FC2ブログ
02
DearStock  大分県大分市浜の市2-3-9  tel:097-538-8313
http://dssl.blog18.fc2.com/

2019-02

キノコのキーホルダー ワークショップ

IMG_3439.jpg
 
オーダーに来られたお客さんからの縁で、障害のあるお子さんの通う児童発達支援施設へ出向いて、何かワークショップみたいなものを催してもらえないかとご相談を頂き、組合せで遊べる、キノコのキーホルダーを提案して、実施してきました。
 
まず、先生たちにも体験してもらい、工程や作業の流れや、児童の発達に合わせた流れを打ち合わせ。
 
画像は、まず先生も作ってみましょう。
からの出来たもの。
女性の先生は可愛い目に、男性の先生は毒々しい感じになり、楽しんでいただけました。
 
IMG_3437_2019021514310589a.jpg

組合せも無限に出来そう。
自分の好きな組合せの製作体験や、いい思い出になってくれてたらいいな。 
 
児童の画像は、プライバシーの兼ね合いでありませんが、楽しんでもらえました。
また、ご要望を頂いて、こういった機会が作れたら良いなって日になりました。
 
ご依頼ありがとうございました。
 
 
スポンサーサイト

真鍮のプレート シンプルなキーホルダー

IMG_3389_201902151412050f8.jpg
 
仕事で使うカブが3台。
「乗るたびに、どの車両がどの鍵かがわからず、見分けが付かず困っている。」
というご相談で、鍵に付ける真鍮製のプレートを作るご要望でした。
サイズ感などの指定があり、価格も抑え目のご要望だったので、荒々しいけど、角のないシンプルなプレートに仕上がりました。
 
IMG_3390_2019021514120755a.jpg
 
こういった簡単そうだけど、どうせならこうしたいなぁ、などこだわりも込めて、価格も抑え目に
など、のご要望もありましたらご相談下さい。
 
オーダーありがとうございました。
 
 

赤と黄色のキーケース

IMG_3477_20190215132115756.jpg
 
よく熟れた果実のような、深い赤色と黄色の革の組合せで、キーケースのオーダーでした。
 
IMG_3479_20190215132116ab7.jpg
 
金具が背面に出ない金具を使ったので、背面もステッチだけで、シンプルにスッキリ仕上がっています。
 
IMG_3480_20190215132118480.jpg
 
ふたの内側だけ黄色を入れるご要望でした。
 
IMG_3481_201902151321194a4.jpg
 
その内フタにロゴを入れて、その下にご要望の文字を打刻しました。
 
IMG_3482.jpg
 
金具は真鍮製ホックと真鍮メッキのキーホルダー金具に合わせた組み合わせ。
 
IMG_3483_20190215132114ac8.jpg
 
ブッテーロの赤は深い色で美しいです。
エイジングでもっと深い光沢が今からワクワクな質感でした。
 
IMG_3478_20190215132202a18.jpg
 
オーダーありがとうございました。
 
 

幅の違うペアリング 甲丸と逆甲丸

IMG_3921_201902151245518f5.jpg
 
ペアリングのオーダーの際に、ご相談されることがある、お互いの理想の指輪の幅が大きく異なる場合。
彼女は細い指輪にしたい。
彼は太い指輪にしたい。
そんな場合におすすめしている、細い甲丸と、太目の逆甲丸の組合せ。
 
文字通りの凹凸(おうとつ ・ でこぼこ)で、組み合わせるデザインの提案。
 
今回のオーダーのパターンだと、そのデザインに槌目模様を入れた感じのご要望でした。
 
IMG_3919_20190215124552fd1.jpg
 
日本の古くから愛される模様の槌目(つちめ)という和柄は、シンプルですが、柔らかい光沢でおすすめです。
同じようなニーズで、迷っていたら参考になれば幸いです。
 
オーダーありがとうございました。
 
 

持ち込みオパールと指輪の製作

IMG_3379.jpg
 
オパールを持ち込みで、削るのもご自分で体験してもらい、リューターや耐水ペーパーなどを駆使して、指輪用に整形するところからでした。
通常は、ご依頼されて、こちらが加工を進めますが、「石を自分で好みに削ってみますか?」から、お客さんと一緒に賑やかなかこうでした。
 
IMG_3757.jpg
 
賑やかさの伝わる画像がないですが、上の尖った裸石からここまで整形。
オパールは、どうしても割れますね。
繊細で、加工が難しいですが、指輪になった後で割れるより良いかなという削り作業でした。
 
