分で約45mm、全体で約55mmほどのサイズ感。
 
IMG_3444.jpg
 
部分的に光沢を出した質感の仕上げ。
 
IMG_3449.jpg
 
表面的には、黒さが入り易い程よくつや消しの質感。
 
IMG_3554.jpg
以前製作した、アンカーズ1周年記念の、真鍮製アンカー&アラベスクメタルに重ね付けて無事納品。
 
兵頭さん オーダーありがとうございました。
 
 

社外の銀製ケースの修理加工 ジッポの修理カスタム

IMG_3362.jpg
 
珍しいデザインのジッポケースの修理依頼でした。
ジッポ社の提供するオリジナルケースではなく、外身はハンドメイドの銀製のケースで、蝶番の修正のご要望でした。
 
IMG_3340_20180906091959226.jpg
 
お預かりした時点での状態はすでに分離してて、使用不可。
よく見ると、インサートユニットに、白いビニールテープを何層にか貼って、隙間を埋める不便も見て取れて、その部分も何か考慮して加工を進めることに。
 
IMG_3338.jpg
 
表面の表と裏にそれぞれ細工を施されたデザインと、何かが塗られた黒い質感の光沢。
 
IMG_3360.jpg
 
デザインが残ってくれたら大丈夫との返答で進めた加工。
そんな光沢を出していた物質が何だったのか不明のまま、銀製のケースに、銀製のスリーバレルを製作して取り付け。
黒い何かは消失・・・。
デザインはどうにか残って一安心。
 
IMG_3361_20180906092004106.jpg
 
ちょっと短めで、フラットタイプのスリーバレルを銀で作って取り付けて、デザインの邪魔にならないような雰囲気に。
 
IMG_3363_20180906092007fe2.jpg
 
銀を燻し、デザインを浮き上がらせ、ある程度の磨きに抑え、古臭さの残る質感。
 
IMG_3364.jpg
 
白いビニールテープで埋めていた隙間の不便は、まず、銀の棒を空き間に合わせてコーナーに立ててロウ付けすることで中央にケースを寄せる加工を。 

IMG_3365.jpg
 
バレル側は、あと極わずかにカタカタ揺れる部分をこの字の板で補正する加工に。
これで純正ほどの、きつ過ぎず緩くもないホールド感にできました。
 
IMG_3359_201809060920019e4.jpg
 
難しい加工でした。
 
鹿児島県のSさん ご依頼ご相談ありがとうございました。
 
 

プロポーズのためのリメイク 馬蹄のペンダント

IMG_3328_201808311105450a5.jpg
 
プロポーズをする上で、奥さんになる大切な方の要望を込めての製作でした。
 
お母さんの着けていた指輪から取り外したダイヤを用いて、でも、リメイクで何をプレゼントするかは内緒という内容のお手伝い。
プレゼントされるもののリクエストはペンダント。
ピンクが好き。
というご相談の擦り合わせでのオーダーメイドでした。
 
IMG_3213.jpg
 
お預かりしたお母さんの指輪。
 
IMG_3218_20180831110541407.jpg
 
その指輪から、ダイヤを外して下準備。
 
IMG_3312.jpg
 
ピンクシルバーで馬蹄を作り、そこに包まれたデザインで製作してみました。
 
IMG_3313.jpg
 
平面部分をやや歪ませて、光の反射がデザインになるように造形。
銀製の肌馴染みのいいベネチアンチェーンの組合せ。
 
IMG_3321_20180831110548726.jpg
 
背面の、光の取り入れも広めにして、綺麗なダイヤの存在感を大切に作ってみました。
喜ばれてるといいな
 
岩尾さん オーダーありがとうございました。
 
 

釣り針モチーフのペンダント

IMG_3135.jpg
 
魚釣りが趣味の方から、釣り針をモチーフにしたデザインで、というご要望でペンダントトップのオーダーでした。
 
釣り針モチーフには、
「幸福を逃さない」
「大切な人と離れない」
「恋愛成就」
などの意味もあったりするって云われもあるようです。
 
IMG_3129_201808261119586ce.jpg
 
「今も、釣り針モチーフをつけてるけど、付けっぱなしにしてると、朝起きたら枕を吊り上げたりで。笑」
という不便をお聞きして、大まかな部分はお任せでということで、引っかからないシルエットにして、すっきりな印象に仕上げてみました。
 