研磨後の石に合わせてフクリンで枠を立て、土台と指輪を製作。
 
IMG_3769_20190215105516e72.jpg
 
ご一緒にご来店されていたお友達も、お持込の石に合わせて指輪を製作しました。
 
IMG_3915.jpg
 
フクリンを押えて、いぶしをいれて、研磨して、無事納品。
 
IMG_3917_201902151055127c9.jpg
 
指輪は、どちらもハートの指輪ベースで、線の細さを変えたり、細い方にはト音記号のパーツを付けたりのデザインで製作しました。
 
IMG_3918_2019021510551347c.jpg
 
土台を、その指輪に乗せたデザインになっています。
指の腹側が細いので、着け心地のいい指輪です。
 
IMG_3788_20190215110447ed6.jpg
 
持ち込みのまま、加工になった、ワイヤーで包んだデザインの指輪の石が、色がおかしいので、バラシてみることに。
 
IMG_6849.jpg
 
ガラスの背面に、七色のキラキラしたフィルムと黒い裏当てを接着している合成石でした。
この後、接着しなおして、戻すことに。
 
IMG_6934.jpg
 
前より綺麗な輝きになり、お客さんも喜んで頂けてホッとしました。
 
IMG_6933.jpg
 
いぶしを強めにして、研磨をしなおして納品。
 
IMG_6935.jpg
 
サキちゃん ノンちゃん オーダーありがとうございました
 
 

インディアンコインをペンダントに

IMG_5641.jpg
 
インディアンの横顔が凛々しい金貨の真鍮製レプリカを、ペンダントにするオーダーでした。
 
IMG_5656.jpg
 
チェーンの通るカンのデザインを、フェザーのようなデザインに、
 
IMG_5657.jpg
 
1911の打刻部分に、上から自分の生まれ年を打刻して、
 
IMG_5658.jpg
 
背面に製作した西暦と月を打刻して、というご要望でした。
 
IMG_5659.jpg
 
背面の取り付け部分も、フェザーの背面の印象に仕上げてみました。
 
IMG_5661.jpg
 
縄を巻いて、太くなりすぎず、細くなりすぎないほどのカンを取り付けました。
 
IMG_5662.jpg
 
チェーンも真鍮製で、真鍮メッキかもですが、取り付け部分は着けた後は閉じて外さないということで、8の字になるようなカンを取り付け。
 
関さん オーダーありがとうございました
 
 

赤いハートと銀製のチャーム キーホルダー

IMG_5636.jpg
 
赤い革のハートと、しずく型の銀のプレートを合わせたキーホルダーのオーダーでした。
 
IMG_5502.jpg
 
打ち合わせ
イメージをお聞きして、のラフ画の途中段階。
 
IMG_5501.jpg
 
赤い革製のハートいは、どんな配置で文字がどう入るかを打ち合わせ。
 
IMG_5583_20190208112722775.jpg
 
銀の板をしずく型に切り出し。
 
IMG_5586_2019020811272311e.jpg
 
背面に文字の打刻。
 
IMG_5588_201902081127253e1.jpg
 
表面に、ベアパウの太陽神と、シルエットのエッジ加工。
 
IMG_5589.jpg
 
チャームがとりあえず仕上がり。
 
IMG_5628.jpg
 
続いて革。
赤い革は、打刻の文字がしっかり入るブッテーロを貼り合せで製作しました。
シルエットに沿わせて一文字ずつ打刻してあります。
 
IMG_5630.jpg
 
中央にクローバーを打刻。
 
IMG_5637.jpg
 
チャームが下がって重ならない、バランスの良い位置にクローバーを入れて欲しいとご要望もあり、バランスを見ながら配置決め。
 
IMG_5638.jpg
 
チャームの銀に合わせて、キーリングやハトメも銀色の製品を組合せ。
銀製のチャームはいぶしなしで白仕上げの状態をご希望でした。
 
IMG_5639.jpg
 
香港のchenさん 佐藤さん オーダーありがとうございました。
 
 

オリジナルの釣り針フックペンダントのカスタムオーダー

IMG_5580_20190208105645577.jpg
 
先日の記事で造形中だったワックスから仕上がった釣り針フックのデザインを、少しアレンジしたペンダントのオーダーでした。
 
IMG_5578_20190208105647580.jpg
 
デザインの底の部分を滑らかに丸く削り光沢を出した仕上がり。
趣味の魚釣りと、お守りの要素と、ゴツメの存在感と、「以前つけていたデザインの釣り針が朝起きると枕を釣り上げてて悩んでいた。」と、そんなご要望を踏まえ、製作しました。
 