IMG_3131.jpg
 
つぶした部分に、金槌や金床の傷をうつし、丸カンの通る部分に八方位の太陽を刻み、イーグルを羽ばたかせたデザイン。
 
IMG_3132.jpg
 
針の先端部分を内側に向けているので、引っかからないと良いなと。
 
IMG_3134.jpg
 
太さ3mmほどのチェーンを通した雰囲気。
 
IMG_3136.jpg
 
前田さん オーダーありがとうございました

銀製ラウンドビーズとターコイズビーズのブレスレット

IMG_3109.jpg
 
銀製のラウンドビーズ(5mm玉)に、一粒だけターコイズビーズを入れたデザインの、ブレスレットを作って欲しいというご要望でのオーダーでした。
 
通常の製作の場合、ビーズを連結する内部はワイヤーや革紐を使いますが、シルバーのチェーンを通して作りました。
ワイヤーだと馴染み方が硬いかなと考え、見えない部分だけど、内部に通すのをチェーンにすることで、動きが柔らかい感じに手首に馴染む感じに仕上がりました。
 
そのまま手を洗い、水がついても問題の無いラフに扱える仕様にしてみました。
 
IMG_3046.jpg
 
ターコイズのビーズも削り出して製作。
キングマンターコイズを使って若干大きめで付けて欲しいとのご要望で、塊からの削り出しで作ってみました。
 
IMG_3047.jpg
 
ターコイズを削り出すのに、指だと限界もあるので、ターコイズを棒に固定し、削り出す流れ。
 
IMG_3048.jpg
 
角を落として、丸みを出しつつ、ビーズのサイズに寄せて調整。
 
IMG_3051.jpg
 
剥がして、付けて、削って、剥がして、と、繰り返して、徐々に成形。
 
IMG_3053.jpg
 
ある程度研磨したら、チェーンの通るサイズの穴あけ。
 
IMG_3112.jpg
 
フックとアジャスター用の余分なチェーン(使わないけどデザインとして)を下げて欲しいとのご要望もありました。
シルバーのラウンドビーズのサイズが約5mm玉
キングマンターコイズが約6mm玉なイメージの組合せで製したブレスレットです。
燻しが入ってくれば、もっとネイティブなビンテージ感が出てくるんだろうな、って感じるシンプルな仕上がりでした。
 
IMG_3110.jpg
 
三宮さん オーダーありがとうございました
 

平成30年7月豪雨災害義援金へ ご協力ありがとうございました。

IMG_4174_20180824125846fe6.jpg
>> 豪雨災害のご支援にバンダナを販売しています。
7月21日に掲載した記事で、呼びかけていた活動に一旦一区切りして、本日、集まりました義援金を送りました。
温かいご支援ご協力を頂きありがとうございました。
 
なんとなくの自分の思い付きので大量入荷してみたバンダナ支援という行動に、ご支援頂いた皆様、またご協力頂いたアンカーズ店長や、そこに集う皆様も、本当にありがとうございました。
 
IMG_4175_20180824125843860.jpg
 
追加で更に入荷しています。
引き続きご協力頂ければ幸いです。
 
”日本赤十字社 平成30年7月豪雨災害義援金”
集まった後に、再度こちらへ支援致します。
 
直ぐに購入できなくても、シェア拡散頂ければ幸いです。
 
1枚 ¥500-
全額募金です。
 
ご支援ご協力宜しくお願い致します。 
支援先 : 平成30年7月豪雨災害義援金

 
平成30年7月豪雨災害義援金へ


 
IMG_4168.jpg
 
ありがとうございました。

フェザーのペンダント 重ね着けや組合せ

IMG_4093.jpg
オーダー頂いた組合せの参考など。 迷われたら参考になれば幸いです。
 
フェザーのペンダントトップ (左から)
モデル:
30-L
40-L-K18縄
50-L-銀縄
ベアパウメタル(小)
30-R
(いぶし仕上げ)
 
IMG_4094.jpg
一つ前の記事の40-LのK18縄を取り入れた組合せで、左から2つ目がK18縄。
 
IMG_4095.jpg
縄の見た目の差を少し入れる参考事例。
 
IMG_1625_20180816091551f79.jpg
ターコイズを重ねたパターン
30-L
40-L-K18縄
キングマンターコイズ
の組合せ。
磨き過ぎず、やや古いものなのかなって雰囲気に仕上げて組合せをオススメ。
 