IMG_5568_20190208105648376.jpg
 
オリジナルのペンダントに使うしずく型のカン(チェーンを通す部分)が、釣り針デザインに合うので、やや太いチェーンにもあわせやすいように内径広めで製作取り付け。
 
IMG_5573.jpg
 
銀の素材感と、流線型の光沢で、全体的な表現。
着け心地も滑らかな仕上がりで。
 
IMG_5574.jpg
 
背面のどこかに、 DEARSTOCK (店名)を、打刻で入れて欲しいのご要望は、この部分に反映。
 
IMG_5577_20190208105652a71.jpg
 
釣り針のデザイン自体の頂点、連結部分は、上から見るとしずく型のデザインにしてみました。
 
IMG_5575.jpg
 
表裏なく製作したデザインなので、お好みに合わせて下げられます。
 
前田さん オーダーありがとうございました。
 
 

アメジストのフクリン留め 華奢な指輪

IMG_5540.jpg
 
使わないデザインの指輪から外したアメジストを、シンプルに銀で、光沢もそれほどなく、細い指輪に作り変えて欲しいというご要望でした。
「大まかには文句も言わないのでお任せします。」とザックリしたオーダーでした。
 
IMG_5539.jpg
 
指馴染みの良い甲丸の指輪でフクリン留めのアメジストの台を挟むデザインで製作してみました。
先日のオパールと銀が馴染んだデザインの指輪をお気に召され、追加のオーダーでした。
 
IMG_5541.jpg
 
背面は大き目の光の取り入れ。
飾り気のないシンプルな指輪だけど、オーダーされた方の指にも似合っておりました。
いずれ娘に渡りますようにと願いも込められていました。
渡り継がれ大切にされるアクセサリーが作れてれば職人冥利に尽きます。
 
原さん オーダーありがとうございました。
 
 

ツーフェイスのジッポカスタム

IMG_5431.jpg
 
オリジナルのペンダントのツーフェイスを、ジッポにロウ付けして、スリーバレルに改良するカスタムジッポのオーダーでした。
 
IMG_5430.jpg
 
真鍮製のアーマーケースをベースに、銀製のツーフェイスを組合せ。
 
IMG_5432.jpg
 
スリーバレルは3.0mmΦ仕様の銀製
 
IMG_5433.jpg
 
さらに、軸を真鍮にした組合せでの細工のご要望でした。
プレートを長めに取り付けるご要望でしたが、開閉の歪みが起こる率が上がるためあまりおすすめしていません。
 
IMG_5434.jpg
 
研磨はある程度のいつもの仕上げ。
一応いぶしを入れた鈍い光沢に仕上がっています。
 
IMG_5435_20190208101420934.jpg
 
プレートの長さは、左が基準で、もう少し短めもおすすめです。
取り付け面は長くても強度に変わりはないです。
お好みでご相談下さい。
 
栃木県の横嶋さん オーダーありがとうございました。
 
 

持込のオパールで指輪のオーダーメイド

IMG_5486_20190126110709323.jpg
 
お持込頂いた、やや不規則なオーバール形状のオパール。
銀と一体化したような指輪にして欲しいというご要望のオーダーでした。
 
IMG_5487.jpg
 
地金から、削り出しては合わせを繰り返し、割れやすい石なので緊張する製作でした。
 
IMG_5488_20190126110711bb1.jpg
 
指輪の下の部分は1mm程の厚みで、幅が2.5~3mm程のご要望。
光の取り込み部分も、可能な限り大きめに開いて、抜く抜きで見た目より軽い、指馴染みの良いデザインに仕上がりました。
 
IMG_5490_2019012611070895a.jpg
 
原さん オーダーありがとうございました。
 
 

銀製ジッポ アーマーケースのカスタム

IMG_5424.jpg
 
2015年製のスターリングシルバー(銀製)の#26(艶ありのアーマー)をお持込みでのカスタムのご依頼でした。
 
IMG_5426.jpg

まずは、文字乗せ。 
1mm厚の板から、ご要望の文字や角度、フォントなど打ち合わせして、切り出した文字を、ロウ付け。
  
IMG_5425.jpg
 
次にホルダー。
リングなどを引っ掛けるパーツの取り付け。
底のみロウ付けしてあるので、リングは着脱可能です。
外せないように、上部もロウ付け可能です。
 
追加で、取り付ける用のリングも製作します。
シンプルな2mm程の太さのリングを製作して取り付けました。
 
IMG_5428.jpg
 
3.0mmΦ軸のスリーバレル。
銀製のジッポ同様に、同じ素材の銀製で製作取り付け。
ややプレートを短めがこの頃おすすめで、強度に関してはもっと短くても十分丈夫です。
 
使い始めしばらくは、動きが渋いですが、少し馴染んでくると開閉音も変わってきます。
ご自分でハンマーのタイミングなど調整を楽しめる方向きです。
 
IMG_5427.jpg
 
いぶしを入れ直して、ある程度の研磨。
研磨は、新品同様にはしませんので、いつも書いていますが、神経質な方には向いていない部分です。
 
IMG_5429.jpg
 
千葉県の鈴木さん オーダーありがとうございました。
 
 

ワックス造形 新作の製作途中 釣り針フック

IMG_5370.jpg
 
釣り針モチーフの新作を考え中の風景。
ある程度カタチになったところです。
 
地金(金属の塊など)からの造形に比べ、ワックスの削り易さなどは削り込みも修正も早くて、オーダーメイドの傍らで、こつこつ新作を生み出しております。
 
IMG_5371.jpg
 
地金になって、光がどのように走るか、映り込みの美しさなどなど、色々妄想しながら構想を造形に落とし込み。
 
IMG_5372_20190126100453132.jpg
 
 
IMG_5373_201901261004557f3.jpg
 
 
IMG_5374_20190126100449e5e.jpg
 
 
ディアストックのインスタグラム( @DearStock_13 )では、製品になったものを掲載しています。
フォローも、コメントもお待ちしております。 
 
 

ディアストックの電話番号がかわりました。

ディアストックの電話を新設し直しました。
DearStock ディアストック 097-507-2066

 
新しい電話番号 097-507-2066 です。
 
お問い合わせの際は、お間違えのないようお願い致します。
 
 
出ないときは、しばらくたってお問い合わせいただくか、メールでお願い致します。
お問い合わせメールアドレス : dearstock@oct-net.ne.jp
 
 
 


ブラス製ジッポを贅沢なタブレットケースに 

IMG_5333.jpg
 
ジッポのケースを使用したタブレットケース。

インナーのタブレットケースは、
「 tab-dock(タブドック) 」(公式サイト)
とか、
「 ジッポ タブレット 」
など検索すると、ケースだけで手に入る商品。

そんなインナー取替え商品と、ジッポをお持込で、ケースのカスタムのご依頼でした。
 
IMG_5328.jpg
 
全てカスタム後の画像になります。
2015年製のさほど古くない加工しやすいベースで、サテン仕上げのジッポをお持込でした。
 
IMG_5330.jpg
 
ストラップなどを取り付けられるリングも取り付け。
全て真鍮製で加工してます。
リングには槌目模様を入れたデザインに。
 
IMG_5331.jpg
 
スリーバレルにカスタム。
3.0mmΦ軸のタイプで、こちらも全て真鍮製で加工。
サテン仕立ての表面に合わせ、こちらもペーパーでヘアラインを入れた質感の仕上げにしてみました。
 
IMG_5334.jpg
 
ハンマーのアタリなどを微調整。
火を着ける用途として使わなくなった眠っているジッポを、再び使えるようにとか、タバコは吸わないけど、ジッポとか小物で遊んでみたいってニーズにはオススメのタブレットケースカスタムでした。
 
IMG_5332.jpg
 
飯倉さん オーダーありがとうございました。
 
 

勾玉型のキーホルダー

IMG_5222.jpg
 
もとは、「手の不自由なお父さんへプレゼントしたい。」というご要望でデザインした勾玉形状のデザイン。
今では、色々ある形状の中からもご要望の多い形状になっています。
 
緑色と焦げ茶を貼り合わせて、金具をブラスにした色の組合せでオーダーでした。
 
IMG_5223.jpg
 
背面の焦げ茶。
 
緑とこげ茶の組合せは、
緑色と茶色の組合せ 名刺入れ
こちらでもしていますが、今回みたいに金具に金色を合わせる色の組合せもおすすめです。
 
定番カラーのご要望も多いですが、落ち着いた色の組合せもいいものですね。
 
オーダーありがとうございました。
 
 

猪の牙のペンダントとかキーホルダー

IMG_5110.jpg
 
お持込頂いた、猪かな?動物の牙を、ペンダントやキーホルダーにする加工のご依頼でした。
 
IMG_5111.jpg
 
真鍮製で、ロストワックスの製作方法で板から巻きつけたものに比べ、丸みを帯びた、歯茎的なまとわり間を表現できて、やや自然な仕上がりに出来ました。
 
IMG_5112.jpg
 
ロストワックスは納期的には早くの対応が出来ませんが、イメージに合えばご相談下さい。
 
IMG_5114_20190119084634197.jpg
 
今回流した金属は真鍮でご要望をいただきました。
予算やご希望があれば銀でも製作可能です。
 
IMG_5115_20190119084636e87.jpg
 
今回のキャップの固定は接着剤になります。
穴を貫通させて、棒を通しての固定も可能です。
 
IMG_5116_20190119084629fb7.jpg
 
納期は一ヶ月くらいかなという感じです。
 
ご依頼ありがとうございました。
 
 