IMG_5324_20180816091554539.jpg
シルバービーズと白いディアスキンレース(鹿革紐)とフェザーの組合せ。
 
IMG_5323.jpg
こちらは銀縄ですが、金縄にして白仕上げにして組み合わせても見映えがいい組合せ。
 
革紐が馴染んで細くなってくると、さらにかっこよくなります。
アンディークホワイトハーツビーズなど、色を取り入れて、自分好みにアレンジを楽しんでもらいたい雰囲気です。
 
 

フェザーのペンダントトップ  モデル:40-L-K18縄 (いぶし仕上げ)

IMG_0102.jpg
一つ前の記事に掲載した、白仕上げのフェザーを、いぶして仕上げたタイプの商品です。
購入して、直ぐ着けても、違和感のない、前から着けて馴染んでいる感じで雰囲気に馴染みみやすい仕上げです。
 
IMG_0104.jpg
K18の縄は、いぶしが入らないため、光沢に曇りが出なくて、フェザーの銀の抑え目の艶感に、ちょっと高級な質感をプラスした印象は、白仕上げのフェザーのタイプより際立ちます。
 
IMG_0105.jpg
カットした長アズキチェーンを合わせた雰囲気。
チェーンの形状は好みで合わせて大丈夫ですが、フェザーとチェーンのいぶし加減を合わせると、主張が抑え目にできるのでおすすめです。
 
IMG_0106.jpg
研磨して直ぐの真鍮縄も、同じような金色の見た目がいいのですが、手入れしないと直ぐくすんでしまう難点も。
K18縄の違いは、手入れの要らないところだったり。
 
IMG_0107.jpg
オリジナルのフェザーの背面処理。
製作過程の傷も、いぶしで雰囲気になるような仕上げ方になっています。
 
IMG_0108.jpg
寄りで見た場合に、こういった小傷もあじとして仕上げている唯一無二の仕上げとなっています。
 
 

フェザーのペンダントトップ  モデル:40-L-K18縄 (白仕上げ)

IMG_0095.jpg
ディアストックで製作するオリジナル商品

フェザー40 というモデル
L : 正面から見て、アーチの膨らみが左
K18縄 : 18金(YG)を巻いたアレンジ
白仕上げ : 銀らしく、光と影を出せる”いぶし”をしていない仕上げ
になります。
 
IMG_0097.jpg
キャスト(鋳造)ではないので、製作するそれぞれの毛並の入りが二つと同じにならないタイプ
板から切り出して作る製造工程なので、そんな唯一無二なモノを楽しんでもらえたら嬉しいです。
 
IMG_0098.jpg
通常だとSV925製の銀線を同じように巻いたデザインで、K18縄巻きは、カスタマイズでの選択の部分となります。
同じ商品を買う際に、人と被らない、ちょっと贅沢な仕様としての一枚にできておすすめです。
 
縄の色を替える方法で、真鍮線を巻いたアレンジも、リーズナブルなカスタムで可能です。
でもK18縄をちょっと頑張って取り入れて、重ね着けして欲しいところです。
 
IMG_0096.jpg
白仕上げで、いぶしの無い無垢な感じの表情の楽しめる仕上げは、いずれは黒ずんで銀らしさとなる経年変化の風合いを、自分で育てる感で楽しめる仕上げになりますが、「今買ってきました感。」が否めず、でも綺麗な風合いが好きならおすすめの質感です。
 
IMG_0100.jpg
モデル40 の意味は、a~bまでのサイズ(mm)
約40mm程のサイズ感ですよ という感じで、オリジナル商品だと、20mm~60mmまで、5mm刻みで製作しています。
 
IMG_0101.jpg
背面には、タガネで毛並を打ち入れた際にできる金床傷や、ふくらみをつける際に打ち出す金槌の傷を残す仕上げになっています。
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel: 097-538-8313
 (担当:鈴木) 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

・リング 指輪 (178)
・ペンダント (208)
・バングル ブレスレット (118)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (79)
・ウォレット 財布 (200)
・ウォレットチェーン (32)
・ベルト バックル (60)
・キーホルダー (121)
・名刺入れ ケース (96)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (87)
・その他 革製品 (134)
・その他 真鍮製品 (57)
・貸工房 製作体験 (9)
・仕事 (122)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (82)
■ ディアストック について (6)
■ マリーヤン について (1)

最新の記事はこちらから ▼

インスタグラム

Instagram

リンク