ナチュラルと赤の組合せ 名刺入れ

IMG_5064_2019011115424517f.jpg
 
職場でお世話になった方へプレゼント用に、名刺入れのオーダーでした。
 
IMG_5065.jpg
 
頂いた名刺を収納する仕切りを前につけて、内ふたとマチを赤のブッテーロのコンビでのご要望でした。
 
IMG_5069.jpg
 
IMG_5070.jpg
 
IMG_5071_20190111154250ae5.jpg
 
マチに色が入ると、畳んだ状態でも存在感があってカッコいいです。
仕事柄、影響がなければおすすめです。
 
IMG_5072.jpg
 
ロゴの打刻を外側に入れない代わりに、内側にメキシカンスカルのロゴをスタンプのご要望でした。
 
鎌田さん オーダーありがとうございました。
 
 

iPhoneケースのプラスチックカバーの交換

IMG_5017.jpg
 
iPhoneケースを使っていて、ネックになるのが、機種変更と経年変化のもどかしさ。
良いアジがでてきてこれからが楽しいのにって頃に、新しい機種に変えたりするタイミングで、そこで、プラスチックのカバーを入れ替える加工が出来ないかというご相談でした。
 
IMG_5016.jpg
 
6から8への機種変更なので、カメラ穴を大きくすればなんとかなるのですが、プラスチックも割れていたりしたので、出来るかだめもとでやってみますとお受けしたオーダーでした。
  
IMG_5020.jpg
 
前のカバーを、上手く外すことが出来たので、下地を整え直して、8のケースの貼り付けへ。
 
IMG_5030.jpg
 
貼り付けて、カメラ穴の補正。
 
IMG_5031.jpg
 
開け直したカメラの穴のコバ処理をして、全体をオイルメンテナンス。
 
IMG_5032.jpg
 
機種のサイズ感が同じで良かったです。
 
高橋さん オーダーありがとうございました。
 
 

カラーの革とト音記号のキーホルダー

IMG_4654.jpg
 
ペアで持ちたい。
シンプルに日々使えそうな日常品。
プレゼント。
記念やお返しに。
などのニーズで、オーダーの多いキーホルダー。
革の表面(ぎんめん)を両面に、ザラザラの革の裏地どうしを貼り合せた革のキーホルダー。
使うほど艶の美しい革、ブッテーロの赤と黄色での仕立て。
 
IMG_4658.jpg
 
合わせるとハートになる感じに見えるト音記号風の真鍮製のワイヤーと重ねるご要望でした。
4mmサイズでアルファベットの打刻。
 
疲れがちな日々が、ちょっと温かくなるような日常品になればいいな。
 
IMG_4659.jpg
 
富山県の松さん オーダーありがとうございました。
 
 
 

パイプを切っただけのような銀製の指輪

IMG_4692_20190111143828177.jpg
 
銀製の、幅が10mm程の無地の指輪。
売っていそうで、あまりないシンプルな指輪を求めて、オーダーいただきました。
 
IMG_4695_2019011114363621e.jpg
 
表面処理は、つや消しのデザインで、いぶしをかけて古くさい仕上がり。
 
IMG_4693.jpg
 
西田さん 遥々、広島よりオーダーにご来店頂きありがとうございました。
 
IMG_4341_20190111143638a9b.jpg
 
かぶっていたヘルメット。
ずいぶん重そうな存在感は、塗装らしくて、趣味の域を超えた仕上がりで、思わず撮影。
 
IMG_4340_20190111143639620.jpg
 
これが鉄なら肩こりますよねって質感。
渋かったです。
 
 

真鍮製のつや消しプレートバックル

IMG_4771.jpg
 
市販のプレートバックルに、ゴツさや装飾が要らないので、シンプルな感じのが欲しいというご要望のバックル。
真鍮の2mm厚の板を切り出して、パーツを作って付けてのバックル製作。
 
IMG_4768.jpg
 
プレートの表面は艶のない仕立て。
色々言い方とか呼び方はありますが、つや消し、ヘアライン、サテーナ、だと、こんな仕上がり。
飾りっ気のないシンプルな印象に仕上がっております。
 
IMG_4769.jpg
 
稼動するコの字のパーツとホールに刺さるピンのパーツは、銀ロウでロウ付け。
ロウ付け痕の赤い銅のにじみも、黒ずんで渋くなっていきそう。
 
IMG_4770.jpg
 
ベルトの幅は38mmのご要望で、それに合わせての製作でした。
 
芦刈さん オーダーありがとうございました。
 
 

槌目模様のピンバックルとナチュラルのベルト

IMG_4798.jpg
 
年明け、ご相談の多いベルト。
厄払いや、厄除けに、長いものが良いらしくて、身に着けられる長いもの
その考えで一番に、ネックレスなどのご要望が多いのですが、仕事柄アクセサリーは抵抗がある。
そんなニーズにお勧めもしていますし、ご要望も多いのがベルトです。
 
IMG_4797.jpg
 
「バックルをヘビっぽくして欲しい。」
など、長いものにあやかってのご要望もあったりします。
その際にも、オススメしている槌目模様の表面処理のデザイン。
 
IMG_4804.jpg
 
そんなデザインのバックルと、革を合わせてのオーダーでした。
ナチュラルのハーマンオークを合わせて、縫い留めのシンプルなベルトに仕立てました。
 
IMG_4807.jpg
 
バックルの背面も、見えないところですが槌目模様が入っています。
 
IMG_4805.jpg
 
少々なことでは切れない繊維の束のシニュー糸で、縫い留め固定。
 
IMG_4808.jpg
 
ベルトの先は、オーソドックスな形状で、コバ処理をして艶を出した仕上がり。
ご要望に合わせ、コバ処理は毛羽立たせたままの仕上げもオススメしています。
好みに合わせて、長さも合わせてお作りしています。
 
IMG_4809.jpg
 
普段使う穴の位置を中央に、1インチおきの5ホールで、仕立てています。
通常穴は丸ですが、今回はしずく型でのご要望でした。
 
スーツでも、カジュアルでも使いたいというオーダーでした。
 
埼玉県の松永さん オーダーありがとうございました。
 
 

2019年 仕事始め

あけましておめでとうございます。
 
IMG_6309.jpg
 
2019年が始まり、例年になく早々と2日より営業を開始しています。
正月という時間をまったりと感じず、休み慣れのスロースターターよりも心地いい始まりを感じながら、早いものでもう5日。
 
インスタグラムの更新をしたことで、すっかりブログを更新したくらいの感覚でいました。
 
昨年末も、クリスマスプレゼントなどの沢山のオーダーを頂きましてありがとうございました。
プレゼントなどオーダー頂いた方の、温かい心の行ったり来たりに、少しでもお役に立てていたら良いなと、毎年の事ながら想いに耽ていた年末でした。
 
IMG_6310.jpg
 
色々と、新しいことを試みようと、楽しめる場所を作っているところです。
今年も、小さな矢印に導かれて、階段を上って二階の空間にも遊びに来て下さいね。
 

ディアストック の → インスタグラム
@dearstock_13
ブログより、少し早めの更新です。
 

今年も宜しくお願い致します。

2018年の仕事納め

20181228.jpg
 
今年も、皆様のおかげで、充実した日々を過ごせ、あっという間の一年でした。
色んな物語や想いの片隅に、良い存在として寄り添っているものがお届けできていたら良いなと、振り返っている28日。
お店は、29日まで通常営業しております。
 
少し早いですが、今年も一年ありがとうございました。
 
年末年始ですが、出かけたり、戻ったり、していますが、さほど休まず、ほぼほぼお店に居ると思います。
御用の方は、ご連絡頂ければありがたいです。
お休みが長く、退屈な方は、遊びに来て下さいね。
 

 
迎える2019年は、製作スペースの拡張を企画しています。
上の画像のスペースが更に楽しい空間に改装されます。
 
銀や真鍮の金属加工など、アクセサリー製作や、手縫いの革製品の出来るまでを、なんとなくやってみたいとか、お友達や近しい方へのプレゼント製作など、「自分の手で、空いた時間で」 というご要望に、長時間、のんびり製作の体験の出来る場所を設けます。
 
空いた退屈な時間を、充実したものに出来る環境をご提供したいなと構想を練って準備を進めております。
みんなでワイワイ楽しいことしましょう。
 


 
img_0433_201812281746567f2.jpg
 
大分のアメカジを背負う存在のセレクトショップ ”アンカーズ”に、集うお客さんや、共通する大分を盛り上げたいって皆さんと、2019年も、面白い構想なども企んでいます。
参加できる方は、是非来年も宜しくお願い致します。
 
ローカルな情報ですが、アンカーズには、ディアストックの一点モノのアイテムを置いています。
在庫商品をお求めの方は、アンカーズもぜひ宜しくお願いします。
 


 
様々な縁に支えられ、こうやってお店を維持できていることの感謝を、「楽しさ」とか「誰かの喜び」に、色んなカタチで還元をしたいと考えています。
 
 
今年の通常営業は明日29日までです。
年始は1月1日のみお休みで、2日より通常営業しております。
 
 
2019年も、2階に移動したディアストックと、1階で運営しているマリーヤンを宜しくお願い致します。
 
いつも ありがとうございます。
 
 

ハートの指輪

IMG_5339.jpg
 
3mmの銀線を曲げて製作したハートの指輪。
表面に槌目模様をつけて、研磨して仕上げたデザイン。
 
20号サイズで、存在感のある指輪をご希望でした。

IMG_5206.jpg
 
製作途中。
 
IMG_5207.jpg
 
文字入れもご要望があり、2本を合わせるので、片側に入る感じで打刻。
 
IMG_5338.jpg
 
それを丸めて、ハートをふたつくっつけての製作工程。
 
IMG_5340.jpg
 
指輪の下は3mmが2本で約6mm程なので、着けた感じは指馴染みの良い形状の指輪です。
 
宮本さん オーダーありがとうございました。
 
 


 
IMG_5492.jpg
 
同じハートの指輪のデザイン。
1.5mmの銀線で、細目のハートにして製作。
 
IMG_5494.jpg
 
横からだとハートに見えるので、人差し指や小指などにおすすめのデザインです。
太さが変わると存在感も結構違うので、ペアにもお勧め着けやすい指輪です。
 
横山さん オーダーありがとうございました
 
 

フェザーとターコイズのペンダントなどの組合せ

IMG_5292.jpg
 
可愛がっている後輩へのプレゼントということで、ペンダントの一式の組合せのオーダーでした。
以前製作した自分用のデザインに似せて、同じようなのを後輩にも。
というサプライズのご相談でした。
 
IMG_5283.jpg
 
銀と真鍮の組合せで、ハートフェザーと、太陽神の中央が真鍮製のデザイン。
 
IMG_5284.jpg
 
太陽神の中央がいつものベアパウではなく、イーグルでのご要望で製作。
 
IMG_5285.jpg
 
真鍮製のハートフェザーにも、イーグルを飛ばしたデザインに。
 
IMG_5287.jpg
 
縄で巻いてロウ付けしているデザイン
 
IMG_5288.jpg
 
背面には、プレゼントする後輩の名前などを削り入れ。
 
IMG_5279.jpg
 
アシンメトリーなメタルには、ワイヤーワーク枠で包んだアリゾナ産キングマンターコイズ。
 
IMG_5282.jpg
 
ターコイズのメタルの背面にも、一度溶かした銀特有の巣が入っていて、独特な質感。
キャストで出ない一つずつ偶然な仕上がり。
 
IMG_5295.jpg
 
着脱する方にとっては、鍵や財布、腕時計などと並べて置かれたときに感じるワクワクがあるこんな角度からの表情。
 
IMG_5293.jpg
 
フェザーの毛並みが約60mm程のサイズ感。
 
IMG_5290.jpg
 
メディスンホイールとスクエアフックも真鍮で製作して銀製のチェーンを連結。
 
IMG_5294.jpg
 
今村さん オーダーありがとうございました。
 
 

カエルと蓮の葉のループタイ

IMG_5477_20181228140153e19.jpg
 
オリジナルでご用意してあるカエルのパーツ。
「カエルをよく作ってるけど大好きなんですか?」と言われると、実はそんなに爬虫類や両生類系が得意ではなく、触れと言われると拒む側の感覚。
造形としてとか、無事に帰るとかの縁起などで好きな部分があるっていう程です。
 
そんなカエルを、ずっと気になっていたと、心に留めて下さっていた方から、ループタイに出来ないかとのご相談からのオーダーでした。
 
IMG_5474_20181228140157738.jpg
 
蓮の葉をハートっぽく、アシンメトリーなシルエットにして、その上にカエルが。
という感じのご要望でした。
 
IMG_5456_20181228140112c84.jpg
 
真上から。
 
IMG_5459.jpg
 
銀の光沢の潤った感じと、いぶしで光と影の表現。
 
IMG_5460.jpg
 
ループタイなので、背面のギミックパーツ。
市販のパーツでも大丈夫ですが、折角作るなら、見えないところにも拘りたいのがオーダーメイドの楽しい部分。
銀の板から切ったり曲げたりで、製作してみました。
 
IMG_5462.jpg
 
タイの紐を押さえたりの調整パーツは、押えやすく、衣類への干渉も抑えられる膨らませた形状にして製作してみました。
 
IMG_5461.jpg
 
開いたところにお店の名前を削り入れ。
 
IMG_5463.jpg
 
紐だけ市販のものを利用。
 
IMG_5464.jpg
 
よじ登ってる感。
 
IMG_5469.jpg
 
ループタイ久しぶりに作ってみましたが、拘るとオシャレだなと。
色々、自分好みに作れそうなアクセサリーです。
 
IMG_5467_2018122814012127d.jpg
 
紐の先に付くパイプのパーツも、合わせて銀でシンプル目に製作。
 
IMG_5472_20181228140154375.jpg
 
紐の調節。
背面のプレートを起こして紐をスライドさせて、
 
IMG_5471.jpg
 
丁度良いとこで倒すと固定される仕組み。
 
横山さん オーダーありがとうございました。
 
 

長財布 コンチョの取替え加工

IMG_5048.jpg
 
数年前に納品した、日々使っていただいている長財布のコンチョを気分転換に新調したいというご相談。
ペンダントにとして製作していた製品を気に入ってもらえて取替えの、とても贅沢なオーダーでした。
 
IMG_4957.jpg
 
最近ショーケースに追加したばかりだった、アリゾナ産キングマンターコイズのペンダントで、その枠のまま、これを移植する流れに。
 
IMG_4963.jpg
 
ペンダントのチェーンの通る感を取り外して、背面に革への固定部品を取り付け。
 
IMG_4958.jpg
 
部品ができたので、続いて財布の加工へ。
コンチョの取替えのため、内ふたの縫いなどバラシ作業。
 
IMG_5021.jpg
 
縫いを解いて、貼り合せていた内ふたを剥がして、もともとの花のデザインのターコイズコンチョを外して、
 
IMG_5024.jpg
 
新しく製作し直したコンチョの配置決め。
 
IMG_5029.jpg
 
コンチョの背面パーツを差し込んで、
 
IMG_5026.jpg
 
固定。
ピンで、革を抱く感じで密着。
もともとの取り付け穴などを、見えないところだけど一応塞いだり。
 
IMG_5028.jpg
 
内ふたの貼り戻し。
 
IMG_5052.jpg
 
縫い直して、コバ処理し直して、完成。
 
IMG_5171.jpg
 
取り替えた前のコンチョは、研磨し直してお戻し。
また何かの機会に活用されるといいな。
 
IMG_5056.jpg
 
最後にオイルメンテナンス。
また、永く愛されますように。
我が子のような想いで、再び送り出す感覚。
 
IMG_5047.jpg
 
鳥取県の山下さん オーダーありがとうございました。
 
 

小さめのフェザー お友達へのプレゼント

IMG_5167_20181228125825277.jpg
 
「小さめのフェザーが欲しくて、友人とお揃いで着けたい。」と、女性からのオーダーでした。
 
IMG_5168_2018122812581559a.jpg
 
毛並部分で25mmのサイズ感
銀の縄を巻いたデザインのご要望でした。
 
IMG_5155.jpg
 
25mmのサイズ感イメージ。

太さが1mmほどのチェーンとも相性が良く、女性にもお勧めのサイズ感です。
いぶしを入れた質感ですが、いぶさない白仕上げもおすすめです。
 
IMG_5160_20181228125819c4f.jpg
 
背面に、筆記体でそれぞれに名前を削り入れ。
 
IMG_5163.jpg
 
1つずつ作るので、ふたつ並べるとわずかに違うのも、手作りならでは。
 
IMG_5161_201812281258201a7.jpg
 
小さい分、縦の長さも長すぎないので、単体でも着けやすいし、重ね着けでも似合いそうなサイズ感です。
 
IMG_5165_20181228125823464.jpg
 
背面処理と、銀の縄巻き部分。
この部分は、真鍮やK18などにも対応しています。
 
IMG_5158_201812281258179b6.jpg
 
鳥取県の山下さん オーダーありがとうございました。
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お問い合わせ

店舗情報

 DearStock (ディアストック)
 
 〒870-0002
 大分県大分市浜の市2-3-9
 ( ディアストックは2階です )
 
 tel:
 097-507-2066
 
 mail:
 dearstock@oct-net.ne.jp
  
 営業時間 : 8:30~18:00
 定休日 : 月曜日
 

商品別検索はこちら ▼

■ お問い合わせ (2)
・リング 指輪 (189)
・ペンダント (221)
・バングル ブレスレット (121)
・ピアス (37)
・ジッポ Zippo (88)
・ウォレット 財布 (205)
・ウォレットチェーン (32)
・ベルト バックル (63)
・キーホルダー (131)
・名刺入れ ケース (108)
・バッグ (54)
・その他 銀製品 (89)
・その他 革製品 (135)
・その他 真鍮製品 (57)
・貸工房 製作体験 (9)
・仕事 (126)
・遊び バイクなど (85)
・その他の記事 (82)
■ ディアストック について (4)
■ マリーヤン について (1)

インスタグラム

Instagram

最新の記事はこちらから ▼

リンク